« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月21日 (日)

2016年モタゴッコ日程

今年のモタゴッコの日程が決まりました。
前回発表したのは、西コースをからめたものでしたが、今回はオフロードも含めた物になります。

4/16(土) Mパーク&西コース
6/12(日) Mパーク&ビギナーズフィールド(オフロードコース)
8/20(土) 終日西コース
10/30(日) 終日西コース(レース形式になるかも)

それとMFJのエンジョイライセンスが最低限必要ですが、MINI-MOTOチャレンジシリーズもモタードマシンで走れます(ダートは無し!)
5/29(日) 第1戦
7/31(日) 第2戦
9/4(日) 第3戦

桶川のSSキラーズや日光ロードに出ている方々もいかがでしょうか?

そんなスポーツランドSUGOさんのHPがリニューアルされていました。
新しいスポーツランドSUGOさんのHPはこちらから!

さて、この時期恒例の確定申告も全く進まず、普段のお仕事もしないとお金がなくて死にそうなので、がんばって進めております。

ちなみに今回からデジカメを変えました。
以前使っていたのは、震災後買った奴だったのですが、度重なる落下によって、電池の蓋が閉まらない、レンズが収納されない、レンズに傷がある、マクロ撮影が困難と、もうどうしようもない状況でした。

だがしかし、使い方になれないw

キット車のR1は、燃料タンクも交換して欲しいとの事だったので、塗ってある物を持ち込んでもらいました。
しかし、給油口が...

Dscn0004

ええ、ちゃんと塗装をきれいにして、中も洗浄して組み込みました...

配線を戻して、私の受け持ちは完成!

Dscn0009


お次はカートコースように固いバネとスペーサーが組み込まれている、CR85RのリアショックOHとちょっとモディファイ。
で、このサスは伸び側の調整を埋め込む為に付けられた蓋を、調整ネジだと思って回す人が多いので、例外なくこのショックもいじられてました...
Dscn0012

コレの反対側が、伸び側調整のネジになります。

他にもガスのバルブがつぶれていたり...


Dscn0013


バンプラバーが無くなってたり、結構お疲れな感じ...
Dscn0015

このショックはすぐオイルが黒くなります。


Dscn0021

伸び側をボリュームアップして完成。

お次はエンジンOHのWR250Fのエンジンを下ろします。
なんかしょっぱい所が多く、通常の2倍以上の時間をかけておろしました。


Dscn0026

ワッシャーが入ってなかったり...


Dscn0027


キャブのドレンが腐りかけていたり...
Dscn0029


ネジが折れたまま刺さっていたり...
Dscn0033
リアショックが漏れていたり...


Dscn0036

スイングアームやリンクのベアリングがダメだったり...


Dscn0035

水周りも...


Dscn0037

オイルラインも...

もちろん直せるんですが、新たに車両を買うくらい掛かります。
お客様はこの車両に思い入れがあるそうなので、しっかり直したいと思います。

お次は毎年開けているNSF250Rのエンジンオーバーホール。
昨年夏にヘッドを替えたら、遅くなったといわれたので原因を調べます(まあヘッドなんでしょうけど)。


Dscn0047

エンジン下ろしてバルブクリアランスとバルブタイミングを確認して...


Dscn0048

カーボンを落として...

3時間ほど漬け込んでこんな感じになりました。

Dscn0050


Dscn0052

原因は排気側のシート切削時のビビリが原因でした。

Dscn0055

もう一箇所はもっと悪い...

Dscn0056

ホンダは精度が良かったんですが、最近のはちょっと...
一応組むときに見たんですが、シートカッターを持っていなかったのでそのまま組んだら、やっぱりダメでした。
そんなわけでシートカッターを買いました。

Dscn0074

これ以外にもNSF用にホンダ純正の物を何個か追加注文しています。

がんばって元を取らなきゃ...


Dscn0060

部品は洗浄して、測定して交換部品を発注!
今回はミッション周りが大目の交換です(4000km越えてるし)。

お次はSMR449。
サイレンサーをアクラポビッチに交換するのですが、1回転等してしまったそうで、ハンドガードのクランプが折れてました。
他にもバッテリーが上がってしまったり、ブレーキのオイルタンクホースの取り回しが悪いので、これもやり直す事に...


Dscn0064

全部きっちりやり直したいんですけど、全部やると金額が張るので徐々にというところで...

お次は’16 RMZ250をモタード車両に。

Dscn0066

以前使っていた車両('12 RMZ250)から、フォークがSHOWAからKYBに変更、インナーチューブ径も変わっているので、とりあえずホイールとブレーキローターを取り付けて計測します。

Dscn0067

1mm車体中央にオフセットしているbrembo5.5mm厚ローターだと、やはりフローティングピンが、アウターチューブのフォークガードとあたるCリングと接触するので、オフセット量を1.5mmにしてCリングも当たる部分をカットします。

今回、もう一台'16 RMZ250のモタード化を頼まれているので、合計3枚ブレーキローターを加工します。

Dscn0069

本当はあんまり削りたくは無いんですが、しょうがないです。

で、'12 RMZ250からスプロケットを外すかと、スプロケボルトを見ると...

Dscn0072

スポークとボルトの端が当たってる...
つ ま り ...
ナットの固定にメガネレンチが使えない。
ナットの辺り面はぐちゃぐちゃです...

こういうホイールって、何考えて設計してるんでしょうねぇ...

ふう...

がんばりマウス。

続きを読む "2016年モタゴッコ日程"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

やっぱり...

毎週更新とならず、ちょっと過ぎてしまいました...

さて、そんななか台湾で大きな地震がありました。
直下型だったようで、被害が結構大きいです。

そこで寄付とかそういう話になるんですが、やはり間違いないのは日本赤十字かと思います。

よろしければこちらをご覧ください(日本赤十字社の台湾地震救援金ページに飛びます)。

台湾赤十字よりこちらのほうが良いそうです。
日本李登輝友の会(クリックでリンクが開きます)。

いずれ行って見たいです、台湾。

さて、SM450Rの続きです。
ラジエターホースを赤い奴にしたかったのですが、メーカーのパワーパーツ的なのはとっくに無いので、e-bayで探して買いました。
アメリカから発送って書いてあったのに、しっかり中国から届きました。
クオリティは...
Cimg0661

とりあえず全部の端面が曲がっていて、長いですw

長さをあわせて、バンドを交換しながら組み上げました。


Cimg0662

ちなみにカットした残骸ですw

Cimg0663

最後にGPRステアリングダンパーのオイル交換。

Cimg0665
エア抜き穴を全部開放して、オイルの中でエア抜き。

ところが画像のやり方ではうまくいかず、もっと深い容器を作って(hirokoの4L缶を半分に切った)、エア抜きの穴の向きを変えて、なんとか満足いく仕上がりになりました。

Cimg0666

完成! カッコイイ!

お次はR1のキット車。
まずは転倒の影響を見るためにフォークとステアリング周りをばらします。

と思ったら、アンダーブラケットのステムシャフト穴に何か圧入されている...
叩いて外すと、どうもJ-TRIPのフロントスタンドのアタッチメントが、曲がったまま圧入されてました。

Cimg0669

ステムベアリングにアタリは無く、グリスもたっぷりでした。
アンダーブラケットは若干の曲がり...


Cimg0671

フォークもバラして計測をすると...

Cimg0675

まあ、ギリギリ許容範囲かな...

まあ、インナー、アウター、アンダーブラケットが全部微妙に曲がりありで、全部交換すると20万円弱...
今回は、動きのいい所で組み込む事にしました。

インナーチューブは、縦傷もあったので旋盤で研磨します。

Cimg0676

ダストシールは無しで、オーリンズのレートアップしたバネとオイルで組みなおしました。

で、ヤマハのステムは、ロックナットの所にゴムワッシャが入っているので、コレを外す為にカラーを製作。

Cimg0677

何度もしつこく組みなおし調整しながら、フロント周りを組みなおしました。

後は、転倒の影響で曲がったカウルステーも曲げなおします。
これを...

Cimg0672


こうします。
Cimg0688

曲がってないはずの右側にあわせて修正して、カウルをあてがって見たらなんと広い!
そう、右側も持ってかれてたんですね...
どっちも修正しました。
他にも、高いキットのラヂエターが、エキパイと思いっきり当たっていたので、これもラジエター位置を修正して...

お次はリア周りです。
リアショックはOHしてレートアップしたオーリンズと交換します。
ついでにスイングアームピボットのベアリングとリンクのベアリングをチェック。

Cimg0689
ああ、やぐら付だからチェーンも取らないとダメなんだ(不慣れ

アタリがきついところが、全部のベアリングにありましたが、寸法は大丈夫なので、磨いてグリスアップして組みなおしました。


Cimg0690

まあ、シャフトの錆びっぷりを見て察してください...
あ、スイングアームピボットのベアリングは、グリスっけがほとんどありませんでした。

まあ、エキパイも大体外したり、リア周りはなかなか手間です...

で、中古のキットのハーネスとECUに変えて欲しいといわれ預かりましたが、「付くはずなんです」と言うのはちょっと怖いんです。

Cimg0692


とりあえずコネクター類が合うかどうか、全部引っ張り出します(結構手間です...

で、合わないところが数箇所出てきまして、配線図も無くこのまま進めると時間が掛かりそうな感じに...
ライドバイワイヤなのもあって、あんまり変な事もしたく無いので、これはノーマルのまま組みなおす事になりました。
Cimg0694

想像ではいじれませんから、こういうのは...

気を取り直してFS450の追加整備。
お客様がナラシを桶川でしてきて、やっぱりフロントブレーキのタッチが硬いという事で、マスターの変更をする事に。
モノブロックは2個でφ17マスター推奨なので、1個だとφ14あたりでしょうかということで、在庫で取っておいたbremboのRCS14を組んで見ました。

Cimg0700

オイルタンクステーもいつもの物とは、若干形を変えて、オイルタンクも違う物を使います。

RCSはピボット距離を変えられるので、変えてみてブレーキの感じをチェックします。

Cimg0701

よさげなのでちゃんと取り付けます。
マスター自体がノーマルよりも大きいので、前回せっかく作ったカラー類を長い物に変更して、ガードも曲げなおして取り付けます。

Cimg0702

RCSだとマップ切り替えスイッチも、そのまま使えるのでラッキーでした。

で、待ちに待ったゼッケンデカールをつけます。

Cimg0678


Cimg0680


Cimg0679

これはカッコイイですね!

で、オイル交換して、ロングだったファイナルも、フロントスプロケットを1丁下げて完成!

オーナーにはバンバン乗ってもらって、楽しんでもらいましょう!

お次はマルケジーニのベアリング交換。
で、16.5インチや現行のフロントホイールは、右側がテーパーになっているので、プーラーを掛ずらいので、ジグを作りました。

Cimg0683

手ごろなブッシュカラーを買っておいてたので、内径を拡大して、段付をつけておきます。


Cimg0684

やりやすくなりました。

結構リム部に傷が多かったのと、タイヤレバーで引っ掛けた傷が多く、全体的に修正をしました。

Cimg0686
振れは若干ありましたが、問題は無いレベルなので、ベアリングを圧入しなおして組みなおしました。


Cimg0708

さ、今週はエンジン降ろしまくって、サスもばらしまくって段取りの週になりそうです。

がんばりマウス!

続きを読む "やっぱり..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »