« あったかい(昨日と今日だけw | トップページ | 只今… »

2010年1月24日 (日)

筑波TTの

レギュレーションブックとエントリー用紙が送られてきました。
今年は出られないなぁ~なんて思いながら、レギュレーションを見ていると、「ターミネータークラスは2011年より、クラス区分・車両規定をMFJスーパーモタードと統一することを検討しております。」と書かれていました。

それって、スリックOKってことですか!
でも、筑波のことだからスリックだけはダメとかいわれそう…。
ま、来年の楽しみが一つ増えたと言うことでw

さて、お仕事は「打倒黒くて大きい人」のKX250FのサスペンションOHです。
で、’10からKX250Fはインナーチューブがコーティングされているので値段を調べたところ、インナーチューブにコーティングするよりも新品のインナーチューブを買った方が安いという事なので、それを使うことに。
で、来た部品を見てみると…。
1333304_img
なんか、よく分からない粉末状の物がたまっていました。
1333310_img
きれいに洗浄して、シール類を変えてちょっと仕様を変更して組み上げました。

あ、そうそうステムに組み付ける際、アウターチューブと接する部分はきちんときれいにしてから組みましょう。
1333305_img
こんな感じに黒く汚れている場合、でこぼこしていてちゃんとクランプ出来ません。

1333306_img
リアもピストンとシム両方変更しました。
これで良くなってくれれば良いんですけど…。

「なんかアイドリング付近変なんで、ついでに見ておいて」と言われたので、エンジンを掛けると、凄く安定しません。
スロットルを開けて離すと、アイドリングに落ち着く前に回転の高い状態が数秒続きます。
こういう時は、たいていアイドリングアジャストスクリューを締め込み過ぎが多いんです。
じゃあ、なんでアジャストスクリューを締め込まないと行けないかと言えば、スロー系が詰まっているとか、パイロットスクリューがあんまり開いてないとか、エアクリーナーがものすごく詰まっているとかを補って、アジャストスクリューを締め込むと、こんな感じになります。
原因を取り除いて無くて違うことで取り繕っているので、調子は悪いんですね。

で、とりあえずキャブのスロットルバルブのふたを外すと「汚い…」。
バラして、ちゃんとしたコンディションにする事から始めます。
1333308_img
最近、メインで頼まれた仕事より「ついで」の仕事が多くて、なかなか終わらないです。
みなさん結構微妙な調子悪いのをそのまま乗っている場合が多いんですね。

とりあえず、完成!
1333313_img
他にもブリーザーホースがねじれて、ふさがってたりしかもマフラーに当たってて溶けてもげてたりいろいろありましたが、調子は戻りました。


と、そんなことをやってたら小山君がRM85を持ち込んでなにやら始めました。
1333311_img
RS125とNS1のホイールを当てて何かやってます。
「いやぁ、しょっぱいなぁこのバイク。俺このマシンでよく勝てたな。」とかぶつぶつ言ってましたが、結局あんまりお金掛けたくないとのことで、通常整備することになりました。

で、オマケ画像w
1333312_img
小山君は、元NCのオペレーターだったので、自分のマシンに付く部品はなんか適当に削りだしで作ってました。
で、そのころ遊びで作ったのを思い出したように持ってきました。
ベースはトキコの4POTです。

つか、欲しいなNCフライス。
だれかちょうだいw


« あったかい(昨日と今日だけw | トップページ | 只今… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149303/47382809

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波TTの:

« あったかい(昨日と今日だけw | トップページ | 只今… »