« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月30日 (木)

モタゴッコ&MINI+MOTOチャレンジレースの日程!

今年のモタゴッコとMINI+MOTOチャレンジレースの日程が出ました(暫定

モタゴッコ

4/18(土) Mパーク&西コース

5/31(日) Mパーク&ビギナーズフィールド

8/2(日) 西コース

11/3(祝火)西コース(暫定)

 

MINI+MOTOチャレンジレース

第1戦 5/3

第2戦 6/14

第3戦 9/6

MINI+MOTOチャレンジレースは車両レギュレーションを、桶川スポーツランドに合わせたものになるそうです。

なので、R25やninja250とかCBRとかも出られるクラスがあると思われます。

2月くらいになったら、正式にSUGOさんのHPに載ると思うので、みなさんチェックしてくださいね!

スポーツランドSUGOのHPはコチラから。

さて、まずは'18 CRF250Rの'20化です。

 

Img_20200104_193704973

左が'20で右が'18です。

新しい方がボアが小さいんですが、このマシンで一番欲しい「中速」が良くなるとの事で、期待大です。

Img_20200104_2229216762 

お次はカム(排気のみ)ですが、並びは同じです。

'18はこんもり太くて、いかにも高回転向きですが、'20もフィンガーフォロー用に抉れてて、期待しております。

Img_20200105_165412091

このタイプいじるの初でした。

Img_20200108_182017866

スリッパーもセッティングを変更しました。

Img_20200106_221517466

XTRIGステムも取り付けます。

Img_20200108_000111037

完成!

なのですが、オーナーは忙しくて、7月くらいまで乗れないそうです。

しばらくウチで、展示車になっております。

 

お次は、ずっとチャタが消えないと言われていたマシンのチェックです。

お客様の方で、いろいろとセットを変えたり、フォークやホイール、ブレーキ周り、タイヤなど色々換えても症状に大きな変化が無かったとの事。

話を聞いて、たぶんステムだなとアタリをつけてバラします(お客様自身もステムをばらしてチェックしています)。

あと、こういう時はバラス過程もものすごく大事で、一つ一つチェックしながらバラします。

Img_20200109_000539268

画像を拡大して、画像右側(車体左側)のベアリングレースのアタリが悪いですね。

画像右側は下側があたっていませんし、反対側は下側のあたりがきついです。

では、なぜこういうあたりになっているのか、レースの裏に異物があって(打ち込んだ際に斜めになったのを、無理やり打ち込んで削れたアルミ片を噛んでいることが、ままあります)こうなっているのか、それともベアリング自体が斜めに入れられているのか...

Img_20200109_200821425

結果はベアリングが斜めでした。

ベアリング下に入るシールのリップ部を約半周つぶした状態で、ベアリングが圧入されていました。

つまりちゃんと着座していなくて、間にゴムが挟まっていたんです。

これはチャタるわ...

で、新品部品を取ってみると、部品が違う...

Img_20200111_174010018

もちろん、右が新品です。

まあ、変だと思ったんですよ、このシール...

Img_20200111_174705166

キッチリベアリングを圧入して、これでもう変なチャタは出ないでしょう。

Img_20200112_105143128

乗って見たけど、寒くてサムスミスになったわ。

お次はYZ250Fのキャリパー変更。

Φ34×4のキャスティングからΦ30×2、Φ34×2のレーシングキャリパーへの変更です。

まず、ローター外周方向へ少し外に出さないといけないので、カラーを作ります。

Img_20200112_184634504

で、合わせて見るとオフセットが合っていません。

今までも合っていなかった様で、しかも逆方向なのでキャリパーサポートを削らないといけません。

Img_20200112_231329022

ホイールも16.5でローターもΦ320なので、キャリパー自体も少し削って、外しやすくします。

Img_20200114_231147208

カラーはこの後黒アルマイトをかけました。

Img_20200114_184421470

マスタータンクステーも注文いただいたので、これも取り付けて完成です。

このキャリパーサポート、bremboローターだと5.5mm厚なので、新品パッドだとホイール回らないと思います。

注意してください。

次はWR250Rのリアショックオーバーホール&リバルビング。

昨年販売したWR250R、リアショックからお漏らしということで、ついでにもう少しダンパーを強くする事にしました。

Img_20200113_204829640

シールにゴミ噛みがあって、なんかスティックしていたようです。

Img_20200113_225419588

完成!

お次はSV650Xにオーリンズリアショックとチェーンスプロケの交換。

Img_20200116_192735563

チェーンは押し引きがびっくりするくらい軽くなりました。

リアショックは、きっと良いはずです(乗ってない

 

お次は16インチホイールの製作(×2)です。

2個と言っても、TX125用にSC33のホイール、CRF450R用にSC28のホイールと、同じ部品はディスタンスカラーだけで、後は全てワンオフとなりました。

SC28はベアリング外形がΦ47と大きく、SC33はΦ42なので、いろいろと制約が大きくなります。

Img_20200117_200437170

Img_20200119_002154459

寸法を取って、図面を引いて、材料を発注。

円盤に加工した材料は、納期も掛かるし高いので、板材から切り出します。

Img_20200120_200942449

Img_20200121_152432657 

Img_20200121_194339889

出来たら合わせてみて、確認します。

Img_20200121_201717493

Img_20200121_201721989

今までお願いしていたアルマイト屋(メッキ屋)さんが廃業してしまったので、少ない個数だとかなり割高になってしまったので、まとめて出しました。

Img_20200121_201819598

Img_20200125_150325852

1色8000円なので、見えないディスタンスカラーも黒ですw

さて、取り付けるホイール側も加工します。

Img_20200126_130433893

ディスタンスカラーをノーマルよりも太くしたので、この中の3本の爪みたいな出っ張りを削ります。

あと、左右の寸法も詰めます。

Img_20200126_140714348

TX125用はディスクローター座面も少し追い込みます。

Img_20200126_173158364

Img_20200126_181540448

できました!

Img_20200126_182134038

CRF450Rも

Img_20200126_231955628

Img_20200126_233754825

16インチ付いた車両が、3台もありました(全部納車したけど

大場選手のマシン、ハンドガードが曲がっていたので、修正しておきます。

Img_20200128_225215433

左側、先端が捩れて曲がっています。

Img_20200128_225401431

このあと、色々曲げなおして、右側はカラーを作り直して完成です。

Img_20200128_235322271

Img_20200128_235510584

隣には、'18 CRF250R、フェンダーの長さが違います。

Img_20200128_235521765

奥のは、私がカットしたんですが、やっぱりずいぶん印象が変わりますね。

 

KTM50SX、エンジン不調との事で入庫です。

アイドリングアジャストスクリューが目いっぱい締め上げても、アイドリングしないとの事。

オイルかぶりかな、それとも電気かな、リードバルブかそれともキャブ自体なのかと思いつつ、端からチェックしていきました。

結局、多少まずいとこはあったんですが、そこまでではなく、エンジンを開けて見る事に...

Img_20200125_174440043

Img_20200125_174454065

あー、シリンダーの画像無かった...

シリンダーも傷多めで、しかも横方向にもリング跡が...

で、ケース内はオイルが多く溜まってましたが、これってミッションオイルか...

クランクもガタが大きめで、サイドベアリングもゴリゴリしてる感じで、結局全部ばらしてチェックする事に。

部品がねぇ  、良い値段するので...

最後はCBR250R用になっているNSF250Rのリアショックオーバーホール。

ガス圧はかなり低くなっていました。

Img_20200129_153352428

Img_20200129_162343098

車高やシムも変えてあるようです。

Img_20200129_205423252

消耗品を変えて、ストロークを見るOリングをつけて完成。

 

3月はいろいろと忙しそうなので、早めのお仕事依頼お待ちしております。

よろしくお願いいたします。

 

 

1997年のSAAB AIR SHOWとの事...

 

 

突然始まるラジコン&フサベルの演技w

皆さんの好きなドラケンも出てきますよ。

ちょうどグリペンが出てきた時なんですねぇ

 

というわけで、もひとつおまけでドラケンです。

 

 

 

警察、違うところに力入れ杉

 

こち亀のようですw

| コメント (0)

2020年1月11日 (土)

明日1/12は、午後2時半頃より開店予定です。

明日は、作業したCRF450Rの動作確認で、サザンサーキットに行っております。

たぶん、午後2時半頃には、戻ってお店を開けられると思います。

よろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

1月のお休みのお知らせ

今年も3月いっぱいまでは、不定休とさせていただきます。

今月は...

1/7(火)

1/17(金)

1/23(木)

1/30(木)

お休みとさせていただきます。

また、天気が良い週末等、お客様と走りに行く等で、夕方より店を開ける場合も有ります(なるべく告知いたします)。

御来店は、一度御連絡をいただけると、居るようにいたしますので、よろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

新年明けまして、おめでとうございます。

令和2年となりました。

元旦よりblog更新です。

 

Img_20200101_211845543

昨年末に、やっと自分用のマシンを作れたので、今年はより多く皆様と一緒に走りたいと思います。

それ以外に、ひたすら走る事に集中できる、いくら転んでも大して壊れないミニモトクロッサーでモタードマシンを作りたいと考えています。

誰かYZ85LWとか、売ってくれませんかねぇ。

本年は、1/4より営業となります、よろしくお願いいたします。

 

さて、元旦からblogを更新しているのは、昨年の仕事をまだ書いていなかったのが、ひっかかっているからです。

まずは大場選手が乗っていた'18 CRF250Rの走者整備で、キャッチタンクの改修。

ノーマルマフラーなら問題ないのですが、ヨシムラに変わっていると、エキパイとキャッチタンクがあたっていたので、加工しました。

Img_20191207_214226

口金の位置も変更し、本体もマジックで書いた部分をカットして、蓋をします。

Img_20191208_164055

向きとか、制約が多いんですよ。

Img_20191208_175315

Img_20191209_235543

前後ホイールは、買ってきたCRF450Rから移植し、ハンドルやブレーキ周りも同様に移植して販売となりました。

 

お次はWR250Xの前後ホイールを18インチに変更。

Img_20191210_153652

以前、当店で足回りをモタード仕様にモディファイしたのですが、今回はバネもレートを下げて、林道とかにも行きやすくなるような仕様にという希望でした。

Img_20191210_223946

なかなか、このハブを使って18インチ化した方は、いないんじゃないでしょうか。

Img_20191211_145154

前後ともダートフリークから市販されているソフトバネに変更しました。

Img_20191211_200218

Img_20191211_200040

モトショップ五郎でやっていた、ajスタイルみたいな感じになりました(あれはフロント19インチでしたけどね)。

お次は仕入れたYZ450Fの納車整備。

フロントホイールの回りが悪かったのと、ブレーキホースが長い、フロントフェンダーに転等の跡の白い曲がり跡があったのと、ハンドガードが曲がっていたのと、左側も前に出してあったり、あとステムの動きが軽すぎて、ちょっとおかしいなと思って点検です。

ホイールの回りが悪かったのは、パッドのバックプレートの反りと、キャリパーオフセットシムが下側にだけ入っていた事が原因でした。

Img_20191220_182858395

Mvimg_20191220_182937523

そう、上側のシムは、ここにはまってまして意味がありませんでした。

というか、ブレーキラインに使う、クラッシュワッシャーをシム代わりにしてはいけません。

このキャリパーについてくる、純正パッドは、バックプレートが反り易いので、常に良く見たほうが良いでしょう。

Img_20191221_133402358

ホースはちょっと長すぎたので、短く作り直しました(ガイドチューブも長すぎだったんです)。

Img_20191221_235224514

 

ステムはアッパーブラケットの下に入るアルミのワッシャーが入っていなくて、ブレーキかけて押したときのステムのガタを計測して見たんですが、見事にベアリングにプレロードが掛かっていなくて、ガタが出ていました。

部品は大丈夫だったので、洗浄してちゃんと組みなおします。

Img_20191220_213731106

ハンドガードは転等の影響で曲がっていたので、曲げなおしと、右側カラーの製作、左側にもカラーが入っていたので、それを撤去して曲げなおしました。

Img_20191221_191503933

結構曲がっています。

Img_20191221_181816810

ボルトも曲がっています(外れてこなくなるので、換えておかないと、いざ交換する時大変です)。

Img_20191221_235147498

 

Img_20191221_235210487

フェンダーは、先端部が2重になっていて、カットするのが難しいんです。

以前、森田直樹選手のマシンを作った際、うまくカットできる自信が無くてやらなかったので、今回、まあうまく出来てのでちょっと心のつかえが取れました。

他にも、全てのホイールのベアリングとグリスアップ、スポークチェック、クーラントの入替、エアクリーナーの洗浄、タイヤ交換、フォークガードの再カットなんかを行って、完成です。

Img_20191221_235132571

いやぁ、自分で乗って見たかったなぁ...

 

お次はRMZ450のエンジンオーバーホール。

エンジン内に水が入った為に、錆が発生、そのためにベアリングが破損して、オーバーホールとなりました。

せっかくなので、他の部分にも手を入れて、しっかりオーバーホールいたしました。

Img_20191224_223706423

ケースを暖めて、ベアリングの入替。

Img_20191224_232415448

Img_20191225_184827592

ミッションのシャフトにも、錆が結構発生していました。

Img_20191225_201458981

ギアも同様です。

vipro'sのスパールリキッドを使って、錆を除去しました。

Img_20191225_204326833

Img_20191226_004943960

ヘッドはシートカットして、バルブも交換、シリンダーは程度の良い中古に変更。

Img_20191226_181439718

クランクもウェブとコンロッドに錆があったので、ASSYで交換。

軽くフレ取りをしておきます。

Img_20191226_201200938

丁寧にケースを組み立てていきます。

Img_20191227_000231211

STMスリッパークラッチなんですが、クラッチのプッシュロッドを受けるプレート、ベアリングが直接あたるので、かなり偏磨耗していたんです。

まあ、ノーマルクラッチも、アルミのプレートにベアリングが直接あたっているので、しょうがないのですが...

Img_20191227_000458399

旋盤で少し削りこんで、CRFのパーツを使って、鉄のプレートで受けるようにしました。

Img_20191227_004921520

腰上を組んで...

Img_20191227_025202141

Img_20191227_200614772

完成です!

最後はCRF150Rのリアショックオーバーホールです。

他所のサス屋さんで、オーバーホール&リバルビングした物との事でしたが、縮めると伸びてこず、動きも変だと言う事でお預りしました。

Img_20191213_155911

ガス圧低すぎです...

バネを外して、キャップを取ると...

Img_20191223_224054284 

おや、なんでしょうこの木片は...

Img_20191223_224151030

でけぇ...

Img_20191223_225155381

バラしてみると、そんなに使っていないはずなのに、オイルの汚れっぷりが凄い上に、シールヘッドが叩かないと動かない...

Img_20191223_230230548

丸くないブッシュが叩き込まれていて、シールヘッドケースがダメ、ロッドにも傷がある状態でした。

ロッドは研磨して、何とか使えるようにして、シールヘッドケースは交換。

で、リバルビングしてあるとの事でしたが、シムは何一つ変更してありませんでした。

Img_20191228_001823386

モタード用という事だったので、それ用にシムを変えて完成です。

これはちょっと、ひどかったですねぇ...

 

年越した作業もあるので、年初からがんばって作業進めていきます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

こういう動画好きw

 

 

 

これを録音して、ウチの留守電に...

 

復活して動態保存されているBIGBOY、雪の中を走る姿は逞しく、併走シーンはたまりません!

 

 

たまらねーぜ!

昨年のクリスマス、JR東海の牧瀬里穂がでていたCMが、改めて話題になっていましたが、それより少し前シンデレラエクスプレスといわれた、最終列車の物語です。

わたせせいぞうが出てて、ナレーションがYUMINGという...

 

 

 

 

| コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »