« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水)

フクダテクニカ走行会の画像!

もう9月終わっちゃうんですね、早いなぁ。

THE GE☆TU☆MA☆TU !!

皆様からのお仕事お待ちしております。

え~っと、走行会の画像をもらったんで、テケトーに貼っていきマース!

50642304_orgv1285735348

50642342_orgv1285735349

50642407_orgv1285735349
50642271_orgv1285735349


50642328_orgv1285735350

50642511_orgv1285735350

50642179_orgv1285735349

50642452_orgv1285735349

50642540_orgv1285735349


50641989_orgv1285735349

3コーナーの進入あたりです。
ハスクで16-47のファイナルで4速、全開な感じです。

さあ、誰が「俺サA級」だ!←オートバイ派w

さてと、普段のお仕事は、メンテナンスを良く頼まれるCRF150R。
今回はフロントブレーキマスターのOHとシートレールのクラック補修、バルブクリアランスの調整など。
1383806_img

シリンダー内径を計って、OKだったのでインナーパーツを交換。
レバーが社外品なんですけど、ピストンを押す部分が変形してるので、修正して「ゴキゴキ感」を無くしておきました。

1383810_img


マスターシリンダーのピストンを押す部分が平らになってますよね(見にくいか…。)。
この部分を修正して組み込みます。

バルブクリアランスは、何故か排気の右側だけ広くて、よく見たらロッカーアームが減ってました。
ん~、そろそろOHかな。

最後に

50642772_orgv1285735349

ココの最上階から伊武雅刀が「イエ~イ」とか言うわけです。

本当はタワー立て替えられてますけど、しかも今は放送席はコースの反対側何ですけどねw←汚れた英雄ネタ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

マメに更新してるのは…

比較的ヒマだから…です!!

お仕事お待ちしてマース!!←熱望

で、とりあえずはフューエルポンプの故障、これサービスキャンペーンだったんですね。
WR250R/X以外にもかなりの車種が対象な様で、ヤマハさん大丈夫なんでしょうか…(経営的に)。

1373798_img
フィルターの色が違いすぎる…。

そういえばCRFなんかでもフィルターの目詰まり等言われてましたが、今度のモデルはフィルターが大きくなったそうで。
交換したけど、音が大きいなこの新しいフューエルポンプ…。
対策品が早くできるといいんですけど。

お次は'07 CRF450Rのオイルキャッチタンクの制作。
今回は今まで作った物より、もう少し配管しやすいように作ってみました。
まあ、毎回同じ物を作りたくない正確なもので。
1373800_img

溶接して完成!
あいかわらず文章にすると超カンタンだ!!
1383801_img

エンジンの前側に取り付けます。
1383802_img

さて、また買ってしまいました。
1383803_img
漢カワサキはあんまり好きじゃないんですけど、KR500とあの幻のX09のストリップが載ってると聞いて、またamazonでポチッとしてしまいました。
いやぁ、ネタばれになっちゃうんでアレなんですけど、まさかあんなシリンダーのレイアウトだったとは…。

さあ、newZX-10Rは果たして速いのか?

ま、カワサキだからなw


| コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

Z○TAの…。

ラウンチコントロール(他社名ホールショットデバイス)なんですけど、何人からか「掛けずらい」とか「うまく掛けられない」などの話を聞いて、もう少し掛けやすくなる部品を作りました。

Section
ボタンを押す動作って言うのは人それぞれで、足で掛ける人もいれば、前に回って手で掛ける人もいるし様々です。
ただ、このラウンチコントロールに限って言えば、かなり押し込まないとロックしないんです。
掛けるときは一瞬なんですが、このボタン部分を押し続けるのって結構難しいんですよね。
このアルミ製ロックピンを長くして、押しやすい物を作りました。

出来た物はコチラ。
1373795_img

1個2625円(税込み)です。
スタート前にコレ掛けるのに苦労して、集中できないのでは元も子もありませんから、試しに使ってみませんか?
在庫は5個作りました。

そのうち仕様が変わるとは思うんですけど…。

ご注文お待ちしてマース!
お問い合わせはコチラから!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

フクダテクニカ主催菅生走行会!

お邪魔させていただきました。
今回はコヤマ君と2人で行ったんですけど、SUGOに行ったらタカテルのCRF450Rを買った方もいらっしゃってました。

1373792_img

ピットに似合わない2台w

とりあえず今回私は、完全モタード仕様(アンダートレイとサイレンサーのバッフルだけは外しました。バッフル付けてると熱がこもりすぎてヤバイので)で何秒出るか試したかったもので。
あ、スプロケは変えてますよ、16-47でふけ切りませんでした。

で、最初の1本目は53秒で、去年の11月以来なのでこんなものかなと。
2本目は、気合い入れて50秒フラット。
3本目はコヤマ君に「SPイン、アウト、110Rってブレーキかけるの?」って聞いたら、「気合いのノーブレーキで!」と言われて実践したら、ビビリで51秒になりましたw

とりあえず、進入時のブレーキングは良いんですけど、1次旋回に移るまでに時間が掛かるのと、去年のドルソデューロと同じで開ければ開けるほどはらんでいく感じで、旋回時感が長くてダメでした。
フロントはちょっとプリロード掛けて、リアは車高ちょい下げで、圧側ダンパー部にワンウェイバルブとバネレートを上げないと旋回しない感じです。

じゃなければパワースライドに持ち込めないとダメかな。
4コーナーと最終のシケインしかスライドに持ち込めませんでした。
フロントもたいしてハネなかったけど、これはまだペースが遅いからでしょうね。
6速有るハスクは、SUGOではモトクロッサーよりは有利かな。
馬力は無いけど、吹けきらないしギアのつながりが良いので、ギア選択の余地があります。
コヤマ君のCRFは16-38で、裏ストレート200M看板で吹けきるそうです。
あ、ブレーキングは100M先です、直線遅いんで。

えー、画像はそのうちでw

さーお仕事しないとー!

ウチには珍しく250TR。
1373793_img

3年近く前にバッフル制作したお客さまから、タンク交換の依頼です。
エストレヤのタンクが載るんだ、へー。

お次はWR250Xなんですが、燃料ポンプのトラブルがあるようで…。
1373794_img


インジェクション車でポンプが逝くと、どうにもなりませんからねー。


あ、おみやげいただきましたw
1373791_img

ありがとうございます!

最後にMOTO1!←最後かよw

IKKIは2位でしたね。
まあ、いろいろかみ合わないと今のYASSYを抜くのは、難しいよなぁ。
3位はささやん!
YZにしてから調子が良いですね!
でも、ヨシミさんのCRFも速いって言ってたから、セットアップ次第なのかな?

MOTO1openは坂牧君がチャンピオン決めたみたいですね。
彼らしい出入りの激しいレースだったようでw
DUNE川上さん、2位おめでとうございます。
え~、3位千葉さんですかwwwwwwwwwwwww
4位KENちゃん、あいかわらず千葉さんと近いところをあらそってますねーw

moto2はマー君がチャンピオン決定。
2位はキッシーですか。
きっと、ダートd(ry
3位はケンタローか、高速コースはきびしーだろーなー、いろいろと

いや、でもみんな無事に終わってそれが何よりですよ。

あ、三笘さんも久しぶりに膝を擦ったとかw

最終戦もてぎ、ひさしぶりに行ってみますかねー(希望。

詳しくはKRAZy webで!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

サスペンション追記

大場選手のマシンをメンテナンスしていたら、気になった点があったので…。
KYBのツインチャンバータイプの加圧スプリングなんですけど、インナーカートリッジを組み直した際にロッドの伸びが悪いので、もう一回バラしてみると…

1373788_img


左がへたっている物で、右が正常な物です。
サスは’06の物なので、作られてからもう5年も経つとダメなんでしょうね。

他には、彼はロードレース出身なので、リアブレーキペダルの位置が低いんですけど、その場合限界まで下げると問題があります。
1373789_img

プッシュロッドとブレーキペダルがもう当たっています。
この状態で使用すると、ロッドを曲げる力が働く=ロッドをまっすぐ押さないので、力の掛かり方が悪いしシリンダーの偏摩耗にもつながります。
ロッドを少し短くするか、ペダル側を少し削るかしてクリアランスをもうけましょう。

細かいことですが、こういったことを少しずつ調整していくことは、調子の良いマシンを作るのに大事なことなんです。
配線や配管の取り回し、ワイヤー類、気を付けなければならない点は多いんです。

さて、この週末連休なんですが、9/19はフクダテクニカさん主催のSUGO走行会に行ってきます。
最初は、仙台ハイランドのエンジョイミーティングに行こうかと思ってたんですが、土曜日に納車が入ってしまったもので。

久しぶりにハスクで走ってきます。
スプロケ何丁なんだ?

あ、18日と20日は営業しています。

この間、ハイエースのマフラーが折れて、IKKIのメカやっている奴に交換をお願いしたんです(車屋さんです)。
交換が終わったハイエースのドリンクホルダーに、コレが入れてありました。
1373787_img

チェリーコーク!!

うめーwww

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

サスペンションOHについて

最近サスの問い合わせが多いです。
OHやモデファイについてなどいろいろなんですが、今回はたまたま入ってきたCRF250Rのサスをバラして、一番駄目な状態だったので反面教師としてOHしないでいるとどうなるかお見せしたいと思います。

で、どんな状態かというと片側のインナーカートリッジの伸び側を受け持つ部分がバラバラになってるのに、そのまま走行して中で部品が粉砕されていました。
1373775_img

ロッドは丸いはずが八角形みたいになってまして、アルミの粉をまぶしたようになっています。
トレーの中にある部品、シムやピストンがバラバラでそのまま出てきました。

1373776_img

隙間にも破片が挟まっています。
1373778_img

1373779_img


シムやピストンに破片が挟まると言うことは、減衰を発生させる部分に隙間が出来るので、当然ダンパーの効きが悪くなります。
なぜこうなったのかは不明ですが、SHOWAはピストンやシムを締め付けているM6のナットではなく、シャフトの先端部だけしかカシメられていないので、若干ナットが緩みます(結構多いです)。
KYBはシャフトにくさびを打ち込むようにカシメが効いているのでまず緩みません(そのかわりバラス時には大変です)。
ナットが緩むと減衰が効かなくなるので、底付きしやすくなります。
衝撃が大きいのは良くありません。
熱も持ちますし。
今回、このフォークはカシメ部分4カ所すべて(まあ1カ所は粉砕していたんですが)緩んでいました。

オイルもずっと換えていなかったので、ドス黒くて汚れがシムやニードル通路にもこびりついていて、なかなか落ちません。
こうなると通常のOHよりも時間が掛かります。

また、このタイプで特にSHOWAの物は激しく使うとトップボルト(厚側調整の部分の部品)の加圧スプリング座面付近のアルミ部品を削ってしまい、それがシールに噛んでオイル漏れを起こします。
1373781_img

ピックツールで指している部分がそうです。
わかりにくいですが、バネがかなりこすれた後があり、アルミの粉だらけでした。
そうなると、このトップボルトのシールが破損してしまい、インナーカートリッジが機能しなくなります。
だいたい、ウチに来るSHOWAのフォークの4セットに1本はダメになっています。

オイルをずっと替えないで、柔目にして乗って底づきばっかさせてると、こんな感じになります。

最低でも1年に一回は漏れなくても開けた方が賢明です。
部品も高いですから。

あ、このフォーク、壊れていなかった方のインナーロッドは「ハズレ」でした。
傷やアルマイトむらが大きくて、均一に動かない物でした。
画像下側がハズレ品。上はまともな物。
1373782_img


あと、入庫するほとんどのフォークで、このアクスル部のクランプの隙間が泥で埋まっています。
1373783_img

ネジを一回外して、耐水ペーパーなんかで軽くさらってください。
あと、アクスルシャフトの入る穴に傷が付いている物も多いです。
ここに傷があると言うことは、叩いてアクスルシャフトを入れている場合が多く、それでは良い位置にフォークを組み付けることが出来ません。
叩いて入れると言うことは、おかしいのですから叩かなくても良いように修正しましょう。
シャフトに傷が付いている場合も同様です。
ちゃんとしないと、いくらフォークをOHしても、全然意味がありません。

お次はリアです。
1373784_img

こちらも長いことOHしてなかったようで、かなり汚れていました。
バンプラバーを裏から見ると、割れています。
1373785_img
底付きしてバンプに当たっているのを繰り返すと、中から割れてきます。
まあ、もう少し早めのOHが適切でしたね。

私がMXやっていた頃でも、半年に一回はOHしないと前に進まなくなる感じが強かったです。

さて、何故か’10→’08に年式ダウンした#9大場選手のマシンでもやりますかねー。
前後細タイヤ(GP125サイズ)で、車高ノーマル、フロントブレーキはノーマル使用予定です。
1373786_img


ふー。

普通のお仕事も待ってマース!!


おっさんホイホイ!w

| コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

オイルキャッチタンク!

制作していたCRF150R用オイルキャッチタンクが出来ました。
設置場所を3カ所ほど考えて、メリットとデメリットを考え位置を決定。
で、後はステーをどうするかも考えるのですが、今回はかなり悩みました。

で、こんな感じに…。
1373756_img


本来、ブローバイのホースが付く部分には、プラグがつきます。
1373757_img


ちなみに裏から見るとこんな形で、結構めんどい形状になってます。
1373760_img

残り1個で金額は、24150円(税込み、穴埋めプラグと取り付けエンジンマウントボルト1個付き)です。

もう一つは、’09~CRF450R用のオイルキャッチタンクも1個作りました。
1272768_img

(画像は以前作った物です)
金額は微妙に安くなって25200円(税込み、穴埋めプラグ付き)です。

で、在庫になっているキャッチタンクは値下げします!
ハスクバーナSM450R(’04~’07)とSM400Rにもたぶん付くはずw
1373763_img


コチラは容量500ml(他の物はmoto1規定で作っています)で金額は16800円(税込み、穴埋めプラグ付き)、残り2個!

最後は’05~’07RMZ450用で、1個は綺麗なのですが、1個は表面に若干腐食が見られたので(軽く磨いてあります)、綺麗な方が7350円、そうじゃない方が6300円!
1373768_img

で、このキャッチタンクは前側のステーを切り刻めば他の車種にも付けられるかもしれませんので、キャッチタンク部分のみの寸法も記載します。
幅82.5mm、奥行き55mm、高さ82mm、継ぎ手はφ10です。
moto1規定なので300mlでドレン付きになります。
ステーを全部切り取って、作り直しても良いと思います。

ご注文はコチラから!!

ふー、やっと暑さも一段落ですね!
まったりこれでもご覧くださいw

画像に注目w

オマケw

続きを読む "オイルキャッチタンク!"

| コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月 6日 (月)

ご連絡。

本日、チューブレスキットをお問い合わせいただいたお客さま。
yahooメール宛の返信が出来なくて、帰ってきてしまいます。
違うアドレスか電話にてご連絡いただけるよう、お願いいたします。

さて、CRF150Rをお預かりして、キャッチタンクを作り始めましたが、これが以外と難しくて二日も設置場所に悩んでしまいました。
試作のCAD展開図多数…。

で、なんとかいけそうな感じになってきたので、製作開始!
’09~CRF450R用も2個作ります。
材料を切り出して、継ぎ手やドレン部分、コネクティングチューブの元からの穴を埋めるプラグなんかを制作。
1373752_img

これだけで一日仕事です。
シャーリングやタレパンや曲げプレスなんか有れば簡単なんですが、そんな設備はないのでシコシコ切り出します。
1373753_img

丸物はφ12の継ぎ手のみ、プレスでフレア加工をします。

1373754_img


で、板物を曲げて溶接は明日やりマース!


あ、MICHELINのモタード用16.5インチのフロントタイヤ、1本だけ新品在庫有ります!

1373755_img


フロント1本だけです。
今年の7月に日本に入荷した物で、金額は特価19800円!

ご注文お待ちしてマース!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

連続

更新!!←威張ってますw

そう、実はdevil2本出しの前に、RM85の加工をしてました。
内容は、もげたチャンバーステー(2カ所)の補修とリアショックの仕様変更とスプリングシートの制作です。

ちなみにダンパーの仕様変更は「伸びと圧、2倍にしてください!!」という困った内容です。
中身がKX65と変わらないんだよなぁ、RM85って。

まずはチャンバーの補修。
ちなみにRSヨコタ製で、中野真矢も使ってたやつだとか…。
1373734_img

薄っぺらいステーだったので、全部3mm厚のアルミ板と鉄板で作り直しました。
結構めんどいっす。

お次はRショック。
バネがよく分からない奴が付いてて、バネが太くて力が掛かると斜めにつぶれてしまうので、リブを付けたスプリングシートを作ります。
まずはφ70のアルミ丸棒を切り出して…。
1373730_img


削って完成!(まったくもって簡単な説明だ!)
1373731_img

外周えぐった部分は、本当はやらない予定だったんですが、削ってみたら結構重くて、はっきり言って軽量化です。
取り付けるとこんな感じになります。
1373732_img

乗ってみて、リアショックは凄く良くなったけど、やっぱりエンジンは上が回らないとのこと。
やっぱりクランクに突っ込んだジュラコンは、余計なプレーだったようですorz

1次圧縮低い方が速いなんて、さすがスズキだ…。

お次はR6のシフター用チェンジロッドの制作。
1373735_img


1373736_img

ウチにM8の逆タップが有ったという理由でお仕事いただきましたw

最後はCRF150Rのオイルキャッチタンクの制作!
1373750_img


IKKIのお知り合いの方で、昔私が住んでいたところの近所の方という偶然。
何個か作って、少し値段を下げたいと思います。

CRF450Rのもついでに作ろうかな、あの骨折してる人も欲しがってたしw

あ、知り合いがお店を始めました!
以前有ったところに居抜きで入ったそうですが、名前を変えてニューオープン!

〒984-0073
仙台市若林区荒町79 姉歯ビル1F 「横町酒場 魚来(ぎょらい)」
1373751_img

ビルの名前と店名に突っ込みどころ満載ですがw
ちなみに幸楽のホルモンも食べれます!
値段も安いし、お昼は500円ランチもやってますよー!!

ちなみに店長の加藤は、以前全日本GP-MONOに私がメカで行ったときのライダーで、一緒にやっている横岡さんは全日本moto2にYZ250Fで出ているライダーです!


ああ、腹減ってきたw


| コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

Husqvarna '06SM450Rにdevil2本出しの取り付けとか

やっと取り付けが終わりました…。
25万円もするのに、取り付けするのに金属加工のオンパレードなのはどういうことなんだ!!
しかも、エキパイやバッフルの周りはリューターの削りカスだらけだし、カラーの面取りはサンダーでやったようなタダの丸棒だし…。

だが、格好はイイ!
しかも、溶接はたいして綺麗じゃないのに、性能はピカイチなのも困った物だw

サブフレームにステー取り付け用のネジ穴が必要なんですけど、普通はナッターとかでやるんですけど、今回は強度優先で7N01の削り出しで作りました。
1373726_img

ナッター嫌いなんです、ぐらついたり回っちゃったり…。

ここからは、合わない、ヤバイ部分の画像です。
1373738_img

1373739_img

1373740_img

1373741_img

1373742_img

左側のサイレンサーステーを、右と同じ寸法で作ると15mmくらい低く付いてしまいます。
なので今回は左右同じ高さになるように、ステーを全面的に変更。

バッフルなんか、左右で違うネジ入れてきてましたよw
しかも、片方は無理繰り入れてて、抜けてきませんでした…。

サイレンサーバンドも以前はきつくて、サイレンサーボディが割れるんじゃないかって感じでしたが、今回は緩すぎてしょうがないので、ゴム板を切って入れました。


さて、最後の難関は左サイドカバーを取り付けることです。
この隙間は…。
1373745_img

できあがりー!!(相変わらず簡単に思えてしまう…)

1373746_img

やっぱり2本出しなので、リアビューも!
1373748_img
やっぱり2本出しは、左右の高さが合ってないと!(通常は左が低いです)


最後はフクダテクニカさんでシャシダイに掛けて、燃調を取ってきました。
1373749_img

とりあえず、以前私が使っていたときよりもわずかにパワーが出ていました(52ps)。
気温34度の中取ったデータにしては、良い方だと思います。

次は、中野真矢が昔乗ってたRM80のデータで作ったチャンバーの修理とか…。

ええ、コヤマ君のなんですけどねw


| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »