2018年2月 7日 (水)

モタゴッコ日程が決まりました!

スポーツランドSUGOさん主催の「モタゴッコ」、開催日程が決まりました。
5/6(日) Mパーク+西コース
6/3(日) Mパーク+オフロードコース
8/12(日)西コース
11/23(金祝日)西コース

西コースで行われるmini+moto選手権の日程も発表になりました。
6/3(日)、7/15(日)、9/23(日)

さあ、皆さん予定に入れておいて下さいね、一緒に練習+レースしましょう!!

それと、今回問い合わせがあったので書かせていただきますが、私自身が他のコースとかでスクール等の講師を行う事も出来ます。
もう18年もモタードマシンにも乗っていますので、マシンのチェックや最近のトレンド、方向性、練習方法などノウハウは持っている方だと思います。
いろいろと御提案は出来ると思いますので、そういうのを企画したい等あれば、御相談ください。

お問い合わせはコチラからお願いいたします(メール)。

さて、まずはKTM50SXのクラッチ修理。
今回はベースプレートやハウジング等削れていたので、なかなか良いお値段となりました。
Img_20180122_175927

組み立てて完成。

Img_20180122_214446

お次は2015 CRF450Rのエンジンオーバーホール(リコール含む)。

バラして洗浄して...

Img_20180124_224902

右ケースは新品にして、ベアリングを入れて、左はベアリングを入れ替えます。

Img_20180124_235946


ヘッド、ピストン、バルブ(排気)は再使用するので、カーボンを落としてきれいにします。
Img_20180125_212533

ヘッドはシートカット、擦り合わせを行います。

Img_20180126_192248


クランクはフレが大きいですが、ガタが少ないので再使用します。
Img_20180126_224516


規定値をはるかに越えてフレていますが、これを修正してピンを溶接します。
Img_20180126_233926

冷えたらまた修正していきます。

Img_20180127_002929

いつも開く方向と反対側にフレているので、少ないフレなので無視します(どうせエンジン掛けたら、すぐ開くし)。

シール類を取り付けて(何気に一番やりたくない作業なんです。大き目のオイルシールを平行に入れるのは、気を使います)。


Img_20180127_191057

ミッションはドグやあたりを確認して、修正しながら組みなおします。

Img_20180127_221359

スリッパーは、エンブレが少ない仕様で組んでありましたが、意外と消耗していました。

Img_20180128_144620

クランクケースのセンターがスケットは、クレイジーMCさんのメタルガスケットを使っています。

Img_20180128_154239

オイルポンプ周りに液体がスケットを塗るのがちょっと大変ですが、クランクのフレを押さえてくれるのを期待しています。


Img_20180128_183630

バルブクリアランスを取って、エンジンは出来上がりです。

さて、車体に載せる前に、補機類もきれいにしておきます。
スロットルボディは意外と汚れてます。

Img_20180128_194735

クラッチレバーホルダーの遊び調整部が、ネジが出きっていて、端面がつぶれてねじ山が舐めていたので修正しました(M8の左ネジです)。


Img_20180128_225503

水温センサーに行く配線が、レギュレーターに触れて被覆が溶けていました。

Img_20180128_232030

がんばってエンジンをねじって積み込みます。


Img_20180128_232915


さて、ココからはこのマシンの気になったところです。

ハンドガードの取り付けがあまり良くありません。

Img_20180129_122932

ジュラコンのスライダーと共締めで(締め付けトルク不足。すぐ動きます)、曲がりもあっていないので端面が開いていますし、グリップとも触れています。

Img_20180129_122912

ウチで整備したKTM450SMRです。
ハンドガードからグリップが離れているのは、ハンドルを短くしたのと同じ効果を出す為です。
端面も合っています。


Img_20180129_154734

上のほうで中途半端にM8のボルトが斜めになっているのが見えると思います。
本来なら真っ直ぐじゃないとダメなんです(サイレンサー取り付けボルトです。転倒で曲がったままでした)。

フロントフォーク左の内側にタイヤが触れた跡があります。

Img_20180129_170200

反対側にはありません。

Img_20180129_170207

センターがずれているようです。
このTALONのホイール、ブレーキローター座面もノーマルとは位置が違いました。
社外品は、寸法を疑って掛かりましょう(マルケジーニは大丈夫ですよ!)。

他にも何点か問題のある部分が有りましたが、これはやってしかるべき部分になります。


Img_20180129_191037


とりあえず私の受け持ちの部分は終了しました。
ただ、後からキャッチタンクの製作を依頼されましたが...


ハスクバーナ 2005年 SM510R用のグラフィックが出来てきました。
Img_20180130_163226
今回はイタリアンハスバーナに現行のハスクバーナっぽいカラーリングというオーダーで、ウランコアデザインズにお願いしました。

ついでに当店のショップステッカーとフォークデカールもなくなってきたので製作しました。

フォークデカール、1セット3456円になります!!


お次は注文をもらっていた、bremboブレーキマスター(ラジアルφ16×18専用)用オイルタンクステーの製作。

Img_20180131_223524

切り出して...


Img_20180131_234830

曲げて、修正して、仕上げして完成!

Img_20180201_163849

1個4320円になります(ボルト付き。ホース、オイルタンクは別途)。


Img_20180201_163916

さて、次はKTM450SMR用オイルキャッチタンクの製作です。

設置場所を決めて、箱のサイズを決めて、ステーの寸法を決めます。


Img_20180202_191420

ステーを決めるのが一番大変です。


Img_20180203_233058

今まではスロットルボディとエアクリーナーボックスの間のコネクティングチューブに、ブローバイホースが戻っていたんですが(おかげで盛大にオイルまみれ)、今回はエアクリーナーボックスに穴を開けて戻しました。

で、コネクティングチューブに残った穴をふさぐプラグを作ります。


Img_20180203_231403

純正のホースを短く切って、この製作したジュラコンのプラグを入れます。

お次はリアショックの仕様変更(車高変更)なんですが、そのためにサイレンサーを外すと...

Img_20180204_150303

ネジが浮き上がって、排気漏れしてました...

バネを一回外して、伸びきり付近のリンク比を調べます。

Img_20180204_215715

寸法が分かったので、これで作るべき部品の寸法が出せます。

リアショックをばらして...

Img_20180204_233135

車高調整のカラー、短い物を作ります(今回は車高で10mm上がるようにします)。
しかし、WPのリアショックオイルって、カブトガニの血液みたいな色だな...


Img_20180205_183844

左がいままで付いていたもので、右が今回製作したものになります。


Img_20180205_224020

結構違います。

で、このタイプはガスを入れられないので、お願いする為に外注さんへ。

お次はやっと買ってこれたSR400の整備です。
Img_20180202_153727


エンジンの掛かりは良かったのですが、チェックはします。

Img_20180206_235127

圧縮も十分にありました。
Img_20180206_204409

タペットクリアランスを取り直して、テンショナーも調整したら、えらい静になりました。

キャブもバラして消耗品を入れ替えます。


Img_20180207_002158

さあ、がんばって仕上げるぞ!

確定申告もやらないと...


続きを読む "モタゴッコ日程が決まりました!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

新年あけましておめでとうございます。

平成30年 あけましておめでとうございます。

本日より営業しております。

今年は「GARAGE OPB」を始めてから、15年目となります。
毎年どうなる事かと思いながら、なんとか続けてまいりました。
今年も、どうかひとつ宜しくお願いいたします。

まずは中古車両のお知らせです。
以前から紹介しているDトラッカー125(KLX125仕様)。
2011年式 Dトラッカー125 走行2225km(メーターを外して、お遊び草オフロードに2回出場。メーター表示は1000km台)
Imag2233


Imag2235

動画をとってみました。

エンジン始動後にカタカタ鳴っているのは、バックミラーです(異音では有りません)。

237600円(税込)

・ZETA テーパーバー、ピボットレバー
・前後アルミ黒リム&MXタイヤ(KLX125ノーマルホイールASSYアリ)
・DELTAフルエキ
・ツインエアー エアクリーナーエレメント
・KLX140アルミスイングアーム
・SHORAIバッテリー
・ノーマルエキパイ、サイレンサー
・シート張替え

タンデムステップやノーマルハンドル、ノーマルウインカー、スイングアームはありません。
外装はマディのレースに出てしまったので、小傷は多いです。

お問い合わせはコチラから(「Dトラッカー125の件で」と件名を入れてください)。

2018年式 CRF250R オイルキャッチタンク 残り3個(今後製作予定はありません)。
30240円(税込 ホース、バンド等付属します)。


Imag2333


Imag2334


Imag2329

年末のblogで在庫有りと言ってましたが、材料を切り出しただけでまだ作っていなかったので、正月休み中に製作しました。

お問い合わせはコチラから(「CRF250Rキャッチタンクの件で」と件名に入れてください)。

年末最後の仕事は、WR250Rレーサーの整備でした。
ゼッケン化したいとの事でしたが、フェンダーも交換する事になるので、あえてライトユニットを外して、カバーを取り付け、フェンダーはカットしてみました。


Imag2311

ネジは付属品がユニクロメッキで目立つので、黒クロメートのものに変更。


Imag2312

フェンダーもカットして、それにあわせてグラフィックもカット。

Imag2317

ステップも80年代風な細い純正から、いまどきの広いタイプに変更。

Imag2313

ついでに転倒して曲がっていたチェンジペダルも修正。

Imag2322

リアブレーキもパッド交換、洗浄、ブーツ等の交換をやりました。

Imag2314

ピストンがずいぶん出ていますし、傷や汚れも目立ちます。

パッドは新品と比べるとこんな感じです。

Imag2315

パッドはどうしても斜めに減るので、減ってくるとブレーキペダルの踏みしろが増えます。
半分ちょっと使ったら、替えた方がフィーリングが良いでしょう。


Imag2316


なんとか年内に納車が出来ました。

Imag2320


皆様、今年も宜しくお願いいたします。

続きを読む "新年あけましておめでとうございます。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

年末年始お休みのお知らせ

すっかり年の瀬も押し迫っております(遅くなりました...

12/30~1/3までをお休みとさせていただきます。

まずは宣伝です。
2018年式CRF250R用オイルキャッチタンクを作りました。

Imag2302


Imag2310_2

30240円(税込)
ホース、ホースバンドが付属します。

お問い合わせはコチラから、メールでお願いいたします(件名に「CRF250Rオイルキャッチタンクの件で」と入れてください)。

いまのところ在庫は5個のみです。
この車両は納めてしまうので、ジグは作っておりません(無くなったら作らないと思います)。
御注文お待ちしております!

まずはすぐ終わると思ったら、意外とやる事多かった(いつも言ってる気がしますが...)TX125のモタード化。

まずは、以前FS450に使っていたマルケジーニを履かせようとしたら、シャフト径や左右ので入りが違ったので、輸入元のホイールテクノロジーさんからカラーを買って、さらに追加工して履かせました。

Imag2250

ブレーキもφ320ローターとかサポートがパワーパーツであるのは良いですね。


Imag2264

車速センサーがプラプラすると嫌ななので、ネジ止めのベースをつけて取り付けます。

フォークガードを切ったり、車速センサーを取り付けられるように色々と加工して、フロントは完成。

あ、FフェンダーはFS450の物を流用しています。

リアはガード類を撤去して、きれいにして細かい修正をして組み付け(カラーは変更)。

ナンバーをつけようと思ったら、取り付けベースが曲がってるし、出っ張ってるのが気に入らず...

Imag2254

皿ねじでリフレクターベースを取り付けます(用加工)。

Imag2259

サイドスタンドも長いので、カットしようかと思って構造を調べます。
どうやら先端の樹脂パーツ、圧入してあるだけっぽいので、カシメを飛ばしてバラします。

Imag2256

旋盤でカットして、穴をザグリ直します。

Imag2257

ポンチ打って完成。

Imag2258

ノーマルのハンドガードが、端が下がっているのがなんか嫌で、CYCRAに交換したんですが...

ちょっとコレは...

Imag2284

ネジの取り付けピッチが2mm以上あってないんですけど...

まあ、加工して着けましたけど、ちょっとひどいな...

Imag2287

とりあえずのモタード仕様完成です。
フロントに14丁つけようと思ったら、クラッチレリーズとクリアランスが無さ過ぎて、ちょっと危険なのでリアのスプロケを変更してロングに振る事にします(年明け予定)。

ま、かっこよくなったので良しとしましょう。
出来たというか、コレがスタートラインです。
これからセットを詰めて楽しいマシンにしていきましょう。

お次はウチでは珍しいスクーター、BW'S125です。

Imag2265

これもなかなかなんですが、オーナーは台湾仕様の黄色が欲しいというので、外装一式を取り寄せました。


Imag2266

キャリアがグラブバーになるんですが、こっちのほうがスポーティーで良いですね。

お次は納車をお待たせしてる'18 CRF250Rの納車整備です。

まずはフロント周りをばらして...

Imag2272

あら、ステダン付いてないんですね。
でも、ステダン取り付けネジ穴は、そのまま残っています。
まあ、必要なら取り付け可能と言う事なんでしょう。


Imag2273

ステムはアッパー側のベアリングは、グリスがほとんど塗ってありませんでした。

タンクキャップには、ワンウェイ入っていないんですね...

チタンタンクは、バリが多いので、気をつけないと手を切りそうです。


Imag2276

しかし、ロードマシン顔負けにみっちり詰まってますな。

リア周りもばらしてグリスアップします。


Imag2280

ちゃんとスラストベアリングもやります。


Imag2282

全体的に組み立てたところで、オイルキャッチタンクの製作に入ります。

Imag2283

まずはどこに設置するか、大いに悩みまして(今回は3箇所候補がありました)、場所を決めたら圧紙とかで寸法を調べて、簡単に設計して容量や形状、ステーなんかを決めていきます。


Imag2289

ココまでが長いんです...

で、大丈夫となれば部材を作っていきます。
このCRF以外に5個作る予定なので(在庫分です)、口金やなんかを切り出して加工しておきます。

Imag2293

ココまで来ればできたも同然です!

溶接して完成。


Imag2297

実際に取り付けて、不具合が無いか確かめます。


Imag2310

あと5個在庫あります(コレがなくなったら作りません)。

皆様買ってくださーい!!

というわけで、まだ仕事ですけど、今年も皆様ありがとうございました。
良いお年を。


続きを読む "年末年始お休みのお知らせ"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

12/16(土曜日)は、お休みとさせていただきます。(他お知らせ)

MFJ表彰式にくっ付いて行く事になりまして(たぶん式にはいきませんが)、その後のスーパーモト忘年会に参加させていただきますので、お休みとさせていただきます。

翌日曜日は、午後より開店いたします。

宜しくお願いいたします。


フリーペーパーKRAZy、届いております!
Imag2227
早い者勝ちですよー!!

さて、また中古車両の御紹介です。
前回アップしたDトラッカー125(KLX125仕様)なんですが、保安部品を全部つけまして、メーターやサイドスタンドもKLX用に交換しました。

そのかわり、以前紹介した時に付属するといっていたDトラッカー125ノーマルFフォークASSYは付属しません。

その分、少し値下げいたしました!
237600円(税込)

2011年式 Dトラッカー125 走行2225km(メーターを外して、お遊び草オフロードに2回出場。メーター表示は1000km台)

Imag2233


Imag2234


Imag2235

付属品としてKLX125純正ホイールとZETAのブレーキローター。
トレールタイヤも山はばっちりあります。


Imag2176


Imag2177
新品で部品を取って、ほとんど使っていないので綺麗です。
・ZETA テーパーバー、 レバー
・前後アルミ黒リム&MXタイヤ(KLX125ノーマルホイールASSYアリ)
・DELTAフルエキ
・ツインエアー エアクリーナーエレメント
・KLX140アルミスイングアーム
・SHORAIバッテリー
・ノーマルエキパイ、サイレンサー
・シート張替え

タンデムステップやノーマルハンドル、ノーマルウインカー、スイングアームはありません。
外装はマディのレースに出てしまったので、傷は多いです。
ですが、付いている部品等を考えれば、かなりお買い得だと思います。
オフ遊びしたい方、通勤にも使いたい方いかがでしょうか?

お問い合わせはコチラから!(「Dトラッカー125の件で」と件名に入れてください)。


さて、作業内容を全然アップしていませんでした。
まずはCRF150Rの前後サス、モタードモディファイ。
リアショックは他所で作って、数年寝かしておいた物だそうで、ガス圧を計ると...
Imag2093

低っ!


Imag2110

仕様を確認して、消耗品を入れ替えて組みなおします。


Imag2111

お次はフロントですが、インナーチューブに縦傷が多かったです。

Imag2096

全部洗浄して、カートリッジも全部ばらしてチェックします。

Imag2128

今回、前後とも車高の変更は無いので、作業は楽です。


Imag2129

インナーチューブも研磨して...


Imag2131

プリロードも足す為に、カラーを製作したのですが、もう少し足せるように長い物も作ってお渡ししました。

お次はオイル漏れの為に。エンジンを下ろす予定だったSM510R。
ケースの合わせ面からだと思って、とりあえずどこから漏ってるか特定しようかと思って(小さな漏れなら、良いシール材が見つかったので)ばらして見ました。

そしたら、なんと漏れているのは違う場所からでした...

Imag2099

ブローバイホースの根本からちぎれてまして、盛大にオイルを吹いておりました...

さ、次ぎ行って見ましょう!(スミマセン


新型CRF250Rがやってきました!


Imag2200

簡単にチェックして、エンジンを掛けて見ました(納車時、バッテリーの充電は30%程度だそうです。寒いときは充電してからエンジンを掛けないとダメですよ)。
Imag2199

さて、キャッチタンクを作らないと...

'18 CRF450Rのキャッチタンクも数個頼まれてますし、KTM450SMRに、他にも何個か...
早くやらないと(焦


あ、CBR250も整備したのに、画像が一枚も無い!!

カウル外すの苦労したのに...


お次は'17 TX125!


Imag2132


モタード仕様にします。

とりあえずオーナーは、以前FS450に乗ってまして、それ用のマルケジーニを丸々残してあったので、それを付けて見る事にします。

Imag2246

計って、カラーを加工します(違うカラーをさらに追加工するんです)。

この寒さの中、2stのセッティングだし出来るのか(昨日雪が降りました

ウチでいつも整備をするWR250Rのモタード仕様、「大森さんフロント廻りが変なんです!!」と言うので、バイクを預かる際に押してみると...

ああ、これはフロントのブレーキパッドが無いな...


Imag2182

見事に無くなってまして、しかも想像通りバックプレートが反っておりました。


Imag2183

ローターが...

しかも左のFフォークだけ、微妙に漏れてまして、何でかなとバラしてみると...


Imag2184

シールの中から小さな破片が...

なんとブレーキパッドの破片でした。
すっかり無くなって、端っこのほうのパッドが、ちぎれてそれがシールに付着、そのまま潜り込んでシールを切ったようです。

メタルにも傷がちゃんとありました。

Imag2188

パッドの残量はちゃんと見ましょう!
特にオフロードキャリパーのままビッグローターにしている方は、パッドが元々薄いので、ある日突然無いみたいな感じになります。

売れたKLX125も整備します。
ステムの動きがおかしかったので(かなり重かった)、バラしてみると...


Imag2202

締め付けがアホみたいにキツかっただけでした。

カワサキめ...


Imag2203

洗浄してちゃんと組みなおします。

リアのホイールベアリングが、片方だけダメでした。
高圧洗車機で洗車して、そのまま1年ほど保管していたそうなので、まあしょうがないかな...

バイクは乗って無いとダメになりますからね。
走行距離が少なくても、乗ってなかったり、年数が経てばちゃんとダメになっていきます。
そして、アナタが思っている以上に、時間が経つのは早いんです!!←誰に言ってるんだw

とか良いながらホイールベアリングを入れ替えて...

Imag2228

ホイールサイズが小さいと、タイヤを外さなくてもプレスに入るから、楽ですね。

プロサーキットのサイレンサーも、ステーに小さなクラックが入っていたので、溶接で補修しました。


Imag2225

お付けする19&16インチホイールも取り付けて確認。


Imag2223

こっちもカッコイイな。

'13 KTM450SMRをお預りしました。

Imag2226

マルケジーニとキャッチタンク等の取付を頼まれました。
この車両も結構低いなあと思ったら、やはりアクセルオン時にフロントが跳ねやすいそうです。
FS450もそうですが、ちょっと設定が低いと思います。
まあ、その辺は予算次第なのですが、なんとかやりたいなぁ...

まだ、お預りできていない方もいらっしゃいますが、すみません順に進めていきますので、お待ちいただけますようお願いいたします。

優先順位は、ウチで車両を購入いただいた方が一番優先となります。
すみませんが、これはお預りする際にお話してますが、御了承ください。

もう、あっという間に年末ですね、がんばりマウス!

続きを読む "12/16(土曜日)は、お休みとさせていただきます。(他お知らせ)"

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

SMJ最終戦茂原&11/23モタゴッコなど...

11/23(木祝日)はSUGO西コースでモタゴッコが行われます!
01


今回は一日西コースになりますので、移動も無く、少し寒い時期にもなりますのでゆっくり目で始めて、早めに終わろうかなと思っております。
寒かったら模擬レースはナシの方向です。

ジャンプ台は置く方向ですが、ダートは無いのでモタードマシンと混走しても良い方なら、ロードマシンでも走れますよ!

_mg_6612


割引のある期間は終わりましたが、まだエントリーできます!

エントリーはコチラから!

インストラクターは、S1プロクラスV2チャンピオンの森田一輝、S1PROクラス千葉智、一般人大森裕記の3名で行います。

お待ちしておりマース!

さて、SMJ最終戦茂原に行ってきました。

毎年なるべく最終戦には顔を出すようにしてますが、今回はSRF宮城FTRチームから、2名がチャンピオンの可能性がある状態で、私の役目は運転手と雑用メカです。

まあ、詳しくはMFJのレポートを見てください。

Imag2059

S1OPENの佐藤選手は1位を獲ったんですが、ランキング1位のトミーが3位に入ったので、1ポイント差のランキング2位!


Imag2058

S1PROの森田一輝は、ヒート1優勝、2ヒート目ははたから見ても緊張しまくりで、なんとか3位で無事にチャンピオンになりました。
今回は、ヨシムラスズキからJSBに出ている濱原颯道がスポットで、同じチームから参戦する事になり、2ヒート目に見事優勝!

一緒に行ったみんなもそれぞれがんばっていました!

見てると走りたくなりますねぇ...

まあ、そんな最終戦に部品間に合わせてと、あわててオイルタンクステーを作ったり...

Imag2039

とりあえず前回からの続きで、'11 CRF450Rのサスペンションモディファイ。
リアショックはエア抜きがしやすいように、エア抜きのネジ穴を新設します。

Imag1984

フロントは毎度の事で、加圧ダンパー部も全部ばらして洗浄。

Imag1986

やっぱり結構汚かったです。

シムを入れ替えて...

Imag1989

インナーも意外と縦傷があったので、旋盤で研磨して...

Imag1993

組み立てて完成!


Imag1995


お次は急ぎでお願いと言われた、WR250Fエンジンのミッションカート用オイルタンクの補修。
鋳物のオイルタンクステーを折ってしまったそうで、溶接で直します。

Imag1990

バラして洗浄してストーブの上で過熱して、溶接しました。


Imag1991

しかもこのエンジンは、ずいぶん前に私が整備した事のあるマシンだった模様。

お金掛かるのよね、ミッションカートは...


お次は前後の足回りとエンジンや総合的に全部整備する事になった、15000km走行の'09 WR250X。

どうせ足回りをオーバーホールするなら、ついでにリバルビングもしましょうと言う事で、なかなかの作業量となってしまいました。

'09でも、もうダストシールはひび割れてます。

Imag2021

まずはリアショックのシールヘッドを製作します。

Imag2002

他にも細かいパーツを製作。

Imag2004

アルマイトに出すので、その間にフロントを進めます。

ステムベアリングは、グリスがあんまり付いてなくて、下側だけアタリが付いていたので交換します。


Imag2000

ステム側のベアリングも打ち変えて...


Imag2015

ハンドルもテーパーバーに変更するので、クランプも交換。
お客様の希望で、幅も短くして取り付けます。


Imag2014

バルブクリアランスを見るのに、ラジエターを外さないとヘッドカバーが外れないので、クーラントを見てみると、なかなか素敵な色でした。


Imag2011

実際はもっと黒っぽいんです...

バンバン外して、ヘッドを見ます。

Imag2012

クリアランスは良い状態だったので、ガスケット類のみ交換で蓋をして、ついでにクラッチケーブルも交換します。

フロントフォークは、アウターチューブにクランプ部の汚れが固着していたので、綺麗にしておきます。

Imag2017

アルミの腐食とかですね。


Imag2018

インナーチューブの錆とかこういうのはセラミックスクレーパーで綺麗に取れますよ。


Imag2023

インナーチューブにも錆があったので(ブレーキ側のみ)、どちらも綺麗に研磨します。

Imag2022

プリロードを掛けたいので、スペーサーをジュラコンで製作。


Imag2024

フォークをステムにつけて、今度はハンドル回りも取り付けていくのですが、この車両スロットルチューブにハイスロになるチューブが付いていたのですが、ハンドガード取り付け用で、オープンの物でした。

ハンドガードはオープンタイプなので、グリップは切らないで使用します。
転倒した際に、グリップのゴム部分がハンドルと接すると危険ですから、エンド部分を滑るようにジュラコンで蓋を製作します。


Imag2027

ハンドルをカットしてるので、装備品を取り付けるのに苦労しました。


Imag2030

エアクリーナーエレメントもツインエアーに変更します。

これはエアクリーナーボックス下側のドレンなんですが、オイルが溜まっています。

Imag2033


そう、フィルターに塗ったオイルが重力に負けて下がってくるんです。

定期的に洗浄して塗りなおさないといけないんです。

Imag2034

リア周りをばらしていきます。


Imag2036

全部洗浄してチェックします。

大丈夫であればグリスアップします。


Imag2038

リアショックもオーバーホール&仕様変更、そして車高調整が付いているので、今回は4mm下げて作りました。

Imag2073

ピストンもSHOWAの部品が使えるように加工しなおします。


Imag2074

シムを組み替え、消耗品も変えて...


Imag2076


Imag2077

他にも細かい所をチェックして完成。

Imag2078

なかなかここまでちゃんと整備させていただける事も少ないですね(金額が掛かりますので)。
これでしばらくは安心して乗れると思います。

といっても、ちょっと時間掛かりすぎたな(反省

次回は中古車両の案内の予定です。

DトラッカーXとKLX125(2台)の予定です。

お楽しみに!!


続きを読む "SMJ最終戦茂原&11/23モタゴッコなど..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

お久しぶりでございます...

すっかり御無沙汰してしまいました...

モタゴッコが終わり、季節もすっかり秋です。

雨ばっかりですが...

作業した物を時系列な感じで御紹介です。

まずはレーサーのCRFのブレーキホースやライトカウルの交換、加工を行いました。
Imag1909

現状、付いている物が、ブレーキホースの通り道に邪魔な物があったり、ストロークした際に色々と危険なので、改修しました。

ブレーキホースも短かったのと、通り道を迂回する為にバンジョーの形状を変更。

ライトカウルの変更して、ブレーキホースガイドに良い物が無かったので、ワンオフで製作します。

Imag1912

いつもそうですが、図面が出来るまでが時間が掛かります。


Imag1914

ライトカウルのステーも、付属品ではいまいち合わないので、長い物を短くして取り付けます。

Imag1910

全部取り付けて、干渉を確認。
Imag1916

うまくいきました。
これでジャンプを飛んでも問題ありません。
ただ、このマシンかなりお疲れで、他にもいろいろとありましたが、そこはオーナー次第なので、私の担当はおしまいです。

お次は、CRF150Rのクラッチレバー、もう少し近くなりませんかと相談されましたので、CRF450Rとかについている調整ボルトを取り付けました。


Imag1919

これで、手の小さい方も握りやすくなります。

お次はDトラッカー、始動不良とのことでお預りしましたが、聞きましたら中古のFCRをそのまま取り付けていたとの事で、2次エアーを吸っているかもしれないので、インマニを変えて欲しいと言われました。

ですが、なんとかエンジンをかけて、インマニあたりに潤滑剤をかけても回転数に変化が無いので、一通りチェックしました。

エアクリーナーエレメントは社外品でしたが、外して見ても変化は無いので、次はプラグを見て圧縮を計ります。

プラグは締め付けがゆるく、端子部分もゆるかったのですが、この辺は多少こうなっていてもエンジンは掛かるので、圧縮を計ってみますが、コレも規定値内。

ということで、満を持してFCRを外します。


Imag1923
加速ポンプ回りから、液体がスケットがはみ出ております...

Imag1924

案の定、スロー系が詰まっておりましたが、それ以上にスロットルバルブが高い位置に設定されていたり、エアージェットがやたら開いているのが、気になりました。

全部洗浄して、Oリング類を新品に交換。
エンジンはあっけなく掛かりましたが、ものすごく高い回転数でアイドリングしております...

そう、スロー系がある程度詰まっていた状態で、アイドリングを設定していたんですね。
スロットルバルブの高さを変更し、エアーやスロー、パイロットを調節して、良い塩梅になりました。


Imag1934

次はマルケジーニのホイールカラーの製作です。

KTM450SMR→KTM690SMCへの変更です。

寸法を取って、丸棒から削っていきます。

Imag1925

ベアリングに潜り込みの部分が、なかなかの薄さです。
Imag1926

アルマイトをかけて完成。

Imag1929

お次はWR250Xにスリッパークラッチの取り付けです。


Imag1937

今回も、エンブレが一番強くなる設定で組み込みました。

実はモタゴッコのときに、スーターのスリッパークラッチを取り付けた車両を乗らせてもらったんです(以前私が取り付けた車両です)。
で、その際にいつもウチで整備しているWR250Rも乗らせてもらったんですが、乗りやすさがあまりにも違ってびっくりしました。
WR250Xって、意外とピックアップが悪くて、進入時に強いブレーキングとシフトダウンを同時に行った際に、ブリッピング(アクセルをあおって回転をあわせる)に時間が掛かるんです。
レーサーの250ccのつもりでやると、大抵ブリッピングがあってなくて、リアが滑ったり、挙動が乱れるんですが、スリッパーが入っていると、そういう挙動は全然でなくて、進入時の鋭く簡単に突っ込めます。

ちょっとびっくりしました。
正直、250CCだと特にスリッパー無くても良いと思っていたんですが、市販車はあった方がものすごく乗りやすくなりますね。

というわけで取り付けですw
走行距離も伸びているので、今回はクラッチ板周りは全て新品を入れました。

Imag1939

まあ、でもコースを走らないのであれば、フルエキとサブコン入れたほうが良いですけどね。


お次は'06 SM450Rの前後サスオーバーホール。
以前私が乗っていた車両で、仕様変更は数知れずやったのですが、あまりシール類は交換していなかったんですが、今回フォークの圧側調整部分から、オイルがダラダラと垂れてきたとの事で、急遽全部やる事になりました。


Imag1927

調整ネジが一番奥になっているのは、そうしないとオイルが垂れてくるからです...

で、普通ならこの部品assy交換して終わりなんですが(調整部のOリングは部品設定が無い。国産も普通は無いです)、国産ならこの部品ASSYで1個2~3000円なんですが、なんとコレ1個2万円。

左右で4万円。

ということで、非分解のをばらして、Oリングを交換します。


Imag1928


そんなに難しい構造では無いので、それは良いのですが、Oリングを探すのに時間が掛かります。

Imag1941

SKFのオイルシールを入れて、プリロードを追加で掛けて組みなおしました。

お次はリアです。

Imag1959
ガス圧はちゃんとしてましたね。

この頃のザックスは、ボトム部分を切り離してロッド単体にしないとシール交換が出来ません。


Imag1960

細かいOリングが多いんです...


Imag1962

今回はブッシュもちゃんとオーバーホールキットに入っていました。


Imag1967

ダンロップのスリックを試すそうなので、うまくいくと良いなぁ...


で、実はこのSMRをやっている間に、'16 RMZ450の前後サスの仕様変更をやっておりました。
フロントのSFF-AIRがやはりいまいちなので、'13 RMZ450用のSFFをモタード用にモディファイして遣うことにして、リアは3mm車高を下げていた物を、ノーマル車高に変更しました。


Imag1948

時間が無くて、久々徹夜しました。

リアもバラして...

Imag1950

ほぼ1年前に組んだので、このぐらいなら普通ですね。

車高の変更は、シールヘッドの位置を変えて行ってます。
で、ノーマル車高用のカラーを削りだします。

Imag1951

以前3mm下げていた時とは、カラーの寸法が違います(その方が加工が少なくて、コストがかからないので)。


Imag1952

消耗品を変えて完成です。


Imag1954

ショックを取り付けて、シートをつけようと思ったら、うまくはまりません。
どうもシート真ん中の爪がはまっていない状態で使っていたようで、変形してしまってうまくはまらなくなっていました。

Imag1955

ヒートガンで炙って、爪の形を元に戻しました。
ちゃんと付いていないと、ふとした拍子にシートちぎれて外れますよ(過去に何度も見たことあります)。

それと、X-TRIGのステムが付いているのですが、オフセットが減っているのでブレーキホースガイドも奥に移動してしまい、ブレーキホースに負荷が掛かってしまいます。

ホースガイドを前に出すカラーを削って作ります。

Imag1956

ステム側もホースガイド側も、ザグリを作っておかないと、ホースガイドが回転してしますので、絶対にダメなんです。

Imag1957

お次はCRF450Rの前後サスオーバーホールと仕様変更です。
他店でもうモディファイされているのですが、いまいち合わないとの事で変更する事になりました。

ガス圧はちょっと低いです。


Imag1971

車高は6mmショートでオーリンズのカラーで下げてありました。

Imag1972
ナットのねじ山の係りが甘くて、ちょっと怖いですが、まあ普通な仕様でほっとしました。

Imag1974

スプリングシートの溝切りが角度がゆるくて、力が掛かってバリが出来ていました。

Imag1973

どこも壊れてはいなかったので、普通にオーバーホール、仕様変更が出来そうです。

最後はWR250Rの細かい作業を。
モタゴッコで乗らせてもらった際に、リアが低くて(アクセルを開けた際に)曲げづらかったので、このマシンが買ったときから入っていた車高が下がるリンクを止めて、ノーマルのリンクに変更する事になりました。

Imag1976

車高も調整して、今度からはこれでもっと良くフロントタイヤが使えることでしょう。

DELTAのフルエキが入っていたのですが、どうも中間のトルクが無いので、まずはバッフルの交換。


Imag1975

上から下に変更しました。
ダイブ良くなりました。

で、さらに今後の為にパワーコマンダーも入れる事に。

Imag1978

とりあえずよさげなマップを入れて、これでも今よりは全然良いでしょう。

セットアップはもう少しお金を貯めてからと言う事になりました。

ふう、次は貯めないで更新します。

ザ・月末!

がんばりマウス!

続きを読む "お久しぶりでございます..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

8月も終わります。

今年の8月は、とりあえず雨が降っていたなぁという感じです(仙台で36日間雨)。

全日本スーパーモトの画像なんかをちょっとだけ...

フォークデカールを作ったら、現地で欲しいといわれたので、現地貼りしてきました(どこぞのデカール屋さんみたいだ!

Imag1668


エリアS2に参戦していた伊勢さん、フライングしちゃいましたがタイムはトップタイム!

Imag1683

全日本S1OPENはSRF宮城FTRの佐藤選手と大野選手がワンツーを決めました!

Imag1686


大野選手のマシンは、ウチで大半作っております。
前戦よりSHOWAのキットサスを使ってますが、調子いいようです。


Imag1692

何故か今回ケガで参戦してない吾妻選手がエジキに...


Imag1697

S1PROクラスはIKKIがヒート2で勝って、総合優勝でした。

Imag1700

吉田選手も予選から速かったですねぇ!

そして、またもやエジキになる吾妻選手、速く復活しましょうw


Imag1703


一番遠くから来たデューンさんから、いっぱいお土産もらっちゃいました。

Imag1705

忘れた頃にサンマ以外のものを送っておきたいと思います!

さて、SMR450Rオーバーホールの続きです。
クラッチマスターから漏れがあったので、シール(ピストンassy)交換です。
で、お客様から部品を支給されていたのですが、マグラは外見が同じでもピストン径が違うものがあるので、ココの刻印で確認します。

Imag1672


コレを見るとφ9.5のマスターだと言う事がわかります。

お客様から支給された部品は、もっと大きい径の物でした。
Imag1674

皆さん、ミネラルオイルはマメに変えましょう。


Imag1670

真っ黒です。

そしてフルードを吸い出すと...


Imag1673

ヘドロ上に溜まってます...

全部きれいにして、ピストンを交換、フルードを入れ替え、下側の(エンジン側の)ピストンも交換します。

Imag1679

ちゃんとした動きになりました。

お次はサイレンサーのグラスウールも交換します。

Imag1707

ウールは思ってたよりは残っていましたが、一部穴が開いていたり、かなり黒くてオイル食ってたのかなという感じでした。

2本あるので、作業は2倍です。

で、エンジンをかけてちょっとスローの調整やなんかをするために、またばらして...

Imag1708

サイレンサーを左右外して、エキパイ抜いて、セルを抜いて始めてキャブに触れます...

さあ、コレで調子いいといいのですが...


お次は急ぎでのKTM50SXのリアブレーキ修理。
パッドを替えようとして、ピストンをパッドごとこじったら、フルードがもれてきたとの事。
エアも噛んでいるのですが、マスターのピストンの動きも変で、ピストンの動きも微妙...

結局全部ばらして見ると...

Imag1711

フルードの奥にあるのは、アルミの破片です。
どうも切削して破片がそのまま残っているようです...

バンジョーのOリングも噛んで組まれちゃってて、千切れ掛かってました...

Imag1712

ピストンも樹脂製なのですが、傷が入りやすく動きが悪くなるのは早そうですね。


Imag1714

ブリーダー穴が小さく、マニュアルではバキュームで引っ張れとなっていましたが、なんとかエアは抜けました。

Imag1710

なかなかやりにくいですね、bremboかニッシンにして欲しいところです。

お次はYZ450Fのアクラポビッチエキパイの割れ修理です。


Imag1716

モタード仕様でサイレンサーを無理やり外に出している(タイヤとの干渉で)と一番弱い部分が割れる事が良く有ります。
今回は中古のエキパイで、しかも中間パイプのスプリングフックの取り付け位置が変更されていて、テンションがあまり掛かっておらず、余計に動いて破断したのかもしれません。
ですので、スプリングフックの取り付け位置を変更、そして1箇所では片側から引っ張り不均衡が強く斜めに付いてしまうので、反対側にもう一箇所新設しました。

Imag1717

チタンだったので、スプリングフック部分を買い足しました。

お次はGASGAS EC250の整備です。

とにかく買ったときから乗りずらいとの事でしたが、見ただけでもいろいろと問題がありました。
まずはスロットル、グリップがハンドガードと接触しています。


Imag1722

しかもスロットルに遊びが無いなぁと思ったら、なんとワイヤーを引っ張った状態でアイドリングを作ってありました...

キャブにアイドリングを調整する、スロットルバルブを押し上げる調整ネジがあるのに...

クラッチは(これもマグラ)抜けているようで、しかもハンドガードとレバーが干渉していました。
フルードもすっかり無くなってましたが、なんか色が違うんですよねぇ...


Imag1720

まずは乗れないとダメなので、クラッチマスターの修理です。
このタイプのピストンキットは国内に在庫がなく、ちょっと高めだったので、SMR450Rと同じ径だったので、キットからシールだけ抜き取って使いました。

Imag1721

お次はスロットル周りです。
スロットルチューブのカットの仕方も雑だったので、綺麗に切って中もきれいにしておきます。

Imag1735

斜めだしなんか飛び出てます...

グリップも動き始めていたので、新品のレンサルに変更して、ハンドガードを取り付けます。
左側は曲がっていて、とても取付できないくらいでした...


Imag1736


曲げたりねじったり色々とやって、カラーを作って固定します。

Imag1741

右側もスロットルと干渉しないように、他の物との取り回しも考えて取り付けます。

Imag1742

ちゃんとやるとどうしても時間が掛かります。

ただ、これはちゃんとしないととても乗れるような代物にならないんですけどね...

キャブやリードバルブはバラしてチェックします。


Imag1728

ちょっと汚れてましたが、そんなに問題はありませんでしたが、ジェット類が何が付いているかの確認もしないといけませんからね。


Imag1729

リードバルブも欠けや開きを確認します。
ついでに混合ガスがケースにたまっていないかもチェックします。

プラグも見て、エアクリーナーも外してチェックします。

Imag1727

そんなに汚くは無いんですが、長年フィルターオイル塗りっぱなしで粘度が上がっていて、洗浄油→アルカリ洗浄液で洗ってもベタベタ感が消えず、スポンジ部分を押すとぺったりつぶれてしまうんです。
こうなると目がつまっている可能性が高く、ジェッティングできませんので、捨ててください。

今回は在庫のあったエアーテックのを使いました。

Imag1751

で、このマシン燃料タンクが膨張したのか取り外ししづらく、そして取り付けのネジ穴が全く合っていませんでした(GASGASあるある


Imag1743

燃料タンクを削って、カラーが付くようにしました。


Imag1749

コレでやっと実走できます。

で、他メーカーの同じようなマシンのPWKのジェッティングとかなり違ったのですが、いろいろと振ってみて、元からのじぇっとで悪くない感じに落ち着きました。
他の部分がダメで、調整がずれていた感じです。
こういうのも、全部見ないと正しい所に持っていけないので、一箇所だけ見て何とかすると言う事は本質では無いので、やはり時間は掛かりますね。

今回は5回変更して乗りました。

で、エンジン掛けると前に、水も見ないとと思ってキャップをあけると...


Imag1725

水が減って、結晶化したのと腐食でひどい事になってました。
画像で見るとそうでもないですが、実際は厚さ数mmの堆積物があります。

ラジエターもキャップもきれいにして...


Imag1726

ところがエンジン掛けたら、盛大にお漏らしを...


Imag1753

キャップを替えたら治ったのですが、元からのキャップも原因が分かったので何とか治りました。

ラジエターも曲がっていたので修正しました。

Imag1745

ジェット替えるのも慣れました。
シュラウドナシで走行してました。

Imag1754

で、気が付くとナンバー灯が点いていないし(エンジンかからないとチェックできないし)、テールも点いていない。
バラしてみると、ナンバー灯は、配線がぶっつり切れていて、テールランプは抵抗が焼けて、LEDも2個しか生き残っていませんでした。

Imag1755

中国製らしく中は漢字がいっぱい書いてありました。

なかなか終わらせてくれません...
このマシンは調子よくと言う事だったのですが、どこまでやれば良くなるのか、ひとつづつやっていくしか無いので、見積とか出来ないんですよねぇ...

次のCRF450Rとかは、見積ができるのですが...
あしたテールが届くので、なんとか終わりそうです(純正じゃなく手に入りやすい安い社外品を使います)。

タイヤやホイールも入荷しました!

Imag1758

最近はBSの17インチレインが人気です。
17インチのミシュランモタードスリック、もう少しだけ在庫あるそうです(逆に言うとそれがなくなると終わりですよ)。
欲しいかたはお早めにお声掛けください。

夏は来年までお預けですね、今週もがんばりマウス!

続きを読む "8月も終わります。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

8/19,20はSMJ菅生に行く為、お休みとさせていただきます。

表題のとおり、8/19,20はSUGOで行われる、全日本スーパーモトに行っておりますので、お休みとさせていただきます。

観戦情報はコチラから!

正直天気は微妙ですが(仙台は28日連続で雨が降っております)、そういうレースは荒れます!
やる側としてはカンベンですが、見てるほうは面白いです(他人事

さてお次は中古車両です。
まだ値段は決まっていませんが、'08 CRF450Rです。
Dscn1192

昨年、足回りをフルオーバーホール、エンジンもクランク回り含めてフルオーバーホールして、まだ5時間弱しか乗っていません。
以前のblogで作業内容を書いております。

先日のSUGO MINI+MOTO選手権では、単独で45秒台に入れていますので(桶川だと42~43秒相当)、セットも出ている車両だと思います。
※マルケジーニは外します。前後DIDのリムで17インチ仕様となります。

出来上がっているモタード車両で、程度が分かっている物が欲しい方、お奨めです。
近々値段を出しますので、気に留めて置いてください。


全開のblogからの続きで、SMR450Rの製作です。
リアショックを組み立てて...

Imag1616

次は始めてバラすマルゾッキのツインチャンバータイプのフォークをやります。


Imag1619

底にヘドロのようにたまってますな...

車高調整のカラーが最初から入っているんですが、左右で向きが違うのと、片方にはこのカラーを固定しておくOリングが入っていませんでした。

Imag1625

それと切り子が出てきましたw

左右でロッドの精度にバラつきがものすごくあり、また特有のベタベタした物が付着して、スティックするような動きでした。


Imag1626

それとこのマシン、車高が低く感じていたのですが、バネがへたっているのか、前のオーナーがプリロードを抜いていたのか、かなり初期の手ごたえが無く、今回は10mmプリロードを足して組み込みました。

ダンパー位置が最弱だったので、なんとなくその理由が分かってスッキリしました。

インナーチューブの仕上げも悪く、高い割には「・・・」なサスペンションです...

さて、途中ですが'17 CRF450Rのインナーダンパーの車高を下げるカラーを作り直しました。
以前は黒ジュラコンで作ったのですが、トップアウトスプリングに当たって先端が欠けたとの事で、S45Cで作り直しました。

Imag1629

今まではあえて樹脂で作っていたのですが、寸法的にアタリが厳しいようでもたなかったようです。


Imag1630

セットビスが少し飛び出るので、削ってもらって最後にポンチでカシメをして欲しいと言ってお渡ししました。

それて、ちょっと前に作ったフォークデカールが、全部裁けたので新しくまた作りました。
今回は「GARAGE」の回りに白い縁をつけたので、黒いフォークに貼っても見えるはずです。


Imag1632


さてSMR450Rに戻ります。
ステムベアリングを入れなおすんですが、ココで問題が...
抜く時に上側のベアリングが抜けない(シャフトが抜けない)状態で、ベアリングの内側が錆びていたので、軽くプラハンで叩いて抜いていたんです。

で、良く見ると上側のベアリングが入る部分のシャフトにアタリがついてて、計ると1/100太い...

最初に組んだ時か、それとも前のオーナーか、斜めに入れて押したんでしょうね、おかげで砥石で修正するはめになりました。

Imag1633

これは修正後の画像です。

Imag1636

次はリア周りの洗浄してグリスアップしていきます。

Imag1637

手がベタベタになるので、途中経過はナシですw

カラーズで塗ってもらったフレームです。

Imag1638

今回はウレタンで半艶で仕上げてもらいました。
塗装は下地が命です、そして半艶は吹く量で艶が変わるので、丸いフレームはかなりやりづらく技量の差が出ます。

ステム周りを組んで、エンジンを載せます。

Imag1639

ちなみにステムは、アングルやオフセットを変えられるように作ってあるのですが、組み立てる部分の精度がいまいちで、組むのに気を使います。
また、ベアリングを入れる部分を、鉄のフレームが擦り割ではさむので、隙間が開いています。

Imag1642

前から見るとステムシャフトやベアリングが丸見えです。

ということは、埃や水も入ってくると...

ガムテープで養生しておきます。

Imag1643

エアクリーナーボックス周りもバラして洗浄して綺麗にしてから組み付けます。

Imag1644


細かい配線や取り回しを何度もやり直して組み上げていきます。

で、この時点でヘッドカバーをあけて、上からオイルを流し込んでおきます。
Imag1646

ラジエターーもお客様が綺麗にした物を送ってきましたので交換します。

Imag1647

ホース類も一回洗浄して組みなおします。

Imag1648

割れたチタンエキパイを補修します。

Imag1650

クラックは2/3週にわたって入っていました。


Imag1654

ブローバイのホースやキャッチタンクを取付します。
今回はレデューサーも付けるので、配管の取り回しを考えるのがちょっと大変。

Imag1656


何故かガソリンのキャッチタンクと水のキャッチタンクが、同じ所に配管してあったので、水用に新規に作りました。
Imag1657
完成!

Imag1655

と思ったら、追加でクラッチのマスターオーバーホールと、サイレンサーのウール交換もやる事になったので、もう少し続きます。

お次は修行です。

リアのブレーキローターに穴を開けます。

Imag1660

CADで書いた物を出力して貼り付けて、ポンチを打っていきます(50箇所)。


Imag1662

穴を開けます(50箇所←しつこい


Imag1666

少し使ったローターだったので、表面が焼けていたのと、均すために砥石で研いだのですが、なかなか大変でした...

使えればいいのですが...

前回の物より、穴を6個減らしたのは面倒だからではないです(キッパリ

さて、あっという間に8月も終盤ですね、がんばりマウス!

続きを読む "8/19,20はSMJ菅生に行く為、お休みとさせていただきます。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

もう今年半分...

あっという間に過ぎてしまいました...

なかなかうまくは進みません(スミマセン

さて、リクエストが何件かあったので、フォークデカールを作りました。
Imag1409
文字以外の部分は透明です(画像では台紙の白い部分)。
ウランコアデザインズ製で、ワンセット(左右)3456円(税込)です。
オーバーホールやチューニングした方とは言わず、一応普通に販売いたします。
欲しいかたはお問い合わせください!

メールはコチラから!

まずはDR-Z400SMのノーマルホイールにオフロードタイヤを履かせる依頼が...
このホイール、リアはチューブレス加工してあったのですが、タイヤがリムに対してかなり細いので、今回はチューブを入れました。


Imag1346


これだけ隙間あいてると、耳が上がりません!

昔中古タイヤ屋で14×12Jに245のタイヤ入れるのを思い出しましたよw

フロントはチューブでしたが、案の定バルブの根本が錆びていたので、チューブも交換しました。
Imag1345

リアリムが太いので、タイヤの形が悪くなります、寝せると滑りが早いので、気をつけて乗ってくださいとアドバイスしました。


Imag1349

エビスでちょっと調子に疑問があったという2016 RMZ250のチェック。
結果的にキャッチタンクへの配管につぶれがあって、そのせいで調子が悪くなっていただけでした(私関与なし

キックもちょっと違和感があったとかで、キックギア回りもバラシしてチェック。

Imag1350

問題は有りませんでした。

次は広島だったので、遠征地でトラブルがあると、目も当てられませんからね。
チェックは大事です。

お次はMV AGUSTAのスタンドをカットして欲しいと頼まれました。
Imag1354


重量があるので、開先をギッチリとって、場所によっては4重に溶接しました。

Imag1355

見た目は気にしないとの事だったので、軽く磨いておしまい。

次はRMZ450用のステップ加工です。
某モタードステップなんですが、樹脂部分があっという間になくなるので、鉄板を貼ってステライトを盛ります。

Imag1359


Imag1362

塗装が焼けてしまうので、黒く塗っておきました。

もうひとつ、追加のホイールカラーも製作。


Imag1360

で、以前作った物も合わせて、アルマイトに出します。

Imag1370

アルマイトをかけないと、傷がつくし腐食しやすいですからね。

Imag1378


飛び込みでチタンエキパイの修理。
Imag1363

プロサーキットのエキパイでしたが、ぱっくり割れていました。
溶け込みがかなり浅かったですね。

お次は売れたDR-Z400SMの整備です。
タイヤを新品にするのでタイヤを外すと...

Imag1368

自作チューブレスだ...

スポークの調整をしたかったので、ニップルを締めようかと、ニップルを良く見るとテープの粘着部がはみ出ていました...

Imag1367

幸い、エア漏れは無かったのと、前のオーナーさんからも漏れた事は無いとのことだったので、今回はそのまま組直しました。

あ、フロントはアウテックスのチューブレスキットでした(ホッとしました

で、マフラーをノーマルからFMFのパワーコアQ2に変更したのですが、どうやさしく見てもリアサスが沈むとサイレンサーとタイヤがぶつかります。

で、すでにエキパイがいろんな所に当たるので、修正をかなり入れました(FMFはこんなもんです。


Imag1371


フレームと干渉する部分を、つぶして(断面積は確保します

Imag1372

中間ステー部(タンデムステップブラケット)ごと外に出します。
ステーも加工しました。


Imag1373

サイレンサーステー部にもカラーを作って外に出します。

コレでやっとタイヤとサイレンサーがあたらなくなります。

Imag1375

フロントパイプ部もフレームと干渉するので、その辺も加工しました。


Imag1388

リアフェンダーのグラフィックを変えたり、細かい所をたくさん修正して、やっとシェイクダウンできる状態になりました。
キャブの調整やサスを調整して良い仕上がりになった所で、フロントフォークから微妙なにじみが...
Fフォークのオーバーホールもしてお渡しとなります。

なかなか終わらせてくれないですねぇ。

お次はいっつもありますねこのニンジャといわれるGPZ900R。
このあいだお客様がツーリングに行ったら、3500回転あたりまでばらついて乗りにくいといわれたので、乗ってみると確かにダメ。
始動性も悪い...


Imag1390

で、まあ症状からいってキャブかなと思ってFCRを外して点検して見ると、ASやPSがどうも微振動でずれるようで各気筒バラバラな開き具合になっていました。

ついでにラムエアーをつけていない部分は結構汚れていたので、簡単に洗浄して開き具合を確認して組みなおしました。


Imag1391

付け直してみると以前のように、良い感じに戻りました。
ただ、サイレンサーを変更したので(内径が結構違う)、やっぱり微妙にもうひと調整した方が良いかなとも思いますが、まあ悪くない感じです。

シートレールの加工もするので、その辺はオーナーに乗ってもらってからにしましょう。

お次はエンジンが掛からないといわれ持ち込まれたYZ250F。
確かにキックしても掛からないし、キックが軽い!

バルブクリアランスが無くてバルブ押してるのかなぁと思いながら、タンクを外してプラグでもと思ったらこの光景。

Imag1392

お、なんだダイレクトイグニッションが外れているのかなと、上から押し込むもピクリとも動かず、ダイレクトイグニッションを外してプラグを見ると、なんと10mmぐらい抜けてきていました。

どうも振動で少しずつ抜けてきてついに動かなくなった模様。

Imag1393

プラグもグラグラ動いていたようで、ねじ山もちょっと怖い感じでしたが、何とか大丈夫でした。
まあ、プラグは錆びまくりで、頭も削れているので問答無用で交換です。

で、これで掛かるかなと思ったら、全く掛からず...

プラグも濡れないので、キャブもバラします(リアショック抜かないと取れないので、みんな面倒なのかキャブが汚いものが多いです


Imag1398

案の定ヘドロのような物が多く、スロー系もキッチリ詰まってました。


Imag1399


エアクリーナーエレメントも土色だし、ボックスも長年のフィルターオイルのヘドロとかでコネクティングチューブの中まで汚い状態でした。

Imag1403

ここまで見たんだから、ついでにバルブクリアランスもチェック。
ちゃんとそろっていました5箇所とも!

いや、インテーク側がエキゾーストと同じ数字でした(広すぎる
しかも、わざわざシムを削ってその数値になっていました(バルタイ変えたかったのか?

いちおう規定値に戻しておきました。

カムチェーンテンショナーのガスケットは、使いまわしすぎて切れて端っこが無くなってました。

Imag1408

キャブは洗浄して、スロットルポジションセンサーの調整をして、ダメなOリングを数個交換しました。

Imag1404

本当はニードルも削れているので、交換した方がいいんですが、まあ乗れなくは無いかなという感じで今回は一応このままで。

ガソリンを入れ替えて、キック2発で掛かりました。
オイルを点検すると入れすぎてて、いくら左に傾けても油面見えませんでした...

ハスクバーナSMR450Rのフレームも塗りあがってきました。

Imag1410

ウレタン塗装の半艶です。
さすがカラーズは仕上がりが綺麗です。
やっぱりウレタンが仕上がりは一番綺麗ですね。

さあ、今週もがんばります!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

全日本SMJエビスも終わり...

やっとblogを書く時間が出来ました(といっても今日はお店は休みなんですが...

時系列ではないのですが、先日のSUGOモタゴッコ、画像がSUGOさんのHPに上がっていました。

17


15

これはレンタルマシンのTTR90です。


02


今回は午後から雨が降ってきてしまいましたが、ダートは程よく濡れたおかげで埃が舞わず、グリップも良く良い練習になりました!

SUGOさんのギャラリーはコチラから!

さて、作業はまず千葉選手の潰れまくったエキパイノ補修!
Imag1261

千葉さんは、強度重視なのであえてのステンレスエキパイなのですが、ここまで潰れると、私がやるよりもプロに任せたほうがコストが掛かりません!

なのでカワセイさんへお願いしました。


Imag1308

見た目はほどほどで機能が戻ればいいですとオーダーして、やはりサブチャンバーのジョイント部が割れていたようで、全部切開して溶接やり直しとなりました。

ハスクのSMR450Rのフレームも、再塗装の為にサンドブラストに出すんですが、余計な物を取り外してマスキングしないといけません。

Imag1266

こういう配線のサドルなんかも、フレームの中に残らないようにします。


Imag1305

ブラストから上がってきて、中身を確認。
溶接はTIG溶接で作られているので、綺麗ですね~。
このままカラーズに持っていってもらって、塗装してもらいます。

エンジン部品もWPC処理に出して、戻ってきました。

Imag1340

ミッションのシャフト、ギア、ピストンピン、シフトフォークのカラーなどはWPCで、ピストンはハイパーモリショット、シリンダーはスズショットと場所によって処理を変えてあります。
あとは、細かい物はウチで研磨したりして組み込みます。
部品もやっと入ってきて(今回は1ヶ月ほど掛かりました)、やっと組み立ての段取りが出来ます。

エビス前のお仕事で、ラジエターの補修で入ってきたRMZ450。
エンジンを掛けて、ラジエターを熱くして軽く曲げて(元に戻して)、その後外しました。

Imag1267

それでもまだ、かなり平行四辺形ですね(これでもかなり戻した)。

で、修正してこのくらいまで戻りました。

Imag1268

ただ、やっぱりかなり曲がっていたので、もどしたらクラックが...
溶接して圧力検査して完成です。

Imag1271


がんばってもらいましょう、エロメガネさん!
Imag1273

もう一台も同じくRMZ450。
リアサスは車高を下げていたのを、ノーマル車高に戻してダンパーをいじります。
シールヘッドを加工してカラーを作って車高を下げていましたが、今回はさらにザグってカラーの寸法を変更して、ノーマル車高に戻しました。

Imag1277


Imag1279

フロントは2セット作ります。
まずは'13のSFFのオーバーホール。
今回はシールをSKFの物にして、バネレートをノーマルに戻します(今まではワンランク柔らかい物を入れていました)。

Imag1282

インナーチューブに縦傷が多かったので、研磨して組み込みます。

Imag1281

もうひとつはSHOWAのφ49キットサスをモタード用にして組み込みました。
このフォークは、今のRMZ450とブラケット径が一緒なので、フォーク自体はボルトオンなんです。
ただ、シャフト径が違うのと、ホイールカラーは作り直しになります。
また、キャリパーサポートも変更になります。
まあ、つまりSHOWAのエアサスだと良い感じが出ないので、ここまでやっても変更したいと言う事なんです。

とにかく採寸して、カラー類を製作していきます。
Imag1309

ベアリングに潜り込みのカラーで精度物なので、地味に時間が掛かります。


Imag1318

ホールショットデバイスも付け直して、レイン用のホイールにもカラーを作ったりして、なかなか時間が掛かりました。


Imag1317

ホームコースで基本セットを出して、今後にそなえましょう。

これもエビス向けの仕様変更、CR85Rのフロントフォークカートリッジのショート加工とダンパーの変更です。
ちょっと前にやったCRF150Rと同じように、カートリッジをカットして短くします。


Imag1286

タップを切りなおして、ノーマルと同じように加工します。

他所でダンパーをいじってあったものなんですが、シムは結構やられていて、変形している物がありました。


Imag1290

このオーナーから友人のCR85Rのリアショックも仕様変更を頼まれました。

Imag1325

ガス圧はまあまあな感じで、バラしてみるとオーバーホールしたばかりな感じでした。
シムを積み替えて完成。

これもエビス向けでRMZ250のキャッチタンク補修。
ステーが割れたとの事で、割れたまま走行したためと、転倒した際の衝撃で本体のステーにも、若干のクラックがあったので補修しました。


Imag1303

このステーも今の'16 RMZ250の前の'12 RMZ250時代から使っているので、良く持ちました。
で、同じようにつくろおうと思ったら、ナッターが無かったのと、強度も出したいのでA2017Sの8mm厚からステーを削りだす事にしました。


Imag1313


Imag1337

さてうれたDR-Z400SMの整備も進めないといけません。
キャブをオーバーホールして...

Imag1292

シール、Oリング類を全部交換して、ジェットも変更しました。

リアバネを変更するので、ショックを外してちょっと気になったので押してみたところ(ダンパーをいじりながら)、なんか動きが変...
バラした跡があるので、オーバーホールはしてあるようなんですが、シムも変えてあるような手ごたえ...

で、シールヘッドがあるキャップを取ると...

Imag1296

ダストシールが千切れてて、シールヘッドは叩かれまくりでした...
オーバーホール決定です(シクシク

で、バラスともっと問題がありました。

Imag1299

汚い...

そして問題なのは、ロッドの先端のナットは、カシメてあるのですが、KYBはナットの上部ごと削りとってもいいのですが、SHOWAはそれはやってしまうと、減衰が掛からなくなる恐れがあります。
伸びのニードルと相手の中子がロッドの先端でカシメてあるので、とってはダメなんです(危険です)。


Imag1327

こういう風に平らに削ってしまうと、中子のカシメも取れてしまって、伸びの調整を締め付けていくと...

Imag1329

真ん中が飛び出てきてますよね。
これ、すっぽ抜けると減衰が全く効かなくなる(バネだけのサスになっちゃいます)。

で、今回は綺麗に削って、袋ナットを製作して、間に銅の穴あきワッシャ(クラッシュ)を作って、つぶしてトルクが掛かるようにして修復しました。

Imag1331


Imag1332

タンデムステップや2次エアー装置も付いていなかったので、新品部品で作りました。

Imag1333


Imag1334

今日、車検を取得したので、これから実走セットアップに入ります。

最後にエビス向け、佐藤選手のヘルメットが、カラーズで塗りあがりました。

Imag1321


Imag1322
サングラスの中に、水着のオネーチャンが映っていますw

いやあ、攻めてるなウッチー!!(カラーズのペインターさん)。

これ以外にも結構な作業があって、表に出せないのも多く、かなりやられておりました。

あっという間に6月も終盤です、がんばります!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧