2017年11月19日 (日)

中古車両(DトラッカーX、KLX125)

中古車両のお知らせになります(委託販売)。

まずは2008年式DトラッカーX

Imag2080


走行30000km アルミハンドル、ZETAハンドガード(どちらも短く加工済み)、チューブレス加工、前後スーパーコルサ(バリ山です)、アップステップ、クリオネシート、ライトカウル社外品、リアキャリア、フェンダーレス加工など。
他にもTYCOONのフルエキとK&Tのネゴシエーターも付属します。

Imag2081


転倒傷も多いですし、エンジン周りの塗装の剥げも多いですし、市販者らしくインナーチューブに錆びもあります。
エンジンの掛かりは良いですが、この走行距離のカワサキらしく、カムチェーン周りはうるさいです(試しにテンショナーを出して組んだら、静になりました。ただ、元に戻してあります)。

とりあえず形にはなってますし、とりあえずモタードマシンに乗ってみたい方、自分でコツコツ直すという方(もちろんウチで直す事も出来ます)、いかがでしょうか。

194400円(税込)
諸費用は自賠責の金額やなんかもありますので、お問い合わせください。


お次は2011年式 KLX125。
Imag2089

お遊びレースに使ってましたが、保安部品があんまり無いです(画像の物だけです)。
エンジンの掛かりは良いです(走行不明)。
デルタフルエキ、ハンドルがZETAのテーパーバー、ハイスロ、車高アップ(前後)、ハイシート加工、ブレーキローターはジクラムの物が着いています。
書類はあります、お遊び用にいかがでしょうか。

162000円(税込)

お問い合わせはコチラから!

GARAGE OPB
〒981-3212
宮城県仙台市泉区長命ヶ丘3-31-2
022-3414230

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

10/8モタゴッコ事前エントリーは9/29まで!

10/8(日)スポーツランドSUGOで開催される「モタゴッコ」の事前エントリーは、9/29締め切りです!

ちなみに事前エントリー金額は6480円、通常エントリーは8640円、当日エントリーは通常エントリー+1030円(入場料)になります!

エントリーはコチラから!

モタゴッコの内容はコチラの動画をご覧ください。

ちょっと前の動画ですが、午前中はMパーク(メインゲート脇の多目的スペース)でのパイロンを使った練習。
午後からは西コースでのコース走行になります(今回ダートはありませんが、晴れればジャンプ台を置く予定です)。

Mパークでのパイロンを使った練習は、2本のパイロン間のスペースで、自由に自分の練習したい事をやっていいので(もちろんそのスペースは1台ずつですので、誰にも邪魔されません)、苦手に思っている事、練習したい事をアドバイスを受けながら何度でも繰り返し練習が出来ます。

軽いスクール的な事もやりますし、インストラクター陣に質問やアドバイスは何でも聞いてください。

午後からの西コースでの走行は、コチラの動画が参考になると思います(ダートナシでジャンプ台のみ設置)。

モタードマシンの中で走ってもかまわない、それとジャンプ台を設置した場合、ジャンプを飛んだ人のほうに合流場所ではラインの優先権がありますが、それでもかまわないという方は、ロードマシンでも大丈夫です。

あ、普通にトレール車での参加も(フロント21インチ、リア18インチ)大丈夫ですよ!
ただ、タイヤはロード寄りのもので来て頂いた方が楽しめますよ(安いですから、買ってしまいましょう!)。

今回は日曜日開催で、午前中Mパーク、午後西コースと一番人気のレイアウトです。

ご参加お待ちしてマース!!

お次はSWMです。
輸入元のMV AGUSTA JAPANが試乗車を持ってきてくれたので、試しに乗らせていただきました。

まずは一番期待のRS125R。
Imag1836

125ccながら6速ツインカムと国産には無いなかなかのハイスペック。
ユーロ4対応の為に、排気がかなり絞られているのと、コンビブレーキが付いていますが、なかなか走りますね。
スイングアームがアルミだったり、イタリアンハスク時代のTE125と比べても、サスも少しグレードが良いいし、なんと値段も安いんです(税込489000円)。

ちなみにフルエキはARROW製で、なかなか走るそうです。

お次はGRAN MILANO 400です。

Imag1837

ノーマルでちゃんとカフェレーサーになっていて、普通免許で乗れて税込699840円と外車らしくないお値段です。
これが画像よりも実車の方が全然格好良くて、ちょっと驚きました。
乗ってみるともちろんカフェレーサー風なのでポジションの前傾はきついんですが、シートが高くないのと、ステップは低くて前なので、意外と楽で、エンジンもそんなにとがって無いので扱いやすく、普段使いできる素敵なマシンでした。

他にもいろいろとラインナップがありますのでご覧ください。

欲しいかたは御相談くださーい!!

さて、昨日神奈川に納車に行っていたのですが、そのマシン整備は、まずはずっとやっているGASGAS EC250R。
アイドリングの安定やカブリにくくする為、それと元気の良すぎるエンジンなどをうまくなだめる為に、キャブセットや足回りをいじりました。


Imag1816

ニードルも1/2段を試したり、スロージェットも薄いのから濃いのまで、20回くらい組み合わせを変えてテストしました。
その結果、ある条件の時だけカブリやすくなるのが分かり、それ以外はかなり調子が良くなったので、一旦完成としました。


Imag1817


まあ、それでも元気が良すぎるエンジン(モトクロッサーと変わらない感じ。ギアはロングですけどね)と、硬い足はバネレートを替えないとどうにもなりません。

もう一台は'09 CRF450R。
前後足周りのオーバーホールに車高の変更、ブレーキのチェックとバルブクリアランスのチェック、エアクリーナーエレメントの交換、クーラントやオイルの交換、フューエルポンプのフィルター交換と多岐にわたります。

まずは足回りから。
生産から9年が経っている為に、ダストシールにはヒビが入っていました。

Imag1828

フロント車高は45mm→25mmに変更したので、スプリングシートの溝を切りなおして、車高調整のカラーも切りなおします。

Imag1829
ダンパー位置も確認して、伸びがかなり強めだったので、シムを少し追加して、プリロードも少し足して組みなおしました。

ついでにステアリングダンパーもオーバーホールします。


Imag1839

オイルはこれっぽっちしか入っていません。
オフロードを走っているかたは、マメにオーバーホールしないとダメですよ。

Imag1843

リアショックはもう漏れ始まっていました。

車高を9mmショート→0mmへと変更しました。


Imag1844

エア抜きのブリーダーボルトを追加して組み上げました。

スロットルボディも軽く拭いておきます。

Imag1840

奥にインテークバルブが見えますが、カーボンも無くいい状態です。

フューエルポンプのフィルターも交換します。

Imag1846

ちょっと汚い程度でしたが、年数が経っているので保険です。

で、給油口にもフィルターを追加します。

Imag1847

バルブクリアランスを測定して見ると、全部広い...

Imag1850

普通狭くなるんで、最初に整備した時に広めにとっていた模様です。

このタイプの慣れていないので、ちょっと時間が掛かってしまいました。

クーラントも替えて無いとの事で、見てみると少しドス黒くなってました(画像だと余り分かりませんが...)。

Imag1851

キャリパーを前後とも揉み出しして動きを良くします。

Imag1852

フルードが古かったので、結晶化してブリーダー周りを詰まらせていました。


Imag1854

他にもチェーン引きのネジの固着を直したり、スプロケボルトのトルクチェック(前後とも)、細かいチェックをして完成です。


Imag1856

この型、個人的に格好良くて好きです。
キャブより整備性悪いですけどw

他にはドラッグスターの車検で、バッフルを製作したり...

Imag1820


パンチングを貼って、炸裂音を減らします。

GPZ900Rのスライダーを加工して取り付けたり...
Imag1832

追加工は気を使います...

さて、細かい仕事片付けて、大物の段取りを進めないと!

月末ですね、がんばりマウス!
Imag1835


続きを読む "10/8モタゴッコ事前エントリーは9/29まで!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

'16 YZ250F中古車両と10/8(日)モタゴッコ!

売約済みとなりました。

まずは中古車両の御案内です。
'16 YZ250F モタード&モトクロス仕様

06


そうです、このあいだのSMJ菅生で2位、エビスで3位に入った大場選手のマシンです。
昨年型落ちの新車として購入して、今度の名阪まで使用予定です。
ホイールはF3.50×16.5と3.50×17、リア5.00×17の3本とモトクロス用純正ホイール前後
サスペンションはノーマルで乗ってます(バネだけ変更しております)
ブレーキはベルリンガーの4ポットを他の年式の物を自分で加工して付けております(私ノータッチです)。

そうなんです、ホイールとブレーキ替えただけで、このくらいは走れるんですね。
そんなわけでモタード、モトクロスどちらも楽しめます。
使用時間は40時間程度で、モトクロスでの使用が半分弱といったところ。

履歴が分かっている車両は、大変貴重です。
金額561600円(税込)

次の車両購入の為に委託販売です。
ローンも使えますので、是非!!

メールでのお問い合わせはコチラから宜しくお願いいたします。

引渡し時期は今月末辺りを予定しております。


お次は10/8スポーツランドSUGOで行われるモタゴッコです!
O0437029114022064196

今回は王道の午前中Mパーク、午後から西コースとなっております。

午前中Mパークで基礎練習や肩慣らしをして、午後から思いっきり西コースを走りましょう!


O0957063814022064271

お問い合わせは、コチラから!(SUGOさんのモタゴッコページに飛びます)

事前申し込み、お待ちしてマース!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

'08 CRF450Rモタード仕様 中古車!

SMJ菅生も終わったところで、中古車両の御案内です。

おかげさまで売れました。
ありがとうございました。

前回のblogに載せていた、'08 CRF450Rモタード仕様になります。

Dscn1192
※ホイールはマルケジーニではなく、DIDのスポークホイール(前後17インチ)になります。

この車両は新車からの履歴がわかっています。
エンジン 昨年11月にフルOH 5時間使用(クランクやバルブ、ベアリング類も交換しております。)
その時の記事はコチラ。
足回りは昨年7月に、全てOHしてあります(モタード仕様にモディファイ済み)
その時の記事はコチラ。

仕様
フロントホイール ノーマルハブ DID3.50×17 黒リム (タイヤは転がしになります)
リアホイール ノーマルハブ DID5.00×17 黒リム(タイヤは転がしになります)
フロントブレーキ brembo P4 30/34 40mmピッチレーシングキャリパー、brembo16×18ラジアルブレーキマスター、brembo φ320モタードディスク(t5.5mm)
サスペンション 前後モタードモディファイ
エンジン STMスリッパークラッチ AKRAPOVIC フルチタンエキゾースト('06モタード専用品) 
ハンドル RENTHAL カーマイケルバー(φ22.2)、ハンドルアップスペーサー、CYCRAハンドガード一式
オイルキャッチタンク、その他細かいモタード用のモディファイを行ってあります。
作業は全て当店で行いまして、バラしていない部分はありません。

金額は、496800円(税込)

通常のスポークホイールでもキャリパーが当たらないように、キャリパーを切削してあります。
16.5インチもどのメーカーの物でも入ります。
もちろん、マルケジーニの取り付けも出来ますし、クレジットも使えます(遠方でも大丈夫です)。

今回は、FS450への乗り換えの為に売却する事になりましたが、あと4~5年は乗ろうと思ってオーバーホールしたところでした。
SUGOで45秒台も出ていますし(全日本組みが乗れば44秒台も出ると思います。ただし16.5インチに変更は必要ですが)、これから余り改修しないでも乗り続けられると思います。

お問い合わせはコチラから!

宜しくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

8/19,20はSMJ菅生に行く為、お休みとさせていただきます。

表題のとおり、8/19,20はSUGOで行われる、全日本スーパーモトに行っておりますので、お休みとさせていただきます。

観戦情報はコチラから!

正直天気は微妙ですが(仙台は28日連続で雨が降っております)、そういうレースは荒れます!
やる側としてはカンベンですが、見てるほうは面白いです(他人事

さてお次は中古車両です。
まだ値段は決まっていませんが、'08 CRF450Rです。
Dscn1192

昨年、足回りをフルオーバーホール、エンジンもクランク回り含めてフルオーバーホールして、まだ5時間弱しか乗っていません。
以前のblogで作業内容を書いております。

先日のSUGO MINI+MOTO選手権では、単独で45秒台に入れていますので(桶川だと42~43秒相当)、セットも出ている車両だと思います。
※マルケジーニは外します。前後DIDのリムで17インチ仕様となります。

出来上がっているモタード車両で、程度が分かっている物が欲しい方、お奨めです。
近々値段を出しますので、気に留めて置いてください。


全開のblogからの続きで、SMR450Rの製作です。
リアショックを組み立てて...

Imag1616

次は始めてバラすマルゾッキのツインチャンバータイプのフォークをやります。


Imag1619

底にヘドロのようにたまってますな...

車高調整のカラーが最初から入っているんですが、左右で向きが違うのと、片方にはこのカラーを固定しておくOリングが入っていませんでした。

Imag1625

それと切り子が出てきましたw

左右でロッドの精度にバラつきがものすごくあり、また特有のベタベタした物が付着して、スティックするような動きでした。


Imag1626

それとこのマシン、車高が低く感じていたのですが、バネがへたっているのか、前のオーナーがプリロードを抜いていたのか、かなり初期の手ごたえが無く、今回は10mmプリロードを足して組み込みました。

ダンパー位置が最弱だったので、なんとなくその理由が分かってスッキリしました。

インナーチューブの仕上げも悪く、高い割には「・・・」なサスペンションです...

さて、途中ですが'17 CRF450Rのインナーダンパーの車高を下げるカラーを作り直しました。
以前は黒ジュラコンで作ったのですが、トップアウトスプリングに当たって先端が欠けたとの事で、S45Cで作り直しました。

Imag1629

今まではあえて樹脂で作っていたのですが、寸法的にアタリが厳しいようでもたなかったようです。


Imag1630

セットビスが少し飛び出るので、削ってもらって最後にポンチでカシメをして欲しいと言ってお渡ししました。

それて、ちょっと前に作ったフォークデカールが、全部裁けたので新しくまた作りました。
今回は「GARAGE」の回りに白い縁をつけたので、黒いフォークに貼っても見えるはずです。


Imag1632


さてSMR450Rに戻ります。
ステムベアリングを入れなおすんですが、ココで問題が...
抜く時に上側のベアリングが抜けない(シャフトが抜けない)状態で、ベアリングの内側が錆びていたので、軽くプラハンで叩いて抜いていたんです。

で、良く見ると上側のベアリングが入る部分のシャフトにアタリがついてて、計ると1/100太い...

最初に組んだ時か、それとも前のオーナーか、斜めに入れて押したんでしょうね、おかげで砥石で修正するはめになりました。

Imag1633

これは修正後の画像です。

Imag1636

次はリア周りの洗浄してグリスアップしていきます。

Imag1637

手がベタベタになるので、途中経過はナシですw

カラーズで塗ってもらったフレームです。

Imag1638

今回はウレタンで半艶で仕上げてもらいました。
塗装は下地が命です、そして半艶は吹く量で艶が変わるので、丸いフレームはかなりやりづらく技量の差が出ます。

ステム周りを組んで、エンジンを載せます。

Imag1639

ちなみにステムは、アングルやオフセットを変えられるように作ってあるのですが、組み立てる部分の精度がいまいちで、組むのに気を使います。
また、ベアリングを入れる部分を、鉄のフレームが擦り割ではさむので、隙間が開いています。

Imag1642

前から見るとステムシャフトやベアリングが丸見えです。

ということは、埃や水も入ってくると...

ガムテープで養生しておきます。

Imag1643

エアクリーナーボックス周りもバラして洗浄して綺麗にしてから組み付けます。

Imag1644


細かい配線や取り回しを何度もやり直して組み上げていきます。

で、この時点でヘッドカバーをあけて、上からオイルを流し込んでおきます。
Imag1646

ラジエターーもお客様が綺麗にした物を送ってきましたので交換します。

Imag1647

ホース類も一回洗浄して組みなおします。

Imag1648

割れたチタンエキパイを補修します。

Imag1650

クラックは2/3週にわたって入っていました。


Imag1654

ブローバイのホースやキャッチタンクを取付します。
今回はレデューサーも付けるので、配管の取り回しを考えるのがちょっと大変。

Imag1656


何故かガソリンのキャッチタンクと水のキャッチタンクが、同じ所に配管してあったので、水用に新規に作りました。
Imag1657
完成!

Imag1655

と思ったら、追加でクラッチのマスターオーバーホールと、サイレンサーのウール交換もやる事になったので、もう少し続きます。

お次は修行です。

リアのブレーキローターに穴を開けます。

Imag1660

CADで書いた物を出力して貼り付けて、ポンチを打っていきます(50箇所)。


Imag1662

穴を開けます(50箇所←しつこい


Imag1666

少し使ったローターだったので、表面が焼けていたのと、均すために砥石で研いだのですが、なかなか大変でした...

使えればいいのですが...

前回の物より、穴を6個減らしたのは面倒だからではないです(キッパリ

さて、あっという間に8月も終盤ですね、がんばりマウス!

続きを読む "8/19,20はSMJ菅生に行く為、お休みとさせていただきます。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

もう今年半分...

あっという間に過ぎてしまいました...

なかなかうまくは進みません(スミマセン

さて、リクエストが何件かあったので、フォークデカールを作りました。
Imag1409
文字以外の部分は透明です(画像では台紙の白い部分)。
ウランコアデザインズ製で、ワンセット(左右)3456円(税込)です。
オーバーホールやチューニングした方とは言わず、一応普通に販売いたします。
欲しいかたはお問い合わせください!

メールはコチラから!

まずはDR-Z400SMのノーマルホイールにオフロードタイヤを履かせる依頼が...
このホイール、リアはチューブレス加工してあったのですが、タイヤがリムに対してかなり細いので、今回はチューブを入れました。


Imag1346


これだけ隙間あいてると、耳が上がりません!

昔中古タイヤ屋で14×12Jに245のタイヤ入れるのを思い出しましたよw

フロントはチューブでしたが、案の定バルブの根本が錆びていたので、チューブも交換しました。
Imag1345

リアリムが太いので、タイヤの形が悪くなります、寝せると滑りが早いので、気をつけて乗ってくださいとアドバイスしました。


Imag1349

エビスでちょっと調子に疑問があったという2016 RMZ250のチェック。
結果的にキャッチタンクへの配管につぶれがあって、そのせいで調子が悪くなっていただけでした(私関与なし

キックもちょっと違和感があったとかで、キックギア回りもバラシしてチェック。

Imag1350

問題は有りませんでした。

次は広島だったので、遠征地でトラブルがあると、目も当てられませんからね。
チェックは大事です。

お次はMV AGUSTAのスタンドをカットして欲しいと頼まれました。
Imag1354


重量があるので、開先をギッチリとって、場所によっては4重に溶接しました。

Imag1355

見た目は気にしないとの事だったので、軽く磨いておしまい。

次はRMZ450用のステップ加工です。
某モタードステップなんですが、樹脂部分があっという間になくなるので、鉄板を貼ってステライトを盛ります。

Imag1359


Imag1362

塗装が焼けてしまうので、黒く塗っておきました。

もうひとつ、追加のホイールカラーも製作。


Imag1360

で、以前作った物も合わせて、アルマイトに出します。

Imag1370

アルマイトをかけないと、傷がつくし腐食しやすいですからね。

Imag1378


飛び込みでチタンエキパイの修理。
Imag1363

プロサーキットのエキパイでしたが、ぱっくり割れていました。
溶け込みがかなり浅かったですね。

お次は売れたDR-Z400SMの整備です。
タイヤを新品にするのでタイヤを外すと...

Imag1368

自作チューブレスだ...

スポークの調整をしたかったので、ニップルを締めようかと、ニップルを良く見るとテープの粘着部がはみ出ていました...

Imag1367

幸い、エア漏れは無かったのと、前のオーナーさんからも漏れた事は無いとのことだったので、今回はそのまま組直しました。

あ、フロントはアウテックスのチューブレスキットでした(ホッとしました

で、マフラーをノーマルからFMFのパワーコアQ2に変更したのですが、どうやさしく見てもリアサスが沈むとサイレンサーとタイヤがぶつかります。

で、すでにエキパイがいろんな所に当たるので、修正をかなり入れました(FMFはこんなもんです。


Imag1371


フレームと干渉する部分を、つぶして(断面積は確保します

Imag1372

中間ステー部(タンデムステップブラケット)ごと外に出します。
ステーも加工しました。


Imag1373

サイレンサーステー部にもカラーを作って外に出します。

コレでやっとタイヤとサイレンサーがあたらなくなります。

Imag1375

フロントパイプ部もフレームと干渉するので、その辺も加工しました。


Imag1388

リアフェンダーのグラフィックを変えたり、細かい所をたくさん修正して、やっとシェイクダウンできる状態になりました。
キャブの調整やサスを調整して良い仕上がりになった所で、フロントフォークから微妙なにじみが...
Fフォークのオーバーホールもしてお渡しとなります。

なかなか終わらせてくれないですねぇ。

お次はいっつもありますねこのニンジャといわれるGPZ900R。
このあいだお客様がツーリングに行ったら、3500回転あたりまでばらついて乗りにくいといわれたので、乗ってみると確かにダメ。
始動性も悪い...


Imag1390

で、まあ症状からいってキャブかなと思ってFCRを外して点検して見ると、ASやPSがどうも微振動でずれるようで各気筒バラバラな開き具合になっていました。

ついでにラムエアーをつけていない部分は結構汚れていたので、簡単に洗浄して開き具合を確認して組みなおしました。


Imag1391

付け直してみると以前のように、良い感じに戻りました。
ただ、サイレンサーを変更したので(内径が結構違う)、やっぱり微妙にもうひと調整した方が良いかなとも思いますが、まあ悪くない感じです。

シートレールの加工もするので、その辺はオーナーに乗ってもらってからにしましょう。

お次はエンジンが掛からないといわれ持ち込まれたYZ250F。
確かにキックしても掛からないし、キックが軽い!

バルブクリアランスが無くてバルブ押してるのかなぁと思いながら、タンクを外してプラグでもと思ったらこの光景。

Imag1392

お、なんだダイレクトイグニッションが外れているのかなと、上から押し込むもピクリとも動かず、ダイレクトイグニッションを外してプラグを見ると、なんと10mmぐらい抜けてきていました。

どうも振動で少しずつ抜けてきてついに動かなくなった模様。

Imag1393

プラグもグラグラ動いていたようで、ねじ山もちょっと怖い感じでしたが、何とか大丈夫でした。
まあ、プラグは錆びまくりで、頭も削れているので問答無用で交換です。

で、これで掛かるかなと思ったら、全く掛からず...

プラグも濡れないので、キャブもバラします(リアショック抜かないと取れないので、みんな面倒なのかキャブが汚いものが多いです


Imag1398

案の定ヘドロのような物が多く、スロー系もキッチリ詰まってました。


Imag1399


エアクリーナーエレメントも土色だし、ボックスも長年のフィルターオイルのヘドロとかでコネクティングチューブの中まで汚い状態でした。

Imag1403

ここまで見たんだから、ついでにバルブクリアランスもチェック。
ちゃんとそろっていました5箇所とも!

いや、インテーク側がエキゾーストと同じ数字でした(広すぎる
しかも、わざわざシムを削ってその数値になっていました(バルタイ変えたかったのか?

いちおう規定値に戻しておきました。

カムチェーンテンショナーのガスケットは、使いまわしすぎて切れて端っこが無くなってました。

Imag1408

キャブは洗浄して、スロットルポジションセンサーの調整をして、ダメなOリングを数個交換しました。

Imag1404

本当はニードルも削れているので、交換した方がいいんですが、まあ乗れなくは無いかなという感じで今回は一応このままで。

ガソリンを入れ替えて、キック2発で掛かりました。
オイルを点検すると入れすぎてて、いくら左に傾けても油面見えませんでした...

ハスクバーナSMR450Rのフレームも塗りあがってきました。

Imag1410

ウレタン塗装の半艶です。
さすがカラーズは仕上がりが綺麗です。
やっぱりウレタンが仕上がりは一番綺麗ですね。

さあ、今週もがんばります!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

明日はMINI+MOTO選手権!

SMJ熊本HSRが行われている明日、SUGOでもMINI+MOTO選手権が行われます。

SUGOに行っておりますので、明日は夕方より店を開ける予定です。

売れました、ありがとうございます!

しつこく中古車両の御案内です!
Dscn2033


DRZ400SM 2006年式 走行2.5万km 35万円(車検2年つけて県内登録税込42万円)

Dscn2034

FCR、レーサーカム、FMFフルエキ、SDGステップシート、チューブレス、大径バーハンドル、ハンドガード、モタードペグ等々


Dscn2035

お問い合わせお待ちしております!!
メールはコチラから!(DRZ400SMの件でと入れてください)


次はお奨めオイルの御紹介です。
広島高潤(Hiroko)のオイルです。
Imag1157

左から
「KZ4ST SPECIAL EXTRAVersion10w-40」 ウチでメインで使っているオイルです。モタード車両なんかにはちょうど良い粘度です。レーシングマシンにお奨めです。 1L 3564円(税込)

「Expert special 10w-40」 コチラは半合成油ですが、よくある純正オイルの比較的真ん中チョイ上くらいに相当します。こちらは市販車にお奨めです。 1L 2268円(税込)

「4ST SPEC-R 5w-30」 低粘度指定の車両には、コチラをお奨めします。また2stマシンのミッションオイルにも良いです(ミッションの入りや、クラッチの切れが良いです。 1L 3240円

「ボローニャ 15w-50」 ドゥカティ用に作ったそうですが、ヨーロッパ製のモタードマシンは高粘度指定の物が多いので、コチラがお勧めです。XRなんかの空冷マシンにもお奨めですよ。 1L 3240円

一番右は添加剤で「ヒートカット」といいます。ミッションの入りが凄く良くなります。熱ダレにも良いですし、トルク感も出ます。1本2052円(税込)

オイルは3000円代の物で、他メーカーのオイル5000円代の物よりも良い物だと思います。
是非一度お試しください!
広島高潤のHPはコチラから!

作業の方は、'09 TE250RにSTMスリッパーの取り付けとオイル交換、シートのステップ加工を行いました。


Imag1136

証拠画像!


Imag1137

お客様に表皮をつける前にまたがってもらって、形状の確認をしてから完成させました。
やっぱりこのカタチはカッコイイなぁ。

さて、やっと作業台や棚が空いたので(いままでエンジン3基バラして有りました...)、KTM690とSMR450Rのエンジンをばらしたいのですが、腰をちょっとやってしまったので、軽いSMR450Rからバラします(スミマセン。

いろいろとチェックしながらバラします。
オイルを抜いていたら、クランク側のドレンが齧って取れないので、タガネで叩いて取りました。

Imag1146

アローのチタンエキパイは、中間パイプが1/3ほどクラックが入っていました。

Imag1147

キャブがえらい傾いて取り付けられていました...

Imag1148

スプロケガードが舐めてる...

Imag1149

サイレンサーはかなり軽かったので、開けないとダメなんですが、今回は見送りで。
ただ、このまま乗っていると中のパンチングが折れたりして、もっとお金が掛かったりします。

あいかわらず合いマークは、いまいち合っていませんw

Imag1150

バルタイを計測してからバラします。

Imag1153

カーボンは多めですね。
原因はバルブガイドのクリアランスとピストンリングどっちもでした。


Imag1154


バラバラにして...
Imag1156


各部を計測していきます。
Imag1161


Imag1163

スリッパークラッチはメインスプリングのスプリングシートが入ってなくて、寸法が足りなくてバネにアタリが...

Imag1164

インナーハブも段付きが出始めてるので、本当なら交換したいところですね。

Imag1165

ステムベアリングもアタリが付いてるので交換です。

Imag1167

ブレーキパッド裏に塗るグリスとしては、ちょっと量が多いですね。
レーシングには塗らなくて良いですよ。

Imag1169

あとパッドピンのクリップは、専用品を使いましょう。
ピンが抜けたらしゃれになりませんから...


Imag1168


今回はフレームも塗る事に。
ウレタンで綺麗に塗ります。


お次はWR250Rのモタード仕様、タイヤとチェーンスプロケ、オイル交換です。

Imag1170

ココまで使えばというか、もうコンパウンド層越えて使ってるしw

isaのフロントスプロケット、、カッコイイ肉抜きですね(裏はもっとカッコイイ)。

Imag1173

相変わらずこのホイールはスプロケ交換がやりずらい...
専用にスパナを使ってやっとです。

Imag1171

薄いでしょ。

それと、ニップルの頭が飛び出すぎなんで、チューブレスにしたいって言ってたけど、ちょっと大変なんだよなぁ。

Imag1172

こんもり...


チェーンはDIDのVT2です。
WRや今の市販車は、騒音対策でスプロケにゴムが貼ってあって、これがすごいフリクションなのと、チェーンも幅が狭くなる=重量が減るということなので、これだけでチューニングしたのと同じ効果があります。


Imag1175

タイヤは前後スーパーコルサです。
今までのα13から比べると、めちゃくちゃ細いです!
後はオイル交換とKTMの減圧バルブつけておしまい。


Imag1176

明日はハンドルロックの中に鍵が残ってしまったのを、まとめて除去するWRE125をやる予定です。
隣の最終形TE250Rはフロントに加圧ダンパーフォークが付いてる良い奴なんですが、たぶん3年近く動いて無いので、ちょっと気をつけてバラして動くようにして、さらに車高を下げる予定です。

明日も暑そうですね、各地でレースがありますが、皆さん気をつけてください!


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

明日から

スポーツランドSUGOでは、全日本ロードレースが行われます。
スポット参戦の地元、横江選手やヨシムラからJSBに参戦するちょっと前までSMJに参戦していた濱原選手、ヤマハファクトリーからは同じく野佐根選手と、是非みんなで応援しましょう!

SUGOさんのHPはコチラから!

翌週は、同じくSUGO西コースでMINI+MOTO選手権が行われます。
SMJ九州に行かれない方は、是非!

さて、GW中もずっとお仕事をしておりましたが、なかなか進まず、すっかり予定の倍以上の時間を使ってしまいました。

やっていたのは'16 CRF450Rのサスペンションモタードモディファイです。
フロントのエアサスはKYBなんですが、各メーカーや年式、排気量によって中身がかなり違うので、なかなか大変です。

Dscn2039

以前バラした'16 RMZ250との相違点は、伸び、圧が左右で独立している(左が伸のみ、右は圧のみ)。
トップアウトスプリングの長さが違う(CRFの方が短かったです)。

カシメを飛ばしてロッドを取り出して、ダンパー部をバラします(左右で違う構造になります)。


Dscn2043

車高を30mm下げて、細かい加工をして組み立てます。


Dscn2046

カシメをプレスで再現して、後は普通に組み立てます。

次はリアショックなんですが、これも'16 RMZ250と違い、伸びがショック下側に無い物でした。

Dscn2049

ガス圧はちょっと低いですね。


Dscn2050
リアも車高を下げるので、バネスペースが足りないので、座金を削ってスペースを作ります。

Dscn2051

エア抜き部分も新設します。

Dscn2052

今回はEIBACHのバネを使って組み上げました。

前後とも低速の厚側が付けられない、なかなか難しいショックでした。
ただ、エアサスって乗らないと分からない(押しても分からない)ので、お客様に乗ってもらうまで不安です。

同時にオイルキャッチタンクの製作を頼まれていましたので作るんですが、取り付け場所にかなり悩みました。

Dscn2053

タンク自体は'14CRFと同じ寸法の物を作って、ステー類をかなり変更して切り出しました。


Dscn2055

ヘッドからのホースは、純正を延長して使います。

Dscn2056

ブローバイのホースはコネクティングチューブの途中に入るので、プラグを作って(ジュラコン)ホースはエアクリーナーに入れます。

Dscn2057


Dscn2060
ホイールなどはお客さんがご自身で取り付けるので、低いモトクロッサーの出来上がりです。

Dscn2062

調子良いといいんですが...

そんな比較対象にした'16 RMZ250に使っているアクラポッチにグラスウール交換。


Dscn2063

2/5はウールが無くなってました。
でもこれでも音量が余裕で通るんですね。

Dscn2065

お次はFS450のリアバネ変更とスリッパークラッチのレート変更。


Dscn2067

リアショック外すのに、スイングアームを外すという...

Dscn2068

スリッパーのセカンダリーバネをレートアップ(エンブレ強め)に変更。

Dscn2069

それとリアブレーキのリターンスプリングが5回乗ると切れてしまうので、CRFの物に変更。

Dscn2070

コレで切れないと良いんだけど...


そしてもうひとつハマッていたのが、ヤフオクで購入したCRF150Rの整備でした。
とりあえずエンジンの調整、キャブの調整(ホットスターターがちゃんと付いていなかった)、クラッチレバー、ホルダーの変更(ワイヤー等の取り回しも変)、スロットルの戻りが悪い。
それ以外も突っ込みどこらが多いのと、泥がこびりついてて普通の洗浄では落ちなくて、見積を作る前段階でかなり時間が掛かる事に...


Dscn1998

2時間ちょっと洗って店の中に...
ハンドルのセットがトライアル車のようです。


Dscn1999

ワイヤーがものすごい取り回しで、無理が多い曲がりです。
それとフロントゼッケンの上部はカットしてはいけません。
ジャンプした時にブレーキホースが引っかかってしまいます(モタード車両でも処理が悪い車両が多いです)。


Dscn2002

フロントブレーキホース、中が見えてます...


Dscn2005
ホットスターターワイヤーの向きと取り付けが変です。


Dscn2009

中でワイヤーはすっかりへんな曲がりがついてまして、さらに曲げ部分の金属チューブの取り付けが逆で、それを無理やり取り付けてありました。


Dscn2012
なんでしょう、この液体ガスケットは...

Dscn2014

スロットルワイヤーは錆びて引っ張っても出てきません...


Dscn2015

ハンドルもスロットルと擦れる部分が、すっかり削れてへこんでいます。


Dscn2016

ミッションブリーザーホースがエアクリーナーに戻すのに、車体下から出ています。


Dscn2017

キャブのバンドは、指定の位置じゃない向きで無理やり締めこんでありました。

カムはホットカムが入っていたのですが、バルブクリアランスはIN、EXとも同じ数値でした(驚
で、カムスプロケを固定しているボルトは、すっかりナメ始めてました...


Dscn2018

ちなみにカムチェーンテンショナーのボルトのガスケットが入っておらず、ものすごいトルクで締め付けてありました...

キャブは、ドレンが皿のようになるくらい変形するほど締め付けてありました。

Dscn2023

まだまだ突っ込みどころ満載ですが、いい加減修理に入ります。

まずはキャブを洗います。

Dscn2071

いままで開けたFCRの中で、一番汚れていました。
埃とオイル分とアルミの削れたカスが、びっちりこびりついていまして、洗浄に2時間以上掛かりました。


Dscn2073

スロットルバルブのプレートもすっかり剥げているので交換です(9000円位します)。


もうボディーもすっかり減っています...

Dscn2074

ジェット類も変更して、ネジ類も全部舐めていたので交換して、Oリングも全部交換しました。
スロットルポジションセンサーも抵抗値を見ながら調整して組みなおします。

Dscn2075

バルブクリアランスを見て、シムを変更。
組みなおしてカムスプロケをつけるときに、何か変だなと...

あ、カムチェーン外れてる!!

普通は外れないんです(下側)、外れないように下側にプレートが付いているんです。
で、外れると言う事は、それが無いか、それとも曲がっているのか...

しょうがないので左のカバーを外して、フライホイールを外して確認。

Dscn2079

曲がっていました。
曲がっていたと言う事は、チェーンが飛んだか、無理やり何かやったのか...


Dscn2081

触れば触るほどだめな所が出てくる...

ハンドルもレンサルのCRF150R大人用の物に変更。

Dscn2083

スロットルチューブとグリップは、お客様の用意した物なんですが、これも10年前から進歩が無いですね...

Dscn2084

スロットルホルダーを締めると、動きが悪くなる...
一部削って、バリを取って使えるように...

グリップはPROGRIPなんですが、スロットル側は長く、そしてスロットルホルダーと接触してしまうので、離して接着します。

Dscn2087

リアブレーキローターも変形していたので、リアホイールを外すと何故かスイングアームのアクスル部にグリスが超てんこ盛り...

Dscn2085

なんでしょう、これは何かのおまじないなんでしょうか...

Dscn2088

キャブのセットを出してみますが、キャブが減ってるのと、加速ポンプの出すガソリンの量が多くて、アイドリングを落ち着かせるのに苦労しました。

なんとか乗れるレベルになりましたが、結構お金掛かりました。
ヤフオク車両には注意しましょう。

さて、やっと全バラ車両のKTM690とSM450RRをバラススペースを何とか確保しました。
今までエンジン3基バラしてあったので、バラス場所が無かったんです。

今月もあっという間に中盤です、がんばります。

続きを読む "明日から"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

中古車情報!

シンプルに中古車の御紹介のみです!

2006年式 DRZ400SM 
Dscn2033


走行2.5万km
FCR、レーサーカム、FMFフルエキ、SDGステップシート、チューブレス、大径バーハンドル、ハンドガード、モタードペグ等々

35万円(税抜)
車検2年付きますので、諸費用込みのお値段は、お問い合わせください。

Dscn2032

カム入ってるかは、開けて確認しました。
ついでにバルブクリアランスも確認しました。

気になった点、スロットルのグリップ廻りの取り付けや、ワイヤーの取り回しが悪かったので修正。

Dscn2030


Dscn2028

どっちも危険です、修正しました。


Dscn2034


Dscn2035

FMFも修正しないと組めませんでした...


Dscn2026

売れたら、サイレンサーの位置も変更しないとダメだな。

お問い合わせはコチラから!

件名に「DRZ400SMの件で」と入れてください。

宜しくお願いいたします!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

もう3月も最終週ですね...

確定申告もなんとか終わらせまして(最終日の夜7時半に送信しました)、お待ちいただいている仕事を進めておりました。

ですが、4/2(日)は日光サーキットで行われるモタード耐久にお客様と参加してきます(お店は休みとなります)。

お待たせしておいてなんですが、でもこういうイベントには台数を集めておかないと、開催されないようになってしまいますから。
エビスサーキットさん、モタデューロの告知がありませんねぇ、昨年一回しかなかったモタデューロが、台数が少なくて開催されなかったので...

日光サーキットのモタード耐久は、まだエントリーに間に合います。
敷居はものすごく低いですw
エントリーはこちらから!

4/16には、SUGOでモタゴッコもあります。

00087_main


エントリーはスポーツランドSUGOのモタゴッコのページからお願いいたします。

SUGOモタゴッコのページはこちらから!

今回のモタゴッコは、午前中Mパーク(メインゲート脇の多目的広場)と午後はビギナーズフィールド(オフロードコース)での練習会になります(西コースの走行はありません)。

さて、また作業を大体の時系列で...

まずは遠く九州からお預りした、TTR250のリアショックオーバーホール。
Dscn1793

たぶん初バラシなんでしょう、20年以上経ってますから、中身はものすごい真っ黒なオイルと、ガスはすっかり無くなってました。

そしてTTRでよくある、アッパーブッシュのカラーが、錆びて取れません。


Dscn1795

以前にも何回かやったんですけど、かなり苦戦しました。
今回はVipro'sのマリンルブリカントを吹きかけて、一晩置いておいたら、軽く叩いたら抜けてくれました。
やはりこのケミカル、かなり優秀です。

このショック、リザーバーに行くホースもやばそうなので、代替品を探してちょっと保留です(もう見つけましたが)。
SOQIももう部品が出なくなるそうで、コレからますます大変でしょうね...

頼まれていたブーツセーバーを、ワンセットだけ製作しました。

Dscn1796

お次はCRF250Xの前後サスモタードモディファイ。
だいぶお待たせしていたので、一気に終わらせるつもりが、ちょっとはまりました。
CRF250XとCRF250Rは結構部品が違いますので、注意が必要です。
そしてCRF250Xはバネレートがかなり低い物が入っているので、コレを替えないとどうにもなりません。


Dscn1798

スプリングシート固定用のCリング溝は、プリロードを多く掛けられるように、3本ほど強くなる方向に多めに溝を切っておきます。


Dscn1799

シムを選定して組みなおします。
車高調整のカラーも作って、入れてあります。

CRF250Xは加圧ダンパーのレートが低かったり、ダンパーロッドが研磨された鉄だったりと、細かく違います。


Dscn1800

走行距離は少ないそうなんですが、年数が経っているので消耗品は一通り交換しました。
画像はありませんが、右側のインナーチューブに、大き目の傷があり修正して組みなおしました。

お次はリアですが、ガス圧を計るとかなり低い状態でした。

Dscn1802

大抵8k台なんですが6kだと、ちょっとダメですね。

で、ばらして洗浄してロッドに錆を見つけてしまいました。


Dscn1806

全ストロークの真ん中辺りなので、これはちょっとダメです。

手持ちのロッドのから長さが同じ物を見つけて、交換しました。
CRF250Rの物なので、下側のナットがアルミです(CRF250Xは鉄です。細かい部分がコストダウンなのか鉄です)。


Dscn1807

なんとか完成しました。


Dscn1809

お次は'12 YZ250Fのスイングアームショート加工です。
今回はスイングアーム右内側を抉る加工もするので、いつもよりも大変です。

とりあえず洗浄して状態を確認します(脂分があると溶接が出来ませんから)。

Dscn1811

シャフトやスライダーの状態は、良くありません。
シャフトは腐食や錆が出たりすると、ホイールのベアリングにも悪さしますし、作業性も悪くなります。
また、ねじ山も使っているうちに悪くなりますから、定期的に交換しましょう。

Dscn1814

シールリップも1/3は、潰れたまま押し込まれていました

Dscn1816


スイングアーム自体は、右に寄っていて左が低い状態でした。
Dscn1818

ジグに合いません...

まあ、こういうのは新品から良くあるのですが、片方に寄ってるのは、ジグとの位置関係が悪くなるので、ちょっと厄介です。

チェーンガイドの皿ザグリも、やり直しておきました。


Dscn1820


Dscn1821

寸法を作って、カットしていきます(今回は時間が掛かりました...)。


Dscn1822

内側の抉る部分です。

Dscn1823

YZは抉ったっことが無かったので、少しづつ切って中を確認しながら、切り込んでいきます。

ブレーキガイドや...

Dscn1825

チェーンガードのステーもジグにセットして...

Dscn1824

そうなんです、スイングアームの位置がずれると、このジグが使えないんです。

チェーン引き部分とアームの部分は、過去最大に隙間が開いています。


Dscn1826

3重に溶接して、強度を確保します。
熱を入れる量が変わるので、ひずむんです...


Dscn1827

途中で修正しながら、寸法をマメにチェックしながら溶接します。
左右の高さ違いや、ズレも修正してあります。

お次はまだやってるんですかといわれるDRZ400SMです。
車検は通したので、仕上げに入ります。
まずはSDGのシートを削って良い高さのシートにします。


Dscn1830

ものすごい高さの差が有ります。
私が乗っても高すぎです(ステップから遠すぎます)。

シート表皮をめくってケガキをして...

Dscn1831

削っては座ってを何度も何度もやっていきます。


Dscn1832

シート表皮も硬くて、久しぶりにヒートガンで暖めながら引っ張って張りました。


Dscn1833

お次はグラフィックを張りこみます。
元々貼ってあったグラフィックをはがすのが、めちゃくちゃ大変でした...

そしてDRZはグラフィックを貼るのが、かなり大変なんです!

で、やっと完成です!

Dscn1842

カッコイイ!

Dscn1843


Dscn1844

コンセプトは「開幕前のテスト時のMOTOGPマシン風」で、スズキなのでバリーシーンのゼッケン「7」を入れてもらいました。
まあ、他にもいろいろと注文はしたんですが、製作してくれたウランコアデザインズさん、ありがとう!

で、出来たのはいいのですがセットアップをしないといけません。
足もエンジンもいろいろと替えたので、バランスを取らないと...

で、足のほうはいいんですが、燃調はちょっと大変です。
あえてのノーマル負圧キャブなんですが、これがジェット替えるだけでも大変!


Dscn1849

で、外は雨が降ってくるという...

明日も天気悪いのね...

ということでお次はYZF-R3のリコール修理(2回目)。
とりあえず洗車して、バラしていきます。

Dscn1845


相変わらず慣れて無いので、マニュアルガン見して、ばらして組みなおします。
Dscn1848

動作確認して完成!
ついでに軽い点検をしておしまい!
R3はカッコイイので好きなんです。

Dscn1846

ふふっ、なんかかわいいw

さ、明日は売れたSM250Rも少し進めないと...
今週もがんばります!

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧