« 10/10は、SUGO motagokko(モタゴッコ)! | トップページ | motagokko(モタゴッコ)事前情報! »

2011年10月 2日 (日)

やっと…

自分の車のステレオとタコメーターを修理して動くようになった!←いつもお客さまには整備のことでいろいろ言うくせに、自分のことはこんなもの(汗

あ、すみませんが今週いっぱい、お店は午後2時から開店いたします。

預かっていたCRF250Rのブレーキローターの大径化とメーター取り付け、その他諸々!
ローターは付けるだけなんですけど、キャリパーはついでなんで、掃除しました。
Cimg0451

で、この時にインナーチューブをチェックすると、点錆が結構確認できました。
街乗りで使用している車両は、錆が発生していることが多いです。
ブレーキダストや雨の走行後なんかは、なるべくインナーチューブを磨いた方が良いです(タオルとかで良いので)。
使っていないストローク部分(インナーチューブ下側)に錆が発生しやすいです。

で、キャリパーサポートをφ320用に付け替えて、次はメーターの取り付け。
問題になるのは、車速センサーの取り付けなんです。
今回は、削りでステーを製作。
Cimg0452

サインバイスつかいーの…

Cimg0454
えぐったり座ぐったり、こんな感じで組み付けると…

Cimg0461

で、センサーの線は、ガイドチューブをかぶせて(φ6のポリウレタンチューブ)、ブレーキホースにはわせてメーターまで持っていきます。
Cimg0460

0.18×2Cの線のままでは、とても風圧には耐えられないし、激しくストロークするサスに追従することもできません。
この辺を適当に配線してるのを、結構見ますが「付けた。」「付いた。」と「ちゃんと取り付けてトラブルがない。」とでは雲泥の差があります。
そのまま配線している人のは、たいてい動かなくなったり、信号拾ったり拾わなかったり、見た目も悪いですしね。

メーターは、ちょうど良いステーが付いてたので、ラバーマウントして取り付け。
Cimg0463

でこの車両、ウチに持ってくる前に、走っていて突然ヒューズ切れで止まったそうです。
ヒューズを付け替えたら治ったそうですが、何にも原因無くてヒューズは飛びませんよね。

で、原因をいくつか発見。
シート下のブレーキランプの配線がつぶされていたのと、ステアリング部の配線をめくったら、絶縁が悪い部分が何カ所か有りました。
Cimg0456


Cimg0458

後は、ノーマルチェーンから、DIDの520VT2に変更。
これで、幅が狭くなるのでタイヤにも当たりづらくなります。
Cimg0462

最後にオイル交換して、完成!
Cimg0464

お次はDRZ400SM!
FMFを取り付けて、モトショップ五郎のバクダンキットを付けて快調になったのですが、乗ってみるとリアブレーキがちょっと変。

お客さまからも「リアブレーキの遊びが多いので、減らしてくれませんか?」と言われました。
で、基本的にディスクブレーキの遊びは一定のはずなんです。
増えると言うことは、ブレーキローターが減って、パッドも斜めに減っている。
ローターが反っている、ブレーキパッドが反っている(材質が悪い物はたまにバックプレートが反ったりします)。
マスターのシールが抜けている。
ピストンシールの動きが悪い。
エア噛みやフルードの劣化、などが考えられます。
今回は結構フルコースでした。

Cimg0481

ローターに偏摩耗と反りがありました。
そうなると、それに合わせて削れてしまったパッドも交換です。
ノーマルパッドは、熱が伝わらないように断熱材がバックプレートに付いています。
Cimg0482


リザーバータンクも、マフラーに近いせいもあり、膨らんで気密が悪く、フルードも真っ茶色でした。
Cimg0483

で、最後にペダルを見ると、ペダルの位置が限界を超えて下に下げられていました。
Cimg0488
マスターシリンダーのアジャストボルトが、ペダルと当たっています。
こうなるとマスターを押すボルトは、まっすぐ押されなくて、ペダルと一緒に円運動になってマスターのシリンダー側面を激しくこする形になり、長く使うとマスターシリンダー自体がダメになります。

今回は、調整だけ行い、若干本来の状態よりは遊びが多いですが、「おかしい」と言うレベルではなくなったので、今回作業は見送りました。

後、試乗したときにおかしかったのが、ハンドリングでした。
前後に違うタイヤを履いているからなのか、そうじゃなくてもフロントが中立付近で変な感じ…。
ステムベアリングかなと思いつつ、空気圧を測ってみると1.2k!!

実は、お客さまが自分でタイヤ交換をして(フロントのみ)、ビートブレーカー(みみ落とし)を使わず、タイヤレバーだけでこじって耳を落としてタイヤを変えたとのこと。
今回タイヤもスーパーコルサに替えるので、フロントホイールを見てみると…。
Cimg0477

結構深い傷が何本もありました。
どうも、スローパンクチャーになっているようで…。
今回は傷をなめらかに削って、エアが漏れないようにしました。
Cimg0479

MTリムは、耳が落ちないように作ってありますので、チューブレスの方は必ずビートブレーカーを使ってください。
タイヤレバーでも落とせますが、少なからず傷が付きますので、ちゃんと工具を使った方が賢明です。
タイヤレバーはタイヤを入れたり外す物ですが、耳を落とす道具ではありません。

ネットにはいろんな情報がありますが、「できる!!」と「ちゃんと出来てる。」とはものすごい差があります。
ただ、私はお客さま自身がいろいろチャレンジして整備を覚えていくのは、賛成です。
で、物を覚えると言うことは、失敗する(物を壊す)事だと思うんです。
失敗すると、挽回しようとしますし、2度と同じ失敗をしないように気を付けます。

私も今までずいぶん物を壊しました。
皆さんも、パソコンを覚えたときにいろいろと失敗しませんでした?

不安になったら、バイク屋さんを頼ってください。
もしかしたら、余計にお金が掛かるかもしれません。
でも、その次からはもっと整備がうまくなりますよ。
ただ、危なくないように、お願いします(オイル、フルード漏れなんかは厳禁ですよ)。
あと、できればサービスマニュアルを買ってください。
必要なことの9割以上は、サービスマニュアルの中に書いてあります。

16歳の頃、ピストン前後逆に組んだYSR50は10分も持たずに焼き付いたな(トオイメ

で、最後にハンドガードが結構曲がっていたので、修正しました。
Cimg0485

コレを…
Cimg0487

こんな感じに、左右同じになるようにどっちも修正!

Cimg0489

エキパイにヒートガードも付けて、完成!
うん、かっこよくなったし、乗っても楽しくなりました。

さあ、motagokko(モタゴッコ)で楽しみましょう!

あ、今回の記事はお客さまに確認を取りました、blogに書いても良いですか?って。
そうしたら、「ネタにしてください!!」と言ってくださいました(感謝してます)。

宇宙物の中では、やっぱりコレが一番好き。

宇宙空間で音が出るやつってなんなの?
そんなわけでスターウォーズ系はダメなんです。

http://www.youtube.com/watch?v=XK5rZ6waRDE&list=WL1D397F02C8202B7D&index=26

この無音さが、たまらない!!

さよならHAL…

しかし「I'm sorry,」の一言で殺されたら、たまらんわな。


お次は、限りなく宇宙に近いところを飛んでる「U-2」。

BBCのTOPGEARでJames Mayが乗ったのね。

うらやましい~!!


« 10/10は、SUGO motagokko(モタゴッコ)! | トップページ | motagokko(モタゴッコ)事前情報! »

コメント

初めてのタイヤ交換、マルケジーニを材料にするのは
もったいなかったかも
おかげさまで、本日の走行前後で異常な空気漏れは
ありませんでした

投稿: Sasaki@DRZ | 2011年10月 2日 (日) 18時09分

とりあえず、異常がなかったのは何よりです!
さ、motagokkoで進化したDRZを乗り倒しましょう!

投稿: OPB | 2011年10月 2日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと…:

« 10/10は、SUGO motagokko(モタゴッコ)! | トップページ | motagokko(モタゴッコ)事前情報! »