« お買い得情報!! | トップページ | 雪が… »

2010年12月21日 (火)

CRFの腰上オーバーホールが終わると…

CRF150Rのオーバーホールが終わると、次はCRF250Xのオーバーホールw

CRF150Rのフロントフォークオーバーホール。
インナーチューブを研磨していて、「ん?」ちょっとつぶれているようです。
寸法上は使えるので、今回は見送って次ぎ漏れたらインナーチューブ交換かな。
1393934_img

ちなみに油面調整の際、注射器みたいなのでオイルを吸い出しますが、樹脂のやつはゴムの部分がオイルに負けて膨らんじゃって使いにくいので、私はガラス製のを使っています。

1393935_img

これ見るとみんな「変なことに使ってんだろ!」って言ってきます。

つかわねーしwww

リアのリンクやスイングアームもグリスアップ。
ステムはベアリングを交換。
1393936_img

ホイールベアリングも交換。
1393937_img


キャブはOH+クイックショット3を取り付け。
1393940_img

チェックボール取ったりするのね。
セッティング出るのかしら…。

1393941_img

付けるとこんな感じ、結構出っ張ります。

ヘッドはシートカットして組み込みます。
1393939_img

1393945_img


で、今回はこんな事が気になりました。
グリップを純正品使わない人は、結構いらっしゃるんですが、こういうグリップを使う際は気を付けてください。
1393942_img

指で指している部分は、グリップとスロットルの金属部分が当たってしまっています。
ノーマルはこういう感じ。
1393943_img


そう、グリップとスロットルの金属部分は離れて絶対くっつかないように作られて居るんです。
こうじゃないと、スロットルの戻りが悪くなったりして、不意に振られた際やブレーキングの時にアクセルが開いた状態になってしまうことがあって、凄く危険なんです。

どうしてこのグリップが使いたい場合は、間に樹脂のワッシャを挟みます。
1393944_img

これが有るか無いかで、スロットルの軽さが全然違いますし安全です。

で、お次はCRF250Xの腰上OHなんですが、ヘッドを外してみるとカーボンが結構な量。
バルブにもべったりな上にオイル下がりもしていたみたいですし、オイルが少ない状態で走ったことがあるのか、ヘッドはオイルの跡というかちょっと茶色くなってました。
まあ、有る程度は普通になるのですが、走行距離の割にはバルブのアタリも悪く、チタンバルブもコーティングが剥がれている状態でした。
1393928_img


まあ、もともとピストンも替える予定でしたので、シートカットして調子は良くなるしオイルの減りも結構改善されると思います。

1393931_img


他にはRZ350のチャンバー修理。
1393932_img

2カ所ベッコリへこんでます。
今回は板厚が薄いので、水圧のみで修理。

1393933_img

こんな感じに。

最後はバネの変更を頼まれたED仕様のYZ250。
バネはアイバッハを使用予定です。
1393948_img

他にも頼まれているので、まとめて頼む予定です。
アイバッハのバネ欲しいかた居ませんか?

しかし日曜日、このバイク20回ほど投げたそうですが、グラフィック頑丈だなw



« お買い得情報!! | トップページ | 雪が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149303/50362407

この記事へのトラックバック一覧です: CRFの腰上オーバーホールが終わると…:

« お買い得情報!! | トップページ | 雪が… »