2018年1月21日 (日)

明日から...

ここ数年最強の寒波がやってくるそうで、また店の前はエンデューロ会場のようになってしまうんでしょうか...

さて、予定もなかなか詰まってきております、正直正確な納期は微妙な感じになっております。
御依頼の際は、納期に余裕をお願いいたします。

EKSのゴーグルを取り扱う事になりました。

Img_20180120_000752

大体の種類は置いてますので、手にとって見れますよー。
ロールオフやラミネート、ティアオフも在庫あります。

ティアオフを一枚ずつ取り出せるシステムが優秀なんだそうです。

お次はしつこく中古車の御案内です。売れました、ありがとうございます。

Imag2233

Dトラッカー125(KLX125仕様) 237600円(税込)

詳しくは全開のblogをご覧ください。

2018年式 CRF250R オイルキャッチタンク 残り2個(今後製作予定はありません)。
30240円(税込 ホース、バンド等付属します)。

Imag2328


お問い合わせはコチラからお願いいたします(件名にKLX125、キャッチタンク等入れてくださいね)。

まずは昨年手を入れたTX125、部品が入荷したので追加の部品取り付け。

Imag2370

シート、チャンバーガード、ファイナル、チェーンを変更。
後はグラフィックを貼ると、白い部分が締まって見えるかと思います。

お次はKTM50SXのクラッチ修理。

Imag2373

今回はクラッチ板が割れていたり、ハウジングの段付きやベースプレートの削れと、なかなか良いお値段となりました...。

お次はリコールついでにエンジンオーバーホールのCRF450R。
バラす時に気になった点が何点か...


Imag2376

ラジエターの配管とキャッチタンクが触れています。
いずれ配管に穴が開きます(結構しゃれにならないんですよ、こういうの)。


Imag2377

クラッチの調整ハンドルが目いっぱい出ていて、調整のネジ山の入り口がつぶれて舐めてました。

確認しておかないと、レース会場でとんでもない事になります。

さて、エンジンを下ろして、エンジンハンガーに載せようと思ったら、やはりキャブ時代に作った物とは寸法が違うので、加工してどっちでも使えるようにしておきました。

Imag2385

確認しながらバンバンバラしていきます(ホンダは特殊工具少なくて助かる。)。


Imag2386

びっくりしたのが、40時間も使って無いのに右ケースがゆるくなっていて、ベアリングが一緒に抜けてきました...


Imag2387

ちなみにチェーンが張り気味な人は、このカウンターシャフトの右側のベアリングは死にやすいです。

ちょっとミッション側は、ミッションの破片が多かったです。


Imag2398

クランクは時間の割りにフレが多めです...

Imag2404

ベアリングのガタは少ないので、予算もあるので今回はフレ取りして続投します。

部品はすぐに入るので、とっとと組み立てましょう。


次は毎年恒例、'16 RMZ250の車体整備。
エンジンは他所でオーバーホールするので、とりあえずおろして返却します。
Imag2383


できれば、もう少し綺麗に洗ってから、バラしたいです...

Imag2384

最終戦からそのまんまだったようです(シクシク

お次は珍しいTE630。
オイル交換しようと思ったら、オイル汚れがすごくて、とりあえず洗車...


Imag2395

こういうとき、Vipro'sのザ・ソルブという洗浄剤、凄く良いですよ。
油汚れには最強です!


Imag2397

でも、この寒さの中1時間ほど洗車、まあ凍らないだけありがたいです。

エアクリーナーも見るかと、エアクリーナーボックスのネジを緩めようとすると、共回りする...


Imag2408

黄銅のねじ山部の位置を戻して、ヒートガンで熱した後、バンドで縛り上げて溶着しておきました(危ない

ミッションのはいりが悪いとの事だったんですが、何の事は無いチェンジペダル先端の変形と、ペダルの取り付けネジがちゃんと締められない物が付いていて、緩んだ状態になっているだけでした。


Imag2411

修正して...

Imag2412

これでちゃんとギアが替えられます。

シートを取り付けるステーも曲がって、片側がちゃんと入っていませんでした。


Img_20180119_170332

左側の爪がつぶれて入らなくなってました。

もろもろやって完成!


Img_20180120_000849

本当は部品一個来てないんだけど...

お次は'13 KTM450SMRの整備。

まずはグリップを少し内側に移設するのと(ハンドルバーを短い物に交換するのと、同じ効果があります)、ハンドガードの取り付けの最適化です。

最初グリップはそのまま使おうと思ったのですが、接着剤が強かったのと、KTM純正グリップの裏側が柔らかくて千切れてしまいました。


Img_20180120_170154_6

グリップは定番のレンサルのハーフワッフルです。


Img_20180120_160910

こんな感じでクリアランスがちゃんと取れていませんでしたし、曲げも合っていませんでした。

Img_20180120_201200

これなら安心です。右側はカラーを追加して、ブレーキマスターとクリアランスも確保しています。

でも、やっぱりCYCRAとは強度が違いますね、今回は全部人力で曲げられました。

ホイールはマルケジーニを購入いただきました。


Img_20180120_223311

今履いている純正ホイールが、タイヤのミミがなかなか上がらないそうで、今回マルケジーニは前後とも2k以下のエア圧でミミが上がりました。
それとウェイトも前後とも10g以下で済みました。
良いものは長く使えますよ(千葉選手のFホイールは、13年目に入りました)。


Img_20180121_004850

で、この車両置いておくとオイルのシミが床についてたんですが、どうもブローバイホースが直接コネクティングチューブに行ってるんですが、全開時間が長いと結構オイルを吹くようですね。

Img_20180121_190241

吹き返しでエアクリーナーエレメントがオイルまみれでした。
で、そこから染み出したオイルが垂れてきてると...

で、この部分を見ていて、危なそうな部分を発見。


Img_20180121_190634

スタータリレーに行く配線が、外装の端にあたっていて、被覆が切れてました(こえー

これって、設計がダメなんじゃ...

と、とりあえずキャッチタンクをどこに付けるか、型紙を作って検討中です。

Img_20180121_222628

見難いですが、セルの後ろにも型紙で作ったのを入れて有ります。
これはFS450用のを入れて見たんですが、ケースの形が違う(FS450はキック周りのギアが無いケース)ので、ちょっと形状を変えないとだめですね。
それと、オイルを吹きやすいっぽいんで、排出が楽なようにシリンダーサイドに取り付けようかと思います。

さてCRF450Rのエンジン部品が揃ったので、まずはエンジンを組み立てますか(テーブルがいっぱいで、溶接作業が出来ない)。

今週もがんばりマウス。


続きを読む "明日から..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

新年あけましておめでとうございます。

平成30年 あけましておめでとうございます。

本日より営業しております。

今年は「GARAGE OPB」を始めてから、15年目となります。
毎年どうなる事かと思いながら、なんとか続けてまいりました。
今年も、どうかひとつ宜しくお願いいたします。

まずは中古車両のお知らせです。
以前から紹介しているDトラッカー125(KLX125仕様)。
2011年式 Dトラッカー125 走行2225km(メーターを外して、お遊び草オフロードに2回出場。メーター表示は1000km台)
Imag2233


Imag2235

動画をとってみました。

エンジン始動後にカタカタ鳴っているのは、バックミラーです(異音では有りません)。

237600円(税込)

・ZETA テーパーバー、ピボットレバー
・前後アルミ黒リム&MXタイヤ(KLX125ノーマルホイールASSYアリ)
・DELTAフルエキ
・ツインエアー エアクリーナーエレメント
・KLX140アルミスイングアーム
・SHORAIバッテリー
・ノーマルエキパイ、サイレンサー
・シート張替え

タンデムステップやノーマルハンドル、ノーマルウインカー、スイングアームはありません。
外装はマディのレースに出てしまったので、小傷は多いです。

お問い合わせはコチラから(「Dトラッカー125の件で」と件名を入れてください)。

2018年式 CRF250R オイルキャッチタンク 残り3個(今後製作予定はありません)。
30240円(税込 ホース、バンド等付属します)。


Imag2333


Imag2334


Imag2329

年末のblogで在庫有りと言ってましたが、材料を切り出しただけでまだ作っていなかったので、正月休み中に製作しました。

お問い合わせはコチラから(「CRF250Rキャッチタンクの件で」と件名に入れてください)。

年末最後の仕事は、WR250Rレーサーの整備でした。
ゼッケン化したいとの事でしたが、フェンダーも交換する事になるので、あえてライトユニットを外して、カバーを取り付け、フェンダーはカットしてみました。


Imag2311

ネジは付属品がユニクロメッキで目立つので、黒クロメートのものに変更。


Imag2312

フェンダーもカットして、それにあわせてグラフィックもカット。

Imag2317

ステップも80年代風な細い純正から、いまどきの広いタイプに変更。

Imag2313

ついでに転倒して曲がっていたチェンジペダルも修正。

Imag2322

リアブレーキもパッド交換、洗浄、ブーツ等の交換をやりました。

Imag2314

ピストンがずいぶん出ていますし、傷や汚れも目立ちます。

パッドは新品と比べるとこんな感じです。

Imag2315

パッドはどうしても斜めに減るので、減ってくるとブレーキペダルの踏みしろが増えます。
半分ちょっと使ったら、替えた方がフィーリングが良いでしょう。


Imag2316


なんとか年内に納車が出来ました。

Imag2320


皆様、今年も宜しくお願いいたします。

続きを読む "新年あけましておめでとうございます。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

年末年始お休みのお知らせ

すっかり年の瀬も押し迫っております(遅くなりました...

12/30~1/3までをお休みとさせていただきます。

まずは宣伝です。
2018年式CRF250R用オイルキャッチタンクを作りました。

Imag2302


Imag2310_2

30240円(税込)
ホース、ホースバンドが付属します。

お問い合わせはコチラから、メールでお願いいたします(件名に「CRF250Rオイルキャッチタンクの件で」と入れてください)。

いまのところ在庫は5個のみです。
この車両は納めてしまうので、ジグは作っておりません(無くなったら作らないと思います)。
御注文お待ちしております!

まずはすぐ終わると思ったら、意外とやる事多かった(いつも言ってる気がしますが...)TX125のモタード化。

まずは、以前FS450に使っていたマルケジーニを履かせようとしたら、シャフト径や左右ので入りが違ったので、輸入元のホイールテクノロジーさんからカラーを買って、さらに追加工して履かせました。

Imag2250

ブレーキもφ320ローターとかサポートがパワーパーツであるのは良いですね。


Imag2264

車速センサーがプラプラすると嫌ななので、ネジ止めのベースをつけて取り付けます。

フォークガードを切ったり、車速センサーを取り付けられるように色々と加工して、フロントは完成。

あ、FフェンダーはFS450の物を流用しています。

リアはガード類を撤去して、きれいにして細かい修正をして組み付け(カラーは変更)。

ナンバーをつけようと思ったら、取り付けベースが曲がってるし、出っ張ってるのが気に入らず...

Imag2254

皿ねじでリフレクターベースを取り付けます(用加工)。

Imag2259

サイドスタンドも長いので、カットしようかと思って構造を調べます。
どうやら先端の樹脂パーツ、圧入してあるだけっぽいので、カシメを飛ばしてバラします。

Imag2256

旋盤でカットして、穴をザグリ直します。

Imag2257

ポンチ打って完成。

Imag2258

ノーマルのハンドガードが、端が下がっているのがなんか嫌で、CYCRAに交換したんですが...

ちょっとコレは...

Imag2284

ネジの取り付けピッチが2mm以上あってないんですけど...

まあ、加工して着けましたけど、ちょっとひどいな...

Imag2287

とりあえずのモタード仕様完成です。
フロントに14丁つけようと思ったら、クラッチレリーズとクリアランスが無さ過ぎて、ちょっと危険なのでリアのスプロケを変更してロングに振る事にします(年明け予定)。

ま、かっこよくなったので良しとしましょう。
出来たというか、コレがスタートラインです。
これからセットを詰めて楽しいマシンにしていきましょう。

お次はウチでは珍しいスクーター、BW'S125です。

Imag2265

これもなかなかなんですが、オーナーは台湾仕様の黄色が欲しいというので、外装一式を取り寄せました。


Imag2266

キャリアがグラブバーになるんですが、こっちのほうがスポーティーで良いですね。

お次は納車をお待たせしてる'18 CRF250Rの納車整備です。

まずはフロント周りをばらして...

Imag2272

あら、ステダン付いてないんですね。
でも、ステダン取り付けネジ穴は、そのまま残っています。
まあ、必要なら取り付け可能と言う事なんでしょう。


Imag2273

ステムはアッパー側のベアリングは、グリスがほとんど塗ってありませんでした。

タンクキャップには、ワンウェイ入っていないんですね...

チタンタンクは、バリが多いので、気をつけないと手を切りそうです。


Imag2276

しかし、ロードマシン顔負けにみっちり詰まってますな。

リア周りもばらしてグリスアップします。


Imag2280

ちゃんとスラストベアリングもやります。


Imag2282

全体的に組み立てたところで、オイルキャッチタンクの製作に入ります。

Imag2283

まずはどこに設置するか、大いに悩みまして(今回は3箇所候補がありました)、場所を決めたら圧紙とかで寸法を調べて、簡単に設計して容量や形状、ステーなんかを決めていきます。


Imag2289

ココまでが長いんです...

で、大丈夫となれば部材を作っていきます。
このCRF以外に5個作る予定なので(在庫分です)、口金やなんかを切り出して加工しておきます。

Imag2293

ココまで来ればできたも同然です!

溶接して完成。


Imag2297

実際に取り付けて、不具合が無いか確かめます。


Imag2310

あと5個在庫あります(コレがなくなったら作りません)。

皆様買ってくださーい!!

というわけで、まだ仕事ですけど、今年も皆様ありがとうございました。
良いお年を。


続きを読む "年末年始お休みのお知らせ"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

お久しぶりでございます...

すっかり御無沙汰してしまいました...

モタゴッコが終わり、季節もすっかり秋です。

雨ばっかりですが...

作業した物を時系列な感じで御紹介です。

まずはレーサーのCRFのブレーキホースやライトカウルの交換、加工を行いました。
Imag1909

現状、付いている物が、ブレーキホースの通り道に邪魔な物があったり、ストロークした際に色々と危険なので、改修しました。

ブレーキホースも短かったのと、通り道を迂回する為にバンジョーの形状を変更。

ライトカウルの変更して、ブレーキホースガイドに良い物が無かったので、ワンオフで製作します。

Imag1912

いつもそうですが、図面が出来るまでが時間が掛かります。


Imag1914

ライトカウルのステーも、付属品ではいまいち合わないので、長い物を短くして取り付けます。

Imag1910

全部取り付けて、干渉を確認。
Imag1916

うまくいきました。
これでジャンプを飛んでも問題ありません。
ただ、このマシンかなりお疲れで、他にもいろいろとありましたが、そこはオーナー次第なので、私の担当はおしまいです。

お次は、CRF150Rのクラッチレバー、もう少し近くなりませんかと相談されましたので、CRF450Rとかについている調整ボルトを取り付けました。


Imag1919

これで、手の小さい方も握りやすくなります。

お次はDトラッカー、始動不良とのことでお預りしましたが、聞きましたら中古のFCRをそのまま取り付けていたとの事で、2次エアーを吸っているかもしれないので、インマニを変えて欲しいと言われました。

ですが、なんとかエンジンをかけて、インマニあたりに潤滑剤をかけても回転数に変化が無いので、一通りチェックしました。

エアクリーナーエレメントは社外品でしたが、外して見ても変化は無いので、次はプラグを見て圧縮を計ります。

プラグは締め付けがゆるく、端子部分もゆるかったのですが、この辺は多少こうなっていてもエンジンは掛かるので、圧縮を計ってみますが、コレも規定値内。

ということで、満を持してFCRを外します。


Imag1923
加速ポンプ回りから、液体がスケットがはみ出ております...

Imag1924

案の定、スロー系が詰まっておりましたが、それ以上にスロットルバルブが高い位置に設定されていたり、エアージェットがやたら開いているのが、気になりました。

全部洗浄して、Oリング類を新品に交換。
エンジンはあっけなく掛かりましたが、ものすごく高い回転数でアイドリングしております...

そう、スロー系がある程度詰まっていた状態で、アイドリングを設定していたんですね。
スロットルバルブの高さを変更し、エアーやスロー、パイロットを調節して、良い塩梅になりました。


Imag1934

次はマルケジーニのホイールカラーの製作です。

KTM450SMR→KTM690SMCへの変更です。

寸法を取って、丸棒から削っていきます。

Imag1925

ベアリングに潜り込みの部分が、なかなかの薄さです。
Imag1926

アルマイトをかけて完成。

Imag1929

お次はWR250Xにスリッパークラッチの取り付けです。


Imag1937

今回も、エンブレが一番強くなる設定で組み込みました。

実はモタゴッコのときに、スーターのスリッパークラッチを取り付けた車両を乗らせてもらったんです(以前私が取り付けた車両です)。
で、その際にいつもウチで整備しているWR250Rも乗らせてもらったんですが、乗りやすさがあまりにも違ってびっくりしました。
WR250Xって、意外とピックアップが悪くて、進入時に強いブレーキングとシフトダウンを同時に行った際に、ブリッピング(アクセルをあおって回転をあわせる)に時間が掛かるんです。
レーサーの250ccのつもりでやると、大抵ブリッピングがあってなくて、リアが滑ったり、挙動が乱れるんですが、スリッパーが入っていると、そういう挙動は全然でなくて、進入時の鋭く簡単に突っ込めます。

ちょっとびっくりしました。
正直、250CCだと特にスリッパー無くても良いと思っていたんですが、市販車はあった方がものすごく乗りやすくなりますね。

というわけで取り付けですw
走行距離も伸びているので、今回はクラッチ板周りは全て新品を入れました。

Imag1939

まあ、でもコースを走らないのであれば、フルエキとサブコン入れたほうが良いですけどね。


お次は'06 SM450Rの前後サスオーバーホール。
以前私が乗っていた車両で、仕様変更は数知れずやったのですが、あまりシール類は交換していなかったんですが、今回フォークの圧側調整部分から、オイルがダラダラと垂れてきたとの事で、急遽全部やる事になりました。


Imag1927

調整ネジが一番奥になっているのは、そうしないとオイルが垂れてくるからです...

で、普通ならこの部品assy交換して終わりなんですが(調整部のOリングは部品設定が無い。国産も普通は無いです)、国産ならこの部品ASSYで1個2~3000円なんですが、なんとコレ1個2万円。

左右で4万円。

ということで、非分解のをばらして、Oリングを交換します。


Imag1928


そんなに難しい構造では無いので、それは良いのですが、Oリングを探すのに時間が掛かります。

Imag1941

SKFのオイルシールを入れて、プリロードを追加で掛けて組みなおしました。

お次はリアです。

Imag1959
ガス圧はちゃんとしてましたね。

この頃のザックスは、ボトム部分を切り離してロッド単体にしないとシール交換が出来ません。


Imag1960

細かいOリングが多いんです...


Imag1962

今回はブッシュもちゃんとオーバーホールキットに入っていました。


Imag1967

ダンロップのスリックを試すそうなので、うまくいくと良いなぁ...


で、実はこのSMRをやっている間に、'16 RMZ450の前後サスの仕様変更をやっておりました。
フロントのSFF-AIRがやはりいまいちなので、'13 RMZ450用のSFFをモタード用にモディファイして遣うことにして、リアは3mm車高を下げていた物を、ノーマル車高に変更しました。


Imag1948

時間が無くて、久々徹夜しました。

リアもバラして...

Imag1950

ほぼ1年前に組んだので、このぐらいなら普通ですね。

車高の変更は、シールヘッドの位置を変えて行ってます。
で、ノーマル車高用のカラーを削りだします。

Imag1951

以前3mm下げていた時とは、カラーの寸法が違います(その方が加工が少なくて、コストがかからないので)。


Imag1952

消耗品を変えて完成です。


Imag1954

ショックを取り付けて、シートをつけようと思ったら、うまくはまりません。
どうもシート真ん中の爪がはまっていない状態で使っていたようで、変形してしまってうまくはまらなくなっていました。

Imag1955

ヒートガンで炙って、爪の形を元に戻しました。
ちゃんと付いていないと、ふとした拍子にシートちぎれて外れますよ(過去に何度も見たことあります)。

それと、X-TRIGのステムが付いているのですが、オフセットが減っているのでブレーキホースガイドも奥に移動してしまい、ブレーキホースに負荷が掛かってしまいます。

ホースガイドを前に出すカラーを削って作ります。

Imag1956

ステム側もホースガイド側も、ザグリを作っておかないと、ホースガイドが回転してしますので、絶対にダメなんです。

Imag1957

お次はCRF450Rの前後サスオーバーホールと仕様変更です。
他店でもうモディファイされているのですが、いまいち合わないとの事で変更する事になりました。

ガス圧はちょっと低いです。


Imag1971

車高は6mmショートでオーリンズのカラーで下げてありました。

Imag1972
ナットのねじ山の係りが甘くて、ちょっと怖いですが、まあ普通な仕様でほっとしました。

Imag1974

スプリングシートの溝切りが角度がゆるくて、力が掛かってバリが出来ていました。

Imag1973

どこも壊れてはいなかったので、普通にオーバーホール、仕様変更が出来そうです。

最後はWR250Rの細かい作業を。
モタゴッコで乗らせてもらった際に、リアが低くて(アクセルを開けた際に)曲げづらかったので、このマシンが買ったときから入っていた車高が下がるリンクを止めて、ノーマルのリンクに変更する事になりました。

Imag1976

車高も調整して、今度からはこれでもっと良くフロントタイヤが使えることでしょう。

DELTAのフルエキが入っていたのですが、どうも中間のトルクが無いので、まずはバッフルの交換。


Imag1975

上から下に変更しました。
ダイブ良くなりました。

で、さらに今後の為にパワーコマンダーも入れる事に。

Imag1978

とりあえずよさげなマップを入れて、これでも今よりは全然良いでしょう。

セットアップはもう少しお金を貯めてからと言う事になりました。

ふう、次は貯めないで更新します。

ザ・月末!

がんばりマウス!

続きを読む "お久しぶりでございます..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

10/8(日)はモタゴッコの為に、店は休みとなります。

このblogを書いていましたら、久しぶりに緊急地震警報が鳴ってびっくりしました。
昨日も地震がありましたし、みなさん備えはしておきましょう。


当日エントリーされる方、受付は西コースになります!(受付時間8:30~9:20)←SUGOさんのタイムスケジュールだと8:45となってますが、間違いです!。第2ゲートよりお入りください。ゲートオープンは7:30予定。入場料は1030円になります。)

07

当日のタイムスケジュールは、コチラをご覧ください。PDFファイルが開きます。

当日は、大森 裕記、森田 一輝、千葉 智、の3名がインストラクターとして参加させていただきます。
天気も良さそうですし、楽しく練習しましょう!

で、普段のお仕事ですが、細かく色々と...

エキパイのわれを補修したり...


Imag1864

開先を入れて溶接、削って仕上げです。

Imag1866

まあ、構造上またクラックが入りそうですが...

次はラヂエターの修正。
と言っても曲がってるのは気にしてなくて、配管がつぶれて曲がっているのだけ直してといわれました、千葉さんにw


Imag1867

画像だとそうでもないんですが、かなり捩れて曲がっています。

で、配管が...

Imag1868

横から見ると、半分近くまでつぶれていますし、上のへこみも画像で見るよりもがっつり凹んでおります。


Imag1869

いろいろとやって直しました。

Imag1871

こうしないと流量が稼げませんから、ラヂエターを効率よく使えてない事になりますからね。
ついでに捩れも直しておきました(そのまま渡すのは無理!)。

WR250Rに履いているホイールを、チューブレス加工しました。
Imag1873

テクニクスさんのホイールキットなんですが、ニップルが超絶飛び出しているのと、リムの形状に合わせてチューブレスのテープの幅が狭く、難易度はかなり高めです。


Imag1878

かなりドキドキです、テープをもう少し幅広にしてくれるといいんですが...
後から漏れそうで、あまりやりたくない加工です。

お次はKTM50SXのクラッチチェック。

Imag1885

寒かったんで、ストーブ出して、上に乗っけてネジロックを柔らかくして緩めました。


Imag1886

クラッチ版は良好だったんですが、ハウジングのアタリが強かったので、バネと一緒に交換します。

お次はL0 RMZ450のサスペンションのオーバーホールと仕様変更。
フロントは下がっているので、何かしら加工がしてある様子。
バラしてみると...

Imag1874

水道管パイプで車高が下げてありました。
まあ、これも別に悪くは無いんですが、内径がシャフトと合ってないのと、端面が斜めなので、左右で差が有りました。

スプリングシートは、4速だった頃のパイプ状の物に変更してあって(旋盤加工しなくても車高が下げられます)、オイルロックピースは外してありました。

Imag1875

この頃のRMZ450はバネレートが高く、片方だけやわらかいスプリングが入れてありました。

ロードレースやってる方は、オイルロックピース外したがるんですが、モタードマシンでは外しても無意味です。
ロードのフォークで、全ストロークが150mm程度のもので、底付きする前に止まってしまう感じが出るのなら、外すのは正解なんでしょうが、モタードマシンでストロークが250mm以上残ってるのに、オイルロックピースが作用するのは230mmぐらい沈んだ所(例えばですよ)ですから、全く関係ありません。

ええ、そんな訳で部品が足りないので、手持ちの部品を探して作業しました...

ただ、ロッドに傷が多かったり、ボトムの伸び側ダンパーの六角面がつぶれまくっているのは、良くありませんねぇ。

Imag1881

スプリングシートは、CRF用のがあったので、それに変更して、プリロードを計算して(カラーも作り直して)、スプリングシート調整の溝を2.5mm刻みで作っていきます。

Imag1882

ダンパー部もバラしてチェックします。

Imag1883

オイルを長い事変えていなかった様で、部品に汚れが堆積して取れなくなってたりしたので、これも手持ちの部品と交換しました。

Imag1884

緑青みたいに緑色になってます。
なんなんだろう...

なかなか苦労しまして、フロントフォークは終わり、次はリアショックです。

これが、以前触った時とは違うリアショックが付いていました。
ほぼ新品で、でも年式不明(ウチにはけっこうRMZ450のデータはあるんですが、どれでも無かったです)。


Imag1892

まあ、シールやピストンリングはおかげでそのまま使えましたが、Oリングやブラダは交換しました。


Imag1893

バネも交換して、リアショックは完成。

bremboのラジアルブレーキマスターも修理。
良く転倒した車両で、レバーが開いちゃうのがありますよね。

Imag1895

これはプッシュロッドを止めているカラーが割れているので、補修部品が出ますから交換します。


Imag1896

上側のが、付いていた物です。
プレートは割れて中心部だけロッドに残ってますね。
ロッドも曲がっちゃってますし...

シートのあんこ抜きも頼まれました。

Imag1894

35mmほど削って下げました。


Imag1897

最後にお客様から、フォークデカールもくださいと言われ、フォークにも貼っていただきました。

Imag1898

調子いいと良いんですがねぇ(心配性

頼まれる時は重なる、bremboラジアルマスター用オイルタンクステー。

Imag1899

出来たんですが、付属するネジが足りなかったのと、クロネコヤマトが値上げしたので、コレクトも使える宅急便コンパクトで送ろうと思ったら、箱が在庫切れといわれ、これも入荷待ちです。

さて、もう少し細かい作業をやったら、やっと重整備に移れそうです。

連休中もがんばりマウス!

続きを読む "10/8(日)はモタゴッコの為に、店は休みとなります。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

'16 FS450中古車両と8/12モタゴッコ!


FS450は売れました。
当店で新車時から手を入れている'16 FS450を委託販売いたします。

E0092960_18390973


'16 FS450 走行約25時間 SSキラーズとMINI+MOTO選手権に使用(ダート未走行)。
・SUTER スリッパークラッチ
・brembo 14RCSブレーキマスター
・アクラポビッチサイレンサー
・PICシフター
・サイクラハンドガード
・30mmアップステップ
・リア車高アップ(10mm)
・ウランコアデザインズゼッケンデカール
・パワーパーツ アンダーガード
※マルケジーニは付きません。ノーマルのアルピナホイールになります。
金額85万円(税抜き)


Dscn1690_2

今年の2月の画像です。
この後パワーパーツのアクラポビッチサイレンサーを取り付けました(1枚目画像)。

今年の2月にバルブクリアランス調整と前後サスの見直しを行いました。
足回りもバラして全てグリスアップ組直しを行っています。

スーパーモト選手権を走っていたわけでも無いので、全くヤレておりません。
'17 FS450はフロントがエアサスなのと、マップの切り替え等で、こっちのほうがいいのではないかと思います。

付属品としてノーマルパーツとレバー、チェンジペダル、ブレーキペダル、ガスケット類があります。

車両と部品代だけで150万円を越えています(マルケを除いてもね)、お買い得ですよ!

お問い合わせはコチラからお願いいたします。
「FS450の件で」と件名に入れてください。

こんなに程度の良いFS450、この値段では手に入りませんよ!
ローンも使えますので、宜しくお願いいたします。


8/12のモタゴッコ、事前のエントリー数をSUGOさんから教えていただきました。
いまのところ約40名ほどですので、3クラスに分けての走行にしようと思っています。

今からでもエントリーすると、当日エントリーよりは入場料分安くなるのでお得です(約1000円)。

エントリーお待ちしております!
詳しくは、コチラのSUGOモタゴッコのページをご覧ください。

明日8/6はSUGOで行われるMINI+MOTO選手権に顔を出すので、夕方より開店となります。
御迷惑をおかけしますが、宜しくお願いいたします。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

もう今年半分...

あっという間に過ぎてしまいました...

なかなかうまくは進みません(スミマセン

さて、リクエストが何件かあったので、フォークデカールを作りました。
Imag1409
文字以外の部分は透明です(画像では台紙の白い部分)。
ウランコアデザインズ製で、ワンセット(左右)3456円(税込)です。
オーバーホールやチューニングした方とは言わず、一応普通に販売いたします。
欲しいかたはお問い合わせください!

メールはコチラから!

まずはDR-Z400SMのノーマルホイールにオフロードタイヤを履かせる依頼が...
このホイール、リアはチューブレス加工してあったのですが、タイヤがリムに対してかなり細いので、今回はチューブを入れました。


Imag1346


これだけ隙間あいてると、耳が上がりません!

昔中古タイヤ屋で14×12Jに245のタイヤ入れるのを思い出しましたよw

フロントはチューブでしたが、案の定バルブの根本が錆びていたので、チューブも交換しました。
Imag1345

リアリムが太いので、タイヤの形が悪くなります、寝せると滑りが早いので、気をつけて乗ってくださいとアドバイスしました。


Imag1349

エビスでちょっと調子に疑問があったという2016 RMZ250のチェック。
結果的にキャッチタンクへの配管につぶれがあって、そのせいで調子が悪くなっていただけでした(私関与なし

キックもちょっと違和感があったとかで、キックギア回りもバラシしてチェック。

Imag1350

問題は有りませんでした。

次は広島だったので、遠征地でトラブルがあると、目も当てられませんからね。
チェックは大事です。

お次はMV AGUSTAのスタンドをカットして欲しいと頼まれました。
Imag1354


重量があるので、開先をギッチリとって、場所によっては4重に溶接しました。

Imag1355

見た目は気にしないとの事だったので、軽く磨いておしまい。

次はRMZ450用のステップ加工です。
某モタードステップなんですが、樹脂部分があっという間になくなるので、鉄板を貼ってステライトを盛ります。

Imag1359


Imag1362

塗装が焼けてしまうので、黒く塗っておきました。

もうひとつ、追加のホイールカラーも製作。


Imag1360

で、以前作った物も合わせて、アルマイトに出します。

Imag1370

アルマイトをかけないと、傷がつくし腐食しやすいですからね。

Imag1378


飛び込みでチタンエキパイの修理。
Imag1363

プロサーキットのエキパイでしたが、ぱっくり割れていました。
溶け込みがかなり浅かったですね。

お次は売れたDR-Z400SMの整備です。
タイヤを新品にするのでタイヤを外すと...

Imag1368

自作チューブレスだ...

スポークの調整をしたかったので、ニップルを締めようかと、ニップルを良く見るとテープの粘着部がはみ出ていました...

Imag1367

幸い、エア漏れは無かったのと、前のオーナーさんからも漏れた事は無いとのことだったので、今回はそのまま組直しました。

あ、フロントはアウテックスのチューブレスキットでした(ホッとしました

で、マフラーをノーマルからFMFのパワーコアQ2に変更したのですが、どうやさしく見てもリアサスが沈むとサイレンサーとタイヤがぶつかります。

で、すでにエキパイがいろんな所に当たるので、修正をかなり入れました(FMFはこんなもんです。


Imag1371


フレームと干渉する部分を、つぶして(断面積は確保します

Imag1372

中間ステー部(タンデムステップブラケット)ごと外に出します。
ステーも加工しました。


Imag1373

サイレンサーステー部にもカラーを作って外に出します。

コレでやっとタイヤとサイレンサーがあたらなくなります。

Imag1375

フロントパイプ部もフレームと干渉するので、その辺も加工しました。


Imag1388

リアフェンダーのグラフィックを変えたり、細かい所をたくさん修正して、やっとシェイクダウンできる状態になりました。
キャブの調整やサスを調整して良い仕上がりになった所で、フロントフォークから微妙なにじみが...
Fフォークのオーバーホールもしてお渡しとなります。

なかなか終わらせてくれないですねぇ。

お次はいっつもありますねこのニンジャといわれるGPZ900R。
このあいだお客様がツーリングに行ったら、3500回転あたりまでばらついて乗りにくいといわれたので、乗ってみると確かにダメ。
始動性も悪い...


Imag1390

で、まあ症状からいってキャブかなと思ってFCRを外して点検して見ると、ASやPSがどうも微振動でずれるようで各気筒バラバラな開き具合になっていました。

ついでにラムエアーをつけていない部分は結構汚れていたので、簡単に洗浄して開き具合を確認して組みなおしました。


Imag1391

付け直してみると以前のように、良い感じに戻りました。
ただ、サイレンサーを変更したので(内径が結構違う)、やっぱり微妙にもうひと調整した方が良いかなとも思いますが、まあ悪くない感じです。

シートレールの加工もするので、その辺はオーナーに乗ってもらってからにしましょう。

お次はエンジンが掛からないといわれ持ち込まれたYZ250F。
確かにキックしても掛からないし、キックが軽い!

バルブクリアランスが無くてバルブ押してるのかなぁと思いながら、タンクを外してプラグでもと思ったらこの光景。

Imag1392

お、なんだダイレクトイグニッションが外れているのかなと、上から押し込むもピクリとも動かず、ダイレクトイグニッションを外してプラグを見ると、なんと10mmぐらい抜けてきていました。

どうも振動で少しずつ抜けてきてついに動かなくなった模様。

Imag1393

プラグもグラグラ動いていたようで、ねじ山もちょっと怖い感じでしたが、何とか大丈夫でした。
まあ、プラグは錆びまくりで、頭も削れているので問答無用で交換です。

で、これで掛かるかなと思ったら、全く掛からず...

プラグも濡れないので、キャブもバラします(リアショック抜かないと取れないので、みんな面倒なのかキャブが汚いものが多いです


Imag1398

案の定ヘドロのような物が多く、スロー系もキッチリ詰まってました。


Imag1399


エアクリーナーエレメントも土色だし、ボックスも長年のフィルターオイルのヘドロとかでコネクティングチューブの中まで汚い状態でした。

Imag1403

ここまで見たんだから、ついでにバルブクリアランスもチェック。
ちゃんとそろっていました5箇所とも!

いや、インテーク側がエキゾーストと同じ数字でした(広すぎる
しかも、わざわざシムを削ってその数値になっていました(バルタイ変えたかったのか?

いちおう規定値に戻しておきました。

カムチェーンテンショナーのガスケットは、使いまわしすぎて切れて端っこが無くなってました。

Imag1408

キャブは洗浄して、スロットルポジションセンサーの調整をして、ダメなOリングを数個交換しました。

Imag1404

本当はニードルも削れているので、交換した方がいいんですが、まあ乗れなくは無いかなという感じで今回は一応このままで。

ガソリンを入れ替えて、キック2発で掛かりました。
オイルを点検すると入れすぎてて、いくら左に傾けても油面見えませんでした...

ハスクバーナSMR450Rのフレームも塗りあがってきました。

Imag1410

ウレタン塗装の半艶です。
さすがカラーズは仕上がりが綺麗です。
やっぱりウレタンが仕上がりは一番綺麗ですね。

さあ、今週もがんばります!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

明日から

スポーツランドSUGOでは、全日本ロードレースが行われます。
スポット参戦の地元、横江選手やヨシムラからJSBに参戦するちょっと前までSMJに参戦していた濱原選手、ヤマハファクトリーからは同じく野佐根選手と、是非みんなで応援しましょう!

SUGOさんのHPはコチラから!

翌週は、同じくSUGO西コースでMINI+MOTO選手権が行われます。
SMJ九州に行かれない方は、是非!

さて、GW中もずっとお仕事をしておりましたが、なかなか進まず、すっかり予定の倍以上の時間を使ってしまいました。

やっていたのは'16 CRF450Rのサスペンションモタードモディファイです。
フロントのエアサスはKYBなんですが、各メーカーや年式、排気量によって中身がかなり違うので、なかなか大変です。

Dscn2039

以前バラした'16 RMZ250との相違点は、伸び、圧が左右で独立している(左が伸のみ、右は圧のみ)。
トップアウトスプリングの長さが違う(CRFの方が短かったです)。

カシメを飛ばしてロッドを取り出して、ダンパー部をバラします(左右で違う構造になります)。


Dscn2043

車高を30mm下げて、細かい加工をして組み立てます。


Dscn2046

カシメをプレスで再現して、後は普通に組み立てます。

次はリアショックなんですが、これも'16 RMZ250と違い、伸びがショック下側に無い物でした。

Dscn2049

ガス圧はちょっと低いですね。


Dscn2050
リアも車高を下げるので、バネスペースが足りないので、座金を削ってスペースを作ります。

Dscn2051

エア抜き部分も新設します。

Dscn2052

今回はEIBACHのバネを使って組み上げました。

前後とも低速の厚側が付けられない、なかなか難しいショックでした。
ただ、エアサスって乗らないと分からない(押しても分からない)ので、お客様に乗ってもらうまで不安です。

同時にオイルキャッチタンクの製作を頼まれていましたので作るんですが、取り付け場所にかなり悩みました。

Dscn2053

タンク自体は'14CRFと同じ寸法の物を作って、ステー類をかなり変更して切り出しました。


Dscn2055

ヘッドからのホースは、純正を延長して使います。

Dscn2056

ブローバイのホースはコネクティングチューブの途中に入るので、プラグを作って(ジュラコン)ホースはエアクリーナーに入れます。

Dscn2057


Dscn2060
ホイールなどはお客さんがご自身で取り付けるので、低いモトクロッサーの出来上がりです。

Dscn2062

調子良いといいんですが...

そんな比較対象にした'16 RMZ250に使っているアクラポッチにグラスウール交換。


Dscn2063

2/5はウールが無くなってました。
でもこれでも音量が余裕で通るんですね。

Dscn2065

お次はFS450のリアバネ変更とスリッパークラッチのレート変更。


Dscn2067

リアショック外すのに、スイングアームを外すという...

Dscn2068

スリッパーのセカンダリーバネをレートアップ(エンブレ強め)に変更。

Dscn2069

それとリアブレーキのリターンスプリングが5回乗ると切れてしまうので、CRFの物に変更。

Dscn2070

コレで切れないと良いんだけど...


そしてもうひとつハマッていたのが、ヤフオクで購入したCRF150Rの整備でした。
とりあえずエンジンの調整、キャブの調整(ホットスターターがちゃんと付いていなかった)、クラッチレバー、ホルダーの変更(ワイヤー等の取り回しも変)、スロットルの戻りが悪い。
それ以外も突っ込みどこらが多いのと、泥がこびりついてて普通の洗浄では落ちなくて、見積を作る前段階でかなり時間が掛かる事に...


Dscn1998

2時間ちょっと洗って店の中に...
ハンドルのセットがトライアル車のようです。


Dscn1999

ワイヤーがものすごい取り回しで、無理が多い曲がりです。
それとフロントゼッケンの上部はカットしてはいけません。
ジャンプした時にブレーキホースが引っかかってしまいます(モタード車両でも処理が悪い車両が多いです)。


Dscn2002

フロントブレーキホース、中が見えてます...


Dscn2005
ホットスターターワイヤーの向きと取り付けが変です。


Dscn2009

中でワイヤーはすっかりへんな曲がりがついてまして、さらに曲げ部分の金属チューブの取り付けが逆で、それを無理やり取り付けてありました。


Dscn2012
なんでしょう、この液体ガスケットは...

Dscn2014

スロットルワイヤーは錆びて引っ張っても出てきません...


Dscn2015

ハンドルもスロットルと擦れる部分が、すっかり削れてへこんでいます。


Dscn2016

ミッションブリーザーホースがエアクリーナーに戻すのに、車体下から出ています。


Dscn2017

キャブのバンドは、指定の位置じゃない向きで無理やり締めこんでありました。

カムはホットカムが入っていたのですが、バルブクリアランスはIN、EXとも同じ数値でした(驚
で、カムスプロケを固定しているボルトは、すっかりナメ始めてました...


Dscn2018

ちなみにカムチェーンテンショナーのボルトのガスケットが入っておらず、ものすごいトルクで締め付けてありました...

キャブは、ドレンが皿のようになるくらい変形するほど締め付けてありました。

Dscn2023

まだまだ突っ込みどころ満載ですが、いい加減修理に入ります。

まずはキャブを洗います。

Dscn2071

いままで開けたFCRの中で、一番汚れていました。
埃とオイル分とアルミの削れたカスが、びっちりこびりついていまして、洗浄に2時間以上掛かりました。


Dscn2073

スロットルバルブのプレートもすっかり剥げているので交換です(9000円位します)。


もうボディーもすっかり減っています...

Dscn2074

ジェット類も変更して、ネジ類も全部舐めていたので交換して、Oリングも全部交換しました。
スロットルポジションセンサーも抵抗値を見ながら調整して組みなおします。

Dscn2075

バルブクリアランスを見て、シムを変更。
組みなおしてカムスプロケをつけるときに、何か変だなと...

あ、カムチェーン外れてる!!

普通は外れないんです(下側)、外れないように下側にプレートが付いているんです。
で、外れると言う事は、それが無いか、それとも曲がっているのか...

しょうがないので左のカバーを外して、フライホイールを外して確認。

Dscn2079

曲がっていました。
曲がっていたと言う事は、チェーンが飛んだか、無理やり何かやったのか...


Dscn2081

触れば触るほどだめな所が出てくる...

ハンドルもレンサルのCRF150R大人用の物に変更。

Dscn2083

スロットルチューブとグリップは、お客様の用意した物なんですが、これも10年前から進歩が無いですね...

Dscn2084

スロットルホルダーを締めると、動きが悪くなる...
一部削って、バリを取って使えるように...

グリップはPROGRIPなんですが、スロットル側は長く、そしてスロットルホルダーと接触してしまうので、離して接着します。

Dscn2087

リアブレーキローターも変形していたので、リアホイールを外すと何故かスイングアームのアクスル部にグリスが超てんこ盛り...

Dscn2085

なんでしょう、これは何かのおまじないなんでしょうか...

Dscn2088

キャブのセットを出してみますが、キャブが減ってるのと、加速ポンプの出すガソリンの量が多くて、アイドリングを落ち着かせるのに苦労しました。

なんとか乗れるレベルになりましたが、結構お金掛かりました。
ヤフオク車両には注意しましょう。

さて、やっと全バラ車両のKTM690とSM450RRをバラススペースを何とか確保しました。
今までエンジン3基バラしてあったので、バラス場所が無かったんです。

今月もあっという間に中盤です、がんばります。

続きを読む "明日から"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

中古車情報!!

お客様から委託で頼まれましたので、まずは車両の紹介です!

平成25年式 NV350キャラバン スーパーロングハイルーフ 1ナンバー 2WD ガソリン AT 走行7000km(7万kmじゃないです、7千kmです) 黒 DXクロムギアパッケージ ナビ バックカメラ セキュリティー付
車検6月
Kakohmnebogzqplneqkl


Kako91ruypf4y5ptqres

Dscn1284

ツーオーナーで無事故、綺麗です。
1728000円(税込)

程度は文句無く抜群です。

程度が良くて安いハイルーフさがしてる方、いかがですか?

お次は'06 YZ250Fモタード仕様

Dscn1286


Dscn1287

前後マルケジーニM10Smotard F3.50×17 R5.00×17 ワイドスパンステム φ298ローター bremboキャスト4ポットキャリパー brembo16×18ラジアルマスター プロサーキットフルエキ(要修理) 足回りはREALEQUIP
これは金児隆太が乗っていた車両になります。
現在、フォークからオイル漏れあり エキパイのガタが大きいので、修理が必要です(ノーマルエキパイ、サイレンサーあり。ただし凹んでいるとの事)。
367200円(税込)
部品が一通り付いているので、自分で治せる方には、ベースとして安いし良いと思います。
こちらで修理してからとか、ひととおり点検してからの販売も可能です。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

前回のblogにも書きましたが、'15 YZ250Fもあります。

15027610_1144882528921362_693105122

507600円(税込)

もうひとつキャンペーンを忘れていました。
マルケジーニがお買い得です!

Zoom05
詳しくはこちらをご覧ください!

25000円も引くことなんてありませんから、絶対にお得ですよ!!
ユーロのレートが変わると終わってしまう可能性もありますから、今のうちに注文しましょう!


まずはブーツセーバーを作りました。

Dscn1240

あいかわらず作るのに時間が掛かります...

続いても加工物で、YZ450Fのスイングアームショート加工です。
ジグを引っ張り出してきて、寸法の確認です。

Dscn1241

車種ごとに寸法が違うので、ジグも組み替えて使います。


Dscn1242

長いまま組んで見て、けがいてカットします。


Dscn1244

キャリパーサポートのガイドは、スイングアームを短くすると軽くテーパーを付けて削らないと真っ直ぐにならなくなります(結構面倒なんです)。


Dscn1245

エンドブロックをカットしてみると、中にかなりの泥が溜まっていました...

なるべくコンターでカットして、フライスで余分な部分を切削します。

Dscn1246

こんもり...

Dscn1247

チェーンガイドも切って整えて、内側の前側にある鋳物の部分も、短くするとタイヤと干渉するのでカットします。
コレがかなり大変で、サンダーだけでも手が震えるくらい時間が掛かります。
正直、全部部品が出来てて溶接だけなら1時間も掛からないで出来上がるんですが、元からある物をカットして部品にするのに半日掛かります。

Dscn1248

出来た分をセットして...


Dscn1250

溶接して完成!


Dscn1253

捩れやスイングアーム幅のチェックや溶接しながらやる事は結構あるのですが、画像を撮る暇はありません。

とにかく完成!

お次は修理に出していたNSF250Rのサイレンサーが帰ってきました。


Dscn1185

これが...

Dscn1256

ボディも治してもらいました。


Dscn1257

カワセイさんいつもありがとうございます。

そしてNSFの部品が帰ってきたら、違う方からまたNSFの部品を預かるという...


Dscn1262

スイングアームはスタンドフックがちぎれたので、それの再生と、タンクは凹み修理です。

スーターのスリッパークラッチの注文を頂きました。

Dscn1259

CRF150R用です。
ちっこい!!
スーターのスリッパークラッチ、コレで販売5個目です。
クラッチ操作楽になりますよ!!

お次はずっとお待たせしてる、'07 YZ250Fの整備。

まずは問題がありそうなところをバラシながらピックアップしていきます。
まずパッと見て問題なのは、スロットルとハンドガードが接触していると言う事。


Dscn1277

グリップを交換するのは良いのですが、このゴムカバーと当たっているのは、正直ダメです。

Dscn1276

私こういう状態のをしつこくダメだといいますが、本当に危ないんです。
絶対ダメなんです。
そして、こういうマシンに乗っている方で、進入時に分けわかんないうちに転ぶと言う事があるんです。
スロットルがちゃんと戻ってなくて(本人は戻ってると思ってる)、フロントブレーキを掛けてしまうと、一瞬で転びます。

繰り返し言います、絶対ダメです。

ブレーキキャリパー何ですが、パッドの外周が当たっていません。

Dscn1280

このベルリンガーはφ310が付いているので、他メーカーの物でもいいのでφ320に変更してもらえば、安心なんですが...

Dscn1311

ローターは新しいので、コレを買うときに気が付いてもらえれば...

あ、ちなみにフロントホイールは、ベアリングがダメで、チューブもダメでした。

パッと見はフロントフォークから漏れとステップが割れているので、交換か補修が必要です。

ハンドガードも曲がっているのと、強引についているので、クランプもCYCRAの物に変えて修正した方がいいです。

Dscn1293

曲がりすぎて、クラッチレバーとの隙間が少ないです。
クランプのボルトを抜いたら、こんなに離れました...

Dscn1305

これをこのまま取り付けるのは、無理やりすぎです...

で、スロットル周りをひん剥いたら、スロットルホルダーのネジが締まっていませんでした。

Dscn1304

そのまま、フォークを外して、ステムだけにして動かすと、嫌な感触が...

やっぱりステムベアリングはダメでした。

Dscn1308


Dscn1307

緩めても抜けてこないので、しょうがなくプラハンではたきました。


Dscn1309

ベアリングの内側が錆びて固着してたようです。

ちなみに、フォークの取り付けも、エア抜きのブリーダーを前か後ろにちゃんと合わせたほうが良いです。

Dscn1306

いちおうウチでは、前後どちらかに向けて組んだほうが良いように、メタルを組んでいます。

キャブはすっかり腐っていました...

Dscn1289

エアクリーナーエレメントは、すっかりダメになっていました。

Dscn1288

指でさすったら、ちぎれました穴が開きます。

オイルキャッチタンクのステーが折れてましたが、何でかなと思ったら、ステーの固定に使っているエンジンマウントのボルトが締まっていませんでした(そりゃあ折れるわ...

Dscn1291

しかもオイルキャッチタンクのホースに、クランプが付いてなくて(せめてインシュロックを...)オイルまみれです。

Dscn1290

ラジエターホースバンドが斜めだったり...


Dscn1310

バルブクリアランスはまあまあそろっていました。

Dscn1314

カム山は研磨した方がいいかなぁ...
オイルだろうなこれは...

フロントのキャリパーを外したら、シム替わりのワッシャーのサイズが大きい...

Dscn1303
まあ、しょっちゅう外さないから良いんですが、内径合う物を付けたいですね。

リアブレーキはピストンの戻りが悪く(というか戻らなくなった)、マスターを見てみると...


Dscn1300

ヘドロというか、固体化してて、穴を詰まらせています。
こうなると全部バラして圧力掛けて洗浄しないと危険です。
コレは、前後ともインナーパーツは全部交換しないとダメですね。

結局かなりばらしました...

Dscn1313

フロントの突き出しを見ても、リアの車高とバネレートを変えないとダメな感じです。
'07は他の年式と比べてもワンレート低かったので、変更しないと寝るけど曲がらないという感じでしょう。

乗れればいいんですと言われましたが、危ない状態では渡せないので、とりあえず見積を作って相談ですね。

さ、休み明けからはハスクのフレーム塗る為に、全バラするぞ!


続きを読む "中古車情報!!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

今日はSMJとMOTO-GP!

名阪でIKKIがピンピン(両ヒート優勝)だったり、茂木ではマルケスがチャンピオン決めちゃったりしましたが、私はお店でお仕事です。
先週日光のレースに参加したので、休みはありません(いっつもないんですがw

まずは告知です。
10/22エビスサーキトでモタデューロがあります。
このあいだエビスサーキットさんのFacebookで、今の所エントリーが2台だけで、このままだと開催できませんとなっておりました。
たぶん、まだ受付してくれると思うので、思いっきり走りたい方いかがでしょうか?

お申込みはコチラから!

そしてその翌週10/30は、SUGOでモタゴッコが行われます(スケジュール決めたときは、まだエビスさんの日程が出ていなかったんですよ...)。

00034_main

事前エントリーは締め切りになりましたが
早割りエントリー(お得)は10/20までです、当日エントリーはまだ出来ます(これからでもエントリーすれば、エントリー代金はちょっと高いですが、入場料がタダになるので、当日エントリーよりはお得ですよ)。

今回は午前中Mパーク(駐車場)での練習と、午後からは西コースでの走行と、一番人気のバージョンです。

お申込みはコチラからお願いいたします。
今回、全日本SMJと日程がかぶってしまい(熊本HSRでの開催が、春の震災でずれ込みました)、講師はいつもの森田一輝、千葉智は来られませんが、私と大場和樹、呉宏一3名で行う予定です。

で、ちなみにその前の10/23は全日本MX最終戦が、同じくSUGOで行われます。
今回、熱田孝高選手、田中教世選手、北居良樹選手が引退を表明してまして、ちょっと行こうかなと思っております。
しかし、ファクトリーで引退って、ある意味幸せですよね...
昔の杉尾さんの時みたいに、勝ってくれないかなぁ...


さて、前回のblogからの続きを...

日光サーキットのモタード耐久に急遽出る事になったので、参加車両の整備をしまして(画像無し)、ちょっと問題もあったんですけど、レース前には無事に解決。
11204023_651441241686643_5327939327
マシンオーナーの鎌田さん。


当日は結局レインコンディションで、知り合いからもらった結構減ったレインタイヤで走行。
ところが、その割には結構グリップが良くて、途中から雨が止んだのもあって無駄にパワースライドしてたら、すっかりレインがスリックになってしまいました。
でも、BSのレインタイヤって、こういうときでも良いんですね、ちょっとびっくりしました。


14666327_651440005020100_2462394136

GTオートの菅井さん。


14713544_651437958353638_8854936860

そして私!
雨のおかげで、体力は持ってある意味助かりました。

私のマシンを買っていただいたお客様も参加!

14708170_651440748353359_4461040476

レース終わって、MOTOSHOP TOYZのみんなと記念撮影!

14642282_651442521686515_5119980147

日光はダートが無くって、ロードコースのみですから、ロード系の方が最初参加するのにいいと思います。

逆にダート多いのがエビスのモタデューロで、こちらはMX系の方がデビューするのにいいかもしれません(といっても難しいダートは無いですよ!)。

タイヤはこんな感じに...

1476626455705


1476626691449

最後の最後にヘッドが抜けたようで、冷却水がキャッチタンクに溜まってました...


1476626705374

壊れなくて良かった、ある意味運が良いですね!

で、レースの日にタイヤ交換しようと思って、現地でコンプレッサーのスイッチ入れたら、タンクにエアーが溜まらずずっとポンプが回ってる...

戻ってきてチェックすると、圧力スイッチ回りが怪しいので、バラスとダイヤフラムに穴が開いてました...

1476626365134

で、結局ダイヤフラム単品を探せず、圧力スイッチ回りASSYで買いましたが、2千円しないという...

すぐ治りましたが、使いたいときに使えないと意味が無いので、ちゃんとしないと!

で、このマシンオーナーが発電機を購入。


Dscn1105

コーシンの発電機で、DAYTONAが代理店になっています。
16Aで12万円しないインバーター発電機、安いです!


Dscn1106

オイルが入らない状態で納品されるので、Hirokoのオイルを入れておきました。

さて、お次はCRF150RⅡの前後サスペンションをダートラ仕様にします。
まずはリアから。

1476626431748

オーバーホールも兼ねているので、消耗品も全部替えて車高の変更とシムの変更。
それとバネレートの変更で社外のばねを使うので、車高を下げた分バネがはまらなくなるので、バネのスペースを確保したり、スプリングシートを製作します。

Dscn1102

ノーマルのスプリングシートの中を削って下側に使います。


Dscn1103

お次はフロントです。
80mm下げるのですが、ロッドの全長を規制するのですが、バネスペースがなくなるので、バネをカットして整えます。

Dscn1097

全長規制のカラーは樹脂からの削りだしですが、伸び側のオイルの通路が途中にあるので、内径のザグリを入れたり、万が一ずれてもオイルロックしないように加工します。

Dscn1098

他にもプリロードを掛ける為のカラーを製作して、これで作りものは完成。
ダンパー部のカシメをとって、シムの変更を行います。

Dscn1100


Dscn1101

実はツインチャンバー(現行モトクロッサー)よりも手間が掛かります...


Dscn1104

やっと完成!
でも、これはやっとスタートというところでしょう。

お次はDトラハブにハスクの4.25リムの組み込みです。
外車はスポークの貼り方が逆なので、特注のスポークを作って組み上げます。

で、今回話を聞いてて、お客様が持ってきたハブとリムは塗装されていました...

Dscn1107

剥げてもいいですとか言われましても、やはり気を使います。
そして、リムは結構歪んでいて、振れを取るのにばっちり2時間弱掛かりました...

Dscn1111

ニップル穴も塗装されているので、トルクがちゃんと掛かるのか心配です。

頼んでいたbremboのラジアルキャリパーも入庫!

Dscn1108

箱が変わりましたね。


Dscn1110


お次はこのあいだまで預かっていた、DUCATIのストリートファイター。
バネレートの変更をすることになったので、再度お預り。

で、OHLINSのフロントフォークのトップキャップを緩める工具を作ります(買えよ。

なんでかというと、ちょうど良い材料とノックピンが在庫であったからです。

Dscn1112

旋盤で削って、フライスに割り出しをセットして、ノックピン穴を開けて...

ソケットをはめる為の六角を削って...


Dscn1114

完成!

で、実際にあてて見て...

Dscn1117


よし、大丈夫!
Dscn1118

さ、今週もがんばりマウス!

続きを読む "今日はSMJとMOTO-GP!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧