« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

ご連絡

5/23のお昼過ぎに、ドコモの携帯よりメールでお問い合わせのお客さま、返信が出来ません。
メールの内容も、どの商品に対してのお問い合わせか分かりませんので、返信可能なアドレスにて再送をお願いいたします。

遅くなりましたね、申し訳有りません。

昨日は都内まで車両を引き上げに行ってきました。
ついでに、「モトショップTOYZ」のMACのお店にも寄らせていただきました。
なかなか広くて、ちゃんとしててうらやましい!!

私もがんばらないとと、気が引き締まりました。

前回の記事で作業していた'06 CRF250R。
カートリッジ左右とも交換予定だったのですが、1本しか在庫が無く、残りの納期は7月だということで、漏れてない方はバラして清掃して再使用することに。
カシメを飛ばしてカートリッジ先端のシールヘッドを取り出します。
Cimg1111

さらにバラスとこんな感じにアルミのカスが溜まっていました…。
Cimg1112

洗浄油ぶち込んでも、エアブローしても取れないんですよ、ばらさないと…。

さて、組み直して試乗して、軽くセットアップして納車させていただきました。
Cimg1113

ホンダつながりでシャコタンCRF450Rをもう少しモタード仕様にw
チェーンガイドが加工してありましたが、やはりちゃんと加工し直すことに。
つか、これで全日本MXに出ていたのかよ!!
Cimg1105

コレを…

Cimg1106
こんな風にします。

ブレーキのガイドも、前後とも使わない部分を切り取ります。
Cimg1107

この後、角をもう少し落として完成です。

で、サイレンサーを少し外に出します。
Cimg1108

ホイールを組んで、ブレーキ周りやキャッチタンク等は付いてないけど、後はお客さま自身が作業されるので、私のパートはおしまい!
Cimg1109

あ、スリッパークラッチの取り付けを頼まれてたな…。
まあ、旧CRF450Rからの移植なので、また今度ですね。

さらにCRFつながりで今度は150!
以前製作したモタード仕様を、モトクロッサーに戻して販売することになりました。
ですので、モタード用のホイールやブレーキ、キャッチタンクに車高下げるためのカラー等、今度まとめて販売しますので、欲しい方は次回のblogをお楽しみにしてください。

フロントはホイールASSYで取っておいて(ノーマル)あったのですが、リアは組み直しになります。
Cimg1118

エンジンはフルOHから5時間走ってないし、サスは今回全部あけたので問題ないです。
外装に傷はありますが、程度は間違いなく良いです。
Cimg1119
150は程度の良い物がない割に、中古は高いので買うのは難しいんですよね。

で、SHOWAのサスつながりで(強引だなw)お次はRMZ450のサスペンションのOH。
Cimg1121

ただ、乗っててフロントが凄く固くて、リアは沈み込みが大きくて乗りづらいとのこととのこと、よそで車高を下げたのだが、その車高を含めて一度リセットしたいとのことでした。

で、バラしてみたらフロントは、これも車高を下げるカラーの外径が太く、伸びきりのバネにちゃんと当たっていないのと、バネをノーマルを切っているので、レートがかなり上がっている状態でした。
幸いにも、多少傷はあるがカートリッジは全部使えそう。
Cimg1122

インナー縦傷多し。
Cimg1123
ピンぼけだ…。

Cimg1124

シールが当たる部分まで、傷はなかったのでとりあえずは大丈夫(ばらすときに問題になるので、傷はならしますが)。

車高ダウン量は50mm→35mmに変更、バネはワンランク下げてプリロードも5mmからスタートするように組み込みました(調整可)。

お次はリアですが、こっちはもっと問題が多かったです。
ダンパー単体にして(バネを外した状態)で縮めてみると、ストローク半分ぐらいを過ぎると急に「ズボッ」と沈み込みます。

オイルがちゃんと入っていない(エア抜きが甘すぎという可能性の方が高いかな)。
結果的にオイル量は約半分くらいしか入っていませんでした。
Cimg1125

ナットデカ杉!

オイルは固い物が入っていました。
それと何故かシムの並べ方が変で(伸び側に厚側に使うでかい外径のシムが入っていたり、厚側のシムの半分が、通常とは逆に入っていました)、これでは、リア下がりになるよな…。
オイルが固いから、抜き気味で組んだのでしょうか。
車高を下げるカラーも、鉄のワッシャと組み合わせてありましたが、コレが踊っていたらしく、ロッドが少し焼けていました。

Cimg1126

ウチも始めた頃のはひどかったよなと、当時の自分を思い出しつつ、組み直しました。

Cimg1127

ずいぶんと変わってしまったので、セットアップは最初からになりますが、これでうまくいくと良いのですが(方向性が)。

最後はフライホイール接続が破損したハスクバーナ。
部品が入ったのでオルタネータと一緒に付け替えです。
Cimg1115

Cimg1116


Cimg1117

'05だからもう7年オチになるんですね、早いわぁ。

あ、ちなみにこのフライホイールは日本製です!

やってくれるぜw


続きを読む "ご連絡"

| コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

バイクが…

店の中にいっぱいです(狭いんですウチ。外にバイク出したくないし)。

先週からひたすらサスペンションばっかりです!

いってみよー!

中古で買って、乗ってみたけどあんまり乗りやすくない、どうして良いか分からないのでリセットするためにサスペンションのOHをしてくださいと預かった、'06 CRF250R。

バラしてみるといろいろと出てきました。

インナーチューブは結構使っている感じで、一番使っていると思われるストローク部分は、結構傷が付いてて曇ってます。
Cimg1085

バラスと車高は下げてあったんですが、その車高を調整するカラーの作りが悪くて、ダンパーがダメになってました…。
Cimg1089
アルミのカラーなんですが、外径が大きくて伸びきりのスプリングを固定している、スナップリングに当たっていて(つまり伸びきりのスプリングに当たっていない)、カラーの外周が剥がれるように削れていました。
で、破片が入ったのかロッドに縦傷が入っていました。

ダンパー終了です(25000円位します)。

加圧ダンパー部も片方はダメになりかけな感じでした。

さ、リアに行ってみましょう!
Cimg1090

入っていたバネのレートが分からなかったのですが(EIBACHの4輪用)、調べたら5.7kでした。
250だとちょっと固いかなぁ。

で、バラしてみたら…

Cimg1094

車高は少し落ちてましたが、それよりも汚れがひどい。
ウエスでふき取れない固い何かがこびりついてました。

Cimg1095

綺麗に洗浄して組み上げました。

とりあえず、セットアップのスタートがこれできれると思います。

お次は、以前サスのOHした際に、リアショックのロッドに錆があったけど、すぐカートコースだけ走行したかったのでそのまま組んだYZ250F。
Cimg1100
日光でやったモタードスクールに行った際に、フロントサスのオイル漏れを指摘されたとのこと。

とりあえず、リアをバラスと…
Cimg1098

なんだ、このシールにこびりついてる黒い汚れは!
って聞いたら、大雨のエビスを走ったそうです…。

とりあえずバラしてロッドを取り出します。
Cimg1099

再メッキに出しマース。

お次はずっと預かっていた'08 CRF450R。
まずはフロントから。
初バラシなんですが、これもSHOWAのこの年式で有るちょっとダメな感じでした。
Cimg1097
この年式から、SHOWAのCRFだけは加圧ダンパー部が変わったんです。
で、コレから組み付け時に、ダンパーを押し込んで組み込むのが、めちゃくちゃ強い力で押しつけないと組み込めないんです。

オイルをあふれさせて組み込むんですが、オイル量が多いと全く組み込めない…。
で、少し減らしたりするんですけど、ちょっとでも足りないと組み上がった際にロッドが伸びなかったり(ちゃんと加圧できない)するんです。
コレは、片方ロッドがあんまり伸びてきませんでした。

ちょっとしたコツがあるんですが、結構大変です。

さ、次はリアです。
Cimg1102

リアは綺麗なもんでした。
バラして、洗浄して、シールや消耗品を交換して、シムの設定を変えて、車高を変更してできあがり!

Cimg1104

シャコタンモトクロッサーの出来上がりw

で、ホイールは借り組してあるフロントを持ち込まれたのでフレ取りをして、リアは多少オフセットを変えて組みました。
お客さま自身がチューブレス加工をするというので、私の作業はここまで。
Cimg1096


あ、スイングアームの加工はしないといけないんだった…。

最後は、走っていてコーナー等で減速した後再加速しようとすると、息付きが激しいので見てもらえませんかと言われたジェベル250!
Cimg1101

普通の仕事だw

さ、今週もがんばって仕事するのだ!

金環日食は、TVで見ました(興味なし)。
そう、宇宙に行く物やなんかには興味有るけど、現象にはあんまり興味ないんですw

続きを読む "バイクが…"

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

今週は…

サスペンションのモディファイが多い週になりそうです。
しかも、モディファイは全部SHOWAです。

で、SHOWAのツインチャンバーのフォークには、注意点があります。
モトクロスなんかで使用していて、加圧ダンパー内のオイル交換(オイル交換すれば洗浄もしますよね)してない物は、トップボルト(厚側の調整が付いている部分)のシールがダメな物が多いです。

で、何故ダメになるかというと…

Cimg1078
今、指が掛かっている部分が、加圧ダンパーのシールがある部分です。

Cimg1080

右が新品で、左がダメになった物です。
ピックツールで指している部分、削れてもう折れそうです。
これは、加圧スプリングが当たって削れてこうなります。

つまり…

激しい動き(ストロークが長いうごき)→バネが振動しながら縮む(当然まっすぐは縮みません)→キャップの台座部分に当たる→削れてその破片が加圧ダンパーのシールを痛める。

それと、バネの周りにある油面(油量)で管理するオイルも、スプリングがこすれて鉄粉が出ます。
OHしないでいると、このオイルが中で動き回って、加圧スプリングのシールの所にも掛かります。

加圧ダンパー終了!←ASSYでしか部品が取れません。1個1万円します。

街乗りだけならまだ…、まだ良いですけど、ジャンプを飛んでる車両は、せめて半年に一回は開けて洗浄、オイル交換しないと駄目だと思います。

で、ダンパーが壊れると、挙動がおかしくなります(沈み込みが早くて、戻りが遅くなります)。

簡単なチェック方法があります!
まず、車体をスタンド等で浮かせて、フロントホイールを外します。
そして、片側ずつフォークを下から縮めてください。
加圧ダンパーがダメならば、簡単に縮められる上に、戻り方が変なのがすぐわかります。

是非チェックしてみてください、うまく乗れない原因がサスが壊れているせいかもしれませんよ!

あ、ウチにOHやモディファイで入ってくるSHOWAのツインチャンバー、6割はこんな感じでダメです。


KYBは、また違うトラブルがあるんですよ~、錆びやすいし加圧ダンパー部のピストンが樹脂なので、割れている物が有ります。

さて、まずはWR250FのリアショックOH!

お、コレはレアルのエンデューロ仕様ですな。
ガス圧が4k台まで下がっていました。
Cimg1067

バンプラバーがちょっと小さいモデルしかないけど、勘弁してください。

Cimg1068

完成!

お次はこの間ゼッケンデカールを作り替えたYZ250に、ライトカウルのゼッケンベースともげたフォークガードにデカールを貼りました。
Cimg1069

uranのは貼りやすくて良いねぇ!
EDでも、剥がれにくくて良いですよ!

お次は以前OHしたSM250R、突然エンジンが止まって火が飛ばないとのこと。
基本的な電気のチェックをしてみると、ピックアップが断線してる。
半田でも剥がれたのかなと思ったら…

Cimg1071

なんとフライホイールのリベットが割れて、電装品を壊してくれてました。
以前、クランクベアリングが壊れた際に、破片が回ってフライホイールにも傷があったのですが、まだ大丈夫だろうと交換しなかったんですよ(高いし…)。

ガーン!

不幸中の幸いで、リベットはフライホイール内にめり込んで止まってました。
おかげで電装品の樹脂と、電線が1本切れただけだったので、部品交換だけで治りそうです。

’05までのはいろいろあるなぁ…。

お次はRMZ250の前後サスモタード用にモディファイ。
何年式か分からないんですと言われましたが、バラしてみたら’09でした。

Cimg1075
RMZはロッドがφ18なので、部品が全部手に入らないんですよ…。
とりあえず、まずまずの仕様で組んでおきました、セットアップ次第で方向性は変わりますからね。

お次はフロント、リアはたいして消耗してなかったのに、フロントは中からヘドロのような物がいっぱい出てきました。

Cimg1076

ウエスについている汚れは、この伸び側にピストン周りを軽く拭っただけの物です(1カ所のみ!)。

で、さっきも書きました加圧ダンパーは死亡してました。

Cimg1082
これも、台座の部分が削れています。

全部綺麗に洗浄して、車高を変更して、インナーチューブもロッドも研磨して、減衰を変えて組み直します。
Cimg1081


で、完成!
Cimg1083

さて、今日はCRF250Rのサスをやって、後はCRF450RとRMZ450か…。


Cimg1084

で、僕のハスクは今こんな感じです。

何故かというと、売れちゃったからですw

さて、なに買うべ!

続きを読む "今週は…"

| コメント (5) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

サボリまくり…

ブログの更新をサボりすぎましたスミマセン。

GWは一回もバイクにも乗らず、ひたすら加工物をやっていました。

僕は元気です(タブン


以前からやっていたNSF250R用のエンジンスターター。
一応、完成となりました(仕様が煮詰まったと言うことで)。
保護カバーや乗り上げ台、キャスターや持ち手なんかが付く予定です。

Cimg1046

このエンジンスターターは、跨らないで横に立って、しかも一人でエンジンが掛けられるのが、最大のメリットです(そうじゃないと一人で練習にいけない)。

動くようになったので、次は使い勝手や確実性を上げたmark2案が、もうオーナーの中では出来ているようです。

Cimg1045

お次はGP-MONOマシンのタンク修理。
何カ所も漏れているので、オーナーのコヤマ君に、とりあえず塗装を剥離してもらいました(塗膜が厚すぎて、俺がやったら工賃が掛かりすぎる!!)

Cimg1047

いっぱい穴がある上に、ステーの根本で漏れている所が多いので、一回全部切り落としました(泣

メンドイ…

Cimg1048

大きい穴をふさぐと、今度小さい穴や薄いところに圧力が掛かるので、ひたすら新しい穴を埋めていきます。

つか、何カ所穴あいてんのよ!!

Cimg1050

もうサザンサーキット走って来たそうで、やっぱり彼にはロードレーサーがお似合いだなw

最後は、スゲー時間掛かってしまった。GPZ900Rニンジャのラジエター製作。
'04 CBR1000RRのキットのラジエターを取り付けるために、口金の変更と、穴埋めと、水温計の取り出し、ラジエターファンの取り付けと、ステーの製作加工を行いました。

ラジエター側のステーは加工しないで付くはずですからと、参考画像をもらっていたので、そういう方向で書こう開始。
Cimg1051

Cimg1053

ん~、何か微妙…。

いろいろといじくってみましたが、もう少し上に上げたいんだけど、ステーがカウルに当たってしまうので、結局ステーを切って、もう一回再設計。

ステーを作ったり…
Cimg1054

車体側も追加工したり…
Cimg1055


で、出来上がり(いや、結構大変)。

Cimg1058

水冷式のオイルクーラーへの配管があるので、ラジエターファンは右側にしかつきませんでした。

Cimg1063


Cimg1064

ふー、ロードマシンばっかりだったなw


そんなわけでGWに自分のマシンをいじると言うことは、全く出来ませんでした。

いつ走れるんだ、俺…。

続きを読む "サボリまくり…"

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »