2017年4月15日 (土)

4/16明日のモタゴッコ!

明日のモタゴッコ、天気も良さそうで、まだ迷っている方や時間が出来た方、当日エントリーも大丈夫ですよ!
00087_main


明日は朝9時に受付が始まりますので、8時半過ぎぐらいに到着すれば、ちょうど良いかと思います。

集合場所はMパーク(メインゲート脇の駐車場)になります。
受付もここで行います。
駐車場にトイレがありますので、その横で受付を行います。

Mパークの位置はこちら!真ん中の広い駐車場です。白い四角いのがトイレです。

見学の方も、一声掛けていただければ、中で見ていただいて大丈夫です(インストラクターの指示には従ってください)。

午前中はMパークでのパイロンを使っての練習で、午後からはビギナーズフィールドでのオフロード走行になります。
午後はTTR110を2台借りられましたので、コレでの走行も出来ます。

今年一発目ですので、無理せず楽しみましょう!!

事前エントリーが少なかったので、スクール成分大目でやるかもしれません(当日エントリー次第ですが)。

それでは皆様、お待ちしておりマース!

※当日はお弁当の注文は出来ますが、自販機が無いので飲み物は各自お持ちになってください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

4/16SUGOモタゴッコ!

来週の日曜日、4/16はSUGOでモタゴッコが開催されます!

00087_main


SUGOモタゴッコ関連ページ(お申込み含む)はこちらから!

早割りエントリーは終了しましたので、これからは6480円でエントリー可能となります。

モタゴッコはレースではありません、練習会です。
広い駐車場や初心者向けのオフロードコースで、ご自身のレベルに合わせて練習が出来ます!
今回のインストラクターは豪華です、全日本スーパーモトプロクラスのライダーが3名です!
チャンピオン森田一輝、今年は希望ゼッケン#28で走る千葉智、昨年のオープンクラスチャンピオンの吾妻裕人です。
それと、私大森の4名でやります。
なんかうまく乗れない、それが何が悪いのか分からない、どうやったらうまくなるのか、効率よく練習するにはどうしたらいいのか、今年一発目だからゆったりと休み休み練習したいとか、皆さん自由にやっています。

集合場所はMパーク(地図真ん中のだだっ広い駐車場です。当日の受付もココになります)です。

見学も出来ますので、みたい方はお声掛けください。

お待ちしておりマース!!

ええと、先週4/2は日光サーキットで行われた「日光チャレンジロード」のモタード耐久に、お客様と参加してきました。

結果はクラス4位の総合3位でした。
マシントラブルがあって、ピットスタートだったんですが、ゆるい内容でロード系の方がモタードマシンで遊ぶなら、最高に楽しいレースです。

今回は、お世話になっているBram RACINGの方々が多くて、久しぶりに走る方や、女子チームがいたりとワイワイ楽しくやりました。

雰囲気で画像を少しだけ...
P1680480


_1960430


_1680268


17796122_742779165886183_3696386862


17796570_742739319223501_6477293826


_1680598


_1680573


17800356_742782335885866_2361346978


246614307_624v1491559339


17796000_742780379219395_3823025673


17795865_741948255969274_4438454857


17795914_742746789222754_2816672387


_1960868

さて、そんな耐久に使ったSM450R、レース前に整備していてブレーキフルードがやられていました...

Dscn1860

フルードが吸湿するのか固体化(結晶化)していました。
取り除いたんですが、微量に残っていたようで、レース当日の練習走行中に詰まってしまい、リアブレーキが効きっ放しになってしまいました。
ある銘柄のフルードだけ良くこうなるので、ここ数年は使っていなかったんですが...

さて、ココからは時系列でお仕事を...

以前モディファイしたCRF150Rの前後サス、バネレートと車高の変更を頼まれました。


Dscn1853

ショック長を伸ばして、取り付け穴を開けなおして、車体取り付け時の車高はそのままで、バネのスペースが長くなった事もあって、バネをノーマルに変更しました。

お次はフロントですが、こちらは車高の変更は無しで、バネレートの変更です。


Dscn1855


80mmショートでそれにあわせてバネをカットしてレートを上げていたのですが、今回はノーマルでも柔らかい奴をなるべくカットしないで、レートがあがらないようにして作りました。
まあ、計算どおりにはならないんですけどね、今後のたたき台です。

Dscn1857

少しづつ良くなっていくと良いのですが...

お次はTTR250のリアショック。
リザーバータンクに行くホースが無いので、ブレーキホースを流用して作るのですが、バンジョー部の作りが違うので(ノーマルはOリング。今回はクラッシュワッシャです)、クラッシュワッシャをOリングの厚み分も満たすように、段付きで作り直します。

Dscn1858

いろいろとはしょって完成!

Dscn1863

お次はCR85RとYZ250Fのリアショックオーバーホールです。


Dscn1865

どちらもガス圧は5k台でした...


Dscn1867

で、YZ250Fの方は、何故かダストシールだけSHOWAのものが使われており、今回は手持ちのシールヘッドに交換しました。

Dscn1868

CR85Rはショック長を5mm短くしてといわれたので、カラーを作ってシールヘッドを奥に入れています。


Dscn1870


完成!
Dscn1871

'16 CRF450R用にモタードホイールの注文を頂きまして、今回はDF製のフロント3.50×16.5、リア5.00×17のキットを使いました。
コンプリート品ですが、開けて寸法を確認します。

Dscn1875
フロントがクロススポークなのは、キャリパーを入れやすいので良いですね。

お次はTZR250(1KT)の修理です。
ノーマルのステップが曲がっているので、持込のバックステップをつけようかと見てみると...


Dscn1877

ステッププレートが結構ぐにゃぐにゃで、修正して取り付けてみると、なんとスイングアームと当たりそう...
しかも、ブレーキスイッチが届かないので、ノーマルを修正して使いました。

で、そのステップに着くチャンバーも曲がっていてスイングアームに当たっているので修正。


Dscn1878

ガスケットは長年の使用で、良く分からない物体になっていますw

テールの穴径に合うように、無垢のS45Cを旋盤で引いて、叩き込んで修正します。

Dscn1879

当たらなくなったと思って安心したら、左右でえらい高さが違うのに気が付いて、もう一回修正しました。
それと、フランジもゆるゆるだったので板金ハンマーで修正。
リアブレーキペダルを踏み込むと当たるので、それも板金ハンマーで修正。
最後に耐熱スプレーを塗って完成!

アッパーカウルも割れまくりで、カウルステーも曲がっていたので修正しました。


Dscn1885

基準が無いから大変です...

なんとかちゃんと着きました。

Dscn1886

アッパーカウルは10箇所ほど割れていたのを、開先をとって、ひたすらプラリペアで修理しました。


Dscn1887

もう純正は売って無いので、FRPのカウルを買ったのですが、まだ届かないので暫定です。
スクリーンも社外品のアクリルです。

ブレーキレバーも曲がっていたので交換して、バッテリーも充電しなおして試乗してきました。


Dscn1890

高校生の時に乗ったときの事を、思い出しました...
もう30年前なんですねぇ...(シミジミ


DRZ400SMもキャブセットを進めていました。


Dscn1881

キャリアもちゃんと付くか、取り付けてみました。

Dscn1883

さて、ホイールやタイヤ組をやるぞと、並べて見ました。

Dscn1892

まずはKTM50SXのスポーク組。
ローター側からスポーク組まないといけないんですね(忘れないように書いている)。

Dscn1894

タイヤ組むほうが大変でした。
しかも、新品のチューブに付いていたムシがダメでエア漏れ...

Dscn1895

もう...

お次はSM250Rのフロントホイール。
リムを粉体塗装で黒く塗って、スポークを特注してニップルをアルミに変更。

Dscn1850

これがこうなってきました。

Dscn1897

ニップルが鉄→アルミなので、直径が変わるので、リムのニップル穴を拡大してあります(結構面倒です、角度が付くので)。

で、スポークの寸法が間違ってるのが発覚して焦っております。

SM250Rは他にも取り付けるパーツが届いて...

Dscn1898

タイヤやメーター、ハンドガードや軽いバッテリーに充電器など。

KTM50SXはクラッチ回りをまた修理。

Dscn1893
これは予備のものだそうで、こっちはクラッチ板が割れて、柱が負けて抉れていたので、そこそこ掛かりますね。

他にもCRF150Rを1台、YZ250Fを1台お預りしております。

NINJAもすすめて、KTM690とSM450RRの見積もしないと...

4月もなかなかなかんじですが、がんばって進めていきます!

続きを読む "4/16SUGOモタゴッコ!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

もう3月も最終週ですね...

確定申告もなんとか終わらせまして(最終日の夜7時半に送信しました)、お待ちいただいている仕事を進めておりました。

ですが、4/2(日)は日光サーキットで行われるモタード耐久にお客様と参加してきます(お店は休みとなります)。

お待たせしておいてなんですが、でもこういうイベントには台数を集めておかないと、開催されないようになってしまいますから。
エビスサーキットさん、モタデューロの告知がありませんねぇ、昨年一回しかなかったモタデューロが、台数が少なくて開催されなかったので...

日光サーキットのモタード耐久は、まだエントリーに間に合います。
敷居はものすごく低いですw
エントリーはこちらから!

4/16には、SUGOでモタゴッコもあります。

00087_main


エントリーはスポーツランドSUGOのモタゴッコのページからお願いいたします。

SUGOモタゴッコのページはこちらから!

今回のモタゴッコは、午前中Mパーク(メインゲート脇の多目的広場)と午後はビギナーズフィールド(オフロードコース)での練習会になります(西コースの走行はありません)。

さて、また作業を大体の時系列で...

まずは遠く九州からお預りした、TTR250のリアショックオーバーホール。
Dscn1793

たぶん初バラシなんでしょう、20年以上経ってますから、中身はものすごい真っ黒なオイルと、ガスはすっかり無くなってました。

そしてTTRでよくある、アッパーブッシュのカラーが、錆びて取れません。


Dscn1795

以前にも何回かやったんですけど、かなり苦戦しました。
今回はVipro'sのマリンルブリカントを吹きかけて、一晩置いておいたら、軽く叩いたら抜けてくれました。
やはりこのケミカル、かなり優秀です。

このショック、リザーバーに行くホースもやばそうなので、代替品を探してちょっと保留です(もう見つけましたが)。
SOQIももう部品が出なくなるそうで、コレからますます大変でしょうね...

頼まれていたブーツセーバーを、ワンセットだけ製作しました。

Dscn1796

お次はCRF250Xの前後サスモタードモディファイ。
だいぶお待たせしていたので、一気に終わらせるつもりが、ちょっとはまりました。
CRF250XとCRF250Rは結構部品が違いますので、注意が必要です。
そしてCRF250Xはバネレートがかなり低い物が入っているので、コレを替えないとどうにもなりません。


Dscn1798

スプリングシート固定用のCリング溝は、プリロードを多く掛けられるように、3本ほど強くなる方向に多めに溝を切っておきます。


Dscn1799

シムを選定して組みなおします。
車高調整のカラーも作って、入れてあります。

CRF250Xは加圧ダンパーのレートが低かったり、ダンパーロッドが研磨された鉄だったりと、細かく違います。


Dscn1800

走行距離は少ないそうなんですが、年数が経っているので消耗品は一通り交換しました。
画像はありませんが、右側のインナーチューブに、大き目の傷があり修正して組みなおしました。

お次はリアですが、ガス圧を計るとかなり低い状態でした。

Dscn1802

大抵8k台なんですが6kだと、ちょっとダメですね。

で、ばらして洗浄してロッドに錆を見つけてしまいました。


Dscn1806

全ストロークの真ん中辺りなので、これはちょっとダメです。

手持ちのロッドのから長さが同じ物を見つけて、交換しました。
CRF250Rの物なので、下側のナットがアルミです(CRF250Xは鉄です。細かい部分がコストダウンなのか鉄です)。


Dscn1807

なんとか完成しました。


Dscn1809

お次は'12 YZ250Fのスイングアームショート加工です。
今回はスイングアーム右内側を抉る加工もするので、いつもよりも大変です。

とりあえず洗浄して状態を確認します(脂分があると溶接が出来ませんから)。

Dscn1811

シャフトやスライダーの状態は、良くありません。
シャフトは腐食や錆が出たりすると、ホイールのベアリングにも悪さしますし、作業性も悪くなります。
また、ねじ山も使っているうちに悪くなりますから、定期的に交換しましょう。

Dscn1814

シールリップも1/3は、潰れたまま押し込まれていました

Dscn1816


スイングアーム自体は、右に寄っていて左が低い状態でした。
Dscn1818

ジグに合いません...

まあ、こういうのは新品から良くあるのですが、片方に寄ってるのは、ジグとの位置関係が悪くなるので、ちょっと厄介です。

チェーンガイドの皿ザグリも、やり直しておきました。


Dscn1820


Dscn1821

寸法を作って、カットしていきます(今回は時間が掛かりました...)。


Dscn1822

内側の抉る部分です。

Dscn1823

YZは抉ったっことが無かったので、少しづつ切って中を確認しながら、切り込んでいきます。

ブレーキガイドや...

Dscn1825

チェーンガードのステーもジグにセットして...

Dscn1824

そうなんです、スイングアームの位置がずれると、このジグが使えないんです。

チェーン引き部分とアームの部分は、過去最大に隙間が開いています。


Dscn1826

3重に溶接して、強度を確保します。
熱を入れる量が変わるので、ひずむんです...


Dscn1827

途中で修正しながら、寸法をマメにチェックしながら溶接します。
左右の高さ違いや、ズレも修正してあります。

お次はまだやってるんですかといわれるDRZ400SMです。
車検は通したので、仕上げに入ります。
まずはSDGのシートを削って良い高さのシートにします。


Dscn1830

ものすごい高さの差が有ります。
私が乗っても高すぎです(ステップから遠すぎます)。

シート表皮をめくってケガキをして...

Dscn1831

削っては座ってを何度も何度もやっていきます。


Dscn1832

シート表皮も硬くて、久しぶりにヒートガンで暖めながら引っ張って張りました。


Dscn1833

お次はグラフィックを張りこみます。
元々貼ってあったグラフィックをはがすのが、めちゃくちゃ大変でした...

そしてDRZはグラフィックを貼るのが、かなり大変なんです!

で、やっと完成です!

Dscn1842

カッコイイ!

Dscn1843


Dscn1844

コンセプトは「開幕前のテスト時のMOTOGPマシン風」で、スズキなのでバリーシーンのゼッケン「7」を入れてもらいました。
まあ、他にもいろいろと注文はしたんですが、製作してくれたウランコアデザインズさん、ありがとう!

で、出来たのはいいのですがセットアップをしないといけません。
足もエンジンもいろいろと替えたので、バランスを取らないと...

で、足のほうはいいんですが、燃調はちょっと大変です。
あえてのノーマル負圧キャブなんですが、これがジェット替えるだけでも大変!


Dscn1849

で、外は雨が降ってくるという...

明日も天気悪いのね...

ということでお次はYZF-R3のリコール修理(2回目)。
とりあえず洗車して、バラしていきます。

Dscn1845


相変わらず慣れて無いので、マニュアルガン見して、ばらして組みなおします。
Dscn1848

動作確認して完成!
ついでに軽い点検をしておしまい!
R3はカッコイイので好きなんです。

Dscn1846

ふふっ、なんかかわいいw

さ、明日は売れたSM250Rも少し進めないと...
今週もがんばります!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

2017年になっても変わらず...

1月もあと1週間で終わり...

今年も、時間の流れに加速装置が付いているようです。

まずは今年のスポーツランドSUGOで行われる、モタゴッコの予定になります。

4/16(日) Mパーク+ビギナーズフィールド
6/10(土) Mパーク+ビギナーズフィールド
8/12(土) 西コース
10/8(日) Mパーク+西コース
11/23(木祝) 西コース

今年は5回開催予定となりました。
詳しくはスポーツランドSUGOから、もうちょっとしたら発表になると思います。

※Mパーク メインゲート脇の多目的駐車場
 ビギナーズフィールド 初心者向けオフロードコース

皆様、予定をあけておいてくださいね!

それと、SUGO西コースで行われるMINI+MOTO選手権のスケジュールが出ていました。

MINI+MOTO選手権のスケジュールはコチラから!
SUGOのイベントカレンダーに飛びます。

blogの方はボチボチですが、Facebookではもう少しマメに更新しております。
GARAGE OPBのFacebookページはコチラから!

さて、前回のblogからの続きで'07 YZ250Fの今度はフロントブレーキ回りです。
マスターを開けると...

Dscn1528

底のセパレーターは白い固形物で何も見えません。

バンジョーボルトにも...


Dscn1529

キャリパーのバンジョーのネジ穴の奥にある白い物が、堆積物です。

Dscn1530

ピストンの裏にも...

Dscn1531


マスターのピストンにも...
Dscn1532

点検窓も真っ白です。

Dscn1534

ちなみにホースの中にも、堆積していました...

全てをバラして、洗浄して、シール類は新品にしました。

Dscn1535

ピストンは研磨して再使用です。

Dscn1536

セパレーターも綺麗に...

Dscn1537

点検窓も見えるようになりました。

Dscn1538


パッドの外周が当たっていなかったので、これは軽く削り取っておきました。
Dscn1542

こういう対処は、しょうがなくです。

これでやっと完成しました!
でも、まだ7割くらいですかね、本当は...

お次はFS450の整備です。
前後サスのオーバーホール(といっても使用時間が少ないので、オイル交換とチェックと車高の変更)と、バルブクリアランスのチェックです。

外装を外して、プラグを抜いて...

Dscn1546

見た事の無いプラグだ...


Dscn1567

バルブクリアランスを計ると、広い!
サービスマニュアルが来たので、正規の手順でバラしてシムをチェックすると、左右同じと言う事は、あんまり見ないで出荷されてますね、たぶん。

カムはインテーク側に少し傷が入っているので(以前チラ見したときにうっすら筋が入っていた)、外して研磨しておきました。
ロッカーアームのスリッパー面に傷は無いので(表面処理が硬そう)、カム側が負けたようです。

Dscn1568

で、シムを替えようと思ったら、サイズがオリジナルなんですね...
他のメーカーに合うのがない!

と言う事で、サスも工具やなんかいろいろと必要になってしまったので、準備が出来るまでお待ちいただく事になりました。
いやぁ、こんなに準備がいるとは...

お次はNSF250Rのエンジンオーバーホール。
部品を頼んでおかないと間に合わなくなりますから。

で、バラそうかとインテークのボックスをバラして...
中に何かある...

Dscn1549

石がありました(ビックリ

最後のレースで転倒してしまったそうで、まさかこんなお土産がボックスの中に入っているとは。
だって、エアクリーナーとは言わないけど、スポンジ貼ってあるんですよ!
で、ボックスの中も土ぼこりが多めで、ちょっと嫌な予感が...


Dscn1560

エンジンを下ろして、バルタイがずれていないか確認してからバラします。
今回も大丈夫でした。


Dscn1561

バルブ回りは、かなり噛み込みが多くてバルブは全交換。
ピストンも前回変えなかったので(この方は年間1000kmちょっとの走行なので)、今回はその辺も交換。

Dscn1563

前回のオーバーホール時に、ノーマルのレシオに戻しましたが、やはり以前使っていたレシオがいいとの事で、今回はミッションも1,2,3速を変更。
シャフトも変えるから高いんですよね...


Dscn1565

今回で役目を終えたパーツたち...

Dscn1566


お次は'16 RMZ250の車体回りオーバーホール。
持ってきてもらって、マシンを見ると突っ込みどころ山盛りでした...

転倒したのなら、ちゃんとチェックしないで走るのは、本当に危険です。

Dscn1569

戻りも悪くなりますよね、これじゃあ...

ハンドルホルダー(ラバーマウントなので、結構簡単に曲がります)が曲がっています。

Dscn1570

乗っていて気が付かないのでしょうか...

ブレーキホースもガイドチューブがちぎれてました。
これは、以前他車と絡んで転倒した際に、ブレーキホースが持っていかれた様です。

Dscn1572

他にもスライダーがひん曲がっていたり...

Dscn1578

ホールショットデバイスがずれていたり(フォークの突き出しを変えた際に、ずれたようです)。

Dscn1571

とりあえずエンジンは他所でオーバーホールをするので、おろします...

Dscn1550

で、部品を頼むのにステムをバラスと...

Dscn1579

アルミの削りカスがいっぱい付いていました...


よく言われるのですが、ウチにマシンを持ってきても、別に怒ったりはしませんからね。←重要

ただ、こういう部分は、転倒したあとチェックすればわかる事ですし、せめてレース後洗車した時に、細部を見ながら洗車したりすれば、発見できる事ばかりなんです。

他の出場者に迷惑をかける事もあります、気をつけましょう。

えー、普通の作業もやりますし、車両の注文もお待ちしております。

宜しくお願いいたします。

あ、最後にとってつけたようですが、モタードの古くからの友人が、このたびおもしろいハンコを作りました。

「キー印」って言います。

Dscn1582

サイトはコチラから!

こんな感じに使う、なかなか面白いハンコです。
みなさんもおひとついかがですか?

続きを読む "2017年になっても変わらず..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

あっという間にもう14日です。

今年もスポーツランドSUGOさんから、モタゴッコの日程問い合わせがありました。
いろいろ調整の後、発表になるかと思います。

休み中は伝票処理に明け暮れ(終わってない...)、休み明けからしばらくは'07 YZ250Fの続きをやっておりました。

フォークが終わったので、お次はステムです。
バラしてみると、一回はベアリングを変えている模様。
ですが、レースの打ち込みが斜めったままいったのか、抜いたらアルミの破片が結構出てきました。
ベアリングも、抜く時に結構無理をしたらしく、傷がシャフトに多め...

Dscn1444


上側はシールつきなので、締め具合がわかりにくくて、このタイプは嫌いです。

Dscn1445

ステムを組み立てて、ハンドル回りをセット、グリップを付け直したりして、ハンドガードをつけようとしてびっくり。


Dscn1448

今まで付いていた物は、全くクランプ出来ていなくて、ゆるゆるでした...

CYCRAのUクランプに変更して、修正して取り付けます。

Dscn1479

お次はキャブレターなんですが、ホース類はカッチカチでもげてくるので交換。
で、パイロットスクリューをまわして抜くと...

Dscn1450

Oリングとワッシャーが入っていませんでした。

どうりでアイドリング付近が安定していなかったり、パンパン言うのかと思ったら...

中も外も結構な汚れ具合です。

Dscn1453

スロットルポジションセンサーもずいぶんずらしてありました。

Dscn1455

全部綺麗に洗浄して、穴の貫通具合もチェックして、ゴム部品をみんな交換します。

Dscn1457


Dscn1458

ホースが黒いのは、CRF用のを使ったからです(安いんです

Dscn1460

お次はリアショックです。
漏れていませんが、OH時期が不明なのと、ついでなので少しだけ車高を上げたいので、バラします。

Dscn1462

ブラダからガスが回っていたのか、久しぶりに高速ダンパー部を回したら爆発しました(リア充じゃないのに...

車高下げのカラーを削って、ダウン量を少なくします。

Dscn1463

シムや部品が意外と錆びてまして、錆を落として組みなおしました。


Dscn1465


Dscn1466


Dscn1468

お次はオイルキャッチタンクの補修。

エンジンハンガー部とキャッチタンクのステーを共締めして固定するのですが、片方しか締まっていなくて、ステーが折れていました。
で、もう片方のステーも根本にクラックが...


Dscn1470

とりあえず折れたステーを、根本から削って取ります。

Dscn1471

新規にステーを作り直して、溶接します。

Dscn1472
割れた部分も溶接して補修します。
オイルが染み出してきて、なかなかメンドイ作業です。

エアクリーナーボックスをつけるかと、コネクティングチューブを覗くと、ゴムの縁のバリが大目で気になってしょうがないので、整形しました。


Dscn1474

コレを...

Dscn1475

画像だとあんまり分かりませんが、結構ビロビロはみ出ています。

ちなみにキャブもなんかでこじったのか、傷とバリがあったので、修正してあります。

エアクリーナーエレメントはもうボロボロで、ボックスに剥がれて張り付いてました。


Dscn1476

ボックス内はコネクティングチューブ部も含めて、洗浄してあります。
オイル汚れ、埃などかなり汚れていました。


Dscn1477

長期放置車両なので、燃料をタンクから抜くと、真っ赤な変性したガソリンが出てきました。
コックとストレーナーも確認したいので、外して確認。

Dscn1478

ゴミを取って、Oリングとホースを交換。

次はリア周りでチューブ交換から。


Dscn1480

こっちもパッチが貼ってありました。
エア漏れてますし、チューブは新品にして、スポークを張り、リムバンド代わりのガムテープは張りなおしておきました。

動かなくなったリアブレーキもバラします。

ピストンを抜くと、何かいます...

Dscn1481


Dscn1487

結晶化してすっかり詰まらせてくれています。

マスター側は、小さい穴もあるので、もっと面倒な事になっています。

Dscn1486


Dscn1488

まずは普通に洗浄して、なんとか全部取り除いた後、中性洗剤でもう一回洗浄して、しっかり乾かした後、さらにヒートガンで暖めてから組みなおします。

Dscn1489

まめにフルード変えないと、こうなります。

フロントもやろうと思ったら、年式違いのマスターを取り付けてあって、取った部品があわず、もう一度部品を買うことに...
純正の年式違いとかは、パッと見て判断できない事も多いので、教えてくださいね。

お次はウォーターポンプの修理です。
バラしてみると、泥とさびが...

Dscn1493

部品を交換して完成。

で、右のカバーをばらしているので、ついでにオイルポンプとスリッパーのチェックでもしようと思ったのが、はまるきっかけでした...

だってスリッパー、結構欠けてるんです...

Dscn1491

たぶん、何回か緩んだんでしょう、他の部品もダメージが合ったりして、チェックしながらバラスと、奥のスペーサー(ワッシャー)が変な風に削れている...


Dscn1500

手持ちで部品があったので交換しておきましたが、なんか嫌な予感はしていました。

で、オイルポンプは案の定傷が...

Dscn1495

ケース側もそこそこ深い傷があります。

Dscn1497

ポンプもバラして、しょうがないので研磨修正して組みなおしました。


この頃のヤマハは、本当にこういうの多いんです。


Dscn1498

で、組みなおして、水を入れてオイルを入れて、ガソリンを入れて始動確認。
調子は悪くないなと思いながら、1速に入れると「バシャン!」と言ってとまりました。

やっぱりクラッチバスケットがダメで、あのワッシャー擦れて削れたんだ...

またばらしまして、ワッシャーのアタリをチェックして、元からのワッシャーを削って取り付ける事にします。


Dscn1503

本当はバスケットを替えたいんですが、予算が無いので...

というか、これもサービス整備なんです。

転倒した際に割れたステップも、溶接修理します。

Dscn1504

捩れてるのと、クラックも入っていて、割れてパーツが離れています。

この頃のYZはステップがチタンなんで、結構お高いんです。

チタン板を切り出して、溶接して修理しました。

Dscn1506

後は、フロントブレーキの部品が来れば完成です。
バラした所、ほぼ全てに問題があって、かなりてこずりました。

Dscn1527

このYZ250Fにも入れましたが、うちでは広島高潤(HIROKO)のエンジンオイルをメインに扱っています。


何を入れたらいいか、アドバイスできますので、是非買いに来てください。

Dscn1526


Dscn1525

3000円クラスのオイルで、他所の5000円程度と同じような性能です。
大丈夫です、2000円台のも物も、トランポなんかには1000円台の物も有りますよ。

広島高潤さんのHPはコチラから!

そして今日は、1KTの見積に掛かりっきりです。
もう30年前のバイクなんですよね、部品無いから事故見積は大変です...

重整備の予定は、そこそこ入ってきていますが、普通の整備のお仕事は、いっぱいお待ちしております。

ばんばん進めますので、宜しくお願いいたします!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

11/23はお休みとさせていただきます。

表題のとおり、11/23(水曜日)はお休みとさせていただきます。
その代わりといってはなんですが、明日は店を開けております。

それと当店のホームページが、niftyのサービス変更に伴って移動となりました。
新しいアドレスを取得したのですが、通知サービスが無いという...

ただ移動しただけで、いろいろと抜けてますが、存在しています。

移動先のホームページはこちら。

早く作らないとと思いつつはや数年...

お次は中古車両です。
2015年式 YZ250F 507600円(税込)


15027610_1144882528921362_693105122
NBでもない方が、エンジョイMXで使用してて、マディでは使っていません。
約70時間使用。
履歴が全部わかっています、普通のモトクロッサーの中古より、程度(ヤレ感の少なさ)は良いです。
委託車両なので基本現状販売ですが、整備渡しも出来ます。

お問い合わせはこちらから!


さて、全日本スーパーモト最終戦茂原に行って来ました。

レースレポートはMFJから出ているので、内容はそちらをご覧ください。

14947711_1140440562698892_646026012


14956005_1140440249365590_245003112


結果的に一輝はピンピンで自身のチャンピオン獲得最終戦に花を添える形になりました。

14992064_1142794572463491_776276241

オープンは佐藤選手がトップ森田選手に仕掛けるも及ばず2位に。
吾妻選手はランキング2位の川留選手が4位で彼が7位だったので、チャンピオン獲得!

15032111_1142794695796812_809056749


こんな物を頂いてしまいました。

15078726_1142794955796786_277246771

まあ、ケガもあったけど、無事に一年終わってホッとしています。


15095051_1142794809130134_1833665_2


みんなチャンピオンおめでとう!

さて、ちょっと時系列はずれるんですが、まずは2017年式YZ250Fの納車整備。
で、最初にあげた2015年YZ250Fからソフトスプリングを外したり、レバーやラジエターガードを取り外して(画像無

まずはリア周りからバラしてグリスアップします。

Dscn1209

リアショックはバネも変えて、スイングアームピボットのシールは、お約束のようにめくれてました。
スラストベアリングもグリスアップしたいので、このシールは一回外します。

Dscn1210

フロントもバネの交換と、加圧ダンパーを一回エア抜きしてから組みなおします。
新車のときにカートリッジの動きを見て、一回ちゃんとエア抜きすると、ダンパー部の破損が防げます。

Dscn1211

ラジエターガードは外して見ると、結構曲がってます。

Dscn1213

まあ、真っ直ぐにするだけなので簡単に治りました。

Dscn1214


燃料キャップ部にフィルターをつけたり...
Dscn1215

レバー類も変えます(2015からの移植)。

Dscn1217

最後にウランコアデザインズのゼッケンデカール(今回はリアフェンダーも)を貼って完成!


Dscn1221

カッコいいぜ!

お次は2010年式RMZ250のスリッパークラッチのチェック。
モタゴッコのときに、クラッチに違和感が出たとの事でした。
バラしてみると、ナットのゆるみが出ていましたが、すぐ走行を止めていただいたので、異常はありませんでした。


Dscn1223

個人的な見解では、ナットのねじ山部分の肉が薄く、強度不足ゆえに緩むのではないかと思っています。

Dscn1225

シャフトと噛むねじ山の半分以上が、この薄い部分なんです。
CRFやハスクは緩まないんですが、この部分分厚いんですよ。
定期的に見るしかないですかね。

お次はハスクバーナSM450R。
リアショックのオーバーホールなんですが、シールヘッドのキャップを外すと、ダストシールが飛び出ていました。

Dscn1198

なんと、純正品じゃない厚いシールが、シールヘッドを削り込んで付けて有りました。

Dscn1201
これ自体悪くは無いのですが、こっちは純正品を用意していたので、これだと逆にシールが奥に入りすぎるので、部品を作って寸法を合わせます。

Dscn1203

厚み1mmのワッシャを製作。
ザグリの奥がテーパーになっていたので、C面を多めに取って、密着するようにしています。

そして、ブッシュも打ち変えて問題が...
シャフトの精度が悪くて、樽型(真ん中が太いシャフト)でした...
シャフトを少し研磨して、ブッシュも研磨して(精度がよすぎて動かない)必要なクリアランスにしました。

そしてやっと普通にオーバーホールを...

Dscn1208


リアフェンダーも新品にしようと思ったら、同じ部品が出なくて新しい年式の物をとったのですが、テールランプ回りの作りが違うので、余計な部分が付いています。
Dscn1227

ばっさり切って...

Dscn1228

テールランプ回りもステーを加工して、リアフェンダーが短くなった分補正します。

細かい配線を作り直したり...

Dscn1230
ビニールテープねじり仕様でした。
作り直した画像なしw

バックミラーステーも場所が無いので、左右をフライスで削り込みました。


Dscn1232

ハンドガードは、内側を切って短くした上で、いつものように3次元に曲げて取り付けました。

Dscn1233

サイドのプロテクターは、ネジ穴が全く合わない...

Dscn1234

ネジ穴を長穴にして、ザグリも作り直して取り付けます。

クラッチのマスターもオーバーホール。

Dscn1236
上が新品です。
ピストンシールがすっかり減ったのかへたったのか、外形が違いすぎです。

Dscn1237

ずいぶんお待たせしましたが、やっと完成しました。

最後はお奨めケミカル動画です。

街乗りの方はレイキッシュがお奨めです。

使い方はこんな感じです。

お次はクリーンイノベーターというナンにでも使える撥水コート&虫取り材です。

ヘルメットやシールド、溶剤が入って無いのでなんにでも使えますよ。
某F-15、F-2のキャノピーに使うために開発されたとか...

当店で扱ってます、是非買いにきてください!

そしてまたこのバイクを預かりました。
15085527_1149164958493119_634726285
シートレールの加工と、サブフレームの追加取り付けです。

また長居するような...

さ、今週もがんばって進めマウス!


続きを読む "11/23はお休みとさせていただきます。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

今週末11/12~13は全日本SMJの為にお休みです。

表題のとおり、今週末は全日本スーパーモト最終戦茂原に行くので、お休みとさせていただきます。
S1PROクラスはチャンピオンが決まっていますが、他のクラスは最終戦で決まります。
是非、見にいらしてください。
私は、SRF宮城FTRチームに乗せていってもらうので、そのあたりにおります。

さて、作業ですがまずはCRF150Rのカムシャフト溶接。
カムスプロケが圧入なのですが、エンブレが強く掛かるとずれるそうなので、溶接しておきます。
Dscn1152

この後、オイルストーンで座面をさらって完成です。

お次はDUCATIのストリートファイター、前後バネの交換です。
フロントはハンドルを吊って、製作したトップキャップを回す工具でバラして、バネを入れ替え。

Dscn1163

リアは、思いのほかバラさないとリアショックが抜けませんでした。


Dscn1164

なんかいろいろ干渉して抜けなくて、イタリアンハスクバーナをいじっている気分になりました。


Dscn1165
リンクは社外品なんですが、バネレート上げないと全然ダメだよと言われたのが発端です。

Dscn1166

ちょっと当たりが付いてますが、向きを変えてグリスアップして組み込みました。


Dscn1167

完成!
さて、少しは曲がりやすくなったんでしょうか...

Dscn1169

お次は日光モタード耐久で、ヘッドが抜けたCRF450Rのオーバーホール。
最初は腰上だけという話だったんですが、そこそこ年数が経っているので全バラにしましょうと言う事になりました。


Dscn1153

バラして、いろいろと問題点を...

Dscn1154

ちょっとオイル食ってたり、白煙が出ていたのですが、どこからかといえばインテークバルブのステムシールからでした。

Dscn1155

なので、カーボンはかなり大目です...

Dscn1157

Dscn1158
クラッチハウジングのアタリもきついので交換したかったのですが、納期2ヶ月との事で、今回は見送り。
このくらいでもホンダはちゃんと切れるんだよなぁ、ヤマハは全くダメだけど...

STMスリッパークラッチのセカンダリースプリングが割れてました。

Dscn1159

クランクはガタは無いけど、振れは大目でした。

Dscn1160

ミッション回りはギアの交換は無しで、ワッシャーやスペーサー、カラーの交換で、シフトフォークやシャフトは凄くいい状態でした。
この車両、広島高潤のオイルずっと使ってるんですが、コンディションは凄くいいです。

まずはカーボンを落として...

Dscn1170

再使用する部品は、全部洗浄します。
ケースからベアリングを抜いて...

Dscn1172


Dscn1173

STMのスリッパーも磨耗状態をチェック。
Dscn1177
通常の磨耗状態で、このまま続投します。

新品のクランクを測ると、なかなか良い物でした。

Dscn1174

ピンを溶接して...

Dscn1175

冷えてから軽く修正して、クランクは完成。

バルブ回りのシートカットは、何故か同じカッターを使ってるのに、インテークは綺麗にあたるのに、排気側は外あたりで何でかなと凄く時間が掛かりました。

Dscn1179

もう時間が無かったのでバンバン組み立てて、車体に乗せます。

Dscn1186

下からもジャッキをあてて、シャフトも錆びていた物は新品に変えてあります。

タイヤもレインからスリックにしたのですが、交換の仕方が悪くてリムに傷が大目です(アルミの破片が残ってます)。

Dscn1187

ちゃんと手順を踏めば、傷はつけません(モタードスリック程度ならなおさらです)。
エアもれの原因になりますから、ちゃんとできるよう練習しましょう。

リアブレーキ回りも細かく部品を交換します。

Dscn1191

一回、フロントスプロケが緩んだまま走ったので、リア側のスプロケ内側が異常磨耗していました(交換しました)。

Dscn1189


Dscn1192

完成です。

今回替えた部品達...

Dscn1193

一回腰上は開けて、その時にピストンは替えていたので、ピストンは再使用しています。
大丈夫な物は替えません、不安な物は新しくても替えます。

RMZ250にスーターのスリッパークラッチの取り付け。

Dscn1178

証拠画像。

KTM690SMの故障診断。

Dscn1183

動かなくなる前日までは、普通にエンジンが掛かって走っていたのに、突然掛からなくなったと...
セルは廻って、火は飛んでるけれどエンジンは一瞬か掛かるけど、掛からず...
まあ、順番で燃料と圧縮をチェックします。
燃料タンクキャップを開けると、ぎっしり詰められた防爆材...

なんだこれ、レースに使ってたのか?

圧縮はかなり低め、ハイカム入ってたとしてもぎりぎりな感じ...

潤滑剤をプラグ穴から吹き込んで、バッテリーも一日以上充電して長めにセルを回し続けて、何とか始動!

でも、店のガラスになんかバチバチ当たる音がすると思ったら、カーボンの塊がサイレンサーから飛んでくる!

それ以降はエンジンは掛かるけど、ヘッドはにぎやかで、突然のストールが数回...

他にも...

Dscn1180


Dscn1182

シリンダーヘッド前後からもオイル漏れ。

う~ん、少なくとも腰上はバラさないとダメだな。
と言う事でお預りに。

他にも転んで曲がったNSF250Rのエキパイとサイレンサー。

Dscn1185

これは、カワセイさんにお願いして送りました。

週末前に仕事がんばって進めます!

続きを読む "今週末11/12~13は全日本SMJの為にお休みです。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

モタゴッコに参加された皆様!

朝晩は寒くなりましたが、日中は天気も良く多くの方々に参加いただきました!
同日、熊本HSRで行われたスーパーモト全日本、地元の森田一輝がチャンピオン、同チームの佐藤友之選手も優勝し、個人的には非常にうれしい日曜日でした。

本当は、モタゴッコ向けにオーバーホールしていたCRF450Rが、バルブ回りの修正がうまくいかず、間に合わなくて徹夜そのままで向かったので、朝はどんよりしていましたがw

そんなモタゴッコの画像が、SUGOさんのフォトギャラリーに上がっていました!

SUGOさんのは、上級枠の画像ですが、参加された方が初級や中級の画像を撮ってくれていましたので、リンクを貼らせて頂きます。

モタゴッコの画像は、こちらから!

20161030mota02

午前中は、Mパークにてパイロンを使った練習です。
少し、肩慣らしで走っていただいてから、簡単にスクールを行いました。


20161030mota03


20161030mota04

もう一回、今度はスライドの簡単なスクールを...

20161030mota05

どっちも参加者の方のマシンをお借りして、デモ&説明させていただきました。

午後からは西コースに移動して、上級、中級、初級に分かれての走行です。


20161030mota14


20161030mota17


20161030mota20


20161030mota32

夕方は、さすがに気温が下がってきたので、模擬レースは危険という判断で、走行枠を1本増やして走っていただいて終了となりました。

また来年、SUGOさんに開催をお願いしております。
皆様の参加をお待ちしております!

さて、前回のblogからずいぶん間が開いてしまいました。
なるべく時系列な感じで作業の画像を...

まずは、SMJ名阪を走った車両なんですが、転倒した際にブレーキマスターのオイルタンクが吹っ飛んで、そこから砂が入った為に聞かなくなったとの事で、とりあえず現状を確かめる為にバラしました。

Dscn1119

かなり砂が入り込んでましたが、マスターのボディに傷は無く、シールも若干のアタリはありますが、大丈夫そうだったので、全部バラして洗浄して組みなおしました。


Dscn1120

で、キャリパーも交換する予定だったので見てみると、ピストンの出方が変...

Dscn1123

Bremboのモタードディスクは5.5mmあるために、当店ではローター座面が車体中央に1mmオフセットさせてありますが(RMZ用マルケジーニの場合はスペーサーを抜けば、その座面寸法になります)、この車両は抜いていなかったようです(当店取付ではないです)。

で、その結果ローターのフローティングピンとアウターチューブが接触して削れていました。


Dscn1124


Dscn1125

モタードマシンは、こういう部品の寸法が厳しいので、必ずそれ専用と言われても、確認しましょう。

大変危険です。

新品キャリパーは、16.5インチに取り付けるとなると、パッドが入る部分を少し削らないと入らないので、削っておきます。


Dscn1127

マスターのタンクとステーも予備の注文を受けたので、製作します。

Dscn1134

お次はタンクが割れた、'15 YZ250Fのタンク交換です。


Dscn1131

ちょうどシュラウドの下の、外から見える部分が割れていました。

Dscn1132

ちなみにこの車両は、今度中古車了として入庫予定です。

Dscn1130

お次はハスクバーナSM450Rのフロント周り。
まずは、アウターチューブの交換とオーバーホールです。

バラしてみると、マルゾッキは相変わらずベタベタしていて、洗浄油で洗っても取れなくて、アセトンとかでごしごし拭いてなんとかきれいにします。

Dscn1136

せっかくなので、ロッドもインナーチューブも研磨しておきます。

Dscn1135

組み立てて完成。

Dscn1137

ステム回りも、ベアリングを入れ替えます。


Dscn1138


ベアリングは世界最大手SKFです。
Dscn1139

ホイールベアリングも入れ替えます。

Dscn1140

良い締めしろにするのに気を使います。

で、リア回りをやる予定が、他の急ぎの仕事が...

モタゴッコで講師をやってもらう方が、転倒してラヂエターを曲げたので修正してくれと...


Dscn1141

結構曲がってますね。
漏れが無いので、エンジンを掛けてラジエターをあっつくしてから、軍手をしてグイッと曲げます。

Dscn1142

結構戻ります。

でも、配管の向きが悪かったり、つぶれているので冷やしてからばらします。


Dscn1146


Dscn1147

軽く炙ったり、アテをして曲げて戻していきます。


Dscn1149


Dscn1150

このぐらい戻ればいいでしょう。

前回のblogで紹介したコーシンの発電機には、実はキャリーバーというオプションがあります。


Dscn1144


折りたたむとこうなります。

Dscn1143

持ち運びもものすごく便利になります!

お奨めです、皆さん買って下さいw

他にもお客様からの依頼で、ペイント用にSHOEI X-14を取りました。


Dscn1161

凄いカタチしてますね!

塗りにくそうw

他にも作業は有るのですが、長くなるのでまたすぐblog書きます!


続きを読む "モタゴッコに参加された皆様!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

今日はSMJとMOTO-GP!

名阪でIKKIがピンピン(両ヒート優勝)だったり、茂木ではマルケスがチャンピオン決めちゃったりしましたが、私はお店でお仕事です。
先週日光のレースに参加したので、休みはありません(いっつもないんですがw

まずは告知です。
10/22エビスサーキトでモタデューロがあります。
このあいだエビスサーキットさんのFacebookで、今の所エントリーが2台だけで、このままだと開催できませんとなっておりました。
たぶん、まだ受付してくれると思うので、思いっきり走りたい方いかがでしょうか?

お申込みはコチラから!

そしてその翌週10/30は、SUGOでモタゴッコが行われます(スケジュール決めたときは、まだエビスさんの日程が出ていなかったんですよ...)。

00034_main

事前エントリーは締め切りになりましたが
早割りエントリー(お得)は10/20までです、当日エントリーはまだ出来ます(これからでもエントリーすれば、エントリー代金はちょっと高いですが、入場料がタダになるので、当日エントリーよりはお得ですよ)。

今回は午前中Mパーク(駐車場)での練習と、午後からは西コースでの走行と、一番人気のバージョンです。

お申込みはコチラからお願いいたします。
今回、全日本SMJと日程がかぶってしまい(熊本HSRでの開催が、春の震災でずれ込みました)、講師はいつもの森田一輝、千葉智は来られませんが、私と大場和樹、呉宏一3名で行う予定です。

で、ちなみにその前の10/23は全日本MX最終戦が、同じくSUGOで行われます。
今回、熱田孝高選手、田中教世選手、北居良樹選手が引退を表明してまして、ちょっと行こうかなと思っております。
しかし、ファクトリーで引退って、ある意味幸せですよね...
昔の杉尾さんの時みたいに、勝ってくれないかなぁ...


さて、前回のblogからの続きを...

日光サーキットのモタード耐久に急遽出る事になったので、参加車両の整備をしまして(画像無し)、ちょっと問題もあったんですけど、レース前には無事に解決。
11204023_651441241686643_5327939327
マシンオーナーの鎌田さん。


当日は結局レインコンディションで、知り合いからもらった結構減ったレインタイヤで走行。
ところが、その割には結構グリップが良くて、途中から雨が止んだのもあって無駄にパワースライドしてたら、すっかりレインがスリックになってしまいました。
でも、BSのレインタイヤって、こういうときでも良いんですね、ちょっとびっくりしました。


14666327_651440005020100_2462394136

GTオートの菅井さん。


14713544_651437958353638_8854936860

そして私!
雨のおかげで、体力は持ってある意味助かりました。

私のマシンを買っていただいたお客様も参加!

14708170_651440748353359_4461040476

レース終わって、MOTOSHOP TOYZのみんなと記念撮影!

14642282_651442521686515_5119980147

日光はダートが無くって、ロードコースのみですから、ロード系の方が最初参加するのにいいと思います。

逆にダート多いのがエビスのモタデューロで、こちらはMX系の方がデビューするのにいいかもしれません(といっても難しいダートは無いですよ!)。

タイヤはこんな感じに...

1476626455705


1476626691449

最後の最後にヘッドが抜けたようで、冷却水がキャッチタンクに溜まってました...


1476626705374

壊れなくて良かった、ある意味運が良いですね!

で、レースの日にタイヤ交換しようと思って、現地でコンプレッサーのスイッチ入れたら、タンクにエアーが溜まらずずっとポンプが回ってる...

戻ってきてチェックすると、圧力スイッチ回りが怪しいので、バラスとダイヤフラムに穴が開いてました...

1476626365134

で、結局ダイヤフラム単品を探せず、圧力スイッチ回りASSYで買いましたが、2千円しないという...

すぐ治りましたが、使いたいときに使えないと意味が無いので、ちゃんとしないと!

で、このマシンオーナーが発電機を購入。


Dscn1105

コーシンの発電機で、DAYTONAが代理店になっています。
16Aで12万円しないインバーター発電機、安いです!


Dscn1106

オイルが入らない状態で納品されるので、Hirokoのオイルを入れておきました。

さて、お次はCRF150RⅡの前後サスペンションをダートラ仕様にします。
まずはリアから。

1476626431748

オーバーホールも兼ねているので、消耗品も全部替えて車高の変更とシムの変更。
それとバネレートの変更で社外のばねを使うので、車高を下げた分バネがはまらなくなるので、バネのスペースを確保したり、スプリングシートを製作します。

Dscn1102

ノーマルのスプリングシートの中を削って下側に使います。


Dscn1103

お次はフロントです。
80mm下げるのですが、ロッドの全長を規制するのですが、バネスペースがなくなるので、バネをカットして整えます。

Dscn1097

全長規制のカラーは樹脂からの削りだしですが、伸び側のオイルの通路が途中にあるので、内径のザグリを入れたり、万が一ずれてもオイルロックしないように加工します。

Dscn1098

他にもプリロードを掛ける為のカラーを製作して、これで作りものは完成。
ダンパー部のカシメをとって、シムの変更を行います。

Dscn1100


Dscn1101

実はツインチャンバー(現行モトクロッサー)よりも手間が掛かります...


Dscn1104

やっと完成!
でも、これはやっとスタートというところでしょう。

お次はDトラハブにハスクの4.25リムの組み込みです。
外車はスポークの貼り方が逆なので、特注のスポークを作って組み上げます。

で、今回話を聞いてて、お客様が持ってきたハブとリムは塗装されていました...

Dscn1107

剥げてもいいですとか言われましても、やはり気を使います。
そして、リムは結構歪んでいて、振れを取るのにばっちり2時間弱掛かりました...

Dscn1111

ニップル穴も塗装されているので、トルクがちゃんと掛かるのか心配です。

頼んでいたbremboのラジアルキャリパーも入庫!

Dscn1108

箱が変わりましたね。


Dscn1110


お次はこのあいだまで預かっていた、DUCATIのストリートファイター。
バネレートの変更をすることになったので、再度お預り。

で、OHLINSのフロントフォークのトップキャップを緩める工具を作ります(買えよ。

なんでかというと、ちょうど良い材料とノックピンが在庫であったからです。

Dscn1112

旋盤で削って、フライスに割り出しをセットして、ノックピン穴を開けて...

ソケットをはめる為の六角を削って...


Dscn1114

完成!

で、実際にあてて見て...

Dscn1117


よし、大丈夫!
Dscn1118

さ、今週もがんばりマウス!

続きを読む "今日はSMJとMOTO-GP!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

モタゴッコエントリー開始!

00034_main


10/30(日)SUGOで行われるモタゴッコのエントリーが始まりました!

エントリーはコチラからお願いいたします!

それと、今週末10/8(土曜日)は日光でモタード耐久に参加するために、お休みとさせていただきます。

それとよく言われるのですが「大森さんのところは、修理だけなんですよね?」ってよく言われるんですが、車両も売ります。

というか買ってください(切実

現在在庫として、'04 HusqnarnaSM450R、'06 SM250R、'06 DRZ400SM売れました!、委託車両で11月入荷予定'15 YZ250F。
何で画像を上げないかといいますと、全てこれから仕上げをする車両で、バラバラなのも多いからなんです(やる時間が無くて... 売れればすぐてを付けられるんですが...)。
新車も引っ張れる物は、なんでもやりますのでお声掛けください。

いや、このあいだ古い知り合いに久しぶりに電話して、「大森君の所は儲かってるんだよね?」みたいに言われてびっくりしました(儲かるどころか、生きていくのがギリギリすぎるレベルです)。
車両も売ります、宜しくお願いいたします。

さてまずは'17 RMZ450の続きです。
溶接作業でスイングアームを加工したので、そのまま溶接作業でオイルキャッチタンクを作ります。

Dscn1005

毎度の事ですが、材料を切り出して...


Dscn1006

溶接して完成。
今年はRMZ450用を、4個も作る珍しい年です。

次はリア周りをバラしていたので、リアショックをバラしてモタードように車高の変更とシムの選定を行います。


Dscn1008

ピストンリング部にXリングが使われていたり、シムの内径がφ16だったりと、スズキだけいろいろと違います。

まあ、バラス前に全屈させたら伸びてこない、素敵なショックでしたけど...


Dscn1011

新品なので消耗品の交換は無しですが、一回全部バラしてチェックします。


Dscn1012

バネレートも変更して、とりあえずのセットで完成。

リンクやスイングアームピボット部をグリスアップして、シャフトにはグリスじゃなくマリンルブリカントを塗って組み込みます。

Dscn1013

お次はフロントフォークです。

バラスと...

Dscn1015

新品...


Dscn1029
ロッドに傷有り。
これはもうロッドを修正した後なんですが、横に並べてるのがシールヘッドで、この傷はシールヘッド内なんです。
つまり組む前か、組んだときに...

後はお約束の伸び調整部のOリング切れ...


Dscn1023

このOリングは単品で出ません。


Dscn1025

インナーチューブの中も汚いなぁと思ってこすってみると...

Dscn1030

画像だと茶色いですが、赤いんですよ...
まあ、何かは察してください。

曲がりも測定しておきます。

Dscn1032

規定値内ですね(キッパリ

新品でもバラした方がいいんですよ。

さて、このタイプのシムをいじるのは初めてなので、また工具を作る事に...

Dscn1033

バラして...

Dscn1034

エアサスのカートリッジと通常のシール全部をSKF製にして、なんとか普通の動きになりました。

フロントだけで丸一日です。

フロントのブレーキ周りの部品、まずはQTMのサポートなんですが、タップでさらいます。

Dscn1036

いっつもなんですが、この部分はいまいちなんです。

Bremboのラジアルブレーキマスターなんですが、今回はウチのお勧めでロングレバーをショート加工することに。

Dscn1045

バラして...

Dscn1046

カットして溶接、整形して、この後簡単に塗装しました。

ハンドガードも毎回の事ですが、整形してカラーを作り組み立てます。


Dscn1069

ブレーキホースも作って、ちゃんと固定します。

Dscn1075

指差している部分をカットしてしまう方がいらっしゃいますが、絶対にダメです。
これは、サスが縮んでホースの頂点がこの部分より上に来たときに、ゼッケンに引っかからないように付いています。
だからコレを取ると、ジャンプの着地でサスが縮んだ時にブレーキホース引っかかって、最悪はバンジョーが緩んでブレーキが効かなくなります。

ブレーキホースの取り回しが悪いのも危険です。
街乗りでライトカウルをゼッケン化してる方で、この辺をちゃんとしてる方を見たことがありません。
大変危険です。

お次は冷却水のキャッチタンクをつけようかと、エンジン左前側のガードのネジを緩めようかと思うと、異様に硬い...

Dscn1050

これ、ネジが真っ直ぐこっちに向いていないとだめなんです(画像では前方向に向いています)。
まあ、斜めに無理やりねじ込まれてました、新車なのに...
この部分、ナッターなので、ヘリサートも入れられませんし、抜く際はフレームを切って他の場所からナッターの破片を除去しないといけないんです。
しかもこのネジ、オイル交換の際に毎回緩めないといけません。

なんとか修正しましたが...


Dscn1072


で、本来の目的、キャッチタンクを取り付け。

シリンダー後ろ側には、オイルキャッチタンクも取り付けます。


次はスーターのスリッパークラッチを取り付け。


Dscn1051

今回もバラしてトルクチェックしてから...


Dscn1053

取り付けました(証拠画像)。

お次はサイレンサーを外に出します。
ただサイレンサーにカラーをつけても、無理に出すとエキパイが割れたりするので、ステーから加工します。

Dscn1061

中間のステー座面を削りこんで、ギリギリまで外に出します。

それで、サイレンサー後端ステーにカラーを削りだして外に出します。
で、そうするとサイドゼッケンがサイレンサーと当たって取付できないので、ゼッケンのネジ穴部に潜り込みのカラー(脱落防止)を作って取り付けます。

Dscn1062

ネジも長い物に替えて、ワッシャも削りだして作ります。

Dscn1063

これで干渉せず外に出せました。

Dscn1064

タイヤもよけています。

Dscn1065

あ、ついでにスイングアームとタイヤのクリアランスも...


Dscn1071

他にも細かい所をいろいろとやっていますが、かいつまんでもコレだけやら無いと、現場でトラブルが出てしまいます。


Dscn1076

グラフィックは全部貼ってない(お客様に貼ってもらいます)ですが、ウチの担当は完成!

スズキは外車です。


お次はFS450。
フロントだけマルケジーニを履いていたのですが、今回リアも買っていただきました。
そして、リアホイールの脱着が非常にやりづらいので、今回それも見直すことに...

ブレーキのガイドを削って...

Dscn1083

キャリパーを保持しておく物を、番線で作って...

Dscn1082

切って曲げただけなんですけど、コレが有ると無いのとでは全然違うんですよ!

あと、転倒した際にアクスルの端が削れて、ナット(アルミ製)のねじ山がやられるので、スライダーを作る事にしました。

ジュラコンから削りだして...

Dscn1079

シャフトに圧入!


Dscn1080

アクスルブロックに付いている物は、個人的にタイヤ交換の際に邪魔であんまり好きじゃないので、ちょっとロードっぽく作りました。

で、この後三角スタンドを刺そうとして気が付く...

穴無いじゃん!

あわてて三角スタンド用の穴を開けました。


Dscn1084

チェーンもDIDの520VT2に交換して、完成!

Dscn1085

ホイール前後ともマルケジーニになって、カッコイイ!

お次は同じオーナーでSM450Rのインマニ交換。
乗ろうと思ってエンジン掛けたら、アイドリングが安定しないし、アクセル開けるとパンパン言うとの事。

持ってきてもらって、エンジン掛けてインマニに潤滑剤をスプレーしたら、ばっちり回転があがりました!

バラして...

Dscn1088

こんなにダメになってる奴は、初めて見ました。


Dscn1086

パックリ!


Dscn1087

ゴムが剥がれて、ビロビロになってます。


Dscn1089

インマニの向きがおかしいので(新品でも良い位置に付かないというイタリアンクオリティ...)、落ち着かせるのに時間が掛かります。

最後にDucatiストリートファイター、タイヤ交換と言う事で、このために買ってある55mmのコマを使ってリアのナットを回して...

廻らない...

で、がんばって回して外して、タイヤ交換してバランスを取るかと思って良く考えると、前回どうやったんだっけ?

で、なんかあったもので(円錐状の奴がその時はあった)やっていたようで、今回それが無いので、しょうがなく削りだして作りました。

Dscn1090

左右で寸法違うのね。

Dscn1044


無事にバランスが取れました。

今週もがんばりますので、皆様バイク買ってくださいね(切実

続きを読む "モタゴッコエントリー開始!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧