« またまたすっかり御無沙汰しております... | トップページ | 7/23日光モタード耐久、7/31SUGOMINI+MOTO選手権! »

2016年7月 7日 (木)

気が付けば七夕です...

あっという間に7月です(もう1週間過ぎておりますが...

今月7/23(土曜日)、日光でモタード耐久があります(ダートなし)。

詳しくはコチラをご覧ください。
7/15着金までレイトフォー無しでエントリーできます。
出たい方、一緒にチームを組んだりして出ませんか?
ちなみにお昼過ぎには終わるので、早めにおうちに帰れますよw

ええと、その一週間前は琵琶湖でスーパーモトの全日本、モタード耐久の翌週はSUGOでMINI+MOTO選手権となっております(汗

ええ、ワタクシも出たいのですが、とても自分のマシンを作る時間がございません...

作業はこんな感じで進めておりました。
まずはKTM50MINIのクラッチ修理。
クラッチ板を交換しようとして、ネジを半分ほど舐めてしまったとの事。

Dscn0582

ネジロックが強いので、ヒートガン等で暖めてから緩めてください。

いきなりインパクトは、M6なんで必ず舐めます。

裏も表も舐めてるんで(共回りしてる)、しょうがなくフライスにセットして、頭を飛ばします。

Dscn0583

フリクションプレートはほぼ全滅でした。

Dscn0584

柱とハウジングは、あたりが強いので交換時期ですね。

Dscn0589

柱に埋まったネジは、今度は旋盤で中をもんで除去しました。

Dscn0585


クラッチ板を新品にして、皿ねじを新品にすれば大丈夫かなと思ったら、このプレートが割れてました。
Dscn0587

力を入れると...

Dscn0588

後日、部品が届いて完成。
柱は向きを変えて、ハウジングは軽く段付を取って組み上げました。
Dscn0634

お次はRMZ250とRMZ450用のラジアルブレーキマウントのカラーを製作。
何故か、なくされる方が多いので(危ないですよ、皆さん)...


Dscn0600

突っ切りで切りっ放しではなく、両面とも落として寸法を出しています。
なので、生爪を削ってくわえております。

アルマイト掛けて、ネジとワッシャーもつけて完成。

Dscn0608

両面削ってアルマイトなので、けっこう割高です(亡くさないで。

お次は昨年からオーバーホール予定だった'08 CRF450R。
エンジンは調子悪く無いので、足回りを中心にオーバーホール&仕様変更しました。

まずは現状把握の為にバラします。

Dscn0595

まず、ステムベアリングがダメ(上下とも)。

Dscn0593

リンク回りも、定番のショック下側のベアリングがダメ。


Dscn0612

チェーンスライダーとガイドも交換!

Dscn0614


Dscn0613

フロントフォークは加圧ダンパーのバネに錆が...


Dscn0601


チェーン引きのボルトも固着してました。


Dscn0632


まあ、大抵こんな感じなんで皆さんちゃんと定期的にオーバーホールしましょう!

まずはフロントフォークから!
加圧ダンパーをバラして錆び取り!
Dscn0605

防錆にマリルブリカント(vipro's)を塗って組み込みます。

車高も変更するので、旋盤で車高調整のカラーの変更とスプリングシートの溝切りを行います。

Dscn0603

フロントの車高を上げたので、リアもバランスを取る為に車高を上げます。

Dscn0607

リア周りも大丈夫なベアリング類は洗浄して、グリスアップし直しておきます。

Dscn0635

スイングアームはスラストベアリングもバラしてチェックします。

Dscn0627

リア周りを組み立てて、今度はフロント周りです。
ステムのベアリングを打ち替えて...

Dscn0636

ステダンもオーバーホールします。

Dscn0637

足回りを組み立てたら、今度はハンドガードをCYCRAに変更します。

仮組みをすると...

Dscn0639

全然位置が合いません(コレが普通です)。

プレスや万力に加えて曲げて行きます。

Dscn0646

穴位置がばっちり合うように、そして長穴の所は外側にネジ穴が来るようにします。

これは私の好みなのですが、長穴の部分でネジを内側にすると、長穴の部分は弱いので、曲がりやすくなるんです。

右側はカラーを作って、ラジアルブレーキマスターに干渉しないようにします。

Dscn0649

左右で高さをちゃんとそろえて...

Dscn0652

無理やりつけてると隙間が開きますが、隙間はありません(ちゃんと付いています)。

Dscn0651

スロットルグリップとハンドガードは、ちゃんと隙間を開けましょう(干渉すると危険です。

バルブクリアランスをチェックして...

Dscn0654

他にも細かい所を整備して、完成です!


Dscn0655

見た目は余り変わらないですけど、これで転んでもハンドガードを修正したりしないで走り続けられます。


お次はR3のリコール作業。

Dscn0621

クラッチのプレッシャープレートとオイルポンプ等の交換。
オイルも冷却水も抜かないといけません。
初回点検もかねているので、ある意味ラッキーかなw


Dscn0623


クラッチレバーに小細工して完成!
Dscn0625

次はWR250Rモタード仕様、フロントタイヤとハンドル、グリップ、ハンドガードの仕様変更とバルブクリアランスのチェックです。

正直、すぐ終わらせるつもりで始めたんですが、WR250Rってバルブ周り見るのけっこう大変なんですね(レーサー比

ハンドガードは現状こんな感じです...


Dscn0659
ネジ穴が、長穴の真ん中に...

Dscn0661

バーエンドがちゃんとハンドルの中に入っていないし、スロットルチューブよりもグリップのほうが長いし、ハンドガードと干渉しています(大変危険です!

ハンドルはノーマルの鉄ハンドルから、レンサルに変更。
ハンドガードはそのままで、クランプをZETAのUクランプに変更します。

ちなみに両者を比較すると...


Dscn0658

何も言うまい...

作りもちょっと雑でしょうか...


Dscn0663

まあ、これも全然合わないので(それが普通です


Dscn0672

どっちも全く合いません(ハンドルの曲がり(ベント)が数多くあるので、それに一種類の曲がりしかないハンドガードが、そのまま合うはずが無いんですよ。無理繰りつけている物は良く見ますけどね。)。


Dscn0673

細かく向きを合わせながら曲げていきます。
ちなみに、ZETAのハンドガードはCYCRAよりはるかに少ない力で曲がります。


Dscn0675


左右で高さをあわせて完成。

さて、バルブクリアランスでも見るかと思ってタンクを取ると...
Dscn0676

邪魔な物が多いというか、どこからヘッドカバーを抜くんだと思って調べます。

結局ラジエター外して、スロットルボディーをずらしてなんとかヘッドカバーを引きずり出しました。


Dscn0678


クリアランスは規定値で、しかも真ん中あたりでそろっていたので、カムを外す事はなく済みました。

そう、テンショナーを外すのに、エキパイ、サイレンサー、セルを外さないと触れないんです。

というわけですぐ終わるはずだったWRにけっこう時間を費やしてしまったのですが、次の'13 TE250Rもずいぶん前から梅雨になったら整備してといわれた車両だったので、すぐに取り掛かります(何も無いといいなぁ...

まずはバルブクリアランスのチェック。
ラジアルカムなので、現在走行6500km(街乗りのみ)、どんな状態なのか興味はあります。

Dscn0685

カムはあたりがやっぱりきついですね。
Hirokoのオイルでコレなので、他の安いオイルは絶対止めたほうがいいでしょう。

Dscn0689

まー、相手がDLC掛かってますからねーしょうがないんでしょうが...


Dscn0686

ハスクマークは入ってるのはかっこいいんですけどねw

モタゴッコで預かったTE125の見積もまだだし、KLX125の仕様変更とRMZ450(琵琶湖で使う)のも...

が、がんばりマウス...


« またまたすっかり御無沙汰しております... | トップページ | 7/23日光モタード耐久、7/31SUGOMINI+MOTO選手権! »

コメント

スロットルチューブよりもグリップのほうが長くてハンドガードと干渉している場合ってやっぱグリップを短くカットするしかないんですかね?

投稿: さぼてん | 2016年7月 7日 (木) 21時50分

それでは、他にどのような対策がありますでしょうか?
基本的に、安全かそうでないかで作業をしております。

投稿: OPB | 2016年7月 7日 (木) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149303/63882480

この記事へのトラックバック一覧です: 気が付けば七夕です...:

« またまたすっかり御無沙汰しております... | トップページ | 7/23日光モタード耐久、7/31SUGOMINI+MOTO選手権! »