« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月28日 (土)

お久しぶりでございます...

すっかり御無沙汰してしまいました...

モタゴッコが終わり、季節もすっかり秋です。

雨ばっかりですが...

作業した物を時系列な感じで御紹介です。

まずはレーサーのCRFのブレーキホースやライトカウルの交換、加工を行いました。
Imag1909

現状、付いている物が、ブレーキホースの通り道に邪魔な物があったり、ストロークした際に色々と危険なので、改修しました。

ブレーキホースも短かったのと、通り道を迂回する為にバンジョーの形状を変更。

ライトカウルの変更して、ブレーキホースガイドに良い物が無かったので、ワンオフで製作します。

Imag1912

いつもそうですが、図面が出来るまでが時間が掛かります。


Imag1914

ライトカウルのステーも、付属品ではいまいち合わないので、長い物を短くして取り付けます。

Imag1910

全部取り付けて、干渉を確認。
Imag1916

うまくいきました。
これでジャンプを飛んでも問題ありません。
ただ、このマシンかなりお疲れで、他にもいろいろとありましたが、そこはオーナー次第なので、私の担当はおしまいです。

お次は、CRF150Rのクラッチレバー、もう少し近くなりませんかと相談されましたので、CRF450Rとかについている調整ボルトを取り付けました。


Imag1919

これで、手の小さい方も握りやすくなります。

お次はDトラッカー、始動不良とのことでお預りしましたが、聞きましたら中古のFCRをそのまま取り付けていたとの事で、2次エアーを吸っているかもしれないので、インマニを変えて欲しいと言われました。

ですが、なんとかエンジンをかけて、インマニあたりに潤滑剤をかけても回転数に変化が無いので、一通りチェックしました。

エアクリーナーエレメントは社外品でしたが、外して見ても変化は無いので、次はプラグを見て圧縮を計ります。

プラグは締め付けがゆるく、端子部分もゆるかったのですが、この辺は多少こうなっていてもエンジンは掛かるので、圧縮を計ってみますが、コレも規定値内。

ということで、満を持してFCRを外します。


Imag1923
加速ポンプ回りから、液体がスケットがはみ出ております...

Imag1924

案の定、スロー系が詰まっておりましたが、それ以上にスロットルバルブが高い位置に設定されていたり、エアージェットがやたら開いているのが、気になりました。

全部洗浄して、Oリング類を新品に交換。
エンジンはあっけなく掛かりましたが、ものすごく高い回転数でアイドリングしております...

そう、スロー系がある程度詰まっていた状態で、アイドリングを設定していたんですね。
スロットルバルブの高さを変更し、エアーやスロー、パイロットを調節して、良い塩梅になりました。


Imag1934

次はマルケジーニのホイールカラーの製作です。

KTM450SMR→KTM690SMCへの変更です。

寸法を取って、丸棒から削っていきます。

Imag1925

ベアリングに潜り込みの部分が、なかなかの薄さです。
Imag1926

アルマイトをかけて完成。

Imag1929

お次はWR250Xにスリッパークラッチの取り付けです。


Imag1937

今回も、エンブレが一番強くなる設定で組み込みました。

実はモタゴッコのときに、スーターのスリッパークラッチを取り付けた車両を乗らせてもらったんです(以前私が取り付けた車両です)。
で、その際にいつもウチで整備しているWR250Rも乗らせてもらったんですが、乗りやすさがあまりにも違ってびっくりしました。
WR250Xって、意外とピックアップが悪くて、進入時に強いブレーキングとシフトダウンを同時に行った際に、ブリッピング(アクセルをあおって回転をあわせる)に時間が掛かるんです。
レーサーの250ccのつもりでやると、大抵ブリッピングがあってなくて、リアが滑ったり、挙動が乱れるんですが、スリッパーが入っていると、そういう挙動は全然でなくて、進入時の鋭く簡単に突っ込めます。

ちょっとびっくりしました。
正直、250CCだと特にスリッパー無くても良いと思っていたんですが、市販車はあった方がものすごく乗りやすくなりますね。

というわけで取り付けですw
走行距離も伸びているので、今回はクラッチ板周りは全て新品を入れました。

Imag1939

まあ、でもコースを走らないのであれば、フルエキとサブコン入れたほうが良いですけどね。


お次は'06 SM450Rの前後サスオーバーホール。
以前私が乗っていた車両で、仕様変更は数知れずやったのですが、あまりシール類は交換していなかったんですが、今回フォークの圧側調整部分から、オイルがダラダラと垂れてきたとの事で、急遽全部やる事になりました。


Imag1927

調整ネジが一番奥になっているのは、そうしないとオイルが垂れてくるからです...

で、普通ならこの部品assy交換して終わりなんですが(調整部のOリングは部品設定が無い。国産も普通は無いです)、国産ならこの部品ASSYで1個2~3000円なんですが、なんとコレ1個2万円。

左右で4万円。

ということで、非分解のをばらして、Oリングを交換します。


Imag1928


そんなに難しい構造では無いので、それは良いのですが、Oリングを探すのに時間が掛かります。

Imag1941

SKFのオイルシールを入れて、プリロードを追加で掛けて組みなおしました。

お次はリアです。

Imag1959
ガス圧はちゃんとしてましたね。

この頃のザックスは、ボトム部分を切り離してロッド単体にしないとシール交換が出来ません。


Imag1960

細かいOリングが多いんです...


Imag1962

今回はブッシュもちゃんとオーバーホールキットに入っていました。


Imag1967

ダンロップのスリックを試すそうなので、うまくいくと良いなぁ...


で、実はこのSMRをやっている間に、'16 RMZ450の前後サスの仕様変更をやっておりました。
フロントのSFF-AIRがやはりいまいちなので、'13 RMZ450用のSFFをモタード用にモディファイして遣うことにして、リアは3mm車高を下げていた物を、ノーマル車高に変更しました。


Imag1948

時間が無くて、久々徹夜しました。

リアもバラして...

Imag1950

ほぼ1年前に組んだので、このぐらいなら普通ですね。

車高の変更は、シールヘッドの位置を変えて行ってます。
で、ノーマル車高用のカラーを削りだします。

Imag1951

以前3mm下げていた時とは、カラーの寸法が違います(その方が加工が少なくて、コストがかからないので)。


Imag1952

消耗品を変えて完成です。


Imag1954

ショックを取り付けて、シートをつけようと思ったら、うまくはまりません。
どうもシート真ん中の爪がはまっていない状態で使っていたようで、変形してしまってうまくはまらなくなっていました。

Imag1955

ヒートガンで炙って、爪の形を元に戻しました。
ちゃんと付いていないと、ふとした拍子にシートちぎれて外れますよ(過去に何度も見たことあります)。

それと、X-TRIGのステムが付いているのですが、オフセットが減っているのでブレーキホースガイドも奥に移動してしまい、ブレーキホースに負荷が掛かってしまいます。

ホースガイドを前に出すカラーを削って作ります。

Imag1956

ステム側もホースガイド側も、ザグリを作っておかないと、ホースガイドが回転してしますので、絶対にダメなんです。

Imag1957

お次はCRF450Rの前後サスオーバーホールと仕様変更です。
他店でもうモディファイされているのですが、いまいち合わないとの事で変更する事になりました。

ガス圧はちょっと低いです。


Imag1971

車高は6mmショートでオーリンズのカラーで下げてありました。

Imag1972
ナットのねじ山の係りが甘くて、ちょっと怖いですが、まあ普通な仕様でほっとしました。

Imag1974

スプリングシートの溝切りが角度がゆるくて、力が掛かってバリが出来ていました。

Imag1973

どこも壊れてはいなかったので、普通にオーバーホール、仕様変更が出来そうです。

最後はWR250Rの細かい作業を。
モタゴッコで乗らせてもらった際に、リアが低くて(アクセルを開けた際に)曲げづらかったので、このマシンが買ったときから入っていた車高が下がるリンクを止めて、ノーマルのリンクに変更する事になりました。

Imag1976

車高も調整して、今度からはこれでもっと良くフロントタイヤが使えることでしょう。

DELTAのフルエキが入っていたのですが、どうも中間のトルクが無いので、まずはバッフルの交換。


Imag1975

上から下に変更しました。
ダイブ良くなりました。

で、さらに今後の為にパワーコマンダーも入れる事に。

Imag1978

とりあえずよさげなマップを入れて、これでも今よりは全然良いでしょう。

セットアップはもう少しお金を貯めてからと言う事になりました。

ふう、次は貯めないで更新します。

ザ・月末!

がんばりマウス!

続きを読む "お久しぶりでございます..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

モタゴッコお疲れ様でした!

今回のモタゴッコ、本当に天気が良くて、久々思いっきり日焼けしてしまいました。

皆様、お腹いっぱい走れたようで「いやぁ楽しかった! もう足が上がらないですよ」と結構多くの方から話しかけられました。

_mg_4634


午前中はMパークにて、8の字やオーバルが出来る走行レーン(パイロン2本立てただけですが)を6本作り、一番下側には、3~4速からスライドできるような変形オーバルを一個作りました。

午前中2回、1回目は初級的なスクール(20分くらい。楽に乗れるようになる練習方法など)、2回目はスライドスクールをやりました。

_mg_3981


_mg_4522

今回は80~150のミニモトクロッサーが結構いらっしゃいましたね。

女性の方や、もちろん自分でやりたい事がある上級者の方も。

_mg_3673
STRANGEのtacちゃんもアドベンチャーモデルで遊んでいました。

_mg_4484

21インチでももちろん遊べますよ!

_mg_4740

午後からは西コースに移動して、コース走行です。

西コース走行の際は、初級、中級、上級とクラス分けを行います。
それと、走行前のミーティングでは、コースイン、コースアウトの仕方、旗の説明、実際にコースを歩いて見て、どこを通るのかとか、今回は千葉選手と森田選手とで、「コレをやっちゃ絶対にダメ」という走りながらのやらせ寸劇を見てもらったり、転倒した際の対処方法などを説明してから、走行になります。

また、走行1本目のときは、インストラクター先導でコースイン、コースアウトの練習をしていただきます。
他のコースに行っても大丈夫なように、安全にコースを走る為に必要な事も覚える事が出来ます。


_mg_6460

今回は晴れたので、ジャンプ台を設置していただきました。


_mg_6480

そしていつも参加してくれる方が、今回はいっぱい撮影してくれました。

モタゴッコMパーク編

モタゴッコ西コース初級クラス

モタゴッコ西コース中級クラス

モタゴッコ西コース上級クラス

そして同日スポーツランドSUGOではSUGO選手権(ロードレース)も行われていたんですが、その画像をあるんです。
SUGO選手権の画像はコチラ

Iseさんありがとうございます!

そして、SUGOでよく写真を撮ってたり、差し入れをしてくださる「sakuramama」さんもblogでモタゴッコを取り上げて画像を撮ってくれました。

O0480064114044364308

sakuramamaさんのblogはコチラです。

次回モタゴッコは11/23(木曜日祝日)一日西コースです!

お待ちしておりマース!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

10/8(日)はモタゴッコの為に、店は休みとなります。

このblogを書いていましたら、久しぶりに緊急地震警報が鳴ってびっくりしました。
昨日も地震がありましたし、みなさん備えはしておきましょう。


当日エントリーされる方、受付は西コースになります!(受付時間8:30~9:20)←SUGOさんのタイムスケジュールだと8:45となってますが、間違いです!。第2ゲートよりお入りください。ゲートオープンは7:30予定。入場料は1030円になります。)

07

当日のタイムスケジュールは、コチラをご覧ください。PDFファイルが開きます。

当日は、大森 裕記、森田 一輝、千葉 智、の3名がインストラクターとして参加させていただきます。
天気も良さそうですし、楽しく練習しましょう!

で、普段のお仕事ですが、細かく色々と...

エキパイのわれを補修したり...


Imag1864

開先を入れて溶接、削って仕上げです。

Imag1866

まあ、構造上またクラックが入りそうですが...

次はラヂエターの修正。
と言っても曲がってるのは気にしてなくて、配管がつぶれて曲がっているのだけ直してといわれました、千葉さんにw


Imag1867

画像だとそうでもないんですが、かなり捩れて曲がっています。

で、配管が...

Imag1868

横から見ると、半分近くまでつぶれていますし、上のへこみも画像で見るよりもがっつり凹んでおります。


Imag1869

いろいろとやって直しました。

Imag1871

こうしないと流量が稼げませんから、ラヂエターを効率よく使えてない事になりますからね。
ついでに捩れも直しておきました(そのまま渡すのは無理!)。

WR250Rに履いているホイールを、チューブレス加工しました。
Imag1873

テクニクスさんのホイールキットなんですが、ニップルが超絶飛び出しているのと、リムの形状に合わせてチューブレスのテープの幅が狭く、難易度はかなり高めです。


Imag1878

かなりドキドキです、テープをもう少し幅広にしてくれるといいんですが...
後から漏れそうで、あまりやりたくない加工です。

お次はKTM50SXのクラッチチェック。

Imag1885

寒かったんで、ストーブ出して、上に乗っけてネジロックを柔らかくして緩めました。


Imag1886

クラッチ版は良好だったんですが、ハウジングのアタリが強かったので、バネと一緒に交換します。

お次はL0 RMZ450のサスペンションのオーバーホールと仕様変更。
フロントは下がっているので、何かしら加工がしてある様子。
バラしてみると...

Imag1874

水道管パイプで車高が下げてありました。
まあ、これも別に悪くは無いんですが、内径がシャフトと合ってないのと、端面が斜めなので、左右で差が有りました。

スプリングシートは、4速だった頃のパイプ状の物に変更してあって(旋盤加工しなくても車高が下げられます)、オイルロックピースは外してありました。

Imag1875

この頃のRMZ450はバネレートが高く、片方だけやわらかいスプリングが入れてありました。

ロードレースやってる方は、オイルロックピース外したがるんですが、モタードマシンでは外しても無意味です。
ロードのフォークで、全ストロークが150mm程度のもので、底付きする前に止まってしまう感じが出るのなら、外すのは正解なんでしょうが、モタードマシンでストロークが250mm以上残ってるのに、オイルロックピースが作用するのは230mmぐらい沈んだ所(例えばですよ)ですから、全く関係ありません。

ええ、そんな訳で部品が足りないので、手持ちの部品を探して作業しました...

ただ、ロッドに傷が多かったり、ボトムの伸び側ダンパーの六角面がつぶれまくっているのは、良くありませんねぇ。

Imag1881

スプリングシートは、CRF用のがあったので、それに変更して、プリロードを計算して(カラーも作り直して)、スプリングシート調整の溝を2.5mm刻みで作っていきます。

Imag1882

ダンパー部もバラしてチェックします。

Imag1883

オイルを長い事変えていなかった様で、部品に汚れが堆積して取れなくなってたりしたので、これも手持ちの部品と交換しました。

Imag1884

緑青みたいに緑色になってます。
なんなんだろう...

なかなか苦労しまして、フロントフォークは終わり、次はリアショックです。

これが、以前触った時とは違うリアショックが付いていました。
ほぼ新品で、でも年式不明(ウチにはけっこうRMZ450のデータはあるんですが、どれでも無かったです)。


Imag1892

まあ、シールやピストンリングはおかげでそのまま使えましたが、Oリングやブラダは交換しました。


Imag1893

バネも交換して、リアショックは完成。

bremboのラジアルブレーキマスターも修理。
良く転倒した車両で、レバーが開いちゃうのがありますよね。

Imag1895

これはプッシュロッドを止めているカラーが割れているので、補修部品が出ますから交換します。


Imag1896

上側のが、付いていた物です。
プレートは割れて中心部だけロッドに残ってますね。
ロッドも曲がっちゃってますし...

シートのあんこ抜きも頼まれました。

Imag1894

35mmほど削って下げました。


Imag1897

最後にお客様から、フォークデカールもくださいと言われ、フォークにも貼っていただきました。

Imag1898

調子いいと良いんですがねぇ(心配性

頼まれる時は重なる、bremboラジアルマスター用オイルタンクステー。

Imag1899

出来たんですが、付属するネジが足りなかったのと、クロネコヤマトが値上げしたので、コレクトも使える宅急便コンパクトで送ろうと思ったら、箱が在庫切れといわれ、これも入荷待ちです。

さて、もう少し細かい作業をやったら、やっと重整備に移れそうです。

連休中もがんばりマウス!

続きを読む "10/8(日)はモタゴッコの為に、店は休みとなります。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »