« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月29日 (金)

3月が終わってしまう!!

朝起きて仕事して家に帰って寝て起きて仕事に行って…(ループ

気が付いたら3月が終わってしまう!!

とりあえず今預かっているのが終わらないうちは、次の仕事は取れないな…
いま、預かっている分を、これ以上遅くなるわけにはいかないので。

さ、がんばっていってみよー

まずはYZ450Fの前後サス、モタードモディファイ。
Cimg0297
ノーマルでもなかったので、とりあえずウチの基本的なデータで組んでみました。
車高はお客さまの希望値です。
Cimg0298

DLCが掛かってる~。
フロントは画像取っているヒマ無かったですw

お次はリアサス2本。
1本はちょっと前にやった奴なんですけど、すぐ漏れてしまったので原因追求。
どうも、ブッシュの公差が良くない模様(変更したんだけど…)。
とりあえず、様子を見ていただくことになりました。

もう1本は2年間使ったYZ450Fのリアショック。
Cimg0308

全然減ってねー!!

シールとブッシュだけ交換しました。

お次はS1OPEN千葉さんのCRF450R。
オーリンズ付けたんだけど、とりあえず付いてるだけで、ワッシャーやら変なカラーてんこ盛りなので、ちゃんと付けます。
まずは、全部測定!
Cimg0303

このホイール、もう8年目です。
結構ゆがんでるけど、まだまだ全然大丈夫!
流石マルケジーニ、何ともないぜ!

で、寸法を測った結果、センターから1.25mmずれアリなので、シャフトからカラー、キャリパーサポート、ローターのボルトも干渉するのでザグリと、一通り加工する事になりました。

Cimg0306
サポートを削ったり~

カラーを作ったり、追加工したり、シャフトもRS用を追加工したり…

それと、ステダンも付けるので、オーリンズの削りのステムも加工します。

Cimg0307


強引にくわえないと加工できないのよね、ステムシャフト抜きたくないし(加工費があがるので)。

リアのリンクとリアショックの取り付け部のカラーも削りだしました。

Cimg0310

すり割のカラーや当て留めのカラーは硬質アルマイトで、リアのカラーは黄色クロメートです。
アルマイト掛けないと、頻繁にばらすところなので、削れたり傷ついたり、寸法変わったりしますからね。

完成!
Cimg0311

オーリンズのステアリングダンパー頼もうとしたら、1年に一回しか作らないから、最長9ヶ月待ちって言われました…

ブレーキ回りはこんな感じ。
Cimg0312

キャップボルトで色気がないのは、千葉さんがそれで良いからと言うことなので、そのまんまです。

お、ついにNSF250Rのエンジンが届いた!
Cimg0301

細かくいろいろやることあるけど、明日からはRMXのエンジンやらないと…


続きを読む "3月が終わってしまう!!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

中古車両!'07 SM250R

お久しぶりです、春らしく結構バタバタしてまして、気が付いたらすっかりblogをサボっていました(スミマセン

まずは、中古委託車両です。
2007年式 SM250R 399000円(税込
Sn3g0200

走行約5000km ワンオーナー 転倒歴アリ(ステップが曲がるくらいの転倒) モタゴッコ等のコース走行アリ、レース歴無し
STMスリッパークラッチ(新品取り付け)、bremboラジアルマスター、チューブレスキット、Rバネ6.4k→6.0kに変更
※ゼッケンは取り外して、ノーマルノライトカウルになります。
その他にもちょこちょこいじってあります。
使用感はありますが、年式、走行距離ナリだと思います。

現在車両は、お客さまの所にあります(山形)。
お問い合わせはコチラから!!(件名に「SM250R中古の件で」と入れてください)
お問い合わせお待ちしてマース!

ええと、いろいろやっていました(本当だってば!
ロードバイクのホイール変更で、社外ホイールからmarchesini M7Rに変更のために、寸法測定。
Cimg0272

ノーマルノホイールがないので、センターが訳分からなくなってます。
いろいろとデータを聞いて、なんとかなりそうです。

お次はまだやってなかったのかよRMX250のエンジンオーバーホール。
とりあえず錆びたシリンダースタッドを交換しようかと、回したら…
Cimg0273

ケース側が速攻で割れてしまいました…

ス、スミマセン(平謝り
クランクケース廃盤…

しょうがないので、他の部分を進めていきます。
まずはクランクを組み立てます。
Cimg0274

ピンに溝が切ってありました、ずれ防止かな?

バランスを取って完成。
なかなか優秀なクランクで振れは、組んですぐからあまりありませんでした。
Cimg0275

お次は、洗浄してチェックしたミッションを組み立てて…
Cimg0276

最後は、排気バルブが結構お疲れだったシリンダー回りを組み上げます。
Cimg0277

ケースがあれば終わるのに…

Cimg0278

中古のエンジンを手配したので、コチラは一休み。

お次は2013年モデルTE250Rのフロントフォークをモタード仕様にモディファイ。
Cimg0282

もうバラしちゃってますけど、そうこのフォークはツインチャンバーではないんです。
で、このタイプはスプリングシートの位置を変更できないので(簡単にはね)車高を変えるのにはダンパーユニットの長さを詰めないといけないんです。
え、ロッド切ればいいんじゃね?っていわれそうですが、そうすると寸法上バネにものすごくプリロードが掛かってしまいます(ショート化した分だけ)。
なので、ダンパーユニットを切りつめます。

バネは切らないで使いたいのです(バネはバネ屋さんが作ってもレートがそろわないことが多いんです。だから余計に作って検査して良い物だけ出荷されます)。
バネが決まらないと、セットアップは何も進まないので。

で、問題が一つ、ダンパーユニットを短くすれば、ショート化は出来ますが、実はストローク量は変化しません。
実際は、その前にダストシールとインナーチューブがぶつかりますが、そうならないためにオイルロック部分があります。
で、コレの変更で今回は悩みました。
なぜなら、ロッドに付いてるオイルロックピースは、カシメてあって削ったりしたら、2度とつきません。
なので、最初はオイルロックの筒側を延ばす予定で、図面を書き始めました。
Cimg0283

図面も書いたし、さて材料削るかと思ったところで、ふと思います。
このフォーク、オープンカートリッジだから、オイルロック部分が油面より高くなったらまずいんじゃね?
そう、ショート化して使うので、油面は通常よりもかなり低くなるのに、今までと同じ高さにオイルロック部があるとまずいんです。

で、しょうがなくカシメを削らないでうまく外せるように、ジグを作って外して、ジグを作ってカシメました(説明長!

Cimg0289

下側の溝が、最初にオイルロックピースがあったところです。
まあ、見た目は何も変わりませんw

で、ダンパーユニットも切りつめて、ねじ切りをして…
Cimg0286

フロートの位置決めのカラーを削りだしたり、プリロード調整用のカラーを6個も作って…
Cimg0291

やっとこさ完成しました。

Cimg0292

ちなみに今回作ったジグ一式、時間掛かりすぎました…
Cimg0287

お次は2007年式SM450Rにスリッパークラッチを取り付け。
コレが、お客さまに待っててもらってやるはずが、いろいろと問題が多くて、さっきやっと解決しました。

Cimg0290

普通に組み付けて、エンジン掛けて1速に入れたら、「バシャン!!」っていってエンジン停止。
え、クラッチは切れていたのは確認したし、これはハウジングとインナーハブが接触してるのか?
とバラしたら、センターロックナットを後から締めるので、確認できないんですよね(クラッチ板が入るから)。
で、2005年以前のマシンに取り付けるワッシャーを取り付ける(これも毎回内径が小さくて加工するんです)。
で、スリッパーが見える状態で、クラッチを握るとプッシュロッドが全然押せてない(クラッチが切れない)。

これは、ワッシャーの分外に出たからだなと思い、ワッシャーの厚み分のカラーを作って、プッショロッドに取り付けます。
今度は、ちゃんとクラッチが切れたので蓋をしてエンジンを掛けて1速に入れると、クラッチが滑って進まない…

「え~」

で、またバラしてクラッチ板を点検、厚みは問題なし…。

で、結果はクラッチのレリーズシリンダーが、一定の位置から動こうとしてなかっただけで、動くようになったらワッシャー(作った物)はいらないで動作しました。

参った、久々に2台のハスクにはまりました…。

さ、お次はS1openの車両製作。
なんと森田一輝レプリカを2013年モデルのRMZ450で作ります。
Cimg0293

ホイールはもちろんmarchesiniのゴールド!
Cimg0296

ブレーキ回りはフルbremboでいきます!
Cimg0295

と、稀少なRMZ450なのに車両も部品も1週間でほとんどそろってしまいました。

フロントフォーク、SHOWAのSFFなんですよね、コレ。
とりあえず、特殊工具待ちです(大汗

と言っていたら、RMX250のエンジンが入ってきました!
バラして追加の部品を頼まなくては。
Cimg0294

そして、春になるとやってくるこの人のCRF450R。
Cimg0284

前後オーリンズ入れたんですけど、アクスルの作りが良くないので、作り直しです。
他にもステダン付けたり、いろいろと…

あ、ステダンと言えばハスクのもそろそろ届きそうだし、YZ250Fのスイングアームの修正と、WR250Rにアクラ取り付けるのと、TZR250の'90SPにFZRのホイール取り付けるのと、サスが3セットくらい…


が、がんばるんぞ、 オレ…


| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

急に…

暖かくなってきました。
1週間前まで昼間でも氷点下だったりしたのに、今日は16度とか…

まあ、暖かい方が良いんですが、そうなるとやはりいろいろと注文や相談をいただいて、忙しくなってきました。
今週は、調べ物や表に出せない物や、おつきあいで仕事が進んでいない感じです。

まあ、そう言っててもしょうがないので、進められる物から進めていきます。

まずは、注文が来ていたんですが製作できていなかったブーツセーバー。
Cimg0261

ご注文いただいていた方々へ、メールを送ったのですが、返信がない方も…
Cimg0262

ご連絡お待ちしてマース!

あ、在庫が少しだけあります。
購入したいという方はコチラから「ブーツセーバー購入」と件名に入れてメールをください。

お次は、こちらも部品が車で時間が掛かった、SR400のスポーク張り替え。

Cimg0266

注文が「ノーマルハブ、ノーマルリム用のステンレススポーク1台分」と言うことだったんですが、そういうのって無いんですね。
しかもこれは、フロントがディスク仕様なので、なおさら無いようで、今回は特注となりました。
Cimg0269

見た目はあんまり変わりませんが、スポークが汚れた際、ステンレスなら磨いてもメッキが剥げないので、いくらでも磨けます!

お次はCRF450RのリアショックOH。
以前、ウチで売った車両の物なのですが、動きが微妙に悪い部分があるのと、シールが漏れだしてきたのでOHです。
Cimg0264

バラしてみると、シールがスティックしていたようで、伸びきり付近の動きが悪くなっていました。
これは、ボディの内径も少し狭めなので、ピストンリングを少し削って使いました。

Cimg0265

これで、良くなると思います。

さあ、段取り良く進めたい   なぁ  w

続きを読む "急に…"

| コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

終わった…

確定申告が(毎年言ってますが

さあ、これでやっとたまっている仕事を片づけられるぞ!

え~、結構なんかいろいろあります、がんばります。

とりあえず、ずっとやっているYZ250F、ステム回りとフロントフォークもバラしてOH。

Cimg0256

ん~、こちらもギリギリOKかなって感じでした。
洗浄して、組み直しました。

フロントフォークのシール交換。
Cimg0257

モタデューロの時にペアライダーがぶっ飛んだせいか、左側の一番下側だけ少し楕円になってました…

メタルが届かない位置なので、まあ、大丈夫かなと。

スロットルチューブやワイヤーの交換。
Cimg0254

上が今までで、下が新品です。
グリップの位置が違うのが分かりますか?
上のは、巻き取り部まで深くグリップを挿入しているので、巻き取り部と常にこすれている状態だったんです。
こんなちょっとのフリクションも、スロットルの重さに反映されます。
それと、社外のスロットルチューブなんですが、作りの悪い物もあります。
付けてみて駄目だと思ったら、モッタイナイと思わずに捨てましょう。

クラッチのワイヤーも替えるので、ついでにホルダーも掃除します。
Cimg0255

結構汚いでしょう。
まあ、油っ気があるだけマシだと思いますが、MXやっていた頃は、レース前には必ずバラして綺麗にしていました。
クラッチワークは重要なんです。

細かいですけど、こういう部分は本当に気を付けないと良いマシンになりません。
ワイヤーの取り回しも良くなかったので(スロットルワイヤーも)、変更しました。

Cimg0260

ほぼ全部バラして組み直しました。
レースだと普通なんですが、ちゃんとやる人はあまり居ませんね…。

最後にフクダテクニカでシャシダイを掛けてきました。
行ったら、森田一輝がRMZ450のナラシをしていましたがw
20分ほどエンジン掛けて、5分くらいシャシダイで回して計測。
馬力は普通でしたw

まあ、たぶんそんな感じかなと。
圧縮を上げていたので、上が廻らないはずなので、その分をカムで補ってノーマルと同じように廻っていたので、この辺は良しとします。
6000rpm以下の領域は、シャシダイでは分かりませんからね。
一緒に大場君のも計ったのですが、こっちはキャブをφ39にしていたので、高回転が良く一番馬力が出ていました。
やっぱり後は、車体を煮詰めるだけだな。
というわけで、そのまま大場君のをお預かり…。

車両が減らない(泣

最後に、と言うと失礼かもしれませんが、英吾君亡くなってしまいましたね。
嘘のような話で信じられませんでした。

FMX、エクストリーム、モタードって同じ頃に盛り上がり始めたので、イベントなんかでは良く一緒になっていました。
やはり、彼らMX-VIRUSが日本のFMXの第1人者で、佐藤英吾という人は精神的支柱であったと思います。
非常に残念でなりません。

心より追悼の意を表します。


| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »