« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月29日 (日)

MINI+MOTOチャレンジレース&モタゴッコ!

本日SUGO西コースで行われた「MINI+MOTOチャレンジレース」参加された皆様、お疲れ様でした。
良い天気ですっかり日焼けしてしまいました。

まずは次回イベントの告知です。
6/12(日)モタゴッコ(Mパーク&ビギナーズフィールド)※西コースの走行はありません。
00034_main
午前中Mパーク(ひろーいアスファルトの駐車場)、午後はビギナーズフィールド(初心者向けのオフロードコース)での練習会になります。

すっかり告知が遅れてしまいましたが、6/2までに申込みをすれば4100円で一日みっちり練習(遊ぶ)できます。
申込みはコチラから!(スポーツランドSUGO モタゴッコのページに飛びます)。

午後からダートコースでの練習になりますが、午後もMパークでずっと練習したいという方は、それでもかまいませんし、SUGOさんから何台かTTR125をお借りできるはずなので、ダートコースで最初はTTRで、慣れたら自分のマシンでということもできます。

お申込みお待ちしておりマース!

さて、MINI+MOTOチャレンジレース、大野選手が何人かに声を掛けて参加者を増やしたり、普段全日本に出ている選手(千葉選手、吾妻選手、大野選手)も章典外で走って盛り上げていただきました。
MFJのライセンスは必要ですが、エンジョイライセンスで出れますので、ライセンスはとっても3350円です。
コレにエントリーフィーが10300円(モタードクラス)が必要になります。

次回は7/31日になります。
MINI+MOTOチャレンジレースのページはコチラ!

で、本日の画像など...
Dscn0509


Dscn0510


Dscn0513


Dscn0514


Dscn0521

SP12クラスでは、高校の時に同じバイク屋で集まった仲間連中で作ったチームの後輩が優勝!(相澤 勝)

彼のことを知っているモタードの知り合いは、たぶんトモキックだけだなw

Dscn0522


前日に整備したFS450も、前回の走行のときよりもタイムアップして優勝!

Dscn0535

M1クラス2位の鈴木さんは、大野さんにそそのかされて当日エントリー!w


Dscn0532

M2クラス!


Dscn0530

M3クラス!


Dscn0525

SP12クラス!

そして、盛り上げ役の3人!

Dscn0528

何故か傘やポンチョをもらってましたw


さ、優勝したらタイヤ買ってやるって言ったら、本当に優勝しちゃったんで頼まなきゃ!
でも、30年近く経っても、まだ楽しんで良いレース見せてくれたんで、ちょっと嬉しかったです。

みなさん、またよろしくお願いいたします!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

明日5/29はお休みとさせていただきます。

スポーツランドSUGO西コースで行われる「MINI+MOTOチャレンジシリーズ」に行きますので、お休みとさせていただきます。
00041_main

聞いた所当日エントリーも出来るそうです、車検受付は、朝8時半からなので、仕事の都合でどうしようかと思っていた方、走りませんか?

MINI+MOTOチャレンジシリーズの内容はコチラ(SUGOさんのHPに飛びます)

さて、普段のお仕事といいますか、blogはすっかりサボってしまっていました...
Facebookの「GARAGE OPB」ページは、もう少し小出しにして更新しております。

さて、まずは車検で預かっていた'08 SM450Rの作業の続きです。
スリッパークラッチのチェックをしようと、センターロックナットを見てみると...

Dscn0420

周り止めでポンチが打ってあるのですが、どう見てもずれているのでこわごわバラします。

Dscn0448

この時点でおかしいと気づいたあなた、良くスリッパークラッチを組んでますね!

Dscn0449

分かりやすく3本あるピンのうち、上の一本だけを逆に差し込みました(でも、コレが正解なんです。)
3本とも逆に入れられていまして、こうされるとピンが設定よりも車体外側に飛び出していることになります。
と言う事はつまり...

Dscn0452

センターロックナットの力を受けているプレートに食い込む事になるんです...
まあ、変形はほんの少しだったので、軽く修正して再使用しました。

まあ、ギリギリセーフというところでしょうか...

で、クラッチ板も見てみると...

Dscn0451

結構焼けていたので、交換しました。
スリッパーはエンブレ時に常に作動している(半クラ状態を作り出している)ので、ノーマルよりは焼けやすくなります。

他にもコネクティングチューブを交換したり...

Dscn0455

オイルだらけです...

バルブクリアランスを見て...

Dscn0458

2年前と変化なし、デルウエストのバルブは丈夫ですね(5000kmほど走行)!

で、車検に行こうかと電装系をチェックすると、フロントの左ウインカーが付いたり付かなかったり...ホーンもなりません。
配線に怪しいところ満載なので、メインハーネス交換に踏み切ります(ハーネス持込)。

Dscn0454

何故かシーランとたっぷり(泣

何故かといえば、ヒューズ関係のステーは、サブフレームに打ち込まれたナッターにボルト止めなんですが、なんと全てのナッターが空回りしてて、ガタガタだったんです...

気持ちはわかるけど、勘弁してください...

ハーネスを交換して、切れている線を修正して、その他諸々を...

で、クラッチフルードをチェックするかと開けて見ると、最近見慣れた光景が...

Dscn0460

ヘドロたっぷりでした...

全部終わらせて車検終了!

お次は'07 SM250RのTE仕様。
サブフレームのサイレンサーステーを作り直すので、サブフレームを引っこ抜きます。
ついでに、コネクティングチューブも交換、2字エア関係も撤去します。

Dscn0427


リアショックもオーバーホールとショート加工するので取り外して、リンク部分は掃除してグリスアップしておきます。
Dscn0430


Dscn0433

外したらもげちゃった...

インマニもこの状態...

Dscn0434

サブフレームのサイレンサーステー(後ろ側)を切って...

Dscn0436

ステーを作り直した画像がなかった...

リアショックもバラしてオーバーホールするついでに、いままでリンクで50mm車高が下がっていたのを、ノーマルリンク+ショック長で50mm下がるように加工します。


Dscn0442

程度は良かったんですが、キャビテーション大目でした...

で、何故かシムの表面に、樹脂っぽい物がひたすらこびりついてて、コレを撤去するのに小一時間ほど...

Dscn0445
右上側を微妙に剥いで見ました。
シムを固定しているネジの部分までこびりついていたので、たぶん最初からだと思われます。

いろいろ交換して後ろ周りを組みなおして('07は配線が多いので、結構大変)、今度はラジエターガードの修正です。
ネジ穴が全くあってなくて、しょうがなく穴を埋めてステーを溶接で伸ばして、穴を開けなおしました。


Dscn0463

板厚を考えないと、大体つじつまが会うので、設計がアホなんでしょう...

サイドもラジエターの出っ張りにぶつかって真っ直ぐ付かないので、リューターで修正して...

Dscn0466


画像は無いですけど、ラジエターファン取り付けのネジの頭が当たるのが発覚して、さらに削り込みました...

ブローバイホースは、取り回しを変更して、今まであった場所にはプラグを作って入れます。

Dscn0465

お次はスプロケットのナットとスポークが近すぎてメガネレンチが入らないので、ネジを短くした上に、ナットを2面幅14mm→12mmに変更して、高さも減らしてレンチが入るように加工します。

Dscn0468

ホイールメーカーさんは、こういう設計をしないでください。

Dscn0469

コレでやっと普通になりました(本当ならやる必要は無い)。

スタンドを固定しているブラケットの、フレーム側のねじ山が、かなりやられていたのでヘリサートを入れておきます。

Dscn0471

お次は排気のカム山がかじっていたので、バラして研磨します。


Dscn0475

ロッカーアームは4個とも研磨しました。

Dscn0477

バルブクリアランスもきっちりそろえて、コレでヒートしても再始動もばっちりです。

クラッチの切れが悪いとの事だったので、バラしてみるとインナーハブの当たりが悪いのと、クラッチの焼けがあったので、これはスプリングも含めて交換します。

Dscn0478

ちなみに新品と比較するとこんな感じです。

Dscn0482
あ、修正したインナーハブの画像も無い...

キャブはジェット類が何が入っているのかを確認しないといけないついでに、オーバーホールします。
もうすぐ10年選手なので、やっておかないと間違いなく調子が悪くなります。

Dscn0485

SJとかは変えようと思っていた番手が付いていたので、ラッキーでした。
本当に距離は走ってないようなマシンなんですが、バルブクリアランスだけ何であんな変な値だったんだろう...

お次はフロントサスのオーバーホールとレート変更です。
現状は...


Dscn0487

うわぁ...

これはもれてるんじゃなくて、グリスが垂れてました...
でも、シールの中に、グリスがてんこ盛されていたんではなく、インナーチューブに塗られていただけなんです。
その理由は、またいつものベタベタがくっつくサスだったんです(マルゾッキのサスはこういうのがほとんどです)。

とにかくばらします。

Dscn0492

組み立て時のグリスもたっぷり残っていました。
通路塞いでいますがね!

洗浄しますが、洗浄するとベタベタ手にくっつく感じになります。
コレをさらにしつこくいろんなケミカルを使って取り除きます(洗浄油では落ちないんです...)。

やっと綺麗になって、組み立ててバネをレートダウンしてプリロードも調整して...
大変だったのかコレも画像なし...


やっと完成!
Dscn0494

何故かピンボケ...

そして試乗しようと、燃料を入れようとすると、燃料キャップがものすごく堅くしまっていてなかなか開けられない...

開けて見てキャップの裏を見ると...

Dscn0499

ゴムパッキンが入っていませんでした...

他にもウランコアデザインズに頼んでいた、'09 CRF450R用のグラフィックが届いたり...

Dscn0462

貼るのはお客様がやりマース!
トリコロールカラーでウイングマークが入っててかっこいいんです!

で、明日のMINI+MOTOを走るFS450の作業もあったんですけど、それはまた次回に。

続きを読む "明日5/29はお休みとさせていただきます。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月10日 (火)

5/29 SUGO MINI+MOTOチャレンジシリーズ

5/29にスポーツランドSUGOさんで開催される、「2016 ライディングスポーツカップ SUGO MINI+MOTOチャレンジシリーズ」の申込みが始まっています!

00041_main_2

「2016 ライディングスポーツカップ SUGO MINI+MOTOチャレンジシリーズ」の開催内容と申込みはこちら!

SUGO西コースで行われる、オールターマックのレースです(ダートはありません。ジャンプも!)。
レギュレーションは全日本スーパーモトに準じております。
ライセンスはエンジョイライセンス以上が推奨されております(無くても出れるのか、確認を取ります)。
※エンジョイライセンス以上は絶対必要だそうです(HPの記載は変更するそうです)。
250ccまでの市販車は、溝付タイヤ(スリック以外)で保安部品を外し、ワイヤリングと各種キャッチタンクで出られます。
装備は、革ツナギ(MFJ公認)、グローブ、フルフェイス、ブーツが必要になります(穴の開いているものや、転倒傷のあるヘルメットはダメです)。

かなり敷居は低く設定されていますので、皆様御予定に入れてみませんか?
私も行く予定にしておりますので、出たいけど不安な方は、是非その前にでもお声掛けください。

さて、GWは毎年の事ながらボチボチ仕事をしておりました...

まずは、突然何か液体を吹いた上に、クラッチが切れなくなったといわれた'08 TE450R。
クラッチフルードが入っているか確認の為にマスターを開けて見ると...
Dscn0393

コレも黄色っぽい(元は青い色)...


Dscn0394

底はヘドロのように堆積物があります。

綺麗にしてフルードを入れてみると、永遠に泡が出てきます...


Dscn0397

とりあえず激しく漏れてはいませんが、マスターはOHか交換しないとダメですね。
また、ピストン側のバンジョーにレンチをあててみましたが、ちょっと締まりましたが、噴出すほどではありませんでした。

で、オイルは入ってるのかなと思って点検窓を見ると、一杯過ぎるくらい入っていました...

Dscn0395

しかも、点検窓を押さえているステーが撤去されています(外れるかもしれません)。

チェーンも変わっていたので、張りを見るとパツパツでした...
Dscn0398

オーナーいわく元のチェーンと同じコマ数との事でしたが、チェーンは伸びるので、新品にするとこう言う事は良く有るんです。
まあ、交換しか改善する方法は無いんですけど、このまま乗ってるとカウンターシャフトのベアリングやミッションに不具合が出ます、間違いなく...

冷却水のホースも各部滲んでおりまして、オイルも数箇所から滲んでおりました。
エンジン自体の調子は悪く無いので、ラヂエターホースと各部パッキンの交換、クラッチマスターのOHでどうでしょうと提案しましたら、エンジンOHしてくださいと言われました。
これから良い時期なので、少しは乗れたほうが良いかなと思ったのですが...

お次はKTM250SX、フロントブレーキディスクのオフセットスペーサーとオイルキャッチタンクの製作です。
まずは採寸して2mm厚の7N01の板から円盤状に切り出します。

Dscn0399

薄いのと内径がでかいので、結構時間が掛かります。

で、6箇所穴を開けて...

Dscn0400

完成!

Dscn0401

元は1mmのワッシャが12枚でオフセットしてありましたので、これで安心でしょう。

で、このマシン16.5インチのスポークホイールに、bremboのキャストラジアルキャリパーが取り付けてあったので、取り外しが大変!

パッドの位置決めをしているステーを、少し斜めに削って、外しやすくします。

Dscn0402

こうしないと、毎回タイヤ交換のたびに、ローターも外す事になってしまいます。


Dscn0403

ホースの位置もちょっと変えたりして、組みやすくしておきました。

お次はキャッチタンクの製作です。
付ける場所を考えて、整備性も考慮して簡単な図面を引いて、いろいろ検討して型紙を出力します。

材料を切り出して...

Dscn0407

溶接して完成(いや、一日中やってるんですよ、マジで...)!

Dscn0408

今回は前側に冷却水のキャッチタンクを固定できるように、ステーも取り付けました。

Dscn0409

取り付けるとこんな感じになります。

Dscn0415

他にもラジエターがかなり曲がっていたので、軽く直して完成!

Dscn0414

以前ウチでイチから組み立てた、CRF450Rのバネ変更。
ぱっぱとやろうと思ったら、フロントでちょっと思うところがあって、結局バラして組みなおしました。
まあ、以前から気になっていた部分だったので、うまくいってすっきりしました。

Dscn0418

お店の棚の使い方を変えて、見やすい位置にケミカル類を持ってきました。

Dscn0416


ウチは「広島高潤(Hiroko)」と「Vipro's」を在庫しております。
使ってみると良さがわかりますので、是非お買い求めください!

お待ちしておりマース!

続きを読む "5/29 SUGO MINI+MOTOチャレンジシリーズ"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

あっという間にGWになってしまいました...

そして4月も終わって、もう5月です!

大変です、5月ですよ!!

気分的には、夏を飛び越えてもう雪が降ってくるんじゃないのかって感じるくらい、時間の過ぎるのが早いです...


まずはお知らせです。
GWは5/3~5までお休みをいただきます。

それと'08 SM450Rの車検でお預りしている佐藤様。
一度御連絡いただけますでしょうか(すみません電話番号を失念してしまいました)。
お手数ですが、宜しくお願いいたします。

前回終わらなかったSM400Rは、部品が入るまでお休みして、細かいサスやなんかのお仕事を進めます。

まずはSM450R(インジェクション)の前後サスオーバーホールと仕様変更。
以前うちでオーバーホールをして、その後お客様が仕様変更(プリロードの変更)をされたようなんですが、カラーが割れていたのと、端面が平らでは無く斜めだったようで、かなりオイルが汚れていました。
Dscn0336

オイルはこんな感じで...

Dscn0337

もう一方は割れていなかったので、普通です(元はこんな色です

Dscn0338

シムをバラしてチェックしたところ、まあ多少色が変ですが、いちまいボルトに噛み込んで変形しておりました。

Dscn0339

シムを変更して、後はプリロード量を変更するので、カラーを削りだします。

ジュラコンの丸棒を削って...

Dscn0342

パイプ状の材料があればよかったのですが、無かったのでほとんどがゴミになります。


Dscn0343

コレを組み立てて、フロントは完成です。

お次はリアをバラして...

Dscn0345

今回はピストンのリリーフ穴径を変更して、シムも変更しました。

Dscn0346


これで調子が良くなれば良いなぁといつも思っております。

Dscn0347

お次は'15 YZ250Fのフォーク漏れ修理。

Dscn0348

漏れた原因はちゃんと突き止めないといけません。
今回はインナーチューブに、たぶん飛び石と思われる傷が2箇所ありました(シールもその位置が切れていました)。

お次は車検でお預りしているSM450Rの見積もりを作る為に、オイルを抜いていろいろとチェックします。

Dscn0365

どうもケース内の塗装が剥がれてきているようで、ストレーナーに一杯付いていました。

で、右ケースカバーを外そうと思ったら、’08SM450Rってエンジンずらさないと外れないんですね...(知らなかった


Dscn0368

とりあえずクラッチカバーだけ外して見ますが、中身は見えないんですな...

左側のフライホイール側も外してチェックします(マグネットに金属片が付いてたりすると、異常の早期発見になります)。

Dscn0369

で、お客様の電話番号が変わっているのを、聞いていなかったようで連絡が出来ません(以前聞いた番号に掛けたら、おばあさんが出ましたw

すみません、この記事を見ましたら御連絡いただけると助かります(切実

お次は'10 SM450Rのオイル交換と、リアブレーキが抜けたとの事で、マスターをチェック。
見てみると...

Dscn0370

嫌な予感...


Dscn0371


スナップリングと錆が一体化して、凄い事になっていました...

でも、シリンダー部に傷とかは無かったので、インナーキットを交換して、無事に完成。

さて、お次は遅れてしまっていたSM400Rの作業再開です。
届いたオイルポンプを組んで、指で回して確認しようとすると、重い所が何箇所か...

削っては寸法を確認してを数十回やって、やっとまともになりました(怒

新品なのに...

右カバーのオイルシールを交換して...
Dscn0351

これは、右カバーを取り付ける際に、クランク先端で壊した物と思われます。

スリッパーの部品が誤組されていた為に、セカンダリースプリング先端が、異常磨耗していた為に、ウチにあった中古品と交換。

Dscn0352
右側は先端が大きく磨耗して、薄くなっています(もうすぐ折れますよ

センターロックナットの緩み留めワッシャは、2回くらい使ったら新品に交換しないと、意味がなくなります。


Dscn0353

右が新品で、左はギザギザの部分が磨り減り、円錐状(バネ効果)が無くなって、変形してしまっています。

インナーボスは、アタリが悪いですが、軽く修正して再使用します(本当は交換したいです)。

Dscn0354

クラッチプッシュロッド先端部も、段付き磨耗しているので、軽く修正してバフを掛けておきます。

Dscn0355

修正が終わって、仮組みして...

Dscn0356


Dscn0357

他にも、カム周りの修正とバルブクリアランスを取り直してエンジン周りは完成。

お次はフロント周りです。
ブレーキホースが適切でなく(ガイドチューブが無くて折れ曲がっていました)、擦れてすっかりアルマイトが無くなったアウターチューブ。

Dscn0358

たぶん8年位前に私が組んだフロントフォークです。

Dscn0359

中身は特に問題は無く、洗浄してシールをSKFの物に変更して組み上げました。
ただ、アクスルを締めるボルトは、指で廻らないので外して見ると、しっかり錆びていました...

Dscn0361

お次はステム周りなんですが、まずはハンドルを見ると、凄い曲がっている...

で、グリップも交換予定なので切ってみると...


Dscn0362

スロットルチューブの先端が付いたままで、ハンドガードが取り付けてありました。
コレは大変危険です。
絶対にダメです。

で、スロットルも戻りが悪いので、何が原因かなと思ったら、ワイヤーのガイドが引き、戻し両方折れていました。

Dscn0373

危険です。

ステムをバラして、ベアリングを交換。


Dscn0364

そこそこ年式がいっているマシンは、問答無用で交換です。
ステムベアリングは、ハンドリングにものすごく影響があるので、ここをチェックしないでサスをいじるのは、意味がありません。

ステム周りを組み上げ、電装品をまとめて、余計な配線を取っていきます。

でも、メーターの配線とか、ほとんど被覆が切れてますけど...

Dscn0374

全部つなげなおしたり、補強しました...

メーターセンサーのケーブルもブレーキホースと一緒に、変な曲がり方をしていたので、これも修正します。

Dscn0375

コレはダメです。

で、ブレーキホースも作り直すのですが、他にもマスターとキャリパーもバラしてオーバーホールします。

Dscn0377

マスターはバラしてグリスアップだけですが、これでも稼動部がスムーズに良く動くようになるので、フィーリングはかなり良くなります。

キャリパーはシールを交換します。

Dscn0378

全部取り付けて、ホースをいつものように作って、マスターのタンクステーも作って組み付けます。


Dscn0379

キャリパー側はこんな感じに...

Dscn0381

ホースはもう曲がりません(センサーケーブルもね)。

Dscn0380


ハンドガード自体は、今まで使っていたZETAを修正してつかい、クランプをCYCRAのUクランプに変更します。
これだけでも、ブレーキやクラッチホースの取り回しに余裕が出来、強度も上がります。

で、何気なくクラッチフルードも変えておくかと開けて見ると...

Dscn0383

何でしょう、この物体は...

オーナーに聞いたら、一回も変えたこと無いそうです、フルード...
そうですよね、元は青い色だったはず...

かなりの時間とお金が掛かってしまいましたが、完成です。

Dscn0386

作業が遅れてしまって申し訳ありませんでした。
でも、もうちょっと手を掛けていただけると、ずいぶんとお金掛けなくても済むと思うんです。

メンテナンスは大事ですよ(正しいメンテナンスと部品のチョイス)。

最後は6月頭納期といわれたのに、GW前に来てしまったR3。
サイレンサーの変更と、フェンダーレス、スライダーの取り付け、グラフィックの変更とサスのちょっと仕様変更をしました。

スライダーは取り付けが簡単な物が多いんですが、やっぱりこのエンジンハンガー前側につけないとダメかなと思って取ったんですが、新品カウルに穴を開けるのは緊張します。


Dscn0387

この後、地道にリューターで穴を広げて形を整えます。

サイレンサーはヨシムラ!

Dscn0388


で、お客様は2015年モデルが欲しかったんですが、もちろん完売。
で、画像を良く見たらグラフィックの変更のみで2016→2015にできそうだったので提案したら喜んでいただけたのですが、それって私の作業が増える...

で、ちょっとだけ2016年のグラフィックも残すという、ハイブリッドな仕様に(お客様の要望)...

で、2015のサイドカウルのグラフィックが、フロントウィンカーの周りを取り囲んでいるように貼るので、ウィンカーを一回外さないといけないのですが、その為にパッセンジャーシート、シートカウル、シート、タンク下ガード、アッパーカウル内側を外して、やっとフロントウィンカーにたどり着きました...

Dscn0389

が、がんばって貼ります(震え声

Dscn0390

カッコイイですなR3!

リアのプリロードを抜いて(軽い女性なので)、少しだけフォークを突き出しして完成!

さ、次はKTMとハスクとハスクと...


がんばりマウス。

| コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »