« ブーツセーバー | トップページ | コラム »

2006年11月19日 (日)

ショートストローク加工

前回は文章だけだったので、今回は画像も交えて話してみましょう。
今回はCRF250Rのショートストローク加工で、オーダーは「曲がりやすく、足つきを良くして」とのことでしたのでFを55mm、Rをショックで10mm(車高で約30mm)下げ、リアは特に伸び側が効くようにシムの組み替えを行いました。
Dsc00738
Fフォークは、インナーロッドにカラーをかませてストロークを規制します。
当店ではバネの受け方を変えて、ストローク中間のゴツゴツした感じを少なくなるようにして、セットアップします。


Dsc00739
リアはまずバラス前にガス圧のチェックをします。

Dsc00742
リアショックをバラしたところです。
こちらもF同様にストロークを規制するカラーを入れて組み込みます。
今回は、'04モデルで一度もバラしていなかったために、消耗部品を全て交換しました。

と、まあざっとですがこんな感じでやっております。
あ、バネレートも変更していますが、今回はまだ暫定仕様なのでとりあえずワンランクづつレートを上げました。


なかのひと


« ブーツセーバー | トップページ | コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149303/12746699

この記事へのトラックバック一覧です: ショートストローク加工:

« ブーツセーバー | トップページ | コラム »