« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月17日 (月)

今日はSMJとMOTO-GP!

名阪でIKKIがピンピン(両ヒート優勝)だったり、茂木ではマルケスがチャンピオン決めちゃったりしましたが、私はお店でお仕事です。
先週日光のレースに参加したので、休みはありません(いっつもないんですがw

まずは告知です。
10/22エビスサーキトでモタデューロがあります。
このあいだエビスサーキットさんのFacebookで、今の所エントリーが2台だけで、このままだと開催できませんとなっておりました。
たぶん、まだ受付してくれると思うので、思いっきり走りたい方いかがでしょうか?

お申込みはコチラから!

そしてその翌週10/30は、SUGOでモタゴッコが行われます(スケジュール決めたときは、まだエビスさんの日程が出ていなかったんですよ...)。

00034_main

事前エントリーは締め切りになりましたが
早割りエントリー(お得)は10/20までです、当日エントリーはまだ出来ます(これからでもエントリーすれば、エントリー代金はちょっと高いですが、入場料がタダになるので、当日エントリーよりはお得ですよ)。

今回は午前中Mパーク(駐車場)での練習と、午後からは西コースでの走行と、一番人気のバージョンです。

お申込みはコチラからお願いいたします。
今回、全日本SMJと日程がかぶってしまい(熊本HSRでの開催が、春の震災でずれ込みました)、講師はいつもの森田一輝、千葉智は来られませんが、私と大場和樹、呉宏一3名で行う予定です。

で、ちなみにその前の10/23は全日本MX最終戦が、同じくSUGOで行われます。
今回、熱田孝高選手、田中教世選手、北居良樹選手が引退を表明してまして、ちょっと行こうかなと思っております。
しかし、ファクトリーで引退って、ある意味幸せですよね...
昔の杉尾さんの時みたいに、勝ってくれないかなぁ...


さて、前回のblogからの続きを...

日光サーキットのモタード耐久に急遽出る事になったので、参加車両の整備をしまして(画像無し)、ちょっと問題もあったんですけど、レース前には無事に解決。
11204023_651441241686643_5327939327
マシンオーナーの鎌田さん。


当日は結局レインコンディションで、知り合いからもらった結構減ったレインタイヤで走行。
ところが、その割には結構グリップが良くて、途中から雨が止んだのもあって無駄にパワースライドしてたら、すっかりレインがスリックになってしまいました。
でも、BSのレインタイヤって、こういうときでも良いんですね、ちょっとびっくりしました。


14666327_651440005020100_2462394136

GTオートの菅井さん。


14713544_651437958353638_8854936860

そして私!
雨のおかげで、体力は持ってある意味助かりました。

私のマシンを買っていただいたお客様も参加!

14708170_651440748353359_4461040476

レース終わって、MOTOSHOP TOYZのみんなと記念撮影!

14642282_651442521686515_5119980147

日光はダートが無くって、ロードコースのみですから、ロード系の方が最初参加するのにいいと思います。

逆にダート多いのがエビスのモタデューロで、こちらはMX系の方がデビューするのにいいかもしれません(といっても難しいダートは無いですよ!)。

タイヤはこんな感じに...

1476626455705


1476626691449

最後の最後にヘッドが抜けたようで、冷却水がキャッチタンクに溜まってました...


1476626705374

壊れなくて良かった、ある意味運が良いですね!

で、レースの日にタイヤ交換しようと思って、現地でコンプレッサーのスイッチ入れたら、タンクにエアーが溜まらずずっとポンプが回ってる...

戻ってきてチェックすると、圧力スイッチ回りが怪しいので、バラスとダイヤフラムに穴が開いてました...

1476626365134

で、結局ダイヤフラム単品を探せず、圧力スイッチ回りASSYで買いましたが、2千円しないという...

すぐ治りましたが、使いたいときに使えないと意味が無いので、ちゃんとしないと!

で、このマシンオーナーが発電機を購入。


Dscn1105

コーシンの発電機で、DAYTONAが代理店になっています。
16Aで12万円しないインバーター発電機、安いです!


Dscn1106

オイルが入らない状態で納品されるので、Hirokoのオイルを入れておきました。

さて、お次はCRF150RⅡの前後サスペンションをダートラ仕様にします。
まずはリアから。

1476626431748

オーバーホールも兼ねているので、消耗品も全部替えて車高の変更とシムの変更。
それとバネレートの変更で社外のばねを使うので、車高を下げた分バネがはまらなくなるので、バネのスペースを確保したり、スプリングシートを製作します。

Dscn1102

ノーマルのスプリングシートの中を削って下側に使います。


Dscn1103

お次はフロントです。
80mm下げるのですが、ロッドの全長を規制するのですが、バネスペースがなくなるので、バネをカットして整えます。

Dscn1097

全長規制のカラーは樹脂からの削りだしですが、伸び側のオイルの通路が途中にあるので、内径のザグリを入れたり、万が一ずれてもオイルロックしないように加工します。

Dscn1098

他にもプリロードを掛ける為のカラーを製作して、これで作りものは完成。
ダンパー部のカシメをとって、シムの変更を行います。

Dscn1100


Dscn1101

実はツインチャンバー(現行モトクロッサー)よりも手間が掛かります...


Dscn1104

やっと完成!
でも、これはやっとスタートというところでしょう。

お次はDトラハブにハスクの4.25リムの組み込みです。
外車はスポークの貼り方が逆なので、特注のスポークを作って組み上げます。

で、今回話を聞いてて、お客様が持ってきたハブとリムは塗装されていました...

Dscn1107

剥げてもいいですとか言われましても、やはり気を使います。
そして、リムは結構歪んでいて、振れを取るのにばっちり2時間弱掛かりました...

Dscn1111

ニップル穴も塗装されているので、トルクがちゃんと掛かるのか心配です。

頼んでいたbremboのラジアルキャリパーも入庫!

Dscn1108

箱が変わりましたね。


Dscn1110


お次はこのあいだまで預かっていた、DUCATIのストリートファイター。
バネレートの変更をすることになったので、再度お預り。

で、OHLINSのフロントフォークのトップキャップを緩める工具を作ります(買えよ。

なんでかというと、ちょうど良い材料とノックピンが在庫であったからです。

Dscn1112

旋盤で削って、フライスに割り出しをセットして、ノックピン穴を開けて...

ソケットをはめる為の六角を削って...


Dscn1114

完成!

で、実際にあてて見て...

Dscn1117


よし、大丈夫!
Dscn1118

さ、今週もがんばりマウス!

続きを読む "今日はSMJとMOTO-GP!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

モタゴッコエントリー開始!

00034_main


10/30(日)SUGOで行われるモタゴッコのエントリーが始まりました!

エントリーはコチラからお願いいたします!

それと、今週末10/8(土曜日)は日光でモタード耐久に参加するために、お休みとさせていただきます。

それとよく言われるのですが「大森さんのところは、修理だけなんですよね?」ってよく言われるんですが、車両も売ります。

というか買ってください(切実

現在在庫として、'04 HusqnarnaSM450R、'06 SM250R、'06 DRZ400SM売れました!、委託車両で11月入荷予定'15 YZ250F。
何で画像を上げないかといいますと、全てこれから仕上げをする車両で、バラバラなのも多いからなんです(やる時間が無くて... 売れればすぐてを付けられるんですが...)。
新車も引っ張れる物は、なんでもやりますのでお声掛けください。

いや、このあいだ古い知り合いに久しぶりに電話して、「大森君の所は儲かってるんだよね?」みたいに言われてびっくりしました(儲かるどころか、生きていくのがギリギリすぎるレベルです)。
車両も売ります、宜しくお願いいたします。

さてまずは'17 RMZ450の続きです。
溶接作業でスイングアームを加工したので、そのまま溶接作業でオイルキャッチタンクを作ります。

Dscn1005

毎度の事ですが、材料を切り出して...


Dscn1006

溶接して完成。
今年はRMZ450用を、4個も作る珍しい年です。

次はリア周りをバラしていたので、リアショックをバラしてモタードように車高の変更とシムの選定を行います。


Dscn1008

ピストンリング部にXリングが使われていたり、シムの内径がφ16だったりと、スズキだけいろいろと違います。

まあ、バラス前に全屈させたら伸びてこない、素敵なショックでしたけど...


Dscn1011

新品なので消耗品の交換は無しですが、一回全部バラしてチェックします。


Dscn1012

バネレートも変更して、とりあえずのセットで完成。

リンクやスイングアームピボット部をグリスアップして、シャフトにはグリスじゃなくマリンルブリカントを塗って組み込みます。

Dscn1013

お次はフロントフォークです。

バラスと...

Dscn1015

新品...


Dscn1029
ロッドに傷有り。
これはもうロッドを修正した後なんですが、横に並べてるのがシールヘッドで、この傷はシールヘッド内なんです。
つまり組む前か、組んだときに...

後はお約束の伸び調整部のOリング切れ...


Dscn1023

このOリングは単品で出ません。


Dscn1025

インナーチューブの中も汚いなぁと思ってこすってみると...

Dscn1030

画像だと茶色いですが、赤いんですよ...
まあ、何かは察してください。

曲がりも測定しておきます。

Dscn1032

規定値内ですね(キッパリ

新品でもバラした方がいいんですよ。

さて、このタイプのシムをいじるのは初めてなので、また工具を作る事に...

Dscn1033

バラして...

Dscn1034

エアサスのカートリッジと通常のシール全部をSKF製にして、なんとか普通の動きになりました。

フロントだけで丸一日です。

フロントのブレーキ周りの部品、まずはQTMのサポートなんですが、タップでさらいます。

Dscn1036

いっつもなんですが、この部分はいまいちなんです。

Bremboのラジアルブレーキマスターなんですが、今回はウチのお勧めでロングレバーをショート加工することに。

Dscn1045

バラして...

Dscn1046

カットして溶接、整形して、この後簡単に塗装しました。

ハンドガードも毎回の事ですが、整形してカラーを作り組み立てます。


Dscn1069

ブレーキホースも作って、ちゃんと固定します。

Dscn1075

指差している部分をカットしてしまう方がいらっしゃいますが、絶対にダメです。
これは、サスが縮んでホースの頂点がこの部分より上に来たときに、ゼッケンに引っかからないように付いています。
だからコレを取ると、ジャンプの着地でサスが縮んだ時にブレーキホース引っかかって、最悪はバンジョーが緩んでブレーキが効かなくなります。

ブレーキホースの取り回しが悪いのも危険です。
街乗りでライトカウルをゼッケン化してる方で、この辺をちゃんとしてる方を見たことがありません。
大変危険です。

お次は冷却水のキャッチタンクをつけようかと、エンジン左前側のガードのネジを緩めようかと思うと、異様に硬い...

Dscn1050

これ、ネジが真っ直ぐこっちに向いていないとだめなんです(画像では前方向に向いています)。
まあ、斜めに無理やりねじ込まれてました、新車なのに...
この部分、ナッターなので、ヘリサートも入れられませんし、抜く際はフレームを切って他の場所からナッターの破片を除去しないといけないんです。
しかもこのネジ、オイル交換の際に毎回緩めないといけません。

なんとか修正しましたが...


Dscn1072


で、本来の目的、キャッチタンクを取り付け。

シリンダー後ろ側には、オイルキャッチタンクも取り付けます。


次はスーターのスリッパークラッチを取り付け。


Dscn1051

今回もバラしてトルクチェックしてから...


Dscn1053

取り付けました(証拠画像)。

お次はサイレンサーを外に出します。
ただサイレンサーにカラーをつけても、無理に出すとエキパイが割れたりするので、ステーから加工します。

Dscn1061

中間のステー座面を削りこんで、ギリギリまで外に出します。

それで、サイレンサー後端ステーにカラーを削りだして外に出します。
で、そうするとサイドゼッケンがサイレンサーと当たって取付できないので、ゼッケンのネジ穴部に潜り込みのカラー(脱落防止)を作って取り付けます。

Dscn1062

ネジも長い物に替えて、ワッシャも削りだして作ります。

Dscn1063

これで干渉せず外に出せました。

Dscn1064

タイヤもよけています。

Dscn1065

あ、ついでにスイングアームとタイヤのクリアランスも...


Dscn1071

他にも細かい所をいろいろとやっていますが、かいつまんでもコレだけやら無いと、現場でトラブルが出てしまいます。


Dscn1076

グラフィックは全部貼ってない(お客様に貼ってもらいます)ですが、ウチの担当は完成!

スズキは外車です。


お次はFS450。
フロントだけマルケジーニを履いていたのですが、今回リアも買っていただきました。
そして、リアホイールの脱着が非常にやりづらいので、今回それも見直すことに...

ブレーキのガイドを削って...

Dscn1083

キャリパーを保持しておく物を、番線で作って...

Dscn1082

切って曲げただけなんですけど、コレが有ると無いのとでは全然違うんですよ!

あと、転倒した際にアクスルの端が削れて、ナット(アルミ製)のねじ山がやられるので、スライダーを作る事にしました。

ジュラコンから削りだして...

Dscn1079

シャフトに圧入!


Dscn1080

アクスルブロックに付いている物は、個人的にタイヤ交換の際に邪魔であんまり好きじゃないので、ちょっとロードっぽく作りました。

で、この後三角スタンドを刺そうとして気が付く...

穴無いじゃん!

あわてて三角スタンド用の穴を開けました。


Dscn1084

チェーンもDIDの520VT2に交換して、完成!

Dscn1085

ホイール前後ともマルケジーニになって、カッコイイ!

お次は同じオーナーでSM450Rのインマニ交換。
乗ろうと思ってエンジン掛けたら、アイドリングが安定しないし、アクセル開けるとパンパン言うとの事。

持ってきてもらって、エンジン掛けてインマニに潤滑剤をスプレーしたら、ばっちり回転があがりました!

バラして...

Dscn1088

こんなにダメになってる奴は、初めて見ました。


Dscn1086

パックリ!


Dscn1087

ゴムが剥がれて、ビロビロになってます。


Dscn1089

インマニの向きがおかしいので(新品でも良い位置に付かないというイタリアンクオリティ...)、落ち着かせるのに時間が掛かります。

最後にDucatiストリートファイター、タイヤ交換と言う事で、このために買ってある55mmのコマを使ってリアのナットを回して...

廻らない...

で、がんばって回して外して、タイヤ交換してバランスを取るかと思って良く考えると、前回どうやったんだっけ?

で、なんかあったもので(円錐状の奴がその時はあった)やっていたようで、今回それが無いので、しょうがなく削りだして作りました。

Dscn1090

左右で寸法違うのね。

Dscn1044


無事にバランスが取れました。

今週もがんばりますので、皆様バイク買ってくださいね(切実

続きを読む "モタゴッコエントリー開始!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »