2017年11月19日 (日)

中古車両(DトラッカーX、KLX125)

中古車両のお知らせになります(委託販売)。 まずは2008年式DトラッカーX 走...

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

SMJ最終戦茂原&11/23モタゴッコなど...

11/23(木祝日)はSUGO西コースでモタゴッコが行われます!
01


今回は一日西コースになりますので、移動も無く、少し寒い時期にもなりますのでゆっくり目で始めて、早めに終わろうかなと思っております。
寒かったら模擬レースはナシの方向です。

ジャンプ台は置く方向ですが、ダートは無いのでモタードマシンと混走しても良い方なら、ロードマシンでも走れますよ!

_mg_6612


割引のある期間は終わりましたが、まだエントリーできます!

エントリーはコチラから!

インストラクターは、S1プロクラスV2チャンピオンの森田一輝、S1PROクラス千葉智、一般人大森裕記の3名で行います。

お待ちしておりマース!

さて、SMJ最終戦茂原に行ってきました。

毎年なるべく最終戦には顔を出すようにしてますが、今回はSRF宮城FTRチームから、2名がチャンピオンの可能性がある状態で、私の役目は運転手と雑用メカです。

まあ、詳しくはMFJのレポートを見てください。

Imag2059

S1OPENの佐藤選手は1位を獲ったんですが、ランキング1位のトミーが3位に入ったので、1ポイント差のランキング2位!


Imag2058

S1PROの森田一輝は、ヒート1優勝、2ヒート目ははたから見ても緊張しまくりで、なんとか3位で無事にチャンピオンになりました。
今回は、ヨシムラスズキからJSBに出ている濱原颯道がスポットで、同じチームから参戦する事になり、2ヒート目に見事優勝!

一緒に行ったみんなもそれぞれがんばっていました!

見てると走りたくなりますねぇ...

まあ、そんな最終戦に部品間に合わせてと、あわててオイルタンクステーを作ったり...

Imag2039

とりあえず前回からの続きで、'11 CRF450Rのサスペンションモディファイ。
リアショックはエア抜きがしやすいように、エア抜きのネジ穴を新設します。

Imag1984

フロントは毎度の事で、加圧ダンパー部も全部ばらして洗浄。

Imag1986

やっぱり結構汚かったです。

シムを入れ替えて...

Imag1989

インナーも意外と縦傷があったので、旋盤で研磨して...

Imag1993

組み立てて完成!


Imag1995


お次は急ぎでお願いと言われた、WR250Fエンジンのミッションカート用オイルタンクの補修。
鋳物のオイルタンクステーを折ってしまったそうで、溶接で直します。

Imag1990

バラして洗浄してストーブの上で過熱して、溶接しました。


Imag1991

しかもこのエンジンは、ずいぶん前に私が整備した事のあるマシンだった模様。

お金掛かるのよね、ミッションカートは...


お次は前後の足回りとエンジンや総合的に全部整備する事になった、15000km走行の'09 WR250X。

どうせ足回りをオーバーホールするなら、ついでにリバルビングもしましょうと言う事で、なかなかの作業量となってしまいました。

'09でも、もうダストシールはひび割れてます。

Imag2021

まずはリアショックのシールヘッドを製作します。

Imag2002

他にも細かいパーツを製作。

Imag2004

アルマイトに出すので、その間にフロントを進めます。

ステムベアリングは、グリスがあんまり付いてなくて、下側だけアタリが付いていたので交換します。


Imag2000

ステム側のベアリングも打ち変えて...


Imag2015

ハンドルもテーパーバーに変更するので、クランプも交換。
お客様の希望で、幅も短くして取り付けます。


Imag2014

バルブクリアランスを見るのに、ラジエターを外さないとヘッドカバーが外れないので、クーラントを見てみると、なかなか素敵な色でした。


Imag2011

実際はもっと黒っぽいんです...

バンバン外して、ヘッドを見ます。

Imag2012

クリアランスは良い状態だったので、ガスケット類のみ交換で蓋をして、ついでにクラッチケーブルも交換します。

フロントフォークは、アウターチューブにクランプ部の汚れが固着していたので、綺麗にしておきます。

Imag2017

アルミの腐食とかですね。


Imag2018

インナーチューブの錆とかこういうのはセラミックスクレーパーで綺麗に取れますよ。


Imag2023

インナーチューブにも錆があったので(ブレーキ側のみ)、どちらも綺麗に研磨します。

Imag2022

プリロードを掛けたいので、スペーサーをジュラコンで製作。


Imag2024

フォークをステムにつけて、今度はハンドル回りも取り付けていくのですが、この車両スロットルチューブにハイスロになるチューブが付いていたのですが、ハンドガード取り付け用で、オープンの物でした。

ハンドガードはオープンタイプなので、グリップは切らないで使用します。
転倒した際に、グリップのゴム部分がハンドルと接すると危険ですから、エンド部分を滑るようにジュラコンで蓋を製作します。


Imag2027

ハンドルをカットしてるので、装備品を取り付けるのに苦労しました。


Imag2030

エアクリーナーエレメントもツインエアーに変更します。

これはエアクリーナーボックス下側のドレンなんですが、オイルが溜まっています。

Imag2033


そう、フィルターに塗ったオイルが重力に負けて下がってくるんです。

定期的に洗浄して塗りなおさないといけないんです。

Imag2034

リア周りをばらしていきます。


Imag2036

全部洗浄してチェックします。

大丈夫であればグリスアップします。


Imag2038

リアショックもオーバーホール&仕様変更、そして車高調整が付いているので、今回は4mm下げて作りました。

Imag2073

ピストンもSHOWAの部品が使えるように加工しなおします。


Imag2074

シムを組み替え、消耗品も変えて...


Imag2076


Imag2077

他にも細かい所をチェックして完成。

Imag2078

なかなかここまでちゃんと整備させていただける事も少ないですね(金額が掛かりますので)。
これでしばらくは安心して乗れると思います。

といっても、ちょっと時間掛かりすぎたな(反省

次回は中古車両の案内の予定です。

DトラッカーXとKLX125(2台)の予定です。

お楽しみに!!


» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

11/23(木祝日)モタゴッコのエントリー始まっております!!

11/23(木祝日)にスポーツランドSUGO西コースで行われる、今年最後のモタゴ...

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

お久しぶりでございます...

すっかり御無沙汰してしまいました...

モタゴッコが終わり、季節もすっかり秋です。

雨ばっかりですが...

作業した物を時系列な感じで御紹介です。

まずはレーサーのCRFのブレーキホースやライトカウルの交換、加工を行いました。
Imag1909

現状、付いている物が、ブレーキホースの通り道に邪魔な物があったり、ストロークした際に色々と危険なので、改修しました。

ブレーキホースも短かったのと、通り道を迂回する為にバンジョーの形状を変更。

ライトカウルの変更して、ブレーキホースガイドに良い物が無かったので、ワンオフで製作します。

Imag1912

いつもそうですが、図面が出来るまでが時間が掛かります。


Imag1914

ライトカウルのステーも、付属品ではいまいち合わないので、長い物を短くして取り付けます。

Imag1910

全部取り付けて、干渉を確認。
Imag1916

うまくいきました。
これでジャンプを飛んでも問題ありません。
ただ、このマシンかなりお疲れで、他にもいろいろとありましたが、そこはオーナー次第なので、私の担当はおしまいです。

お次は、CRF150Rのクラッチレバー、もう少し近くなりませんかと相談されましたので、CRF450Rとかについている調整ボルトを取り付けました。


Imag1919

これで、手の小さい方も握りやすくなります。

お次はDトラッカー、始動不良とのことでお預りしましたが、聞きましたら中古のFCRをそのまま取り付けていたとの事で、2次エアーを吸っているかもしれないので、インマニを変えて欲しいと言われました。

ですが、なんとかエンジンをかけて、インマニあたりに潤滑剤をかけても回転数に変化が無いので、一通りチェックしました。

エアクリーナーエレメントは社外品でしたが、外して見ても変化は無いので、次はプラグを見て圧縮を計ります。

プラグは締め付けがゆるく、端子部分もゆるかったのですが、この辺は多少こうなっていてもエンジンは掛かるので、圧縮を計ってみますが、コレも規定値内。

ということで、満を持してFCRを外します。


Imag1923
加速ポンプ回りから、液体がスケットがはみ出ております...

Imag1924

案の定、スロー系が詰まっておりましたが、それ以上にスロットルバルブが高い位置に設定されていたり、エアージェットがやたら開いているのが、気になりました。

全部洗浄して、Oリング類を新品に交換。
エンジンはあっけなく掛かりましたが、ものすごく高い回転数でアイドリングしております...

そう、スロー系がある程度詰まっていた状態で、アイドリングを設定していたんですね。
スロットルバルブの高さを変更し、エアーやスロー、パイロットを調節して、良い塩梅になりました。


Imag1934

次はマルケジーニのホイールカラーの製作です。

KTM450SMR→KTM690SMCへの変更です。

寸法を取って、丸棒から削っていきます。

Imag1925

ベアリングに潜り込みの部分が、なかなかの薄さです。
Imag1926

アルマイトをかけて完成。

Imag1929

お次はWR250Xにスリッパークラッチの取り付けです。


Imag1937

今回も、エンブレが一番強くなる設定で組み込みました。

実はモタゴッコのときに、スーターのスリッパークラッチを取り付けた車両を乗らせてもらったんです(以前私が取り付けた車両です)。
で、その際にいつもウチで整備しているWR250Rも乗らせてもらったんですが、乗りやすさがあまりにも違ってびっくりしました。
WR250Xって、意外とピックアップが悪くて、進入時に強いブレーキングとシフトダウンを同時に行った際に、ブリッピング(アクセルをあおって回転をあわせる)に時間が掛かるんです。
レーサーの250ccのつもりでやると、大抵ブリッピングがあってなくて、リアが滑ったり、挙動が乱れるんですが、スリッパーが入っていると、そういう挙動は全然でなくて、進入時の鋭く簡単に突っ込めます。

ちょっとびっくりしました。
正直、250CCだと特にスリッパー無くても良いと思っていたんですが、市販車はあった方がものすごく乗りやすくなりますね。

というわけで取り付けですw
走行距離も伸びているので、今回はクラッチ板周りは全て新品を入れました。

Imag1939

まあ、でもコースを走らないのであれば、フルエキとサブコン入れたほうが良いですけどね。


お次は'06 SM450Rの前後サスオーバーホール。
以前私が乗っていた車両で、仕様変更は数知れずやったのですが、あまりシール類は交換していなかったんですが、今回フォークの圧側調整部分から、オイルがダラダラと垂れてきたとの事で、急遽全部やる事になりました。


Imag1927

調整ネジが一番奥になっているのは、そうしないとオイルが垂れてくるからです...

で、普通ならこの部品assy交換して終わりなんですが(調整部のOリングは部品設定が無い。国産も普通は無いです)、国産ならこの部品ASSYで1個2~3000円なんですが、なんとコレ1個2万円。

左右で4万円。

ということで、非分解のをばらして、Oリングを交換します。


Imag1928


そんなに難しい構造では無いので、それは良いのですが、Oリングを探すのに時間が掛かります。

Imag1941

SKFのオイルシールを入れて、プリロードを追加で掛けて組みなおしました。

お次はリアです。

Imag1959
ガス圧はちゃんとしてましたね。

この頃のザックスは、ボトム部分を切り離してロッド単体にしないとシール交換が出来ません。


Imag1960

細かいOリングが多いんです...


Imag1962

今回はブッシュもちゃんとオーバーホールキットに入っていました。


Imag1967

ダンロップのスリックを試すそうなので、うまくいくと良いなぁ...


で、実はこのSMRをやっている間に、'16 RMZ450の前後サスの仕様変更をやっておりました。
フロントのSFF-AIRがやはりいまいちなので、'13 RMZ450用のSFFをモタード用にモディファイして遣うことにして、リアは3mm車高を下げていた物を、ノーマル車高に変更しました。


Imag1948

時間が無くて、久々徹夜しました。

リアもバラして...

Imag1950

ほぼ1年前に組んだので、このぐらいなら普通ですね。

車高の変更は、シールヘッドの位置を変えて行ってます。
で、ノーマル車高用のカラーを削りだします。

Imag1951

以前3mm下げていた時とは、カラーの寸法が違います(その方が加工が少なくて、コストがかからないので)。


Imag1952

消耗品を変えて完成です。


Imag1954

ショックを取り付けて、シートをつけようと思ったら、うまくはまりません。
どうもシート真ん中の爪がはまっていない状態で使っていたようで、変形してしまってうまくはまらなくなっていました。

Imag1955

ヒートガンで炙って、爪の形を元に戻しました。
ちゃんと付いていないと、ふとした拍子にシートちぎれて外れますよ(過去に何度も見たことあります)。

それと、X-TRIGのステムが付いているのですが、オフセットが減っているのでブレーキホースガイドも奥に移動してしまい、ブレーキホースに負荷が掛かってしまいます。

ホースガイドを前に出すカラーを削って作ります。

Imag1956

ステム側もホースガイド側も、ザグリを作っておかないと、ホースガイドが回転してしますので、絶対にダメなんです。

Imag1957

お次はCRF450Rの前後サスオーバーホールと仕様変更です。
他店でもうモディファイされているのですが、いまいち合わないとの事で変更する事になりました。

ガス圧はちょっと低いです。


Imag1971

車高は6mmショートでオーリンズのカラーで下げてありました。

Imag1972
ナットのねじ山の係りが甘くて、ちょっと怖いですが、まあ普通な仕様でほっとしました。

Imag1974

スプリングシートの溝切りが角度がゆるくて、力が掛かってバリが出来ていました。

Imag1973

どこも壊れてはいなかったので、普通にオーバーホール、仕様変更が出来そうです。

最後はWR250Rの細かい作業を。
モタゴッコで乗らせてもらった際に、リアが低くて(アクセルを開けた際に)曲げづらかったので、このマシンが買ったときから入っていた車高が下がるリンクを止めて、ノーマルのリンクに変更する事になりました。

Imag1976

車高も調整して、今度からはこれでもっと良くフロントタイヤが使えることでしょう。

DELTAのフルエキが入っていたのですが、どうも中間のトルクが無いので、まずはバッフルの交換。


Imag1975

上から下に変更しました。
ダイブ良くなりました。

で、さらに今後の為にパワーコマンダーも入れる事に。

Imag1978

とりあえずよさげなマップを入れて、これでも今よりは全然良いでしょう。

セットアップはもう少しお金を貯めてからと言う事になりました。

ふう、次は貯めないで更新します。

ザ・月末!

がんばりマウス!

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

モタゴッコお疲れ様でした!

今回のモタゴッコ、本当に天気が良くて、久々思いっきり日焼けしてしまいました。 皆...

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

10/8(日)はモタゴッコの為に、店は休みとなります。

このblogを書いていましたら、久しぶりに緊急地震警報が鳴ってびっくりしました。
昨日も地震がありましたし、みなさん備えはしておきましょう。


当日エントリーされる方、受付は西コースになります!(受付時間8:30~9:20)←SUGOさんのタイムスケジュールだと8:45となってますが、間違いです!。第2ゲートよりお入りください。ゲートオープンは7:30予定。入場料は1030円になります。)

07

当日のタイムスケジュールは、コチラをご覧ください。PDFファイルが開きます。

当日は、大森 裕記、森田 一輝、千葉 智、の3名がインストラクターとして参加させていただきます。
天気も良さそうですし、楽しく練習しましょう!

で、普段のお仕事ですが、細かく色々と...

エキパイのわれを補修したり...


Imag1864

開先を入れて溶接、削って仕上げです。

Imag1866

まあ、構造上またクラックが入りそうですが...

次はラヂエターの修正。
と言っても曲がってるのは気にしてなくて、配管がつぶれて曲がっているのだけ直してといわれました、千葉さんにw


Imag1867

画像だとそうでもないんですが、かなり捩れて曲がっています。

で、配管が...

Imag1868

横から見ると、半分近くまでつぶれていますし、上のへこみも画像で見るよりもがっつり凹んでおります。


Imag1869

いろいろとやって直しました。

Imag1871

こうしないと流量が稼げませんから、ラヂエターを効率よく使えてない事になりますからね。
ついでに捩れも直しておきました(そのまま渡すのは無理!)。

WR250Rに履いているホイールを、チューブレス加工しました。
Imag1873

テクニクスさんのホイールキットなんですが、ニップルが超絶飛び出しているのと、リムの形状に合わせてチューブレスのテープの幅が狭く、難易度はかなり高めです。


Imag1878

かなりドキドキです、テープをもう少し幅広にしてくれるといいんですが...
後から漏れそうで、あまりやりたくない加工です。

お次はKTM50SXのクラッチチェック。

Imag1885

寒かったんで、ストーブ出して、上に乗っけてネジロックを柔らかくして緩めました。


Imag1886

クラッチ版は良好だったんですが、ハウジングのアタリが強かったので、バネと一緒に交換します。

お次はL0 RMZ450のサスペンションのオーバーホールと仕様変更。
フロントは下がっているので、何かしら加工がしてある様子。
バラしてみると...

Imag1874

水道管パイプで車高が下げてありました。
まあ、これも別に悪くは無いんですが、内径がシャフトと合ってないのと、端面が斜めなので、左右で差が有りました。

スプリングシートは、4速だった頃のパイプ状の物に変更してあって(旋盤加工しなくても車高が下げられます)、オイルロックピースは外してありました。

Imag1875

この頃のRMZ450はバネレートが高く、片方だけやわらかいスプリングが入れてありました。

ロードレースやってる方は、オイルロックピース外したがるんですが、モタードマシンでは外しても無意味です。
ロードのフォークで、全ストロークが150mm程度のもので、底付きする前に止まってしまう感じが出るのなら、外すのは正解なんでしょうが、モタードマシンでストロークが250mm以上残ってるのに、オイルロックピースが作用するのは230mmぐらい沈んだ所(例えばですよ)ですから、全く関係ありません。

ええ、そんな訳で部品が足りないので、手持ちの部品を探して作業しました...

ただ、ロッドに傷が多かったり、ボトムの伸び側ダンパーの六角面がつぶれまくっているのは、良くありませんねぇ。

Imag1881

スプリングシートは、CRF用のがあったので、それに変更して、プリロードを計算して(カラーも作り直して)、スプリングシート調整の溝を2.5mm刻みで作っていきます。

Imag1882

ダンパー部もバラしてチェックします。

Imag1883

オイルを長い事変えていなかった様で、部品に汚れが堆積して取れなくなってたりしたので、これも手持ちの部品と交換しました。

Imag1884

緑青みたいに緑色になってます。
なんなんだろう...

なかなか苦労しまして、フロントフォークは終わり、次はリアショックです。

これが、以前触った時とは違うリアショックが付いていました。
ほぼ新品で、でも年式不明(ウチにはけっこうRMZ450のデータはあるんですが、どれでも無かったです)。


Imag1892

まあ、シールやピストンリングはおかげでそのまま使えましたが、Oリングやブラダは交換しました。


Imag1893

バネも交換して、リアショックは完成。

bremboのラジアルブレーキマスターも修理。
良く転倒した車両で、レバーが開いちゃうのがありますよね。

Imag1895

これはプッシュロッドを止めているカラーが割れているので、補修部品が出ますから交換します。


Imag1896

上側のが、付いていた物です。
プレートは割れて中心部だけロッドに残ってますね。
ロッドも曲がっちゃってますし...

シートのあんこ抜きも頼まれました。

Imag1894

35mmほど削って下げました。


Imag1897

最後にお客様から、フォークデカールもくださいと言われ、フォークにも貼っていただきました。

Imag1898

調子いいと良いんですがねぇ(心配性

頼まれる時は重なる、bremboラジアルマスター用オイルタンクステー。

Imag1899

出来たんですが、付属するネジが足りなかったのと、クロネコヤマトが値上げしたので、コレクトも使える宅急便コンパクトで送ろうと思ったら、箱が在庫切れといわれ、これも入荷待ちです。

さて、もう少し細かい作業をやったら、やっと重整備に移れそうです。

連休中もがんばりマウス!

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

10/8モタゴッコ事前エントリーは9/29まで!

10/8(日)スポーツランドSUGOで開催される「モタゴッコ」の事前エントリーは、9/29締め切りです!

ちなみに事前エントリー金額は6480円、通常エントリーは8640円、当日エントリーは通常エントリー+1030円(入場料)になります!

エントリーはコチラから!

モタゴッコの内容はコチラの動画をご覧ください。

ちょっと前の動画ですが、午前中はMパーク(メインゲート脇の多目的スペース)でのパイロンを使った練習。
午後からは西コースでのコース走行になります(今回ダートはありませんが、晴れればジャンプ台を置く予定です)。

Mパークでのパイロンを使った練習は、2本のパイロン間のスペースで、自由に自分の練習したい事をやっていいので(もちろんそのスペースは1台ずつですので、誰にも邪魔されません)、苦手に思っている事、練習したい事をアドバイスを受けながら何度でも繰り返し練習が出来ます。

軽いスクール的な事もやりますし、インストラクター陣に質問やアドバイスは何でも聞いてください。

午後からの西コースでの走行は、コチラの動画が参考になると思います(ダートナシでジャンプ台のみ設置)。

モタードマシンの中で走ってもかまわない、それとジャンプ台を設置した場合、ジャンプを飛んだ人のほうに合流場所ではラインの優先権がありますが、それでもかまわないという方は、ロードマシンでも大丈夫です。

あ、普通にトレール車での参加も(フロント21インチ、リア18インチ)大丈夫ですよ!
ただ、タイヤはロード寄りのもので来て頂いた方が楽しめますよ(安いですから、買ってしまいましょう!)。

今回は日曜日開催で、午前中Mパーク、午後西コースと一番人気のレイアウトです。

ご参加お待ちしてマース!!

お次はSWMです。
輸入元のMV AGUSTA JAPANが試乗車を持ってきてくれたので、試しに乗らせていただきました。

まずは一番期待のRS125R。
Imag1836

125ccながら6速ツインカムと国産には無いなかなかのハイスペック。
ユーロ4対応の為に、排気がかなり絞られているのと、コンビブレーキが付いていますが、なかなか走りますね。
スイングアームがアルミだったり、イタリアンハスク時代のTE125と比べても、サスも少しグレードが良いいし、なんと値段も安いんです(税込489000円)。

ちなみにフルエキはARROW製で、なかなか走るそうです。

お次はGRAN MILANO 400です。

Imag1837

ノーマルでちゃんとカフェレーサーになっていて、普通免許で乗れて税込699840円と外車らしくないお値段です。
これが画像よりも実車の方が全然格好良くて、ちょっと驚きました。
乗ってみるともちろんカフェレーサー風なのでポジションの前傾はきついんですが、シートが高くないのと、ステップは低くて前なので、意外と楽で、エンジンもそんなにとがって無いので扱いやすく、普段使いできる素敵なマシンでした。

他にもいろいろとラインナップがありますのでご覧ください。

欲しいかたは御相談くださーい!!

さて、昨日神奈川に納車に行っていたのですが、そのマシン整備は、まずはずっとやっているGASGAS EC250R。
アイドリングの安定やカブリにくくする為、それと元気の良すぎるエンジンなどをうまくなだめる為に、キャブセットや足回りをいじりました。


Imag1816

ニードルも1/2段を試したり、スロージェットも薄いのから濃いのまで、20回くらい組み合わせを変えてテストしました。
その結果、ある条件の時だけカブリやすくなるのが分かり、それ以外はかなり調子が良くなったので、一旦完成としました。


Imag1817


まあ、それでも元気が良すぎるエンジン(モトクロッサーと変わらない感じ。ギアはロングですけどね)と、硬い足はバネレートを替えないとどうにもなりません。

もう一台は'09 CRF450R。
前後足周りのオーバーホールに車高の変更、ブレーキのチェックとバルブクリアランスのチェック、エアクリーナーエレメントの交換、クーラントやオイルの交換、フューエルポンプのフィルター交換と多岐にわたります。

まずは足回りから。
生産から9年が経っている為に、ダストシールにはヒビが入っていました。

Imag1828

フロント車高は45mm→25mmに変更したので、スプリングシートの溝を切りなおして、車高調整のカラーも切りなおします。

Imag1829
ダンパー位置も確認して、伸びがかなり強めだったので、シムを少し追加して、プリロードも少し足して組みなおしました。

ついでにステアリングダンパーもオーバーホールします。


Imag1839

オイルはこれっぽっちしか入っていません。
オフロードを走っているかたは、マメにオーバーホールしないとダメですよ。

Imag1843

リアショックはもう漏れ始まっていました。

車高を9mmショート→0mmへと変更しました。


Imag1844

エア抜きのブリーダーボルトを追加して組み上げました。

スロットルボディも軽く拭いておきます。

Imag1840

奥にインテークバルブが見えますが、カーボンも無くいい状態です。

フューエルポンプのフィルターも交換します。

Imag1846

ちょっと汚い程度でしたが、年数が経っているので保険です。

で、給油口にもフィルターを追加します。

Imag1847

バルブクリアランスを測定して見ると、全部広い...

Imag1850

普通狭くなるんで、最初に整備した時に広めにとっていた模様です。

このタイプの慣れていないので、ちょっと時間が掛かってしまいました。

クーラントも替えて無いとの事で、見てみると少しドス黒くなってました(画像だと余り分かりませんが...)。

Imag1851

キャリパーを前後とも揉み出しして動きを良くします。

Imag1852

フルードが古かったので、結晶化してブリーダー周りを詰まらせていました。


Imag1854

他にもチェーン引きのネジの固着を直したり、スプロケボルトのトルクチェック(前後とも)、細かいチェックをして完成です。


Imag1856

この型、個人的に格好良くて好きです。
キャブより整備性悪いですけどw

他にはドラッグスターの車検で、バッフルを製作したり...

Imag1820


パンチングを貼って、炸裂音を減らします。

GPZ900Rのスライダーを加工して取り付けたり...
Imag1832

追加工は気を使います...

さて、細かい仕事片付けて、大物の段取りを進めないと!

月末ですね、がんばりマウス!
Imag1835


» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

明日9/24は...

神奈川に納車の為、お休みとさせていただきます。 すみませんが、宜しくお願いいたし...

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

10/8(日)モタゴッコ!

これからはしつこく宣伝していきます!

10/8(日) スポーツランドSUGOでモタゴッコが行われます。
O0437029114022064196

今回はモタゴッコで一番人気のある、午前中Mパーク(メインゲート脇多目的スペース)でのパイロンコースの練習と午後からは西コースでのコース走行になります。

内容、お申込みはSUGOさんのHPからお願いいたします。

そういえば前回のモタゴッコの様子が、SUGOさんのPHOTO GALLERYにアップされていました。

それとSMJ菅生の模様も、GALLERYにアップされていましたので、それも。

皆様お待ちしております!

9/13(水)は、午前中SUGO西コースに行っておりますので、お店は午後からになります。


さて、作業を簡単に...

売れた'08 CRF450R、今は16.5インチが主流なので、ホイールを買っていただきました。
今回はダートフリーク製のホイールキットで、ブレーキローターの取り付けが容易なように、ボルト穴をヘリサート加工しておきます。


Imag1759

タップはガイドを製作して、垂直になるようにしてタップを切ります。

チューブレス加工もして...

Imag1763

この後タイヤウォーマーで暖めたら、なんとチューブレスから盛大にエアが漏れました(5箇所も)。


Imag1764

原因は、これもテクニクスさんのホイールキットもそうなんですが、ニップルの頭がかなり出っ張っているので、テープを貼る際にしわができやすいんです。
で、それをうまくなだめながらやるんですが、定着する前にかなり暖めてしまったので隙間があいてしまったのが原因でした。

幸いにも暖めてテープに柔軟性があったので、再度丁寧に貼り付け一晩エアを高めにして、テープを定着させました。
この2社のホイールキットは、すぐにウォーマーで暖めないほうが良いようです。


Imag1766

買われた方も、無事に走行が楽しめたようで、なによりでした。


お次はなかなか進まないGASGASです。

ナンバー灯の配線が切れていたので、繋げ直したり...

Imag1769

テールランプ周りを交換して、また試乗できるようにしましたが、またラジエターから盛大に水が漏れるように...
とりあえず漏れている箇所の確認で、ラジエターを外してみると、コレがかなりの腐食具合...


Imag1793

水を継ぎ足し継ぎ足しで乗っていたために、濃度のばらつきで固体化しているのや、水が少ないのでアルミ本体が叩かれたり、水を足していたので純粋に腐食が進んでいる部分となかなかです。

Imag1794

光が漏れているのが分かりますでしょうか?


Imag1800
いろんな所が抉れて薄くなっています。

腐食を削っていったら、10箇所以上穴が開きました。

これは難作業だなと思いつつも、外車のラジエターは高いので、なんとか補修しないと思い、溶接修理を始めました。

ええ、穴あきまくりです(滝涙

ラジエターキャップが入る部分も腐食がひどく、段差が出来ているので、ジグを作ってコンパウンドをつけて研磨しました。

Imag1802

先端にバルブコンパウンドを塗って、削りました。

コレが...

Imag1801

こうなりました。


Imag1803

あんまり変わってないようですが、段差はほぼなくなっております。


Imag1804

新品のラジエターキャップをつけて、リークチェック!

何とか漏れは止まりました。
みなさん、お願いですからクーラント入れてくださいね。
そしてちゃんと定期的に交換してくださいね。

で、クーラントといえば、このあいだCBR250のオイル交換をしまして、その後お客様からオイルが少し漏れているようでと連絡をいただき、確認して見ました。

実はこの車両、オイルフィルターを交換したら、フィルターカバーの合わせ面が腐食していて、微妙にオイルが滲んできていたので、ちょっと対策をして納車していたんです。


Imag1788

で、確認して見ましたらなんとウォーターポンプのドレンからオイルが垂れていました。

水じゃなくてオイルが漏れるのは珍しいなと思いましたが、直前に某タ○ンズ店長のSさんからそういう事例があったと聞いていたので、とりあえずばらして確認!


Imag1807

溜まっているのは、錆とクーラントが結晶化した混合物です。
ええ、隙間なく詰まってまして、オイルシールはもう機能していませんでした。


Imag1808

千切れているのがオイルシールです。
CBRってメカニカルシールの奥に、オイルシールが入る構造なのね。

まあ、なんにせよ駄々漏れになる前に発見できてよかったです。

ついでにストレーナーも外してチェック。

Imag1811
液ガスやゴミがそこそこ溜まってました(機能していると言う事ですね)。

部品待ちです!

売れたFS450も、ホイールを今まで使っていたCRF450Rから外して、FS450に入れ替えたり、シフターのセットアップにサザンサーキットに久しぶりに行って走ってみたり...

Imag1781


'18 FS450のナラシをしている方とたまたま合ってみたり...

エアクリーナー洗ってなさそうだったので、確認の為に外すと...

Imag1783

すっかりオイルは下がってました。

エアクリーナーエレメント、ダートを走らないからと言って塗りっぱなしはダメですよ(調子悪くなりますよ)。

で、GASGASと一緒に預かった'09 CRF450Rのエアクリーナーエレメントも、確認するので外そうとするとボロボロに引き千切れちゃいました。


Imag1784

すっかりエアクリーナーボックスに張り付いてまして、ひっぱたら穴が開きまくりです。

3年くらい使ったら、潔く新品にしましょう! 買ったほうが安いですから。

お次はSM450Rのアンダートレイの改修。

これは2009年に筑波TTに出る為に、あわてて作ったので、前側はネジ止めだったんですが、後ろ側はステーとかを作るのがめんどくさくて、タイラップ止めにしていたんです。

まあ、ダメなのでネジ止めに改修しました。


Imag1789

くぼみを作って角度をあわせて、ネジ止めできるようにしました。

やってなかった事が出来たんで、スッキリしました。
作業させてくれるお客様に感謝です。

今週はバンバン完成させて納車するぞ!

がんばりマウス!

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

'16 YZ250F中古車両と10/8(日)モタゴッコ!

売約済みとなりました。 まずは中古車両の御案内です。 '16 YZ250...

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

«8月も終わります。