« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月28日 (土)

本当なら...

今日からお台場でMAXASIAなんですが、仕事が残ってていけません(スミマセン
Maxasia_top


皆さん楽しんできてください。

あ、入場無料ですよ!
詳しくはコチラから!

さて、そんなMAXASIAに参加する車両の続き!

まずは2014年CRF250Rの製作です。
ナラシも満足に出来ない状態ですが、しょうがありません。
まずは、ゼッケンの貼り付け。
ゼッケンはもちろん「ウランマーキング」製ゼッケンでカールです。
Cimg0685

外装は中性洗剤で洗ってから貼り付けます。
Cimg0686


11489_221843001307678_881655394_n

カッコイイ!

で、以前使っていたYZ250Fから移植して使っていた、bremboラジアルマスターを新品にして、それと一緒にブレーキホースも作り直しました。

マスターは、ブレーキレバー調整のノブを固定しているスプリングピンを外して、ワイヤリングにしておきます。
Cimg0696

これをやっておかないと、レース現場でレバー交換の際に、結構手間取るもんで。

で、ホースはガイドチューブの長さを調整(切って)して取り付けるんですが、そのとき大抵丸まって、へんな形になってしまうので、整形してまっすぐになるようにします。
Cimg0697

で、ガイドチューブの位置を固定する、収縮チューブをヒートガンで暖めるんですが、そのときにこういうアタッチメントを使うと綺麗に仕上がります。
Cimg0698

要するに熱風を収縮チューブ全周から吹きつけるようにするんですが、こうしないと綺麗に収縮しないので、固定がちゃんとできないんですよ。
結構見ませんか?
ブレーキホースが変な方向向いてるのとか、ガイドチューブが変な位置だったり、ちゃんと固定できてなかったり、収縮チューブがちゃんと縮まってなくて、しわしわだったり...

嫌いなんです、あういうの。

Cimg0699

マスター周りも綺麗に収まりました。
Cimg0700

他には、燃料タンクブリーザーに、ワンウェイバルブを装着。

Cimg0702

ワイヤリングして...
Cimg0701

とりあえずMAXASIA用には完成ということで、サスをちょっとだけ調整して送り出しました。

もう一台、痛いCRF450Rはウォーターポンプから盛大にお漏らしをはじめたので、シールとシャフトを交換。
Cimg0693

まあ、乗り始めて2年目なので、もっと以前に交換してないといけなかったんですけどね。
で、オイル交換してエンジンを掛けると、排気音がうるさい...

まあ、サイレンサーを外したときに、やけに軽かったので「やらないとだめっす!」と言って、強引にグラスウールを交換。

バラスとウールはほとんど入っていませんでした。

Cimg0694

グラスウールの厚みは5mmほどしかありませんでした、良くないですねぇ。
あんまりウールが無い状態で走っていると、中のパンチングメタルが振動で折れたり、熱がサイレンサーの外皮に伝わるので、曲がりやすくなったり(強度が無くなる)、バンドがカーボンだったりすると、焼けて切れやすくなったりします。

他には、相変わらず少しづつ進めているGPZ900R。
バックステップを変更したら、ぜんぜんあわないので、カラーを作ったりスペーサーを作ったり、加工したりと...
新しい物を買ったほうが安いなと思うんだけど、サブフレームとの組み合わせで、そうもいかないようで観念して製作開始。

Cimg0687

罫書して穴あけて切り出して...

Cimg0688


切削して面とって、あ、画像ないやw

まあ、そんな感じで進めています。

バイク増えたなぁ...Cimg0689

ガンバルンバ!


続きを読む "本当なら..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

モタードマシンの作り方!

モタゴッコ参加の皆様、お疲れ様でした。
ついにモタゴッコドライ伝説が途切れてしまいました...
約3年間もドライだったのに、初レインが豪雨で中止になるとは!

まあ、台風には勝てませんね。

ということで、次回モタゴッコ秋祭り(レース)は絶対晴れますから皆様来て下さいねw
詳しくはコチラから!

そんなわけで、今回のblogの題にもなっていますが、モタゴッコに間に合わすために作っていた2014年式CRF250Rの製作過程を書いていこうと思います。
「そんなの17インチ履かせて、ブレーキつければ終わりでしょ?」

ええ、そんな風に思っていた時期が私にもありましたw

まずは、17インチを取り付けるにあたって、リア周りは特に5インチ幅のホイールを履かせるためには、いろいろと加工が必要になります。
Cimg0664

右側のブレーキのガイドの加工。
サインペンで罫書きしている部分をカットします。
前側は、ホイールを脱着する際に当たるのでカットします。
後ろ側は、キャリパーを外す際に、とり易くする(やらないとブレーキホースに負荷がかかる)ためにカットします。
それ以外にも、キャリパーについている、ディスクガードも外します(やればわかりますが、付いたままタイヤ交換はめちゃくちゃ面倒です。)。
Cimg0667

これをやらないと、5インチ幅のホイールの脱着には、タイヤの空気を毎回抜くとか、面倒なことになります。
その上、ホイールに傷をつける可能性が高くなります。

次は反対側で、チェーンガイドの加工です。
Cimg0665

ノーマルはこんな感じで、ナットが出っ張っているのが、非常に邪魔です(タイヤが外せない)。
Cimg0668

こうすれば、フラットになってタイヤが引っかからなくなります。

これ以外にも、マルケジーニホイールを履かせるので、スプロケ座面を外側に出して、タイヤとチェーンのクリアランスをとります。
もうひとつ、チェーンもノーマルから、DIDの520MXV(現在は520VT2を使います)にして、幅が通常のシールチェーンよりも狭い物を使って、これもチェーンとタイヤのクリアランスを稼ぎます。

で、タイヤが太くなるので、サイレンサーとタイヤが干渉するので、サイレンサーの位置を変更します。
Cimg0670

本当は、絶対当たらないくらい外に出したいのですが、そうすると一回エキパイをカットしたり、外装の加工も必要になるので、そこそこ擦れるのはしょうがないくらい外に出します。
まあ、この辺はコストとサイレンサーが壊れた場合のメンテナンスにしやすさとを考えてこうしています。

今回、フロントホイールはYZ用のホイールを加工、ローターやキャリパーサポートもそのまま使用できるようにしたのですが、カラーの加工とキャリパーの取り付けピッチは一緒なのですが、ローター外周の円周線上にキャリパーが来ない(もっと大きい円周上にないとまずい)ので、そのためのカラーを作りました。
で、キャリパーをとめているボルトも、そのために長い物を使いました(ちょうどいいものが無かったので、長い物をカットして使用)

で、画像が無かったorz

で、フォークガードもタイヤが太くなったので、その分カットします。
Cimg0662

線を引いてあるところからカットしました。

樹脂だから、タイヤにこすれて勝手に削れるからいいや、という人もいましたが、タイヤウォーマーがまけなくなるし、外すときにフォークガードを壊したりする(笑い話ですがやった人いるんですよ)ので、ちゃんとカットしましょう。
で、ブレーキホースはガードの外側を回すようにします。

あと、ブレーキホースがダルダルだったり、ちゃんとクランプ出来ていないのも良く見かけます。
引っ掛けたりトラブルの元ですから、ちゃんとしましょう。

マスターは、オイルタンクステーを作ったり、ハンドガードとの干渉を避けるために、ガードを曲げなおしたり、カラーを製作します。

Cimg0671

ただつけるとこんな感じになります。
よく、レバーが長いままで、ガードの上から飛び出している方を見かけますが、意味ないですのでちゃんと処理しましょう。

で、ガードを取り付けるとこうなります。
Cimg0674

反対側も、ゼッケンプレートに当たるので、カットして取り付けます。
Cimg0675

本当は、ゼッケンの内側にガードが隠れるほうが良いんですけどね。

で、ガードをつけるにはグリップとスロットルチューブに穴を開けないといけません。
結構適当にやってる方がいますが、ここはチャンとやらないと危険です。

Cimg0659


ちなみにCRFの場合、スロットルチューブを外すのに、スロットルボディー側でケーブルを緩めないと、スロットルチューブを取り外すことが出来ません。
よく、無理やり取り外している人がいますが、それをやるとケーブルに曲がりの癖が付いて、スロットルが重くなったり、戻りが悪くなりますので、ちゃんと外しましょう。

Cimg0660

他にも、スロットルハウジングに、ノーマルブレーキとの位置関係のためのステーが付いていますので、これもカットします。
Cimg0658

まあ、切らないとラジアルポンプのマスターは取り付けられませんので。

Cimg0676

Cimg0678


他にもフロントフェンダーをカットして製作、ラジエター冷却水のキャッチタンクを作って、今回はおしまい。
とりあえずナラシをしてもらって、来週からワイヤリングの穴あけや他のキャッチタンクをつけたり、細かい調整をしていきます。

結構やるところありますし、私がやっても一日仕事です。

で、普通はスポークホイールだろって言う方のために、スポークの張替えの画像。
これは、今回S1OPENで勝っちゃった、千葉選手のスペアホイール。
あんまりにも雑に扱われているので、結構ハブを壊しています(本人は否定しますがw)。
リムも削れまくりで、振れ取りはマイクロメーターが壊れそうです。
Cimg0655

スペーサーを入れてスプロケットを締めている方は、絶対ワッシャをつけましょう。
ワッシャが一番のゆるみ止めなんです(機械的に)。

Cimg0656

スポークも折れていたので、その辺も入れ替え。

もう、勘弁してぇw

で、もひとつスポークでの出来事。
CRF250Rに移植するのでマルケジーニを外したYZ250Fには、以前使っていたスポークホイールを組むことに。
で、タイヤを組んだ翌日、パンクしてました(泣

Cimg0657

チューブレスキットがやられていたようです。
これ、結構もつんですけど、タイヤ交換の際に、タイヤレバーでやっつける人が多いので、その辺を気をつけてほしいですね。

で、ハンドガードでもう一丁!
ハスクのSM450Rに樹脂製のハンドガード(ACERBIS)の取り付け。

今回は、ガードの若干のカットのみで、取り付けできました。
Cimg0683

でも、レースで使うなら、もう少しカットしたりいろいろ加工したほうが良いかな。
バックミラーもあるし、街乗り仕様は制約が多いので大変です。
Cimg0684

はっきり言います、モタードパーツでボルトオンでOKな物なんてほとんどありません。

まあ、パーツなんてそんな物なんですけどね。


さ、台風も行ったみたいだし、納車に行こうかな!

続きを読む "モタードマシンの作り方!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

今週末のモタゴッコとか...

今週末のモタゴッコに関しての情報です。

まず、今回は「ダートフェス」なんですが、いつものMパーク(メインゲート脇の駐車場)が使えませんので、「西コース事務局」で受付となります。
受付は朝8:30から始まりまして、その後皆さん団体で移動になります。
で、このときに通常は開けないゲートを開けて移動しますので「私は、ちょっと遅れて...」とかはできませんのでご注意ください。

理由は、通常の入園者の方々もいらっしゃいますので、その辺はご理解をお願いいたします。

それと、今回も路面はドライの予定ですが、午前中のダート走行時間、その前日とかに雨が降って走行ができない場合は、ランド内の駐車場で基礎練習みたいな感じになります(ダートではありません)。

ダート練習できないからといって「金返せ」とは言わないでくださいね(お願いします

それと、ダート走行用TTR125は3台用意できるそうです。
使いたい方皆さんで、交代して使いましょう!

午後からは西コースでの走行となります。
お昼休みを多くとって、その中で注意事項とかを説明したいと思っています。

そんな感じでよろしくお願いいたします。

そんな今週末に間に合わせるためのマシンが届きました。
2014年モデルのCRF250Rです。
Cimg0650
2本出しカッケー!!

で、オーナーはこの前の車両にマルケジーニを履いていたのですが、これを移植することに。
Cimg0651

寸法を測って、カラーを削ったり小加工で着くようであれば加工で、そうでなければアタッチメントを発注します。
Cimg0652

フロントは、キャリパーサポートを含めて小加工でOKでしたが、リアは結構寸法が違うので、それは部品を買うことにしました。

早くやらなくちゃ!!

この車両はMAXASIAに出るのですが、例の痛いCRF450RもMAXASIAに出るので、仕様変更、OHを進めていました。
リアショックは車高も変更して、ダンパーもほんのちょっとだけいじりました。
Cimg0639

まあ、近くの方は見ながら仕様を変えていけるので、良いですね。

他にも、MAXASIAに出るRMZ250のリアショックも仕様変更。
Cimg0636
コチラも車高を変えたくらいです。
良くなったのかな?

さて、普通の車両のお仕事も、ハスクバーナSMS630のらじえたーホースを変えました。
Cimg0641

今回はDRCの物を使ったのですが、相変わらず...な部分がありますね。
何とかならない物なのか...

結構クリアランスには気を使いますし、バンドも純正の物が使えない部分が何箇所もあります。
作業的には1時間を優に越えますので、余裕は見ておいたほうがいいと思います。

で、配管につまりを発見!
Cimg0642
乗ってないとこんな風になったりします。
細くなる部分は要注意です。

Cimg0643

Cimg0645

赤くなったぞ!w

Cimg0640

他にもエアクリーナーを洗浄したり、オイル交換やブレーキフルードを入れ替えて、完成!

Cimg0644

マルケジーニを履いたSMS630はかっこいいですね!

ついでにバイクカバーも買っていただいたんですが、全部すっぽり隠れるやつは、結構でかいやつじゃないと駄目なんですね!

Cimg0634

二度と同じ袋にたたんで入れられる気がしない!!w

お次はTTR50の整備。
とりあえずキャブをOH!
Cimg0648

そんなに汚れてませんでしたが、開けないとわからないのでこの辺は問答無用でばらします。

Cimg0647

小排気量は、エアクリーナーが詰まるとてきめんに混合気が濃くなって、調子悪くなります。
で、フィルターオイルだと同様に濃くなりすぎる場合があるので、普通のエンジンオイルを塗っておきます。

Cimg0649
大人仕様になっていて、ハンドルやグリップが変わっていたのですが、グリップとスロットルハウジングの間の樹脂のワッシャーが入っていなかったので、入れておきました。

入れないと本当に危ないんだって!!

最後に中古車情報!!

Cimg0654

Cimg0653

CBR250のレースベース車両!
クルーズより購入しましたが、たぶんエンデュランスのキットだと思われます。
ダンロップの指定タイヤ(新品前後)をつけて399000円。
ちなみに、走行30kmです!
詳しいことはコチラからお問い合わせください!

さあ、サーキット走行を始めましょう!!

続きを読む "今週末のモタゴッコとか..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

すっかり

blogをサボりまくっています、良くないですねぇ。
新しい店舗になって、まだ整備の作業効率が良くなくって、なにかと難儀しています。

まあ、しばらくしたら慣れるでしょう!

で、そんななか、NUDA900Rのナラシのために、休日はツーリングへ...

ところが、ゲリラ豪雨にあいそうになって(雲がやばい感じになると方向転換!)、ふらふらと蔵王周辺を走って終了!
これじゃあアカン!と仙台ハイランドへ行ってきましたw

1236334_215284638630181_989962508_n

お客様と楽しく走って終了。
結構速いし、いいんだけどやっぱり峠くらいでちょうど良いかな。
ステップが低くて、荷重のかかるコーナーは、ぜんぜん寝かせることができません。

まあ、これは以前SUGOオープン6時間耐久に出たドルソデューロでも、つくばを走ったハイパーモタードでも一緒なんですけどね。

と、店に帰ってタイヤを見ながら、純正オプションパーツを見ると、アップ&バックステップがある...

Cimg0616

さて、どうすっかなw

で、今週はバイクがいろいろと入庫!
まずは、しばらく乗っていなかったTTR50!

Cimg0618

オイル変えて、キャブを綺麗にすれば大丈夫でしょう!

お次は以前エンジンをフルOHしたDRA400SM。
Cimg0619
買取するのですが、お客様が抹消証をなくされたとのこと...

DRZはやっぱりレーサーとしてよりは、ナンバーがつくことに意味があるかと...

そんなわけで、しばらくは保留の予定。
ただ、エンジンは圧縮比アップ(ガスケット)、カム、バランサー外し、クロスミッション、FCR、マフラー、ビッグタンクと結構手が入っています。

ただ、このままじゃ車検通らないもんなぁ...


お次はCRF250R(2010年)!
Cimg0631


これは、しばらく自分で乗ろうかと思っています。
ホイールを履かせれば、すぐにいけるか?モタードに!

さて、作業も進めていきます。
まずは、ずっと預かっているGPZ900R。
ハンドル周りの物をつけて、必要な物を注文していきます。

Cimg0632

ブレーキもクラッチもBremboラジアルマスターに変更。
ホース類は全部作り直しですね。
他にも、スロットルハウジングやワイヤー類も一品もので製作。

ステップ周りもやらないといけないんだけど、中古部品の組み合わせなのでメンドイ...

お次は、DRZ400SM用のタイヤ交換。

Cimg0617

今まではスーパーコルサ→D253で、やっぱりスーパーコルサが良いという事だったんですが、やっぱり在庫が無いw

で、普段街乗りもするので、ディアブロロッソコルサにしましょうということになりました。

さて、どうだったんでしょうか?


で、もう一組写っているのは、ダンロップのモタードスリックです。
これは、テクニクスさんのホイールセットに組み込みます。

Cimg0621


これは、高いほうのやつなんですけど、チューブレスキット取り付けも頼まれたんですが、過去最高にやりにくかったです。

ニップルの頭が飛び出しすぎてるので、テープがまっすぐ貼りづらい!!

すごい時間がかかりました。

これは、特にフロントは、テープの幅を少し広げてもらったほうがいいかと思われます。

ん~...


まあ、でもちゃんと施工しました。
Cimg0622

エア漏れをチェックして、エージングしました。

Cimg0623

ほんで最後はガ○パン痛車CRF450RのサスOHと仕様変更。

Cimg0633

伊那でダートが駄目駄目だったそうで、バネレートも変更することに。

これで、速くなると良いですな、西住殿!!w

続きを読む "すっかり"

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »