« 年末年始の営業予定 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2016年12月29日 (木)

年末の御挨拶

本年も御愛顧いただきまして、ありがとうございました。
明日12/29~1/3までお休みとさせていただきます。

数年前より年賀状も廃止いたしておりますので、年始の御挨拶はまたこのblogで改めてさせていただきます。

さて、最終日ですが普通にお仕事です。

まずはフレームを塗装したTE450R、塗りあがってきたフレームのネジ穴をタップでさらって、ハンドルロックの鍵穴をしつこく洗浄します。

そしてまずやる事は、取り付けパーツの洗浄です。
このマシン、正しくオフロードを走っていたので、全ての隙間という隙間、ありとあらゆる所に泥がびっしりと付いていまして、洗浄するのに実は丸一日掛かりました...

インジェクションなのでハーネスはコネクター多めで、接続部がジャリジャリしてるとトラブルの元なので、全部外してきれいにします。
Dscn1396


実際はもっと汚いです...

Dscn1399

これだけで3時間くらい掛かりました...

レギュレーターやカバーやカバー、ECUなんかも全部泥を綺麗に落とします。

Dscn1397

スロットルボディもこんな感じでした...


Dscn1403


Dscn1404

水やゴミが入らないようにして、丁寧に洗浄します。


Dscn1409


Dscn1408

ラジエターも曲がりがあるので修正していきます(前回少し治したのですが、今回ラジエターを外したので、曲がりは大体治しました)。


Dscn1411

フレームに部品を付けていきます。


Dscn1400

ストッパーボルトが、左右とも曲がった上に錆びていたので新品に交換します。

ステムのベアリングを打ち変えて...


Dscn1401

クーラントのリザーバータンクも、漏れていたので交換して...

Dscn1402

フロント周りを組み立てて、スタンドに上げて細かいパーツを付けた後、エンジンを載せてリア周りを取り付け、その後電装関係を取り付けていきますが、いっぺんにつけるとなると位置関係や取り付けの悪さが(イタリアン故に...)、一歩進んで3歩下がる感じで進んでいきました...


Dscn1414

スロットルワイヤーの動きの悪さに、途中ものすごく格闘したり、他にもハーネスの取り回しをいろいろと何度もやり直して...

Dscn1416

やっと完成しました。


Dscn1419

錆びてぼこぼこだった下回りも、フレームの修正と塗装、新品のアンダーガードでかなり綺麗になりました。

Dscn1421

ふう...


お次はカラーズに頼んでいたヘルメットが塗りあがってきました。

今回は帽体の色は黒そのままで、キャラクターを書いて欲しいとの事で(普通よりもお安くなりますよ!)、某青虫を書いてもらいました。


Dscn1422

顔の部分、ディフューザーに掛かってしまうため、外しても(または透明のパーツに変えても)大丈夫なようにちゃんと書いてあります。


Dscn1424
しかしコンデジで撮ると、あいかわらず良さがまったく伝わりません...


そんなカラーズさんの新聞に載せていただきました!


Dscn1442

カラーズはペイント以外にも輸入雑貨、小物、服屋さんといろんな店舗を展開しております。


Dscn1443

年末年始は、お得な商品がいっぱいです(福袋ももちろんありますよ!)!
詳しくはカラーズさんのHPへ!(クリックするとカラーズのHPに飛びます)。

お次はずっと預かっている]'07 YZ250Fを進めます。
まずはフロントホイールのベアリング交換。
ヤマハはノンシールのベアリングが純正なので、今回はシール付きの物を取り寄せました。

Dscn1425

軽くスポークを締めるかとチェックして見ると、かなりゆるい状態でした(セッティングできないくらい)。


Dscn1426

で、空気が少しづつ抜けるので、チューブも新品にしようかと、今まで使っていたチューブを見ると、なんとパッチが2箇所も...


Dscn1427

チューブは安いので、ケチらずに新品にしましょう。

次はフロントフォークをばらしますが、これがまた問題多数でした...
やたらダンパーのノッチ位置が、柔らかい方向だなと思ったら、オイルはすっかりゼリーになってました...

しかもインナーロッドがハズレなのか、途中からカシマコートのかかりが違っていて、動きも全然違う上に片方はインナーロッドがちゃんと伸びてきませんでした...


Dscn1431

シールがもれている方のインナーチューブには、飛び石で出来たような傷が2箇所。

Dscn1429

シールだけ変えても、修正しないと即漏れます。

加圧ダンパー部も錆が多め...


Dscn1433

シムの回りも変な色に...


Dscn1432

まずは錆びの除去です(本当は加圧ダンパーを交換したいのですが...)。

Dscn1434

ケミカルとブラシで錆を落としました。
結構深くて、3回ほど繰り返し作業。
Dscn1439

加圧ダンパー部のロッドも、ずっとオイル交換していなかったせいで、カスが付着して変色していました。

Dscn1436


インナーチューブも研磨して、右側のアクスルシャフトが入る部分が、シャフトを入れる際に叩いて入れていたようで、変形が凄くて、コレに合うロッドを削って、ペーパーを巻いて研磨しました。
Dscn1437


シャフトも強引に使っていたようで、アルミのかけらが何箇所も圧延されています(寸法変わるのでNGです)。
Dscn1438

他にもいろいろと修正して、なんとか組める状態になったので、シールやOリングを交換して組んでいきます。
パーツがホンダの部品なのは、安いからです。

Dscn1440

やっと完成。


Dscn1441

通常のオーバーホールの1.8倍ほどボリュームがありました。

もっとまめにオーバーホールしないと、楽しく乗れないばかりか、部品交換ばかり増えます。
ツインチャンバーのフロントフォークは、部品点数も多いですが、オーバーホールしないと性能低下が激しいし壊れるイメージです。

さて、休み中も少し進めますが、本年土中はココまでです。

皆様、来年も宜しくお願いいたします。

整備のお仕事もうれしいですが、できればバイクもウチから買っていただけるとうれしいです。
がんばりますので、宜しくお願いいたします。


それでは皆様、良いお年を。

GARAGE OPB 大森 裕記

ずっと改良され続けて、いまだに使われているSU-22 フィッター!

カタチといい、主翼のギミックといい、まさにザ・ソ連って感じで好きです。


超絶技巧みたいなのに良く出てくる、YESに出たり入ったりのキーボードRick Wakeman's!

もう自動演s(ry

後ろ髪長い...


コレで生きていけるとは!

めんこいw


« 年末年始の営業予定 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149303/64688719

この記事へのトラックバック一覧です: 年末の御挨拶:

« 年末年始の営業予定 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »