2017年4月 9日 (日)

4/16SUGOモタゴッコ!

来週の日曜日、4/16はSUGOでモタゴッコが開催されます!

00087_main


SUGOモタゴッコ関連ページ(お申込み含む)はこちらから!

早割りエントリーは終了しましたので、これからは6480円でエントリー可能となります。

モタゴッコはレースではありません、練習会です。
広い駐車場や初心者向けのオフロードコースで、ご自身のレベルに合わせて練習が出来ます!
今回のインストラクターは豪華です、全日本スーパーモトプロクラスのライダーが3名です!
チャンピオン森田一輝、今年は希望ゼッケン#28で走る千葉智、昨年のオープンクラスチャンピオンの吾妻裕人です。
それと、私大森の4名でやります。
なんかうまく乗れない、それが何が悪いのか分からない、どうやったらうまくなるのか、効率よく練習するにはどうしたらいいのか、今年一発目だからゆったりと休み休み練習したいとか、皆さん自由にやっています。

集合場所はMパーク(地図真ん中のだだっ広い駐車場です。当日の受付もココになります)です。

見学も出来ますので、みたい方はお声掛けください。

お待ちしておりマース!!

ええと、先週4/2は日光サーキットで行われた「日光チャレンジロード」のモタード耐久に、お客様と参加してきました。

結果はクラス4位の総合3位でした。
マシントラブルがあって、ピットスタートだったんですが、ゆるい内容でロード系の方がモタードマシンで遊ぶなら、最高に楽しいレースです。

今回は、お世話になっているBram RACINGの方々が多くて、久しぶりに走る方や、女子チームがいたりとワイワイ楽しくやりました。

雰囲気で画像を少しだけ...
P1680480


_1960430


_1680268


17796122_742779165886183_3696386862


17796570_742739319223501_6477293826


_1680598


_1680573


17800356_742782335885866_2361346978


246614307_624v1491559339


17796000_742780379219395_3823025673


17795865_741948255969274_4438454857


17795914_742746789222754_2816672387


_1960868

さて、そんな耐久に使ったSM450R、レース前に整備していてブレーキフルードがやられていました...

Dscn1860

フルードが吸湿するのか固体化(結晶化)していました。
取り除いたんですが、微量に残っていたようで、レース当日の練習走行中に詰まってしまい、リアブレーキが効きっ放しになってしまいました。
ある銘柄のフルードだけ良くこうなるので、ここ数年は使っていなかったんですが...

さて、ココからは時系列でお仕事を...

以前モディファイしたCRF150Rの前後サス、バネレートと車高の変更を頼まれました。


Dscn1853

ショック長を伸ばして、取り付け穴を開けなおして、車体取り付け時の車高はそのままで、バネのスペースが長くなった事もあって、バネをノーマルに変更しました。

お次はフロントですが、こちらは車高の変更は無しで、バネレートの変更です。


Dscn1855


80mmショートでそれにあわせてバネをカットしてレートを上げていたのですが、今回はノーマルでも柔らかい奴をなるべくカットしないで、レートがあがらないようにして作りました。
まあ、計算どおりにはならないんですけどね、今後のたたき台です。

Dscn1857

少しづつ良くなっていくと良いのですが...

お次はTTR250のリアショック。
リザーバータンクに行くホースが無いので、ブレーキホースを流用して作るのですが、バンジョー部の作りが違うので(ノーマルはOリング。今回はクラッシュワッシャです)、クラッシュワッシャをOリングの厚み分も満たすように、段付きで作り直します。

Dscn1858

いろいろとはしょって完成!

Dscn1863

お次はCR85RとYZ250Fのリアショックオーバーホールです。


Dscn1865

どちらもガス圧は5k台でした...


Dscn1867

で、YZ250Fの方は、何故かダストシールだけSHOWAのものが使われており、今回は手持ちのシールヘッドに交換しました。

Dscn1868

CR85Rはショック長を5mm短くしてといわれたので、カラーを作ってシールヘッドを奥に入れています。


Dscn1870


完成!
Dscn1871

'16 CRF450R用にモタードホイールの注文を頂きまして、今回はDF製のフロント3.50×16.5、リア5.00×17のキットを使いました。
コンプリート品ですが、開けて寸法を確認します。

Dscn1875
フロントがクロススポークなのは、キャリパーを入れやすいので良いですね。

お次はTZR250(1KT)の修理です。
ノーマルのステップが曲がっているので、持込のバックステップをつけようかと見てみると...


Dscn1877

ステッププレートが結構ぐにゃぐにゃで、修正して取り付けてみると、なんとスイングアームと当たりそう...
しかも、ブレーキスイッチが届かないので、ノーマルを修正して使いました。

で、そのステップに着くチャンバーも曲がっていてスイングアームに当たっているので修正。


Dscn1878

ガスケットは長年の使用で、良く分からない物体になっていますw

テールの穴径に合うように、無垢のS45Cを旋盤で引いて、叩き込んで修正します。

Dscn1879

当たらなくなったと思って安心したら、左右でえらい高さが違うのに気が付いて、もう一回修正しました。
それと、フランジもゆるゆるだったので板金ハンマーで修正。
リアブレーキペダルを踏み込むと当たるので、それも板金ハンマーで修正。
最後に耐熱スプレーを塗って完成!

アッパーカウルも割れまくりで、カウルステーも曲がっていたので修正しました。


Dscn1885

基準が無いから大変です...

なんとかちゃんと着きました。

Dscn1886

アッパーカウルは10箇所ほど割れていたのを、開先をとって、ひたすらプラリペアで修理しました。


Dscn1887

もう純正は売って無いので、FRPのカウルを買ったのですが、まだ届かないので暫定です。
スクリーンも社外品のアクリルです。

ブレーキレバーも曲がっていたので交換して、バッテリーも充電しなおして試乗してきました。


Dscn1890

高校生の時に乗ったときの事を、思い出しました...
もう30年前なんですねぇ...(シミジミ


DRZ400SMもキャブセットを進めていました。


Dscn1881

キャリアもちゃんと付くか、取り付けてみました。

Dscn1883

さて、ホイールやタイヤ組をやるぞと、並べて見ました。

Dscn1892

まずはKTM50SXのスポーク組。
ローター側からスポーク組まないといけないんですね(忘れないように書いている)。

Dscn1894

タイヤ組むほうが大変でした。
しかも、新品のチューブに付いていたムシがダメでエア漏れ...

Dscn1895

もう...

お次はSM250Rのフロントホイール。
リムを粉体塗装で黒く塗って、スポークを特注してニップルをアルミに変更。

Dscn1850

これがこうなってきました。

Dscn1897

ニップルが鉄→アルミなので、直径が変わるので、リムのニップル穴を拡大してあります(結構面倒です、角度が付くので)。

で、スポークの寸法が間違ってるのが発覚して焦っております。

SM250Rは他にも取り付けるパーツが届いて...

Dscn1898

タイヤやメーター、ハンドガードや軽いバッテリーに充電器など。

KTM50SXはクラッチ回りをまた修理。

Dscn1893
これは予備のものだそうで、こっちはクラッチ板が割れて、柱が負けて抉れていたので、そこそこ掛かりますね。

他にもCRF150Rを1台、YZ250Fを1台お預りしております。

NINJAもすすめて、KTM690とSM450RRの見積もしないと...

4月もなかなかなかんじですが、がんばって進めていきます!

続きを読む "4/16SUGOモタゴッコ!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

いっぱいいっぱいになっております...

更新が出来ておりませんが、かなり遅れながらも作業を進めております。
今週も確定申告作業を昼間も行っておりますので、申し訳ありませんが無用な御来店はお控えいただくようお願いいたします。

15日に確定申告、16日は車検に行っておりますので、不在となります。

すみませんが宜しくお願いいたします。

そして、相変わらずの中古車両の御紹介です。
文章でしか書いていなかったSM250R、御購入いただきました。
下取でDRZ400SMが入荷予定です。
距離は走っていますが、安めのDRZ400SMが欲しいかたは、是非御相談を。

さて、時系列ではちょっとずれるんですが、まずは'16 RMZ250のエンジン搭載。
今回、フルコンからノーマルECU+パワーコマンダーに戻すのですが、ハーネス全交換でステー類が細かく切って合ったり向きが変わってたりで、えらい時間が掛かりました。
なるべくノーマル状態に戻します。
なぜなら、オーナーが分からなくなった際に、マニュアルを見れば正解が乗っているからです(大事なんです)。

まあ、スズキなんでちょっとやられるんですが、まあRMZはまだいいほうです(後でやられております。

Dscn1742

モトクロッサーでも、インジェクションモデルは、なかなか配線がいっぱいです。
スロットルボディも綺麗にしておきます(結構汚れているんです)。

Dscn1740

ハンドガードも新品の予備を製作しておきます。
曲げなおして、プロテクターも取り付けておくんですが、曲げると全く穴位置が合いません。

Dscn1745

細かく欠品しているネジや、ネジ穴がふけてるのを治したり、キャッチタンク取り付けのカラーがなくなってたりと、全てちゃんと作り直して、現地で困らないように作りこみます。

Dscn1749

KTM50MINIのクラッチ回りも、部品が届いて組みなおして完成。

Dscn1750

前回は、クラッチ版が割れたのに、そのまま乗っていたせいで、ずいぶん他の部品がやられていましたが、今回はそんなに消耗も無く、悪くない状態でした。
ネジロックが強いのが、一番大変です。

さあ、DRZ400SMの組み立てです。
まずはエンジン、各部をASSYにしておきます。
ミッションのカウンターシャフトを交換します。

Dscn1701

手前が元から入っている奴です(錆びてるからわかりますよね)。

これ、何が違うかというと、元からの奴は、軽量化で中空のシャフトなんです。
新しいのは、無垢のシャフトになっています。


Dscn1702

上が新しいものです。
穴は開いていません、切削用にもみつけしてあるだけです。

ええ、良く折れるんです。
そして、中空で剛性が不足してるのか、スプロケのナットが良く緩むんですよ...
バカみたいに締めると、スプロケごと折れますよ。

ケースを暖めて、ベアリングを入れ替えます。

Dscn1703
実は、コレは2回目で、最初元々積んであったエンジンのケースを使うかと、暖めてベアリングを左側のカウンターシャフトのベアリング以外全部入れて、最後にそこのベアリングを入れると...

緩い...

緩すぎる...

あわてて、全部ベアリングをそ~っと抜いて、予備で買ってあったエンジンのケースに入れ替えました。

手間が2倍以上掛かりました...

Dscn1704


ASSYにして組み立てるだけにしておきます。

ヘッドはシートカットして...
Dscn1706

シートカットもかなりてこずってしまいました。
角度が浅く、手が痛い...

ポートは段付きと柱周りを削っておきました。

Dscn1707

リフターとカム(ヨシムラ)はラッピングしておきます。

Dscn1711

ミッションは、ギアを数個交換、クリップなどを新品にして、ドグ回りをリューターで整えておきます。


Dscn1712

クランクはバラして...

Dscn1714


フレを取って...
Dscn1715

さあ、コレで組み立てが出来ます。

で、腰下で問題が...

Dscn1716

クラッチのセンターナットを締めると、かなり動きが重くなってしまいます...

いろいろと原因を探って、クラッチのシャフトのフレを見たり、カラーの全長や、締めこむと太ってしまわないか、他にもクリアランスをいろいろと計測します...

Dscn1717


Dscn1718

何の事はない、私の誤組でした...
一次ギアの裏表が逆で、クラッチハウジングとうっすら接触していたんです...

ええ、でもこれ、マニュアルでもパーツリストにも載ってる向きで組んでたんです。
まあ、原理から言えば私が悪いんですが、こういうところはスズキは腹立たしいんです...


で、後は腰上を組み上げて、ヨシムラのカムのバルタイを取りますが、バルタイを取る為には、バルブクリアランスをしっかり見ないといけません。
で、このタイプのシムは300枚くらい持っていますが、厚みが見事にほぼ持っていない寸法...

なんでこんなに分厚いの使うんだよ...

とりあえず、薄いシムを2枚重ねて(そのくらい厚いんです)バルブクリアランスを取って、バルタイを先にとってしまいます。

Dscn1719

中古で買ったエンジンについていたカムなので、カムだけ組もうと思ったら、インテークバルブスプリングにプリロードを掛ける為のシムと、バルブ全数用のコッターも専用品でした。
そしてスライドスプロケットなので、ロブセンターをどのくらいで組むのが良いのかわからないので、ヨシムラに聞いたら、すぐ教えていただけました。


Dscn1721

で、結局シムは気合で削って、エンジンは完成。

通常の3倍以上時間が掛かりましたorz


お次はキャブです。
3年放置なので、ゴム類全交換です。

Dscn1730

緑の汁が垂れてきて、凄いオイニーを撒き散らしております...


Dscn1732

フロートやジェットは緑色になっていますが、キャブクリーナーですぐ綺麗になりました。
しかし、緑色で苔みたいになってるのって、一体何年放置してるんでしょう...


Dscn1734

ソレノイド類のゴムやフロートジェット周りも全部新品にします。
このキャブは、バクダンキットを組み込んであるので、メインやニードルは形が違います。


Dscn1735

ホース類も全部新品にしました。

お次は燃料タンクもコックを外して確認です。

Dscn1737

大抵ゴミがたまっています。

Oリングを替えて、タンク自体に錆が無いかも確認します(錆びは全く有りませんでした)。

で、クラッチカバーも新品に...

Dscn1739

裏から見たら、クラックが入っていました...


次は車体です。
ますはリアショックをオーバーホールします。

Dscn1754

ちょっとダンパーもいじって、バネレートも変更します。


Dscn1755

お次はフロントです。


Dscn1756

前後とも以前私がバラしてるんですが、フロントはその前に他所でバラしてるんですが、その際のばらし方が悪く、ロッドに傷があったり、DRZはちょっとバラシずらいもんで、気をつけないとダメなんです。

で、またやられました。
Oリングの寸法が違います...

Dscn1759

4個やたら大きいOリングが来ました。
部品番号は合ってます。
こういうの、本当にカンベンして欲しいですね。

足回りの部品を全部洗浄して、チェックします。

Dscn1761

なかなかの汚れっぷりで、丸一日掛かりました...


Dscn1763

ベアリング類は全部大丈夫だったので、グリスアップしていきます。
スイングアームのスラストベアリングも、シールを外してきれいにしてグリスアップします。


Dscn1764

次はホイール回りです。

前後ともチューブレス加工しますが、その前にフレ取りをします。


Dscn1766

やはり年数が経っているので、細かい腐食や汚れで、チューブレスを貼る為の下準備で、3時間ほど掛かりました...


Dscn1765

でも、コレをちゃんとしないと、全く意味が無いんです。

Dscn1767

前後とも一発でOKでした(良かった... 5時間も掛かりました...

リアはスプロケをISAのアルミに変更、スプロケボルトとナットはCRF用にして、ハブダンパーも新品にします。

他にもクラッチホルダーを修正したり、ワイヤー類を変えたり注油したりと細かい修正をいっぱいします。
あ、ネジ穴のヘリサート修正も結構やりました。

結構大変です...

で、車体に組み込む前に、フレームをきれいにして、ドライサンプのオイルタンクになっている部分に、ストレーナーがあるので、外してゴミが付いてないかチェックします。


Dscn1768


そこそこゴミが付いていました。
画像に写っているウインカーステーは、錆が出ていたので磨こうかと外したら、クラックを見つけてしまい、新規で製作しました。
良く折れるんですよ、このステー...

Dscn1770

この段階で、まずはエンジンを掛けます。
ラジエターホースもシリコンの新品を入れてあります。

プラグが無い状態でセルを回して、油をいきわたらせて、プラグを付け、タンクを付けてセルを回すと、あっけなくエンジンが掛かりました。

リアのブレーキのカップも交換しますが、コレもフルードが固体化してました。

Dscn1771

ホースも詰まってしまっていて、なかなか大変でした。

ヘッドライトカウルも社外品を使おうと思っていたんですが、メーターやライト部分に干渉して、取り付けがなかなか大変。
ステーを加工して、いろいろと配線の取り回しを替えたりして、なんとか着きました。

Dscn1772

ウインカーステーも新規で製作、曲げが無いようにして、折れ対策にします。

Dscn1773

ハンドルをテーパーバーにしたら、メインスイッチの取り付けができなくなりました。
ステーだけ頼もうとしたら、なんとメインスイッチとASSYでしか部品が出ない...
キーが変わっちゃう(キーシリンダーだけ古いのを使えば良いんですけど、無駄だ...)。

で、着くようにステーを加工しました。


Dscn1775

ハンドルのクランプが、かまぼこ型なので、上にオフセットするためにカラーを製作して、ネジの取り付けが一箇所だとキーを回すときに動く可能性があるので、ステーをカットしてクランプの頂点に、M4のネジで回り止めを作りました。

ハンドガードはCYCRAでUクランプを使います。
こうじゃないと、クラッチワイヤーやブレーキホースが干渉してしまいます。

Dscn1776

とりあえず車検に持っていける仕様にはなりました。

Dscn1785

北の大地からSM450RRをお預りしました。

Dscn1778

久しぶりに仙台のフェリー埠頭に行きました。

2階でハングオンはやっていません。←分かる人にはわかるw

確定申告をとにかく終わらせなければ...
15日の24時がリミットです...(e-taxなので

が、がんばりマウス(震え声

続きを読む "いっぱいいっぱいになっております..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

前回のblogから、もう2週間が...

気が付くと、前回のblog更新が2週間前でした。
おかげさまでいろいろとお仕事を頂いてまして、「このくらいなら先にやっておくか...」と手をつけたものに限ってはまってしまって、スケジュールが駄々遅れという悪循環に陥っております。

とりあえず時系列的に...

ケース交換となったNSF250R、各部をassyにしておいたので、バンバン組み立てていきます。
Dscn1634


いちおう上死点は合いマークではなく、ちゃんと見てバルタイも確認しておきます。

Dscn1637


車体に載せるかと、エアボックスを清掃しようとすると、こんなところにも小石がたくさん...
Dscn1643

全部洗って乾燥させて、組んでいきます。

Dscn1644

エンジンスターターで始動させて、水温油温を上げて確認して完成。


Dscn1645


Dscn1646

3月頭にSUGOで走行枠がありますが、まだ寒いだろうなぁ...

お次はFS450のリア周り。
まずはリンク比を調べる為に、リアショックからバネを抜いて、またショックだけ車体に戻して、寸法を確認します。


Dscn1647

FS450はリアショックを抜くのに、スイングアームを外すのがちょっと面倒ですね。

どのくらい車高を上げるか、ショック自体を何mm伸ばすか寸法を決めたので、リアショックをバラします。


Dscn1650

車高を決めているカラーの寸法を測ると、4箇所もテーパーになっています...

トップアウトスプリングが入る部分もあるので、寸法をちゃんとしないとダメです。


Dscn1652

左が元々入っていたもので、右が製作した物になります。


Dscn1656

短い分、車高は上がります。

そしてこのタイプのWPは、ウチではガスを入れる事ができないので、知り合いにお願いしました。
その間に、リンクやスイングアームのベアリングをグリスアップしておきます。

リアショックが戻ってきて完成!

Dscn1692

ノーマルですと、フロントのストローク量が280mmでリアは260mmなんです。
今回作った仕様のほうが、日本では良いと思います。

お次はDRZ400SMの製作です。
2月末納車なので、かなりがんばらないといけません。

Dscn1658

まずはエンジンをバラして、パーツの注文しないといけないのですが、なんと以前作ったフライホイールプーラーが一山くらいしか噛みません...
ネジピッチも一緒なのですが、以前ばらしたフライホイールもあったので、あわせてみると指二本位でするする入る...

しょうがないので、旋盤にくわえなおして、ギアを入れ替えたりなんだりして、2時間弱のロスでした。

16711990_1237960996280181_772602684

ばらしたエンジンも程度は良いのですが、ベアリングやシール類はほとんど交換して組みなおします。

16641023_1237960999613514_333494490

一番大事なのは、カウンターギアのシャフトの交換です。
これを後期型の物と交換するのが、一番の目的です。

お次はCBR250Rのハンドルストッパーの再生。

Dscn1659

転倒した際に、ストッパーがぶっ飛んだので、同じ厚みの鉄板を切り出して、溶接して完成です。

お次はWR250Xの前後サスオーバーホールとちょっとチューンです。

リアはシール類を純正からSHOWAの物を使えるように、シールヘッドや細かいパーツを作ります。

Dscn1660

左が今回作った物で、右がノーマルです。

Dscn1663

シムも結構変更して、組みなおします。

Dscn1665

車高下げリンクが入っていたので、コレをノーマルリンクに戻すので、ショックの車高調整を短くして組み込んでおきます。

結構下がるんですけど、皆さん余りいじりませんね、この部分...

で、組み立てようとして外したワッシャーを見てビックリ、割れてました。

Dscn1667

お客様に話しを聞いたら、どうも中古で買ったので、前のオーナーの時にやってしまっていた模様です。
これは大変危険です。
で、部品は外形と厚みが同じで、内径が小さいワッシャーがあったので、旋盤で削って作りました。


Dscn1668


リンクはそこそこ長さが違いますね。
Dscn1671

右がノーマルです。

お次はフロントなんですが、ステムのネジを緩めてもフォークが抜けません。
理由のひとつは、ハンドガードなんです。


Dscn1674

いつもblogに書いていますが、いろんな種類のあるハンドルに、曲がりが1種類しかないハンドガードが、そのままで付く事はありえません。
そしてこのように隙間が開く、斜めに付く。
コレを強引に締めるとテンションが掛かって、ちゃんとクランプ出来ないんです。
で、このまま激しく転ぶと、トップブリッジも曲がります。

フォークをバラして確認すると、インナーチューブ内側に錆がそこそこありました。

Dscn1678

まあ、新品でもあったりするんで、ちゃんとチェックしましょう。

今回はプリロードを少し掛ける為に、段付きのスペーサーを製作しました。

Dscn1679

後は普通に組み上げて完成です。

Dscn1681

これで高速コーナーでのふらふら感はかなりなくなるはずです。
それとポジションでもそう言う現象は出ますので、一概にサスだけでというわけではないことは、頭に入れて置いてください。

お次は500Γに使っている、RS250のリアショックオーバーホールです。
ガス圧を計ると...

Dscn1685

え~っと、ただのオイルダンパーだったようです...
セットアップイチからやり直しだと思われます。


Dscn1686

消耗部品を交換して完成です。


Dscn1687

もっとマメにオーバーホールしてくださいね。


お次は最新'17 CRF450Rの前後サスショー加工のみを依頼されました。
フロントは2.5mm刻みで、プリロードを替えられる様に溝を切っておきます。

Dscn1695

車高下げカラーは、'09~'10のKYBの様に、トップアウトスプリングがはまる部分があるので、段付きの圧入カラーを作ります。


Dscn1696

下げる量が少ないので、圧入じゃ無いと危ないと思います。
下げる量が多いなら、動いても平気かな...

リアもSHOWAはトップアウトスプリングが付いているので、シールヘッドを押し込む方向で作り直します。
シールヘッドも下面を引いて平らにしておきます。
そうしないと、コチラも下げる量が少ないので、カラーが薄くなりすぎるので、強度的に不安が残るからです。


Dscn1693

そこそこ時間が掛かるんですよ。


Dscn1697

最後はKTM50SXのクラッチオーバーホール。
これは以前もやりましたが、皿ねじのネジロックが強くて、コレを緩めるのが仕事の9割です。


Dscn1699

ストーブを使っていたので、上に乗っけてネジロックを柔らかくします。

それでも、かなり頑固でした(ネジは4本軽く舐めてますので、毎回交換でしょうね)。


Dscn1700

今回はクラッチ板が割れて無いので、特にひどい消耗は有りませんでした。
まあ、部品はぼちぼち高いですね。

来週頭まで、DRZ400SMに集中的に作業しております。
昼間も作業しておりますので、長時間の御相談は3月以降でお願いいたします。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

そしてもう2月!

気が付くと更新出来ておりませんでした(反省


順番は違うのですが、'16 RMZ250の車体回りの整備です。

シャフトやネジ類は、洗浄油に付けてまとめて洗っておきます。

Dscn1588

スイングアームは、洗浄してエグリ加工した所に、クラックや削れが無いかをチェックします。

Dscn1590


問題なかったので、後はグリスアップして、次はステムのベアリング交換。

Dscn1591

リアショックもバラしてオーバーホールします。


Dscn1596

新車時にバラしているので、良いデータになります。

お次はフロントフォークです。

Dscn1600

消耗は少ないのですが、インナーにそこそこ深い縦傷があったので、慎重に修正します。
なんせエアサスですから、気密が重要です。
シール類はSKFのPSF用を使って組み上げました。


Dscn1603

KYBのエアサスは、まだ慣れて無いのでちょっとあたふたします。

次はブレーキ回りです。
キャリパーはシール交換、マスターは一回バラして組みなおします。

Dscn1605

元々ダートを走る事を考えられていませんので、マメにバラさないとガタが出たり、フィーリングが悪くなります。
今回はホースも再製作して組みなおしました。

Dscn1611

それで、この40mmピッチキャリパーとbremboの5.5mm厚ローターを使う場合、社外品のパッドがホイール中心方向に長いので、注意しないとフローティングピンと接触します。

Dscn1612

このマシンもフローティングピンが削れていました。
大変危険です、きちんとチェックしましょう。

曲がったハンドガードやUクランプも修正して使います。


Dscn1607

修正して真っ直ぐに。


Dscn1608

他にも曲がったスライダーや細かい所をいっぱい修正して、とりあえずエンジンが来るまでお休みです。

お次はFS450の続きです。
シムが届いたので、カム回りを組みなおして、エンジンを掛けてチェック。

Dscn1587_2

ちょっと静かになりました。

お次は足回りで、まずはフロントのステムをバラしてチェック。
問題なかったので組みなおしたのですが、このKTM製ハスクの組み方に慣れていなくて、良い状態にするのに四苦八苦しました(ステムだけで2時間半も...)。
間にOリングが入っているのは、感触が分からないです...


Dscn1625

フロントフォークは、加圧ダンパー部が低圧ガスのものだったので、圧力計を低圧のものをそろえたり、キャップを開ける工具を2点買いましたが、4CSって書いてあったのでそれ用を頼んだら、なんとサイズが違う...
使わない工具を1個買うハメになってしまいました...

とりあえずマニュアルを熟読したのですが、勘所が分からないので、片方づつバラして組んでいきます。


Dscn1627

構造を知る為に3回ほど無駄にばらしましたが、なんとか完成。
マルゾッキと一緒で、バネの防錆剤がものすごくて、それの除去がかなり面倒でした。
そして片側はガス圧が低く、原因を調べるのにまた組んだりばらしたり...
慣れていないと、まあ、いろいろと大変ですね。

次はリアなんですが、こっちはガスさえ封入できないので、まだ止まっております...

お次はNSF250Rのエンジン組み立て。
ケースが5000kmを越えていたのですが、続投しようとしてとりあえずケースを暖めてベアリングを抜こうと思ったら、あっという間に抜けちゃってもうだめだなと...
メタルもダメだったので、ケース交換となりました。

ケースを追加注文している間に、ミッションを組んだり...

Dscn1617

今回は1,2,3速のギア比を変えてあります。

ヘッドは砂を吸ったせいか、シートのアタリが結構やられていたので、シートカットしてバルブを全交換。

Dscn1618

リフターも1個、傷が入っていたので交換しました。

そしてWR250RのX仕様と、WR250XのR仕様をお預りしましたw

まずはWR250R、ブレーキ回りの強化です。
といっても、WR250X用のブレーキローターへの換装とホースの変更です。
トランポを買われたので、サーキット専用車になります。

今回は鈴鹿にある「セレクション」さんのブレーキローターアダプターとキャリパーサポートを使いました(木村さんありがとうございました)。

Dscn1597

ブレーキ回りはこんな感じに。

Dscn1622

ローターは表から押さえる形になるので、フォークガードのクリアランスが少ないので、再度少しだけカットして取り付けました。

Dscn1624

ちゃんとガイドチューブつきのホースで、クランプもしっかりできるようにしてあります。

Dscn1621

WR250XのR仕様は、最初はフロントフォークのオーバーホールだけの話だったのですが、前後とも開けて仕様変更する事になりました。

Dscn1620

ローダウンリンクが付いていますが、たぶんこれだと無理なので、ノーマルリンクに戻す事になります。

他にも500ΓにつけているRS250のリアショックオーバーホールを頼まれたり...

Dscn1631

DRZ400SMも部品が入ってきたので、しっかり進めます。

で、今は入荷したNSF250Rのケースに、メタルとベアリングを入れて、冷ましているところです。

Dscn1628

エンジンナンバーも入れ替えないといけないので、なかなか手間が掛かります。

来週もちゃんとBLOG更新する予定です。

がんばりマウス!

GARAGE OPBのfacebookページはコチラから!

続きを読む "そしてもう2月!"

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

年末の御挨拶

本年も御愛顧いただきまして、ありがとうございました。
明日12/29~1/3までお休みとさせていただきます。

数年前より年賀状も廃止いたしておりますので、年始の御挨拶はまたこのblogで改めてさせていただきます。

さて、最終日ですが普通にお仕事です。

まずはフレームを塗装したTE450R、塗りあがってきたフレームのネジ穴をタップでさらって、ハンドルロックの鍵穴をしつこく洗浄します。

そしてまずやる事は、取り付けパーツの洗浄です。
このマシン、正しくオフロードを走っていたので、全ての隙間という隙間、ありとあらゆる所に泥がびっしりと付いていまして、洗浄するのに実は丸一日掛かりました...

インジェクションなのでハーネスはコネクター多めで、接続部がジャリジャリしてるとトラブルの元なので、全部外してきれいにします。
Dscn1396


実際はもっと汚いです...

Dscn1399

これだけで3時間くらい掛かりました...

レギュレーターやカバーやカバー、ECUなんかも全部泥を綺麗に落とします。

Dscn1397

スロットルボディもこんな感じでした...


Dscn1403


Dscn1404

水やゴミが入らないようにして、丁寧に洗浄します。


Dscn1409


Dscn1408

ラジエターも曲がりがあるので修正していきます(前回少し治したのですが、今回ラジエターを外したので、曲がりは大体治しました)。


Dscn1411

フレームに部品を付けていきます。


Dscn1400

ストッパーボルトが、左右とも曲がった上に錆びていたので新品に交換します。

ステムのベアリングを打ち変えて...


Dscn1401

クーラントのリザーバータンクも、漏れていたので交換して...

Dscn1402

フロント周りを組み立てて、スタンドに上げて細かいパーツを付けた後、エンジンを載せてリア周りを取り付け、その後電装関係を取り付けていきますが、いっぺんにつけるとなると位置関係や取り付けの悪さが(イタリアン故に...)、一歩進んで3歩下がる感じで進んでいきました...


Dscn1414

スロットルワイヤーの動きの悪さに、途中ものすごく格闘したり、他にもハーネスの取り回しをいろいろと何度もやり直して...

Dscn1416

やっと完成しました。


Dscn1419

錆びてぼこぼこだった下回りも、フレームの修正と塗装、新品のアンダーガードでかなり綺麗になりました。

Dscn1421

ふう...


お次はカラーズに頼んでいたヘルメットが塗りあがってきました。

今回は帽体の色は黒そのままで、キャラクターを書いて欲しいとの事で(普通よりもお安くなりますよ!)、某青虫を書いてもらいました。


Dscn1422

顔の部分、ディフューザーに掛かってしまうため、外しても(または透明のパーツに変えても)大丈夫なようにちゃんと書いてあります。


Dscn1424
しかしコンデジで撮ると、あいかわらず良さがまったく伝わりません...


そんなカラーズさんの新聞に載せていただきました!


Dscn1442

カラーズはペイント以外にも輸入雑貨、小物、服屋さんといろんな店舗を展開しております。


Dscn1443

年末年始は、お得な商品がいっぱいです(福袋ももちろんありますよ!)!
詳しくはカラーズさんのHPへ!(クリックするとカラーズのHPに飛びます)。

お次はずっと預かっている]'07 YZ250Fを進めます。
まずはフロントホイールのベアリング交換。
ヤマハはノンシールのベアリングが純正なので、今回はシール付きの物を取り寄せました。

Dscn1425

軽くスポークを締めるかとチェックして見ると、かなりゆるい状態でした(セッティングできないくらい)。


Dscn1426

で、空気が少しづつ抜けるので、チューブも新品にしようかと、今まで使っていたチューブを見ると、なんとパッチが2箇所も...


Dscn1427

チューブは安いので、ケチらずに新品にしましょう。

次はフロントフォークをばらしますが、これがまた問題多数でした...
やたらダンパーのノッチ位置が、柔らかい方向だなと思ったら、オイルはすっかりゼリーになってました...

しかもインナーロッドがハズレなのか、途中からカシマコートのかかりが違っていて、動きも全然違う上に片方はインナーロッドがちゃんと伸びてきませんでした...


Dscn1431

シールがもれている方のインナーチューブには、飛び石で出来たような傷が2箇所。

Dscn1429

シールだけ変えても、修正しないと即漏れます。

加圧ダンパー部も錆が多め...


Dscn1433

シムの回りも変な色に...


Dscn1432

まずは錆びの除去です(本当は加圧ダンパーを交換したいのですが...)。

Dscn1434

ケミカルとブラシで錆を落としました。
結構深くて、3回ほど繰り返し作業。
Dscn1439

加圧ダンパー部のロッドも、ずっとオイル交換していなかったせいで、カスが付着して変色していました。

Dscn1436


インナーチューブも研磨して、右側のアクスルシャフトが入る部分が、シャフトを入れる際に叩いて入れていたようで、変形が凄くて、コレに合うロッドを削って、ペーパーを巻いて研磨しました。
Dscn1437


シャフトも強引に使っていたようで、アルミのかけらが何箇所も圧延されています(寸法変わるのでNGです)。
Dscn1438

他にもいろいろと修正して、なんとか組める状態になったので、シールやOリングを交換して組んでいきます。
パーツがホンダの部品なのは、安いからです。

Dscn1440

やっと完成。


Dscn1441

通常のオーバーホールの1.8倍ほどボリュームがありました。

もっとまめにオーバーホールしないと、楽しく乗れないばかりか、部品交換ばかり増えます。
ツインチャンバーのフロントフォークは、部品点数も多いですが、オーバーホールしないと性能低下が激しいし壊れるイメージです。

さて、休み中も少し進めますが、本年土中はココまでです。

皆様、来年も宜しくお願いいたします。

整備のお仕事もうれしいですが、できればバイクもウチから買っていただけるとうれしいです。
がんばりますので、宜しくお願いいたします。


それでは皆様、良いお年を。

GARAGE OPB 大森 裕記

続きを読む "年末の御挨拶"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

雪が...

昨日は夕方から、雪がモサモサと降ってきて、まだノーマルタイヤだった私は、歩いて帰宅しました。
スタッドレス用アルミホイールは明日届くので、やっとタイヤ交換します(遅

さあ、懲りずに中古車両の紹介です!

2015年式 YZ250F 507600円(税込)
15027610_1144882528921362_693105122

レースには使用せず、NBライセンスも持っていない方が、エンジョイMXの為に使用していました。
走行時間は約70時間ですが、選手権を走っていた車両と、程度の差は雲泥です(ヤレが少ないです)。
ヤフオクなんかに出てる、IA、IB、NA、NBの練習車なんて、恐ろしいくらいボロですから。
ちなみに、マディ未使用です。

2006年式 YZ250F レアルエキップコンプリート車両 367200円

Dscn1286


Dscn1287

前後マルケジーニM10Smotard F3.50×17 R5.00×17 ワイドスパンステム φ298ローター bremboキャスト4ポットキャリパー brembo16×18ラジアルマスター プロサーキットフルエキ(要修理) 足回りはREALEQUIP
これは金児隆太が乗っていた車両になります。
現在、フォークからオイル漏れあり エキパイのガタが大きいので、修理が必要です(ノーマルエキパイ、サイレンサーあり。ただし凹んでいるとの事)。

部品が一通り付いているので、自分で治せる方には、ベースとして安いし良いと思います。
こちらで修理してからとか、ひととおり点検してからの販売も可能です。

外装はカッティングシートを貼っていて、それが剥がれてちょっとしょっぱい感じですが、剥がせば真っ白い外装になります。

平成25年式 NV350キャラバン スーパーロングハイルーフ 1ナンバー 2WD ガソリン AT 走行7000km(7万kmじゃないです、7千kmです) 黒 DXクロムギアパッケージ ナビ バックカメラ セキュリティー付
車検6月 1728000円

Kakohmnebogzqplneqkl


Kako91ruypf4y5ptqres

ちなみにGooで調べたら、これが内容的に一番近いかもしれません。

トランポベース車両には程度もいいし、良いと思いますよ!
もちろん無事故車両です。

お問い合わせはコチラから!(メールフォームが開きます)

GARAGE OPB 022-341-4230

全車、御興味のある方は、多少は(ちょっとだけね)お値引きも...

宜しくお願いしマース!


さて、すっかり冬仕事な感じで、バラして見積ばっかり作って、ひたすら部品注文しております。

部品代と場所が...

まずは売れたDRZ400SM、クランクをバラす為のジグを作ってバラします。
Dscn1329

全く問題なかったのですが、コンロッドとピン、ベアリングは新品にしてフレ取りして組み込みます。

Dscn1330
Dscn1331

車体も倉庫から引っ張り出して洗車してチェック!


Dscn1333

綺麗になった!

さ、使用するエンジンもバラして部品頼まなきゃ。

このあいだばらした'07 YZ250F。
ホイールベアリングをバラして(錆びていたので)、寸法を測ってシールドタイプのベアリングを注文します。

Dscn1337


Dscn1340

さて、部品も着たので、作業を始めますかね。

お次は在庫車の'06 SM250Rのエンジンを組み立てる為の下準備を進めます。

この年式は、ピストンが後から頼むとなぜか2本リング→1本リングの物が送られてきたので、それに合うピストンリングを送ってもらいました。
ただ、違う物が送られてくる可能性もあるので、とにかく確認します。


Dscn1335

各部寸法と合い口隙間を確認して大丈夫でした。

ピストンは再使用するのでカーボンを落として...

Dscn1342

純正でピスタルのレーシングピストンです。


Dscn1343

裏の肉抜きがカッコイイ!

ヘッドもカーボンを綺麗に落として、後はシートカットします。

Dscn1344

ベアリング類は、全部NTNでそろえました。

Dscn1341

ベアリングの外輪に加工が必要な物もあるのですが、それもウチで加工して組み込む予定です(実験済)。

ピストンやピストンピン、一部ミッションはWPCやハイパーモリショットに出しました。

お次は以前ウチで手直ししたCRF150R。
1年以上乗って無いのと、以前はフロンと回りは手付かずだったので、バラして確認とスリッパークラッチの取り付け、その他予防整備になります。

Dscn1332


まずはひたすらバラしてと思ったら、変な所を発見!

Dscn1347

段付きワッシャー逆ですよ!

ステム回りは、期待させる汚れ具合...

Dscn1348

ステムベアリングは、ハンドリングの要ですから、絶対に確認が必要です!(強く推奨)


Dscn1349


Dscn1351

はい交換ですね。

クラッチカバーは一体で外れるので、水も抜いてウォーターポンプもチェックします。


Dscn1352

暖気してからばらさなかったせいか、汚れがすっかり堆積していました。


Dscn1361

キャブはそんなに悪くなかったので、バラして清掃。
フロントフォークは一回もバラして無いので、オーバーホール&バネ交換&プリロードも変更。

Dscn1362

バルブクリアランスも2箇所調整するので、カムを外してズレ防止の溶接もやっておきます。

後は細かいネジが舐めていたりしてるので、確認して交換しておきます。
来年はいっぱい乗るそうなので、しっかりやらないと!

他にもFS450も足回りの点検でお預り。


Dscn1336

初WP、どんな感じなんでしょうか...

このあいだエンジンをオーバーホールしたCRF450R、サイレンサーが持ったら軽かったので、オーバーホールをしましょうと言う事で、ばらしました。


Dscn1358


思ってたよりは残ってましたが、ちょうど良い交換時期でした。

Dscn1359

ヘルレイザー!!!!

今週もがんばりマウス!

続きを読む "雪が..."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

11/23はお休みとさせていただきます。

表題のとおり、11/23(水曜日)はお休みとさせていただきます。
その代わりといってはなんですが、明日は店を開けております。

それと当店のホームページが、niftyのサービス変更に伴って移動となりました。
新しいアドレスを取得したのですが、通知サービスが無いという...

ただ移動しただけで、いろいろと抜けてますが、存在しています。

移動先のホームページはこちら。

早く作らないとと思いつつはや数年...

お次は中古車両です。
2015年式 YZ250F 507600円(税込)


15027610_1144882528921362_693105122
NBでもない方が、エンジョイMXで使用してて、マディでは使っていません。
約70時間使用。
履歴が全部わかっています、普通のモトクロッサーの中古より、程度(ヤレ感の少なさ)は良いです。
委託車両なので基本現状販売ですが、整備渡しも出来ます。

お問い合わせはこちらから!


さて、全日本スーパーモト最終戦茂原に行って来ました。

レースレポートはMFJから出ているので、内容はそちらをご覧ください。

14947711_1140440562698892_646026012


14956005_1140440249365590_245003112


結果的に一輝はピンピンで自身のチャンピオン獲得最終戦に花を添える形になりました。

14992064_1142794572463491_776276241

オープンは佐藤選手がトップ森田選手に仕掛けるも及ばず2位に。
吾妻選手はランキング2位の川留選手が4位で彼が7位だったので、チャンピオン獲得!

15032111_1142794695796812_809056749


こんな物を頂いてしまいました。

15078726_1142794955796786_277246771

まあ、ケガもあったけど、無事に一年終わってホッとしています。


15095051_1142794809130134_1833665_2


みんなチャンピオンおめでとう!

さて、ちょっと時系列はずれるんですが、まずは2017年式YZ250Fの納車整備。
で、最初にあげた2015年YZ250Fからソフトスプリングを外したり、レバーやラジエターガードを取り外して(画像無

まずはリア周りからバラしてグリスアップします。

Dscn1209

リアショックはバネも変えて、スイングアームピボットのシールは、お約束のようにめくれてました。
スラストベアリングもグリスアップしたいので、このシールは一回外します。

Dscn1210

フロントもバネの交換と、加圧ダンパーを一回エア抜きしてから組みなおします。
新車のときにカートリッジの動きを見て、一回ちゃんとエア抜きすると、ダンパー部の破損が防げます。

Dscn1211

ラジエターガードは外して見ると、結構曲がってます。

Dscn1213

まあ、真っ直ぐにするだけなので簡単に治りました。

Dscn1214


燃料キャップ部にフィルターをつけたり...
Dscn1215

レバー類も変えます(2015からの移植)。

Dscn1217

最後にウランコアデザインズのゼッケンデカール(今回はリアフェンダーも)を貼って完成!


Dscn1221

カッコいいぜ!

お次は2010年式RMZ250のスリッパークラッチのチェック。
モタゴッコのときに、クラッチに違和感が出たとの事でした。
バラしてみると、ナットのゆるみが出ていましたが、すぐ走行を止めていただいたので、異常はありませんでした。


Dscn1223

個人的な見解では、ナットのねじ山部分の肉が薄く、強度不足ゆえに緩むのではないかと思っています。

Dscn1225

シャフトと噛むねじ山の半分以上が、この薄い部分なんです。
CRFやハスクは緩まないんですが、この部分分厚いんですよ。
定期的に見るしかないですかね。

お次はハスクバーナSM450R。
リアショックのオーバーホールなんですが、シールヘッドのキャップを外すと、ダストシールが飛び出ていました。

Dscn1198

なんと、純正品じゃない厚いシールが、シールヘッドを削り込んで付けて有りました。

Dscn1201
これ自体悪くは無いのですが、こっちは純正品を用意していたので、これだと逆にシールが奥に入りすぎるので、部品を作って寸法を合わせます。

Dscn1203

厚み1mmのワッシャを製作。
ザグリの奥がテーパーになっていたので、C面を多めに取って、密着するようにしています。

そして、ブッシュも打ち変えて問題が...
シャフトの精度が悪くて、樽型(真ん中が太いシャフト)でした...
シャフトを少し研磨して、ブッシュも研磨して(精度がよすぎて動かない)必要なクリアランスにしました。

そしてやっと普通にオーバーホールを...

Dscn1208


リアフェンダーも新品にしようと思ったら、同じ部品が出なくて新しい年式の物をとったのですが、テールランプ回りの作りが違うので、余計な部分が付いています。
Dscn1227

ばっさり切って...

Dscn1228

テールランプ回りもステーを加工して、リアフェンダーが短くなった分補正します。

細かい配線を作り直したり...

Dscn1230
ビニールテープねじり仕様でした。
作り直した画像なしw

バックミラーステーも場所が無いので、左右をフライスで削り込みました。


Dscn1232

ハンドガードは、内側を切って短くした上で、いつものように3次元に曲げて取り付けました。

Dscn1233

サイドのプロテクターは、ネジ穴が全く合わない...

Dscn1234

ネジ穴を長穴にして、ザグリも作り直して取り付けます。

クラッチのマスターもオーバーホール。

Dscn1236
上が新品です。
ピストンシールがすっかり減ったのかへたったのか、外形が違いすぎです。

Dscn1237

ずいぶんお待たせしましたが、やっと完成しました。

最後はお奨めケミカル動画です。

街乗りの方はレイキッシュがお奨めです。

使い方はこんな感じです。

お次はクリーンイノベーターというナンにでも使える撥水コート&虫取り材です。

ヘルメットやシールド、溶剤が入って無いのでなんにでも使えますよ。
某F-15、F-2のキャノピーに使うために開発されたとか...

当店で扱ってます、是非買いにきてください!

そしてまたこのバイクを預かりました。
15085527_1149164958493119_634726285
シートレールの加工と、サブフレームの追加取り付けです。

また長居するような...

さ、今週もがんばって進めマウス!


続きを読む "11/23はお休みとさせていただきます。"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

モタゴッコエントリー開始!

00034_main


10/30(日)SUGOで行われるモタゴッコのエントリーが始まりました!

エントリーはコチラからお願いいたします!

それと、今週末10/8(土曜日)は日光でモタード耐久に参加するために、お休みとさせていただきます。

それとよく言われるのですが「大森さんのところは、修理だけなんですよね?」ってよく言われるんですが、車両も売ります。

というか買ってください(切実

現在在庫として、'04 HusqnarnaSM450R、'06 SM250R、'06 DRZ400SM売れました!、委託車両で11月入荷予定'15 YZ250F。
何で画像を上げないかといいますと、全てこれから仕上げをする車両で、バラバラなのも多いからなんです(やる時間が無くて... 売れればすぐてを付けられるんですが...)。
新車も引っ張れる物は、なんでもやりますのでお声掛けください。

いや、このあいだ古い知り合いに久しぶりに電話して、「大森君の所は儲かってるんだよね?」みたいに言われてびっくりしました(儲かるどころか、生きていくのがギリギリすぎるレベルです)。
車両も売ります、宜しくお願いいたします。

さてまずは'17 RMZ450の続きです。
溶接作業でスイングアームを加工したので、そのまま溶接作業でオイルキャッチタンクを作ります。

Dscn1005

毎度の事ですが、材料を切り出して...


Dscn1006

溶接して完成。
今年はRMZ450用を、4個も作る珍しい年です。

次はリア周りをバラしていたので、リアショックをバラしてモタードように車高の変更とシムの選定を行います。


Dscn1008

ピストンリング部にXリングが使われていたり、シムの内径がφ16だったりと、スズキだけいろいろと違います。

まあ、バラス前に全屈させたら伸びてこない、素敵なショックでしたけど...


Dscn1011

新品なので消耗品の交換は無しですが、一回全部バラしてチェックします。


Dscn1012

バネレートも変更して、とりあえずのセットで完成。

リンクやスイングアームピボット部をグリスアップして、シャフトにはグリスじゃなくマリンルブリカントを塗って組み込みます。

Dscn1013

お次はフロントフォークです。

バラスと...

Dscn1015

新品...


Dscn1029
ロッドに傷有り。
これはもうロッドを修正した後なんですが、横に並べてるのがシールヘッドで、この傷はシールヘッド内なんです。
つまり組む前か、組んだときに...

後はお約束の伸び調整部のOリング切れ...


Dscn1023

このOリングは単品で出ません。


Dscn1025

インナーチューブの中も汚いなぁと思ってこすってみると...

Dscn1030

画像だと茶色いですが、赤いんですよ...
まあ、何かは察してください。

曲がりも測定しておきます。

Dscn1032

規定値内ですね(キッパリ

新品でもバラした方がいいんですよ。

さて、このタイプのシムをいじるのは初めてなので、また工具を作る事に...

Dscn1033

バラして...

Dscn1034

エアサスのカートリッジと通常のシール全部をSKF製にして、なんとか普通の動きになりました。

フロントだけで丸一日です。

フロントのブレーキ周りの部品、まずはQTMのサポートなんですが、タップでさらいます。

Dscn1036

いっつもなんですが、この部分はいまいちなんです。

Bremboのラジアルブレーキマスターなんですが、今回はウチのお勧めでロングレバーをショート加工することに。

Dscn1045

バラして...

Dscn1046

カットして溶接、整形して、この後簡単に塗装しました。

ハンドガードも毎回の事ですが、整形してカラーを作り組み立てます。


Dscn1069

ブレーキホースも作って、ちゃんと固定します。

Dscn1075

指差している部分をカットしてしまう方がいらっしゃいますが、絶対にダメです。
これは、サスが縮んでホースの頂点がこの部分より上に来たときに、ゼッケンに引っかからないように付いています。
だからコレを取ると、ジャンプの着地でサスが縮んだ時にブレーキホース引っかかって、最悪はバンジョーが緩んでブレーキが効かなくなります。

ブレーキホースの取り回しが悪いのも危険です。
街乗りでライトカウルをゼッケン化してる方で、この辺をちゃんとしてる方を見たことがありません。
大変危険です。

お次は冷却水のキャッチタンクをつけようかと、エンジン左前側のガードのネジを緩めようかと思うと、異様に硬い...

Dscn1050

これ、ネジが真っ直ぐこっちに向いていないとだめなんです(画像では前方向に向いています)。
まあ、斜めに無理やりねじ込まれてました、新車なのに...
この部分、ナッターなので、ヘリサートも入れられませんし、抜く際はフレームを切って他の場所からナッターの破片を除去しないといけないんです。
しかもこのネジ、オイル交換の際に毎回緩めないといけません。

なんとか修正しましたが...


Dscn1072


で、本来の目的、キャッチタンクを取り付け。

シリンダー後ろ側には、オイルキャッチタンクも取り付けます。


次はスーターのスリッパークラッチを取り付け。


Dscn1051

今回もバラしてトルクチェックしてから...


Dscn1053

取り付けました(証拠画像)。

お次はサイレンサーを外に出します。
ただサイレンサーにカラーをつけても、無理に出すとエキパイが割れたりするので、ステーから加工します。

Dscn1061

中間のステー座面を削りこんで、ギリギリまで外に出します。

それで、サイレンサー後端ステーにカラーを削りだして外に出します。
で、そうするとサイドゼッケンがサイレンサーと当たって取付できないので、ゼッケンのネジ穴部に潜り込みのカラー(脱落防止)を作って取り付けます。

Dscn1062

ネジも長い物に替えて、ワッシャも削りだして作ります。

Dscn1063

これで干渉せず外に出せました。

Dscn1064

タイヤもよけています。

Dscn1065

あ、ついでにスイングアームとタイヤのクリアランスも...


Dscn1071

他にも細かい所をいろいろとやっていますが、かいつまんでもコレだけやら無いと、現場でトラブルが出てしまいます。


Dscn1076

グラフィックは全部貼ってない(お客様に貼ってもらいます)ですが、ウチの担当は完成!

スズキは外車です。


お次はFS450。
フロントだけマルケジーニを履いていたのですが、今回リアも買っていただきました。
そして、リアホイールの脱着が非常にやりづらいので、今回それも見直すことに...

ブレーキのガイドを削って...

Dscn1083

キャリパーを保持しておく物を、番線で作って...

Dscn1082

切って曲げただけなんですけど、コレが有ると無いのとでは全然違うんですよ!

あと、転倒した際にアクスルの端が削れて、ナット(アルミ製)のねじ山がやられるので、スライダーを作る事にしました。

ジュラコンから削りだして...

Dscn1079

シャフトに圧入!


Dscn1080

アクスルブロックに付いている物は、個人的にタイヤ交換の際に邪魔であんまり好きじゃないので、ちょっとロードっぽく作りました。

で、この後三角スタンドを刺そうとして気が付く...

穴無いじゃん!

あわてて三角スタンド用の穴を開けました。


Dscn1084

チェーンもDIDの520VT2に交換して、完成!

Dscn1085

ホイール前後ともマルケジーニになって、カッコイイ!

お次は同じオーナーでSM450Rのインマニ交換。
乗ろうと思ってエンジン掛けたら、アイドリングが安定しないし、アクセル開けるとパンパン言うとの事。

持ってきてもらって、エンジン掛けてインマニに潤滑剤をスプレーしたら、ばっちり回転があがりました!

バラして...

Dscn1088

こんなにダメになってる奴は、初めて見ました。


Dscn1086

パックリ!


Dscn1087

ゴムが剥がれて、ビロビロになってます。


Dscn1089

インマニの向きがおかしいので(新品でも良い位置に付かないというイタリアンクオリティ...)、落ち着かせるのに時間が掛かります。

最後にDucatiストリートファイター、タイヤ交換と言う事で、このために買ってある55mmのコマを使ってリアのナットを回して...

廻らない...

で、がんばって回して外して、タイヤ交換してバランスを取るかと思って良く考えると、前回どうやったんだっけ?

で、なんかあったもので(円錐状の奴がその時はあった)やっていたようで、今回それが無いので、しょうがなく削りだして作りました。

Dscn1090

左右で寸法違うのね。

Dscn1044


無事にバランスが取れました。

今週もがんばりますので、皆様バイク買ってくださいね(切実

続きを読む "モタゴッコエントリー開始!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

明日はMINI+MOTO選手権です!

明日9/4はSUGOで行われる「MINI+MOTO選手権」に行ってきますので、お休みとさせていただきます。

昨日も更新しましたが、今日はその翌週SUGOで行われた、全日本スーパーモトの事を少し...

公式のレポートはコチラ!

S1PROは地元森田一輝がピンピンで勝ちました!
01

今回は前日まで雨が降った影響でダートが無しになったので、オールターマックのレースでした。
昨年も同様なレースで、ヒート2自滅していたので、見ていて胃が痛いレースでしたw

S1OPENは最後まで目が離せない展開でした。

08


10

最終ラップ、最終コーナーまでもつれて、公式のレポートの画像は、もう転ぶ寸前に見えますが、なんとかこらえてました(アクセル戻ってますね。

ええ、本当に最後にオチをつけた奴もいましたが...

S2はTEAM webikの二人が、どうしてそんなに抜き合い出来るの?っていうくらい抜きにくいSUGOで順位を入れ替えてました。
ごめんなさい、エリア戦は大場選手のお手伝いをしていて、見れませんでした...

しかし、どのレースも接戦が多く、手に汗握る(そして身内が多いので胃が痛い...)レースでした!

久しぶりに会った人もいましたしね!

21

皆様、お疲れ様でした!

さて、久しぶりの普段のお仕事はDRZ400SMの車検から。
ヘッドライトが点いたり点かなかったりで、バラしてみると...

Dscn0872

この後アース線も切れました(3本全部切れてました)。

レンズ内も汚かったので、バラして洗浄!

Dscn0874

車検仕様にして、受けてきましたよ。

細かい不具合があったので、ヘリサートを入れてネジ穴を再生したり、コネクティングチューブ内に土埃が多かったので、クリーナボックスを外して洗浄したり...


Dscn0889


Dscn0890

リアバネも6kにレートアップしました。

Dscn0888

DRZは車高が低いので、こうするだけで旋回しやすくなります。

最後に、手持ちのステップシートを試してもらう為に取り付けて...

Dscn0896

お、かっこいいぞ!

修理に出していたヨシムラのフルエキが帰ってきました。


Dscn0845

コレが...

Dscn0885

ジョイント部が楕円だったのも治してもらい、サイレンサーバンドも頑丈な物に作り直してもらいました。
作業はいつものカワセイさんにお願いしました。

いつもありがとうございます!

補修といえば、自分のヘルメットもカラーズデザインから戻ってきました!


Dscn0893

バイザーをばっくり割ってしまって、新規で塗りなおしてもらいました(バイザーのみ)。

お次はロッドを再メッキしていたXR250のリアショックを組み立て!

Dscn0904

後は通常のオーバーホールで完成です。

Dscn0905

全日本のS1OPENを走る、某通せんぼ爺に頼まれて、ブーツセーバーを作りました。

Dscn0903
今回から、溶接棒をちょっと変えてみました(ステライト)。
調子は良かったようです。

10セット弱ほど作る予定です。
欲しいかたは、メール等で御連絡ください!

で、今回のMINI+MOTOに出る車両を2台ほど...
まずはWR250Xのハンドル交換とハンドガードの改修です。
現状はこんな感じでした。


Dscn0911

鉄ハンドルは、転ぶと曲がりやすいので、アルミのレンサルに交換します。

クランプもZETA製でもUクランプに変更して、これも転倒時の変形が少なくなるようにします。

で、注意点を何点か...
まずは、ハンドガード車体中央側のネジは、ハンドガードのネジ穴(長穴)の外側につくようにします。

Dscn0915

なぜかと言うと、長穴部分は弱いので、ここの部分を外側に残すと転倒した際に、すぐ変形してしまうからです。

Dscn0912

コレだけでも結構変形は防げるんです。

もうひとつは、ハンドガードの端についている、スライダーを廃止します。

Dscn0916

ハンドガードを傷つけたくない気持ちはわかるのですが、スライダー(樹脂)が共締めなので締め付けトルクが掛けられず、すぐに動いてしまいます。
レース中に転倒して、ハンドガードがずれてブレーキレバーがロックしたりしたら、目も当てられません。
個人的には余計な装備です。

今回のマシンには、ハイスロのスロットルチューブが入っていましたが、ちょっとハイスロすぎる(重い)感じがしました。
それと、チューブよりグリップが長くなっていて、コレは大変危険です。

Dscn0917

他にもワンセット、曲がったハンドガードの修正をしました。

Dscn0918

これで転んで曲がっても、すぐ使えます。


Dscn0920

見た目はあんまり変わりませんが、この方が実践的な取り付け方になりました。

さてもう一台はFS450です。
まずはポジションの変更で、アップステップを作ります。


Dscn0899

ぶった切って...(硬いので結構大変なんです...


Dscn0900

型紙作って検討して...


Dscn0901

出来上がり!
キックが無いので、その辺は少し楽です(キックの逃げを作らなくていいので

お次はシフターの取り付けです。
今回はPICシフターを使ってみました。


Dscn0923

センサーの感知用ステーを作ったり(調整用の長穴を開けています)。

センサーの取り付けに、元からあったギアポジションセンサーかなと思ってた蓋を取ったら、なんとオイルポンプがこんにちは!


Dscn0924

本体はバッテリーの上に、強力マジックテープで取り付け。

Dscn0925

センサーベースはこんな感じで、ベースの穴はチェンジペダルの逃げです。

Dscn0926


全部付くとこんな感じになります。
Dscn0934

実はかなり難航しまして、二日半コレばっかりやってました。
そして、調整で自分でSUGOに持っていって、セットアップ...

最後はスーターのスリッパークラッチの取り付け。


Dscn0929

外車は相変わらず機械式時計みたいでカッコイイ!


Dscn0930

ノーマルもスリッパークラッチなんですが、機構やクラッチ版インナーボスなど国産とはずいぶん部品が違いますね(興味深い


Dscn0931

スーターも一応バラして確認!
今回、エンブレの強さを決めるセカンダリーSPGはとりあえず推奨の物を取り付けました。


Dscn0932

ちゃんと付いてます(蓋締めると見えないのでw


Dscn0933

あ、ファイナルも替えたんだった。
チェーンはそのままノーマルを使ってるんですが(ノンシール)、私が使っているVipro'sのレイキッシュというチェーンルーブは凄く良いですよ!

なんせ、チェーンルーブ塗ってすぐサーキット走って、これしか飛びませんでした。

Dscn0936

ホイール側は、ほぼほとんど飛んでいません。

Dscn0937

Vipro's レイキッシュ 税抜1800円

そういえば頼んでいたバネが、今日突然届きました。

Dscn0939

千葉選手に頼まれていた物です。

Dscn0940

以前、千葉さんが個人的に他の所で作ったばねは、へたってしまってあまりいいフィーリングではなくなってしまったそうです。
これは良いといいなぁ...

さあ、これでやっとSM450Rの事故車両の見積と...

Dscn0914

こんなになったRMZ250と...


Dscn0922

材料が入ってきたストリートファイターに手が付けられます...

肉食ってがんばるぞ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

MINI+MOTO選手権!

明日は9/4にSUGO西コースで行われる「MINI+MOTO選手権」に使う車両のテストの為に、午前中はSUGOに行きます。
午後よりお店を開けている予定です(といっても2時とかそのくらいになるかもしれません...)。

日曜日は、MINI+MOTO選手権に行っているので、お休みとさせていただきます(夕方くらいからは開けるかも知れません)。
毎週末お休みして申し訳ありません。

で、すっかり更新をサボっていたので、少しさかのぼります!

まずはモタゴッコです!

なんと今回は、今年初のレインコンディションでした...
それでも来て頂いた皆様、ありがとうございました。
いつもはモタゴッコに来てくれているお客様が、画像を撮ってFacebookに上げていたので、何点か貼っていきたいとおもいます。

13934752_1023843397728260_946971289


13962774_1023842747728325_238844866


14022207_1023842827728317_738499444


14022245_1023843147728285_440284442


14034862_1023843964394870_315438782


14045697_1023843594394907_306964823


14054176_1023843961061537_856874532


14055172_1023843541061579_727656695


14064172_1023842934394973_606942339


14068222_1023843207728279_479799483


14079815_1023844021061531_355000190


14088458_1023843904394876_622855850


14100277_1023843474394919_533361127


14102396_1023842927728307_890723264

皆様、雨の中ずっと走っていました!
私も負けじと、お客様から借りたFS450、スリックでずっと走りました。
まあ、無理しちゃ危ないんですが、こういうコンディションでもいかに早く走るか考えながら走るのも、後から役に立つ物です。
今回は、何名かの方にハンドルやレバーの位置なんかを指摘させていただきました。
特に不具合は無いと感じていても、変えてみると新しい発見があったりします。
せっかくなので、私の口車に乗ってみませんか?
きっと乗り易くなりますよ!

そんな訳で、近日中にまたblogは更新いたします!

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧