« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月17日 (日)

モタゴッコに参加された皆様!

このたびの熊本、大分県で起こった地震、非常に心が痛みます。
宮城県沖地震、東日本大震災を経験しているだけに、どのような状況なのか、不安な気持ちが良くわかります...

早い復旧と、この恐ろしいほど複数回起こっている地震が、早く収束する事を願っています。

復旧には順番があります、必要な時に必要な物を。
その時が来たら、皆さん支援いたしましょう。


土曜日16日に行われた今年最初のモタゴッコ、天気も良く参加人数49名と、多くの方に御参加いただきました。
235561946_largev1460887944

画像はGTオートの菅井さんが撮ってくれています。
トランポを欲しい方は、GTオートへ御相談を!

午前中はMパークにてパイロンを使った練習(簡単なスクールを行いました)。

235556796_largev1460891606

午後からは西コースでの走行(初級、中級、上級3クラス)を3本とスタート練習を行いました(本当は模擬レースの予定でしたが、日差しは暖かかったのですが路面温度が低くグリップが悪いとの事で、取り止めとしました)。

次回は6/12日曜日、午前中Mパークで午後からはビギナーズフィールド(オフロード)になります。

また、5/29日曜日は、西コースでMINIMOTO選手権があります(モタードマシンで走れるレースです)。
詳しくは、スポーツランドSUGOさんのHPをご覧ください。

そんなモタゴッコにまにあわせなくてはならないマシン達を...
まずは今年全日本にフル参戦する佐藤友之選手のRMZ450。
チームはフクダテクニカ(マシンもね)なんですが、とりあえずサスと細かい部分を担当する事に...
で、このマシンは中古でよそで出来てたのを買ってきて、そのままだったので、バラしてチェックします。

時間が無いので、今回はS2走っている堀田選手から、昨年まで使っていた'12 RMZ250のサスを借りて、バネレートなんかを変えてとりあえず走ってもらう事に。
とりあえずチェックして見ると、スプリングシートのCリングがちゃんとはまってなくて、飛び出してたり(危ないです

Dscn0253
ブローバイのホースが、エアクリーナーエレメントの中に入れてあり(これはいい事なんですが、エレメントガイドでホースがつぶされてて、内圧が高くなってしまう状態)、コレは修正しないと...

サイレンサーの取り付け雌ネジが半分舐めてて、これも修正。


Dscn0255

ホールショットデバイスがアウターチューブの一番太い部分に取り付けるタイプで、これもタイヤにヒットするので、XTRIGの変更します。

Dscn0257

反対側もbremboの5.5mm厚ローターを使うと、Cリングにフローティングピンがヒットするのでこれも加工します。


Dscn0256

で、フォークを抜いたらステムの上側がカタンと傾いてしまいました(下側はそのまま)...
ええ、ナットが締まってなかったようです...

Dscn0258


で、やっぱりステムベアリングはやられていたので、これも交換します。
Dscn0259

まずはステムベアリングを入れ替えて...

Dscn0260


フロントのバネレートを変更して...
Dscn0261


フロントのブレーキホースも交換して、ついでにマスターもコキコキと動きが悪いのでバラしてグリスアップします。
Dscn0262

調整ノブを留めているピンが、曲がって途中で止まっていて、全然抜けてこなくて苦労しました...

Dscn0263

ハンドガードは曲がりがあったので修正と、エンド部にジュラコンのスライダーが付いていたのでコレを撤去します。(理由はちゃんと締められないので、転倒した際にすぐずれて意味を成さないからです)

Dscn0264

マスターのタンクも変えて、ステーも新調しました。

Dscn0266

ハングオフも多用するので、シートを25mm低く修正します。

Dscn0265
コレを...


Dscn0274


こんな感じにしました。


最後にホールショットデバイスをつけて、今回の作業はおしまい。
Dscn0279

モタゴッコでネガ出しをして、ちょっと修正が必要な部分もありましたので、それは後日修正を...

お次もRMZ!
こちらは'16 RMZ250です(2台目だ...

まずはお約束のスイングアームのザグリ加工を...

Dscn0281

ダンロップを使用予定なんですが、レインで一番前にアジャスターを持ってくるとこんな感じになります(スリックよりもレインのほうが太いんです)。

ブレーキガイドも外しやすいように加工して、当たる部分をカットして、パーツを作って、溶接する部分のアルマイトをはがしておきます。

Dscn0284

溶接してすぼまってしまう寸法を修正して完成です。

Dscn0285

リンクやスイングアームピボット周りは、グリスアップしておきます。

Dscn0286

組み立てて、隙間が出来るのを確認。

Dscn0287

お次はフロント周りです。
これも450と同じようにbremboのラジアルマスター16×18を使用するので、タンクステーを作ります。

Dscn0289

ブレーキホースを作ります(ガイドチューブを真っ直ぐに修正)。

Dscn0290

ハンドガードも取り付けて...
Dscn0293


こっちはキャリパー側です。
Dscn0295


クランプ部は収縮チューブを重ねて、厚みを出します。
Dscn0297

フォークガードをカットして、アウターチューブのCリングもカットして、周り止めをしておきます。

Dscn0299

ホイールはマルケジーニで今回はRMZでは初のブラックです。
Dscn0292

余談ですがRMZのスロットルホルダーって昔のYZ400Fの物ですよね。
部品に「5BE」って書いてありますもんw

Dscn0291

お次は'08 CRF450Rです。
本当はサスとエンジン両方のオーバーホール予定だったんですが、間に合わないので今回はとりあえず乗れるように、不具合を直しました。
見た目は綺麗なんですが...

Dscn0300

昨年11月のモタデューロからそのままだという事なんですが、オイルの点検窓を見ると、左に傾いているのにオイルが見えない...

Dscn0301

ハンドガードのクランプがちゃんと止まっていない(この構造はダメなんです...

Dscn0302

フロントスプロケットを固定しているネジが緩んでいる(唖然

Dscn0304

チェーンも本当は変えた方いいんですけどね...

Dscn0315

危ないって...

冷却水をチェックすると...


Dscn0307

見えませんな...

リアブレーキのフルードを確認すると...

Dscn0306

なんでしょう、私の目が曇ってしまって見えないのでしょうか(涙目

そして昨年の11月から燃料コックはオンのままでした...
キャブをバラスと...

Dscn0308

ドレン周りが汚い...


Dscn0309

Oリングが入っていなくて、ドレンはものすごい力で締め付けられて、変形していました...

いや、本当に危ないんですよコレは...
燃えなくてよかった...

中も汚いし、Oリング類も一回も変えて無いので全部変えます。

Dscn0310

全部洗浄して...


Dscn0314

組み立てて完成。

キャッチタンクの中身を排出しようとドレンを回すと...というかネジがなめてる...
で、タップを切ろうと思ったら、ヘリサートが入っていて(これは私です。すっかり忘れてました)、うっかりタップを入れてしまい、折ってしまいましたorz


Dscn0316


忙しい時ほど、こういうミスをする...

ドレン部分をカットして、新規で部品を作り溶接して取り付けました。
Dscn0317

リアのブレーキマスターは、やっぱりダイヤフラムを取ると残念な感じ...


Dscn0318


全部修正したら、白煙吹いてたのに出なくなって、調子も良くなりました。
オーバーホールは様子見で、、サスだけ後日オーバーホールすることになりました。

最後はSM400Rの修正をたくさん!
コレが最後の山場だと思ってがんばりましたが、部品の誤発注で部品が足りず間に合いませんでした。

本当に申し訳ありませんでした...

スイングアームを中古のSM450RRの物に入れ替える事に...
なんですが、スプロケボルトが外れて、激しくえぐれておりました...
Dscn0319

修正して、チェーンガイドも新品に(これも加工が必要でした。古いものはもう出ないそうで、代替品になります)。

Dscn0320


リンクもバラしてチェックして、グリスアップします(足りないカラー類があったので、これは追加してあります)。
Dscn0321

で、SM400Rに450RRのスイングアームを使うと、ブレーキキャリパーを取り付ける溝が違うので、キャリパーやサポートも450RR用に変えるのですが、ローター径も変わるので、ブレーキローターも変更しないといけません。
しかも、ソリッドからフローティングになるので、オフセットも変わるんですよ。

で、そんなのはネジを外せば...

外れない...


Dscn0329

マリンルブリカンと浸透させれば良いんですが、時間が無いので炙ったり冷やしたりしてもダメで、しょうがなくタガネで強引に回しました、4個とも...   


Dscn0330

リアショックもSM400Rは長さが短いので、'05 SM450Rの物をオーバーホールして使います。

Dscn0323

程度は良かったですが、古いのでオーバーホールしないと安心できません。

キャブもバラして確認します。

Dscn0327

インマニとコネクティングチューブも新品にしておきます。

で、ノーマルのブローバイホースの入る部分には、プラグを作って塞いで、別の所にホースを入れるようにします。
Dscn0332

リアホイールは、スポークの俺があったので交換しておきます。

Dscn0328

フロントホイールは、今まで使っていた17インチと、今回手に入れた16.5インチのホイールどちらもホイールベアリングがダメで、どちらもベアリングとシールを交換します。

Dscn0331


かなりやられていました、危険です。
Dscn0334

そしてエンジンに手を付けたところ、オイルポンプのローターが一個しか無いのに気が付いて、完成させる事ができませんでした...

徹夜しても何しても、間に合わないのはダメですね...

それでなくても遅れていますので、本当に申し訳ありません。

明日からも一生懸命進めていきますので、申し訳ありませんが皆様お待ちいただきますようお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

今回のモタゴッコも...

自分のマシンを作って、持っていくのは無理そうです...

00034_main


今年最初のモタゴッコは4/16(土曜日)です。
4/6までのエントリーですと、なんと4100円で一日遊べますよ!

エントリーは、スポーツランドSUGOさんのHPからお願いいたします。

お弁当の注文も出来ますし、飲み物もランド内で売っています。
帰りのガソリンも販売してますし、自走でも楽しめますよ!


さて、まだまだ全然こなせてないお仕事を...

前回何とか終わらせた'16 RMZ250のスペアリアホイール、これがスプロケットナットが締められないという素敵な製品だったので、対策します。
ノーマルのナット(RMZは2面幅が12mm)なので、ボルトをギリギリまで短くして、メガネレンチもギリギリまで薄くした物を作って、なんとかちゃんと締められるようにしました。
Dscn0169

気持ち的には「こんな物設計するな」です。
いくら削りでカッコイイといっても、使えない物はダメです。

もひとつ、CYCRAのUクランプを使っていたのですが、取り付けが悪くねじ山が舐めていたので、ヘリサートを入れておきました。

Dscn0171

予備になりますからね。

これでやっとセットアップが始められますね。

もう一台やらなきゃ...


お次は預かっていたWR250Fの修理見積もりが、かなりの金額になりそう(しかも結構走っていたので、それ以外にもけっこうまだまだ掛かりそうだったので)、知り合いが持っていたYZ250Fを売ってもらうことに。
で、売るにあたってバラしてチェックします。

Dscn0172

配線はなかなかですね(棒読


Dscn0209

バルブクリアランスをチェックしてみると、一回はOHしてある模様。
スプリングシートがアルミの物になっていたり、カムチェーンの状態も良好。
排気側のカムもデコンプつきなのですが、インテークカムやリフターに傷があったので、全部外して研磨後、再計測して組み立てました。


Dscn0210

キャブは、さすが15年ものという感じで、Oリング類を全交換して、通路、ジェット類も綺麗にしました。

Dscn0212

スロー系は詰まってましたし、Oリングがつぶれて、痩せてオーバーフローしていました。

Dscn0213


右下のバラバラになったOリングは、バルブシートのOリングです。
Dscn0214


お次は漏れているリアショックをOHします。
バンプラバーは砕けて、下側のベアリングもダメになっていましたが、幸いにもロッドのに錆びは無く、しかも初バラシという代物でしたが、オイルは綺麗でガス圧も中々でした。
Dscn0233

で、この年式の高速ダンパー部をバラス工具を作っていなかったので、もう使うかどうかわからないけど、ばらせないので作りました。

Dscn0234

いらない古いソケットのコマの内径を拡大して、ノックピンを作って埋め込み溶接して製作。

エア抜きのブリーダーボルト穴も開けて...

Dscn0235

後は普通に組み立てて完成。

フロントもアウターチューブに腐食はありますが、インナーにさびは無く良好でした。
後はEBCのφ320キットをつければ完成だなんと思っていました...

合わないじゃんこれ...

EBCってどれもちゃんと付かないんです(設計何考えてんだよ

どうあがいてもブレーキパッドの外周4mmほどあたらないので、しょうがなく改修することにしました。
ただ、YZ系はこのようにあたらないのを結構違うメーカーの物でも見ています。
ちゃんとあててみて確認しましょう(ベルリンガーの4ポットもあたってませんでした)。


Dscn0247


下側の穴を開けなおして、上側は追加でサポートを削りだしてつけました。
片側2ポッドキャリパーの改修は、非常にめんどくさいです。

他にもスピードメーターセンサーのハーネスを引きなおしてつけてあります。
Dscn0244

他にも改修箇所はたくさんありますが、あまりにもいろいろやって画像を撮って無いので省略。

Dscn0246

'01 YZ250Fにしては程度は良いはずです。
もう15年選手なんですね、このマシンも...

他にもハスクが2台、修理で入ってきたので、同時にバラして見積もりを作ります。
まずは'04 SM400R。
たぶん、9年くらい前に腰上だけ私が開けている車両です。
まずシフターが付いていましたが、この位置にセンサーを付けると、安定した動作はできません(断定

Dscn0175

なぜかと言うと、チェンジペダルは常に同じ動きをしていない(力の入り具合でペダルがしなるので、同じ条件にならない)ので、センサーの検出条件が異なり、それが点火カットタイミングが変わり、ミッションを壊す原因になります。
シフターをつけて、ミッションが入らないからといって、ガツガツチェンジペダルを掻き上げる人が居ますけど、ミッション一発で壊しますよ...

こういう場合は、チェンジペダルの根元(軸に近い部分)で検出させないとダメです(絶対)。

オイルを抜くと破片が...

Dscn0176

右のカバーを外すと、クランク先端が入るシールがぐずぐずになってました(入れるときに削ったんでしょう


Dscn0177

スリッパークラッチが誤組されてまして、この黒いプレートは変形して使い物にならなくなってました...

Dscn0178

破片を食ったので、オイルポンプはダメになってました...

Dscn0180


お次は腰上に...
ブローバイの継手の部分にある、アルミの円盤がちぎれてました...
Dscn0183

インマニとコネクティングチューブは、定番のひび割れが...

Dscn0186


Dscn0187

これ以外にもホイールベアリングの交換(ばらばらでした...)、ブレーキホースの交換、前後サスのOHと仕様変更、SM450RRのスイングアームへの変更と、TMRのOHということでかなりの作業量になりました。

モタゴッコ走りたいですか、そうですか、がんばります。

お次は'07 SM250RをTE仕様にした物なんですが、これも基本的な部分とサスの仕様変更になります。
バルブクリアランス見ようと思ったら、全然シックネスゲージが入らない...
走行距離から見てもおかしいなと思いつつ、カムを外して見ると..
というかカムキャップが緩まなくて、大変でした...

Dscn0195

傷が...

ロッカーアームのスリッパー面も...

Dscn0197

これは整備ミスだなぁ...

この車両も、インマニとコネクティングチューブニはひび割れが出ていました。

Dscn0193


Dscn0192

ラジエターガードが付いていたのですが、穴位置が全然合っていません。
アルミ板の厚みを考えないで設計しているとしか思えません。

Dscn0198

持込のチタンフルエキなんですが、年式が低年式用なのでステーの位置が全然違いました。

Dscn0202

サブフレームの後ろ側のステーを、ばっさり切って作り直したほうが早そうです。

チェーンガードもリアスプロケがかなり大きな物をつけているので、干渉して違う物を改修してつけてありましたが、余り下に下げるとわだちとかで曲げるので、ギリギリまで上に上げて付け直す事にします。

Dscn0194

こちらも前後サスのOHとバネレートの変更、リアは車高の変更もするので、中々のボリュームになります。

お次はホイールきっと持ち込みでのモタード化、CRF250Lです。
ぱっぱとやろうと思ってしょっぱなから躓きます...

これもスプロケットナットが締められない仕様でした...


Dscn0219

CRF250Lはスプロケットナットが2面幅17mmなんです...
何考えて設計してるんでしょうねぇ、車種専用品なのに...

あ、リアのアクスルシャフトは錆びて抜けてきませんでした。

Dscn0216

で、このホイールキット(中古)はタイヤもはめられていたんですが、チューブレス加工もされていたので、いちおうリークチェックしながら組んでました(リアは問題なし、たぶん...)。

で、フロントはチェックして見ると4箇所からエア漏れが...


Dscn0222


タイヤを剥くと、そこには...
Dscn0223

すでに片手ほどの修理をされた上に、浮きまくりのチューブレスとシリコンシーラント塗りまくりのひどい状態...

これは剥がすのに3時間とか掛かる奴だ...

結局フロントはチューブを入れて組みました。
でもこれは、このホイールの設定が悪いのも原因なんですよ。
詳しくは言いませんけどね...

そうそう、最近は緩まないボルトを外す際に、この潤滑剤を使っています。

Dscn0174

Vipro'sのマリンルブリカントっていうんですが、最初は船外機とかに使う防錆剤だと思っていたんですが、たまたま知り合いのアメ車屋さんに行ったらコレがあったんです。
何に使うのか聞いてみると、リンカーンナビゲーターとかのブレーキローターが、ハブに固着して(錆びて)取れなくなったときに、今までは某W社のラ○ペネ使っていたんですが、これでも取れなかったのが、マリンルブリカントだと一発で剥がれてくれるそうです。

それ聞いて使っていますが、この製品浸透力がものすごくて、凄くいいです。
これ吹いて一晩置いておくと、嘘のように取れます。
良いですよ、Vipro'sのケミカル!

さ、今日はまたRMZだ...

がんばりマウス!

続きを読む "今回のモタゴッコも..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »