« 今月のお休みのお知らせ。 | トップページ | 3月のお休み予定 »

2020年2月23日 (日)

車両買取!

今現在、在庫車両がないのです(作ればあるのですが...

ウチで売れるのも、そうでないのも買取いたします。

というか、レーサーの問い合わせが多いのですが、ナンバー付きでも全然良いので、よろしくお願いいたします。

メールはこちらから!

さて、前回からの続きです。

KTM50SXですが、クランクにガタがあるのでバラしました。

 

Img_20200131_184355985

Img_20200131_184408443

うーん、やっぱり結構削れています。

部品を発注してみたら、なんと3月末まで届かないとの事...

とりあえず、部品を洗浄して保管です。

 

お次はハンドガードの修正です。

Img_20200206_194308040

今回は予備も含めて左側を2本修正します。

結構まがっていますね。

Img_20200206_194548500

エンド部のネジが曲がっている場合が多いです。

ここが曲がっていると取り外しにも支障が出ますので、曲げなおすか新品に交換します。

 Img_20200206_201200147

このマシンは、ハンドルを短くカットしているので、ガードも短くなっています。

硬いサイクラがこういう風に曲がっていると、戻すのが大変です。

Img_20200206_221159387

とりあえず戻して完成(小一時間掛かります)。

Img_20200207_180614189

ラジエターも結構曲がっていましたが、外さないとうまく戻せないので、軽く修正して今回はおしまいです。

 

以前ウチでオーバーホールした、YZ125のリアショックオーバーホール。

Img_20200208_154950967

以前やったのがずいぶん前なので、ガス圧もすっかり下がっています。

Img_20200208_160557520

 

Img_20200208_163646874

今回は上下のスフェリカルベアリングを交換しました。

ガタが出やすいんですが、結構高いんですよね、この部品。

Img_20200215_003809878

完成!

 

お次はずっとお預かりしていたSM450Rのエンジンオーバーホールです。

部品発注の際に、バックオーダーがないのを確認して発注したのに、発注したらバックオーダーになるという...

しかも、予定よりも2か月遅れでした。

ベアリング類は、国産のものに入れ替えます。

クランクベアリングは、ベアリング押さえのために、溝を切ってあるのですが、特注しないといけないので、面倒なのでウチで削ります。

Img_20200201_220512252

ケースを温めて、ベアリングを入替します。

Img_20200211_130702681

バルブシートをシートカットします。

Img_20200211_191530865

シートは丸く見えても、熱で微妙にゆがんだりするので、ちゃんとチェックしてシートを作り直します。

ただ、外車はシートが固いのか、イタリアンハスクは変形が少ないです。

Img_20200211_222954244

インテークバルブは再使用、エキゾーストは新品にしました。

Img_20200212_012839912

ピストンは再使用、リングは新品にしました。

Img_20200215_204350696

ウォーターポンプはインペラにシャフトもダメになっていました。

たぶん、水を入れっぱなし(クーラントではなく)だったのでしょう、錆びて寸法もおかしくなっていました。

シール、シャフト、ベアリングもまとめて交換します。

ここのシールは入れづらいので、ジグを作ってあります。

 

Img_20200216_151447386

他にもシフトドラムを修正したり、こまごまとした修正をして、部品をASSYにして組み立てていきます。

 

Img_20200216_173533808_20200223004001

今回、オーバーホールする目的の中に、外してあったバランサーを、追加するというのがありました。

まあ、あったほうが寿命も延びますし、エンジンもマイルドになってスロットルを開けやすくなります。

 

Img_20200216_231922633

腰下をくみ上げて、スリッパークラッチも取り付けます。

Img_20200217_020758589

フィンガーフォローはスリッパー面をバフ掛けしてあります。

Img_20200217_201235497

排気フランジなんですが、バラしているときに排気漏れが多かったのが気になっていたので、チェックしたのですが、斜めにエキパイが刺さっていて、そのうちにフランジ内側も斜めに削れてしまい、排気漏れが多くなっていました。

内部の形状を整えて、エキパイの先端も平らに少しカットします。

Img_20200217_223003803

短くなるので、その分を補正するスペーサーを制作しました。

Img_20200218_155207910

サブフレーム横のナッターが緩くなって、穴が盛大に拡大されていました。

ここは、エアクリーナーボックスを固定する部分でもあるので、できれば修正しておきたいです。

Img_20200218_163442061

穴の周りを溶接して穴径を小さくします。

Img_20200218_164950571

高さを合わせて削って、穴径を修正して、鉄のナッターを入れなおしました。

Img_20200218_212911859

配線や細かい部分を修正しながら組みなおしていきます。

 

Img_20200219_165051457

ブリーザーホースが、ワンウェイバルブから先がなかったので、作り直しました。

Img_20200219_140031830

エアクリーナーエレメントも、外側を触って大丈夫だったので安心していたのですが、洗ったらボロボロと内側から崩壊してきてしまいました。

他にも、今回交換したパーツ類です。

オーバーホールにしては、部品交換は少ないほうですね。

Img_20200219_165043740

始動確認して、しばらく様子を見ながら暖気して、完成です。

お次はNSR250(MC21)です。

ちょっと前に'18 CRF250Rと一緒に、このNSR250もシャシダイにかけたのですが、最後のひと伸びの前にクラッチが滑り出しました。

それと、PGMのステーが折れていて、ラバーマウントなんですが落ちそうになっていたので、ステーを制作して追加するのと、ハンドル切れ角がストッパーが入っているにもかかわらずまだ大きかったので、それも修正することになりました。

Img_20200211_161425440

クラッチは、滑ったとはあんまり思えない状態でしたが、一番内側と外側のフリクションプレートが廃盤なので、ずっと変えていなかったようで真っ黒。

それ以外は新品みたいな状態でした。

今回はT2Rの強化クラッチ板&スプリングキットを使いました。

Img_20200221_181350869

PGMのステーは、アルミt3の板で制作、連続で狭い間隔で曲げるのができないので、溶接で作りました。

あと、ゴムダンパーの中にカラーが入っていなかったので、これも制作しました。

Img_20200221_181406378

ステーが長年の使用で割れてしまっています。

Img_20200222_004535742

ストッパーは地味なので画像なし!

今度は何馬力出るのでしょうか!

 

遣唐使って意外と短い航海だったんですねぇ

 

 

この人の動画好きでよく見てます。

 

500年以上生きているサメって、どんな記憶を持っているのでしょう。

ダチョウみたいに、すぐ忘れちゃうのかな

 

戦後の4発ジェット旅客機の草分け的存在でした。

たしかに、細身できれいな機体でしたね。

コクピットのアナログぶりと、機関士がいるところや、天測機器が残っているなど、昭和感満載です。

 

ジェットストリーーーーム


« 今月のお休みのお知らせ。 | トップページ | 3月のお休み予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月のお休みのお知らせ。 | トップページ | 3月のお休み予定 »