« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月24日 (月)

やっと…

涼しくなって、作業効率もアップ!!!

と、言いたいのですが、そうはうまくいかなかった1週間でした。

まずは、告知から!
9/30は、日光サーキットで行われる、モタード耐久に参加するので、お休みとなります。

お次は10/8(月曜日祝日)、SUGOでモタゴッコがあります。
Header

今回は、モタゴッコですので午前中Mパークで練習、午後からは西コースでの走行になります。
詳しくはコチラから!!
涼しくなってきましたし、目一杯走りましょう!!

お次は中古パーツ(と言ってもほぼ新品)。
Cimg1424

SMS630に使用していた前後ホイール。
と言っても、すぐホイールを変更したので、新品から走行2km程度です。
もちろん、タイヤ(D253)も付きます。
SM250RやSM450Rにも使えますので、スペアホイールにいかがですか?
78750円(税込み)です!
新品同様ですから、お得ですよ!!
お問い合わせはコチラから!(「SMS630ホイールの件」でと件名に入れてください)

さてと、結構難航したエンジンスターターver.2。
まずは、フレームから作っていきます。
今回は2分割フレームなので、結構めんどいです。
Cimg1410

チェーン引き用に長穴をフライスで…。

後はひたすら押さえつけながら、炙ったりなだめたりして溶接…。
Cimg1411

完成w

で、どう繋がるかっていうと…
Cimg1413

ローラーユニットとモーターユニットとで分割できるようになっています。

モーターは載せるだけなので、お次はローラー部分の製作。
前回は、普通の丸棒チックなローラー(といっても作るのは結構大変)でしたが、今回はテーパー角の付いた物を作ると言うことで、なるべく加工が少ないようにと、こんな物を材料にしました。
Cimg1414
そう、エンビ管の継ぎ手です(超でかくて、厚みがあります)、コレを必要な部分だけカットします。

芯材はアルミのカラーを使うのですが、空回りしないようにキー溝のついたカラーを溶接して使います。
で、カラーの製作。
Cimg1415
エンビ管は結構切る物が多くて、しかも回転が速いと溶けたり、旋盤にくわえるのが滑って大変だったりと、なかなか大変です。
Cimg1416

部品が出来たので、組立(ローラーの部品作るだけでほぼ一日仕事)。
Cimg1417
最初から圧入されているカラーと、製作したカラーを2重に溶接。
ローラーがアルマイト処理されているので、端面を切削してから溶接しましたが、圧入面に残ったアルマイトが邪魔をして、ちょっと汚くなってしまいました。

全部圧入して組み立てて、回り止めの皿ネジの穴を90度づつずらして開けていきます。
Cimg1420

とりあえず仮組して、チェーンの長さをあわせて、仮組完成!
Cimg1421

Cimg1422

とりあえず、始動できるかやってみてから、メッキかけたりなんだりかんだりやるべ。

さ、明日からはバイクいじるぞ!w

続きを読む "やっと…"

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

すっかり…

サボリ気味です。
暑くてPCの前にいるのが耐えられません(昼間

もうね東北人、こんなにずっと30度越えると耐えられないっすw

え~と、9/30に日光で行われるモタード耐久に出マース!

まあ、私は順位を気にしないでのんびり走ってますw
弊際レースが多いので、またピット取れ無そうだなぁ…。

で、気になっていたSM250Rのリアショックを、少しいじりました。
初期の厚側が効かな過ぎなので、その辺と伸び側も少し効くようにしました。
Cimg1407
ピストンに開いている、穴径を変更。
コレを基準に、シムを積み替えていきます。
というか、10年式のSM250Rのリアショック、同じ年式でもシムの積み方が違う物がありました。
私のは、「TEかよ!!」って言いたくなる仕様w
どうなってるんだ?

そんなわけで、来週は一回はバイクに乗る予定です。

お次は、珍しいTTR110。
Cimg1409

大人仕様でかっこよくしてと言われたので、今部品選定中です。

アクラポビッチのバッフル、2mMAX測定用 parts#1861-0614 Vendor part# P-SA014
Cimg1408

アメリカからアクラポビッチを取り寄せても、2mMAX用のバッフル付いていないモデルが多いので、別に取り寄せました。
 
ちなみに、私のSM250Rには設定無いのですが、取り付けできました。
一応、安心材料としていかがですか?
1個 6825円(税込み)です。在庫2個アリマース!
お問い合わせはコチラから(「アクラのバッフルの件で」と件名に入れてください)

お次はいつ売るんだよっていわれているブーツセーバー。
コストを下げるために、ホームセンターで売ってる金具にステライトを盛ってみましたが、金具がメッキ品なのではじけるし、ステライトを盛る量が多くて、1個1500円くらいになってしまう。
Cimg1400

コスト高いので、受注生産にしようかと思っています(まだ思案中)。
まあ、減らなければ、コスト的には安いんですけどね。

次は、一番邪魔だったRMZ450の組み上げ。
パーツをユニットごとに組んであったので、一気に組み上げていきます。
Cimg1401

Cimg1403
Cimg1406

最後にエンジンが掛からなくて焦りましたが、無事解決。
火は飛んでるけど、燃料が吹かない。
発電はしてるんで何かなと思ったら、ECUに入ったフューエルポンプ用の電源が、リレーの後コネクターの所で、ピンが微妙に抜けてて、そこで電気が止まってました。
ちゃんとピンを入れ直して無事始動!
しかし、40ピンくらいのコネクターで、はじっこでもないこのピンだけ抜けてるんだ?
スズキのマシンは何かあるぜw(まあ、この部分はKEIHIN製なんだけどねw)

今回、前後サスOH、エンジン乗せ換え、ステムベアリング打ち換え、フロントブレーキマスターOH、リンクベアリング2カ所打ち換え、ベアリング類全部洗浄グリスアップ、リアホイールリム組み替え、変なボルト類全交換、ステップ交換、リアブレーキローター交換とかなりな作業量でした。

ええ、このマシンを「程度良いですよ!」と持ってきた森田一輝って奴がいますけどねw
MXライダーの練習車やなんかはたいていこんなモンです。
本人が程度良いと言っても、こんなモンです。
モトクロッサーは新車買った方が良いですよ、後々お金が掛からないし、何が悪くてタイムが出ないのか、それがマシンのせいなのか、自分のせいなのか判断が付きやすいですから。

ふー

で、最後はコレ。
Cimg1402

フレームがキャッチタンクになってるんですが、オイルにじんでくるとのこと。
そこって、凄くやりずらいとこ溶接ですよねorz
あ、キックも付けるんですね、ネジがなめてるんですね、他にもetc

ふー×2

さあ、やっとエンジンスターター作れる。
作り物は、テーブルが全部あかないと作れないし、何かあると中断するにもひどくなるんです←イイワケ

がんばるべ!


続きを読む "すっかり…"

| コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

桶川SUPERMOTO祭

に行ってきました!!

画像はありません(笑

初期のMOTO1みたいで楽しかったですよ。

私が参加したTTR125のデモレースは、雨が降ったりしたもので、ささやんが一生懸命に水をかきだしたダートコースで行われました。
夜で前が見えねーと思ったら、マユちゃん(山下マー嫁)が目の前で転倒して引きそうになったりしましたが、まあ私の走りはしょぼしょぼな感じでおしまいw

谷田部さんの走りが凄かったけど、オーバーヒートで煙もくもく吹き出してました。

ヌルヌルキックボクシングは…

「おもしろかったw」

以上!!

翌日の試乗会で、NUDA900に乗れなかった(雨のせいで)のが残念でしたが、久しぶりに休みを取った気になりました。
誘ってくれたささやん、ありがとう。

で、戻ってからは、SMS630の納車整備。
Cimg1384

走行3000kmの程度極上車ですが、水、油関係は見ないといけませんからね。
それと、振動が大きい車両なので、ネジが無くなってたりしますので、そのチェックもします。
リアショックのマッドガードが、ネジが緩んで無くなってました。
それと、マフラーの取り付けが悪く、マッドガードに当たってたようで、それも原因でしょう。
他にも、外装やリアフェンダー周りのネジが3個ほど無くなってました。

今回は、もう1年経過しているので、フルパワー仕様に変更(エンスト癖も無くなりますし、扱いやすくなります)

タンクを取ったついでに、バルブクリアランスもチェック。
Cimg1385

エアクリーナーエレメントは、オイルが下がってカバー下から漏れてきてました。
きっちり洗って、フィルターオイルを塗り直します。

Cimg1386

オイル交換ですが、ストレーナーも確認したかったので、右カバーも開けてみました。
Cimg1387
Cimg1388

予想に反して、ストレーナーは凄く綺麗。
ばらさなくても良かったなw

で、反対側のストレーナーは…
Cimg1389

ガスケットのカスがたんまり!
全部除去して、ケースの中も覗いて、指突っ込んで取り出して、完了。

水もクーラントじゃなくて、ヒートブロックみたいなのが入ってましたが、なんかカスが多かったので交換しました。

マルケジーニを履いて、フェンダーを切って加工したフェンダーレスにして、完成!!

Cimg1399

以前に、RPbearさんが筑波のレースに使ったときに、シャシダイに乗せたら37psしかなかったと言っていたんですが、乗ってみるとトルクがあって数値以上に全然速い!!
普段使いならこっちのほうが良いなと、本当に思いました。

お次は、フレームに穴の開いたDRZ400SMの修理。
Cimg1393

穴をふさぐために、クロモリのパイプを購入(こんなに細く巻けないのでね)、これが結構高い。
で、それにエンジンガードを取り付ける、ネジ山をぶち込む穴を開けて…
Cimg1394

本当はエンジンを下ろしてやる予定でしたが、何とかなりそうだったので、マシンを寝かせて凄い体勢になりながら溶接。
Cimg1395

取り付けのためのジグも作ったりと、なにかと手間が掛かりました…。
Cimg1398

タッチアップしてみたけど、3本似たような色を買ってきて、コレが一番近かった…。
見えないところなので、コレでカンベンしてください。

アクラポビッチ用の2mMAX測定法用バッフルを取ってみました。
94dbの頃よりも、アイドリング付近はうるさいんですよね~。

Cimg1397

とりあえず自分のSM250Rに付けてみましたが、全開にしてないのであんまりわからんw
保険と言うことで。

やっと涼しくなってきましたねぇ。
さあ、作り物を終わらせるぞ!!←自分に言い聞かせてる。

あ、RMZまだ組んでなかったし、もう一台RMZ入ってくるんだった。

スズキェ


続きを読む "桶川SUPERMOTO祭"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »